CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

うちのRF7は16年19万キロなのですが、先日よりの酷暑のおり、エアコンから冷気が出たり出なかったりというトラブルが続いてるのであった。

エンジンをかけて走り始めて10分くらいは冷えた空気が出るが、その後しばらくすると全く冷却されてない風になっちゃうんですね。で、たまーに冷風が出たりする。
エアミックスダンパーはつい最近交換したばかりだし、熱風が出たりしないので関係ない。
冷えるときはギンギンに冷えた風が出てくるのでコンプレッサーや冷媒関連とは考えにくい。

特に暑い日に頻発するので始末に負えない。最近急に暑くなってきたのでその影響もあるのでしょう。

早く直さないと汗だくで運転をぜぇぜぇしながらする羽目になるので、とりあえず、原因究明を始めたところです。

窓全開、開けっぱなしで夏を乗り切る・・・ってのは、さすがに懐かしの昭和でしょ!
しかも昭和は今ほど暑くなかった。



まず自分でできることといったらサイトガラスでガス量を確認することくらいでしょうか。

熱い状況ではなくできるだけ日影などでエンジンをかけ、ACをOnにして最大風量・最低温度で内気循環、扉や窓は解放にしてコンプレッサーを動かします。変換 ~ 20200809_181130L白くもやもやと霧状になっていたり泡がブクブクと立っていたりすればガス量不足を疑っていいと思います。
上の写真では霧状に見えてるのでガス量が不足してると判断。


なのでガスチャージしてみます。

低圧高圧ホースやゲージなどをつなぎ込み・・・
変換 ~ 20200809_175620

初期状態。
変換 ~ 20200809_174955

このクルマは134aなので・・・
変換 ~ 20200809_180730

同じものをひと缶入れました。
変換 ~ 20200809_180742

最初はこうだったのが↓
変換 ~ 20200809_181130L

こんな具合にガスが液体状になって流れていくのが確認できるようになった。
変換 ~ 20200809_181328L
が、しかし、ここまでエアコンかけっぱなしにしてたけど、急にコンプレッサーが止まり冷気も出なくなった。

これはいつもの症状が出たみたい。
(熱くなってくるとコンプレッサーが作動しなくなる症状)

ということで、パワステポンプとオルタの下にあるコンプレッサーを覗いてみると、中心が回ってない。

ということは?

マグネットクラッチが切れてる状態でコンプレッサーは作動してないですね。
赤い矢印の黒い円盤が回ってればコンプレッサーが作動してる証拠。
変換 ~ 20200809_175648
この状態でエアコンパネルのACスイッチをいったんOFFにしてからONにしてみたが、ACファンは回るけどコンプレッサーは回ってない。(周りのプーリとベルトは回ってる)

ってーことは、マグネットクラッチリレーかマグネットクラッチ自体の故障か?
あと、温度センサーや日照センサーも関わってるかもしれん。

しばらく時間経過したら偶然的にコンプレッサーが回りだしたので、サイトグラスのところの圧力スイッチのコネクタを外したら、コンプレッサーとACファンが止まり、コネクタをつないだら動き出したので圧力センサーは生きている。

マグネットクラッチリレーとACファンのリレーを交換してACファンは稼働してるのでリレーも生きてると判断。

ってーことは?

これは・・・





どうもマグネットクラッチ ですねぇ。




おそらくこの状態でHONDAディーラーに修理に出すと、電装屋さんに丸投げ?
コンプレッサーを新品AssyかリビルトAssyで交換してめでたく修理完了となるが、5~7万は必定!
コンプレッサーは16年19万キロと使い込まれ、かなりくたびれてるので予防修理としてAssy交換が妥当な判断ではある。

しかーし、今壊れてるのはコンプレッサーの電磁クラッチ部分だけ・・・
いつまで乗るんだこのステップワゴン・・・
早く直さないと来週から車を使うんじゃないの?
お盆休みで部品は出るのか?

などという、いらん要素が頭をもたげてくる。


さて、どうする?

と、気温が33度を上回る中、
さらにエンジン熱にさらされて体中で汗が吹き出し、
朦朧とした頭が平常心を失って考え込む。いや、考えてるフリをしてるだけ。

(って、おいおい、早く直したいんじゃないのか?この猛暑の中!)


つづく


今回も時短で作る、生鮭のハーブ焼きです。


時間が無い時に食担日・・・冷蔵庫に生鮭を発見したので速攻で・・・

ベランダに飛んで行き、タイムとローズマリーとインゲンとミニトマトを収穫してきます。

フライパンに、

塩コショウした鮭
バター
インゲン
ミニトマト
玉ねぎスライス
タイム
ローズマリー

を並べるとこうなります。
変換 ~ 20200801_105553


フタをして中火で焼きます。
焼き時間は10分ほどですが、途中で鮭だけ上下ひっくり返します。

ハーブの香りが漂う鮭が出来上がりました。
お好みで岩塩と粗挽きコショウ、レモン汁、アマニオイルを振りかけていただきます。
変換 ~ 20200801_111503

15分でできます。

今回は、
ドコモ タブレット GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
8.4インチタブレットのスワップ修理となります。

いわゆる「ニコイチ」(2つのジャンクから1つの正常品を作る)です。

1台は画面が黄ばんでしまってます。
もう1台の方は、長時間使用するとマザーに実装してあるCPUが熱暴走して電源がダウンします。

では最初に、画面が黄ばんでる方からバラします。

電源を落とし、SimとSDカードを外しておきます。

裏蓋をパキパキと外して・・・
変換 ~ 20200716_134519-1

バッテリーを抜いてからマザーだけ外します。こっちのマザーは正常です。
変換 ~ 20200716_135529-1


今度はCPUが熱暴走する方をバラします。
変換 ~ 20200716_135701-1


変換 ~ 20200716_135842-1

両方ともバレましたので、部品スワップして組み立てます。
変換 ~ 20200716_140434-1

画面がまともなもの+熱暴走しない方を組み立てて立ち上げ。
変換 ~ 20200716_141027-1


無事に起動成功
変換 ~ 20200716_141112-1

画面が黄色いの+熱暴走も、一応組み立てておきます。
変換 ~ 20200716_141659

こちらも一応起動してみます。
変換 ~ 20200716_141537-1


変換 ~ 20200716_141733-1



とりあえず、両方とも起動しましたが、黄色い画面+熱暴走の方は今後は部品取りですかねぇ・・・
変換 ~ 20200716_142959-1

並べると、黄色い画面が良くわかります。
変換 ~ 20200716_144401-1
これはブルーライトカットモードで黄色くなってるのではなく、俗にいう「尿液晶」って現象らしい。
(DOCOMOショップでも液晶の交換が必要との回答を得てる)
誰が言ったのかなぁ、尿液晶だなんて・・・なんか尿が入ってそうでヤだなぁ。

このまま後ろにガムテープ貼ってヒンジにして、しばらく2画面で使おうかな(笑)


↑このページのトップヘ