CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

平年の関東地方の梅雨明けは7月21日前後ですが、今年の梅雨明けは8月1日とかなり遅めでしたね。

♪夏が来れば思い出す・・・はるかな尾瀬・・・(夏の思い出:江間章子作詞、中田喜直作曲)

ではなく、今回は時短焼きトウモロコシ。

朝撮りの新鮮なとうもろこしを用意します。
とはいえ、昨日の朝にもぎ取ったとされるとうもろこし・・・田舎から送られてきました。
変換 ~ 20200731_221838
フライパンに水を1cmほど張り、皮をむいたとうもろこしを並べます。

中火にして、水からお湯へと温度を上げていきます。
中火でも1分半くらいで沸騰しはじめます。

アルミホイルで落し蓋をします。
変換 ~ 20200731_221847
念のため言っておきますが、これだけじゃー焼きトウモロコシにはなりませんよー

タイマーで5分にセットし、3分くらいたったらトングでとうもろこしの上下をひっくり返します。

待ってる時間を使って、醤油とハケとバーナーを用意。
変換 ~ 20200731_214900


5分後、残ったお湯を切って、醤油を塗りながらファイアーします。
火加減はお好みで。
変換 ~ 20200731_223407
表面がバチバチと爆ぜて、周りが少し汚れるのが難点ではありますが・・・

焙りだしてから1分くらいでこのように↓
変換 ~ 20200731_223529
うちはなぜかIHコンロ。
「ガス火+焼き網」でこんがり焼くのが無理なのでこのようにしてますが、
バーナーであぶった方が早くできて見た目良く、中身がジューシーに仕上がるような「気」がする。

全部をお湯に浸けてゆでるよりも、少量の水から蒸気で蒸した方が甘く仕上がるような「気」がする。
(※個人の感想です)

とうもろこしの皮を剥くところから、最短8分で食べることができます。
変換 ~ 20200731_214832
今日は2本も食べて、しまったー。

この2週間近く土日も無く、朝は5時半に起きて、家に帰ってくるのが20時過ぎという、規則正しくありがたい仕事三昧をさせていただきました。
今回は「スポーツジムにタダで通ってギャラがもらえる」とも言えるようなお仕事。
普段ダレにダレた生活を送っていたので、この仕事のおかげで身体がたくましく鍛えられ、
体重は3kg減量、体脂肪率は18.6%→14.3%と、いいことづくめです。

で、また、まったりとダレた日常生活へと復活です。(笑)



早速今回の時短料理は「鯖の味噌煮

主役は、冷凍庫でカチンコチンにされてしまっていた鯖。
変換 ~ 20200710_175212
Kに鯖を買ってきてもらったのはいいのですが、眠くて料理をする気にならず1週間冷凍庫で低温熟成させてました(笑)


ステンレスざるに並べて凍ったまま表裏を湯通しします。
変換 ~ 20200710_175745
湯通ししたら半解凍状態になりました。

圧力鍋に、
日本酒大さじ4
みりん大さじ3
砂糖大さじ2
味噌大さじ2
生姜スライス適量:5枚ほど
水100cc
を入れて溶かしておきます。
変換 ~ 20200710_180332

そこへ先ほど湯通ししたサバを皮を上にして並べます。皮を下にすると剥がれてしまいます。
変換 ~ 20200710_180624

圧力は強で、火加減は強で、圧力が上がったら火加減を弱にして40分。
変換 ~ 20200710_181045
タイマーかけて、ほったらかしておきます。

するってーと、約1時間後、圧力弁が下りてますので蓋を開けるとこうなってます。
変換 ~ 20200710_203900


ここに、味噌大さじ1と醤油大さじ1を追加してコトコトと水分を飛ばしていき、15分経ったら完成。
変換 ~ 20200710_210116
てなわけで、濃いめなお味で骨まで食べられる鯖の味噌煮が完成。
缶詰めの鯖缶よりは骨はやや固いのですが、太い背骨まで違和感なくいただけ、
カルシウム不足を補えられるかも?


さらに、デザートも。
今、なんだかよくわかりませんが白玉粉が流行ってるらしい・・・
うちではいつも丸めて白玉を作ってるだけで白玉粉は常備食材なんですが・・・
変換 ~ 20200710_185102

テキトーな量をボウルにとりわけ、テキトーな量の水を徐々に加えて
耳たぶくらいの柔らかさまで練ります。
それを手のひらで丸く丸めて沸騰したお湯に投下し、3、4分煮ます。
沈んでた白玉が浮かんで来て、さらに2分ほど少し大きくなるまで煮ると良い加減で仕上がります。

冷水に浸して白玉のできあがり。
変換 ~ 20200710_192058

これとは別に、黒糖をお湯で溶かして黒蜜を作っておき、冷蔵庫で冷やしておきます。

今回はこし餡で、冷し白玉ぜんざい。
変換 ~ 20200710_213017


黒糖を加えて混ぜれば、さらに美味しいですぞ。
変換 ~ 20200710_213103


久しぶりの自己満時短料理でした。

水ようかんをいただいた。
プロの方が作った内輪向け?の水ようかんです。

小倉 こしあん ほうじ茶 の3種類を3パックづつ。

3種類をチビが120度づつ切って、家族でいただきました。
変換 ~ 20200615_231940
いっぺんに3種類のお味が楽しめました。
甘さといい、硬さといい、やはりというかなんというか、自分で作ったものとは雲泥の差でこちらのほうがおいしい。

勉強になります。自分でもまた作ってみます。



ベランダのハイビスカスの花が咲いた。
変換 ~ 20200624_103701
ハイビスカスの花って1日でしおれてしまうんですね。
なので、1輪切ってきてテーブルの花飾りにしてみた。
テーブルに花があるってのはいいもんです。




ついでにベランダの水やりをしていたらサニーレタスに何やら小さく動くものを発見。
変換 ~ 名称未設定 1
おやおや、カマキリの子供かな。体長15mmほどのかわいいやつ。どこから来たの?
カマキリは益虫なんですよね。
無農薬なので、アブラムシの類をせっせと食べておくれ。

↑このページのトップヘ