CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

なぜかチタンボルトがあります。
秘密基地で入手させていただきました。


では早速、CT110に実装してみます。

試しに、ここのボルトを抜いて・・・
変換 ~ 20200223_124529

長さが同じチタンボルトを選択。
変換 ~ 20200223_124540
重量は測ってませんが、約半分の重さ。
このボルト1本が8g(50円玉2枚)くらいありましたが、チタン製は4g(1円玉4枚)くらいかなと・・・
(注:あくまでも手の平勘測です)

実装します。
変換 ~ 20200223_124619

同じように・・・各所、次々と。
変換 ~ 20200223_125314


変換 ~ 20200223_131125

これで軽量化できたはず、全部で50gぐらい軽量化・・・
加速がよくなるであろう、少なくとも50gぶんくらいは!


え? そんなのわからんって?


いいんですよー、
加速が良くなったと自己満足すればそれも立派なチューニングなんですから・・・むふふ。


昨日、某所秘密基地において、WAVE125のものと思われるスポーク張りをひさびにやってみましたが・・・
変換 ~ 20200223_110847

1.40×17のアルミリムにフロント用のハブ、9×184のクロムメッキがかなりきれいなタイランド製スポークのセットです。
変換 ~ 20200223_111841
YAGUSO100%って、なんだ?
AKIRAではないらしい・・・

ニップルのメッキも美しい、タイランド製・・・これはかなり素晴らしいメッキの状態です。
変換 ~ 20200223_111848

こちらもタイランドハブですが、アルミの地肌もピカピカと美しく仕上がってます。
変換 ~ 20200223_111859

無難に全てのスポークをIN OUT側分けて刺してから組んでいきます。
変換 ~ 20200223_114250




参考にしたのはCB50Sのフロントホイールです。
変換 ~ 20200223_151025
なんと、こりゃー、めったに出ないブツですよねぇ・・・

で、30分ほど?で仮組完了。もしかしたら1時間くらいやっていたかも?
小春日和の中、コーヒー飲みながら楽しくやりましょう。
変換 ~ 20200223_122026
アルミリムにはBANZAI JAPAN Rimってあったけど、BANZAIって、たしか工具メーカーじゃなかったかしらん?リムも作っていたとは驚き!(って、思う人のほうがもっと驚き!)

ホイールの振れ取り台もあったりして・・・これはこれはと、気分はとってもハイなわけですが・・・
変換 ~ 20200223_124010


ハブにベアリングが入って無い!ってことで、残念ながら振れ調整できず・・・
うわぁ~  なんてこったー
変換 ~ 20200223_124015

じゃー仕方ないからリアも仮組まではしておきますか・・・ってことで。
変換 ~ 20200223_151800
こっちは9×157ってサイズのスポークを使います。

変換 ~ 20200223_152552

そもそも論としてスポークのサイズって、太さは数字の小さいものの方が太いってのは常識的にわかってるつもりなんですが、長さってどこからどこまでの長さなんでしょか?
変換 ~ 20200223_152341
ってーことで実際に測ってみると・・・

首の根っこの曲がり出してるところまでってのが正解のようですな。これは157mmってことなので。
変換 ~ 20200223_152347

一方、これもタイランド製と思われるリアハブなのですが・・・穴に妙な加工がしてあって・・・
変換 ~ 20200223_154146
インとアウトのどっちを、どっちの穴に刺せばいいのかがビミョー。

この加工穴の意味を考え出すと、普通に組むのと逆パターンでインとアウトがクロスするような、そんな組み方にしないといけないような・・・スポークを刺すと角度がそのようになるような角度なんです・・・
変換 ~ 20200223_154157
それって?あり?無し?

ってのがわかんなくなりました。奥が深すぎる・・・
変換 ~ 20200223_161437
このように片側だけ仮り組みしたけど、花粉症でくしゃみがとまらず、集中力も切れてきました。

よくわかんなーい・・・


ってなことで、もうすぐ・・・日も暮れてきた。

なので、とりあえず撤収。


秘密基地のお土産で、こういうありがたいものを頂戴しました。
変換 ~ 20200223_163628
おお、これは!!

MORIN Hi Performance
という、こりゃーナニに使うんだろう?という謎の部品です。

花粉症で、ぼぉーっとしてます。
くしゃみがとまりません。1分に1回くしゃみ。
まさに「ハクション大魔王」状態・・・違う意味で。

今年最大規模の花粉飛散量という、風の強い日に屋外作業。
ってか、やってる時点では花粉がそんな飛んでいたなんて知るよしもなし。
帰ってからニュースで知ったわけで。
CPU稼働率は100%なんですが、効率が落ちて20%?
このご時世でこの時期。花粉症って、コロナ疑いにもなるかもってことで、なにかとツラいかもです。

前回、時短料理カテゴリーで時短カスタードプリン というのを作り、おおいに気を良くしたみっちゃんぽんが、田舎からリンゴが大量に送られてきたのをこれ幸いと、リンゴのタルトを作ろうとした・・・ってのが今回の記事です。


では早速・・・


A,タルト作り 22cmタルト型用
材料:バター80g 砂糖40g 卵1/2個(半分) 薄力粉200g

1、しばらく室温に置いて柔らかくなったバターに砂糖と卵も加えて混ぜる。
変換 ~ 20200215_210408
卵の半分残りは後で使うので冷蔵庫に放り込んでおく。

2、フルった小麦粉を数回に分けて入れ、素早く混ぜて練る。
変換 ~ 20200215_211432

3、出来上がった生地をラップに包んで冷蔵庫で30分ほど冷やす・・・30分って・・・
すでにここで「時短」をあきらめてますね(-_-;)

変換 ~ 20200215_212220

4、冷えた生地を麺棒で伸ばし、タルト型に敷き詰めてからピケる。
変換 ~ 20200215_214003

5、クッキングシートを敷いてタルトストーン(重石)を敷き詰めて一晩冷やして寝かせる・・・ひ 一晩って!
もう時短とは言わせない
変換 ~ 20200215_214115

ダメだ・・・仕事から疲れて帰ってきて夜中にやってる場合じゃない・・・はず。

ここまでが1日目の夜の事・・・




B,中のカラメルリンゴ

1、砂糖40gをカラメルにする
変換 ~ 20200216_133553

2、バター4g入れて溶かす
変換 ~ 20200216_133605


3、リンゴ1個を細かく切って、入れて混ぜる。
変換 ~ 20200216_133932

C,アパレイユ作り
(アパレイユ:仏語で混ぜ合わせた生地のこと)
1、卵1個と余っていた卵半分と、薄力粉20gと砂糖50g、牛乳20ccを混ぜたアパレイユを用意する。
変換 ~ 20200216_134253

2、アパレイユを、さっきのカラメルリンゴに入れて混ぜる
変換 ~ 20200216_134328


D,上に載せるリンゴ


1、リンゴ1個を皮ごと切っておき、砂糖80gを入れる。
変換 ~ 20200216_131925
 
2、アルミホイルで落し蓋をして・・・
変換 ~ 20200216_131934

3、20分ほど中火で煮て出来上がり。
変換 ~ 20200216_133956

4、粗熱が取れたら、皮を手で剥く。
変換 ~ 20200216_145347
煮た後でリンゴの皮を取るのは、皮の赤みをリンゴに移すため。


E,カスタードクリーム
1、卵2個と砂糖50gと薄力粉20g、牛乳150cc、バニラエッセンス5滴を入れて電動ハンドミキサーでウイーンと混ぜる。
変換 ~ 20200216_134743

変換 ~ 20200216_135229


2、これを中火にかけてへらで混ぜ続け、シャポシャポの液体からクリーム状になったらもう一度ハンドミキサーにかけて滑らかにし、冷蔵庫で冷やす。
変換 ~ 20200216_140628



F,ようやく全体を作り出す。
やっと役者が出そろったところで・・・
変換 ~ 20200216_141903
夜中なのでいろいろと飲みながら作る・・・ひゃっほー!!ってキッチンドランカーそのまんま。
そして酒の勢いを丁寧に生かしたまま、一気に作る。



1、一晩冷やして寝かしておいたタルトを、重石を乗せたまま・・・
変換 ~ 20200216_142058

180度で15分焼く。
変換 ~ 20200216_142114

焼き終わったら、このようになる。
変換 ~ 20200216_144245

2、カラメルリンゴ+アパレイユをタルトに入れる。
変換 ~ 20200216_144321

3、180度で10分焼く。
変換 ~ 20200216_144350

すると、こうなる。
変換 ~ 20200216_150915
「リンゴが入ったプリン」が「タルト」に入ってる状態です。

粗熱を取る。

4、カスタードクリームを上に載せ・・・
変換 ~ 20200216_154330
変換 ~ 20200216_154346
変換 ~ 20200216_154720

5、「D,上に載せるリンゴ」をカスタードクリームの上に敷き詰め、「D,上に載せるリンゴ」がなくなった鍋に残っていた甘い液に水とゼラチンを適量入れ、煮溶かしてゼラチン液を作り、リンゴの上にハケで塗る。

もうこの段階で写真撮るのを忘れて・・・はしょりました。 
なにせ ひゃっほー!!!!なわけで・・・ハイハイ状態。


一瞬、落としそうになりながら、冷蔵庫に持って行って、入れて冷やす。


G,やっとGoal

そして翌日・・・
変換 ~ 20200216_203357

変換 ~ 20200216_204118

う 旨い・・・五臓六腑に染みわたる ったー このことかぁ!

2晩も苦労した甲斐があったってもんだ・・・
変換 ~ 20200216_204141

ということで、時短料理ではない、ひゃっほー な、「リンゴのタルト」でした。


↑このページのトップヘ