CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

ヨットが欲しいという方がいたので案内した。
変換 ~ 20200815_142220


2月以降、567蔓延中なのでマリーナに行ってなかったので久しぶりのマリーナ。


キャブからガソリンをいったん抜いてから、エンジン始動。1っ発で起動して問題なし。

バッテリー類、補充電。


その、案内した、買いたい方は軽飛行機も持ってる方。
前から薄々は聞いてたがセスナを2機も持ってるらしい。

話を聞くと・・・200万ほどで取れるらしい軽飛行機の免許。
正確には「固定翼自家用操縦士技能証明」というものだそうだ。
(あとは、航空無線の免許と身体検査)
日本で勉強して、米国渡航して取るのがキモらしい。

今度、遊びに行って見るかな・・・飛行場に。

てか、いまさらこの歳で取れるんかいな??
ギリギリセーフですと。

飛んでもギリギリだったりして、それってトンデモないねぇ。

三井製糖より株主優待品が届く。9点入ってた。
変換 ~ 20200814_132042
砂糖はあまり使わないので、白砂糖を年に1個か2個買う以外はこれで事足りてます。
今年は塩が無いなぁ・・・去年は塩が一つあったけど・・・しぉーがないなぁ。

八百屋で直径10cmほどの丸ナスが特価だったので早速・・・時短料理する。
変換 ~ 20200821_212024
〇茄子の味噌田楽

丸ナス2個を3cmで輪切りにして1cm間隔で両面に(90度ずらして)切り込みを入れておく。
ごま油大匙4ぐらいで茄子を中火で炒めつつ、その間に、

赤味噌 大匙2
三井製糖の三温糖 大匙2
みりん大匙2
醤油 大匙1
を混ぜ合わせた味噌田楽の元を作っておく。
味にコクが出る三温糖がミソです。

茄子を炒めるときには、水を少々入れて蓋をし、芯まで柔らく蒸し焼き状態にする。

焼けたら茄子を皿に取り出し、同じフライパンに上記の味噌田楽の元を入れて弱火でフツフツするまで煮る。

田楽を取り出した茄子にかけ、ゴマを乗せれば出来上がり。

所要時間:15分

エアコン修理完了って言ったって、自分じゃ直せなかったんですが、一応、事の顛末をご報告。


過去記事のように、お盆に入る前にエアコンが壊れてしまい、うだるような暑さの中、ぜぃぜぃ言いながら車内温度46度~52度で頑張っていました。

頑張ってる当時の写真↓ 眩しいような太陽の光の下、黒い車体でより一層暑さが倍増します。
変換 ~ 20200817_142857
この日も外気温36度、車内温度48度と、息を吸い込むと鼻の先が熱く感じる気温・・・

ネットで調べた電装屋さんに(手当たり次第に)電話して当たってみたけどお盆明けなので8月24日以降でないと修理が難しいと言われてしまいまして、結局、仕事先関連会社の社長さんが面倒を見てくださり、(ほぼ泣きついて)8月19日に入庫して代車を借り受け、21日に修理完了。という爆速で何とかなったという次第。




修理完了時の走行距離は192,168km、外気温は36℃。
変換 ~ 20200821_155539


さて、修理内容はというと、
結局のところ、コンプレッサーをリビルト品に交換してもらいました。
あと、リレーも念のために交換。

が、

修理して頂いた電装屋さん曰く、
エアコンをリセットしないといけないが、バッテリー電圧が低くてリセットできない


は?


エアコンのリセット? なんですかそれ??


時間が無かったので電話で詳しく話を聞けなかったが、エアコンECUなどのリセット操作が必要らしい。
で、バッテリーが8年前のもので、電圧が出てなくリセットができないらしい。

バッテリーが古いのは自分でもわかってて、セルがかかればOKと思ってたので交換せずにそのまま使ってた。過去に液面を見たらLowなのでバッテリー補充液を足したのが1年ほど前だったはず。比重は1.26程度だったと記憶してるが、充電すると液が茶色かったのでかなり劣化してたとは思う。
ってか、8年も使っちゃいけないのか?使えるものは使うでしょ普通(笑)

四の五の言っても仕方ないので、バッテリー交換も(素直に)お願いした。

そこでハッと気づいたのだが、
「バッテリー電圧が低くてマグネットクラッチが動作不良を起こしていたってこともあるの?」
と聞いたところ、「それも もしかすると あるかもしれない」とのこと。


え?

・・・・・・・



とはいえ、コンプレッサーごとすでに交換してしまっており、再現できないので確認が出来ない。

バッテリーが古いと瞬間電力が足りなくなり、エアコンが入らないっていうことがあるってのは、
ハッキリ言って盲点だったなぁ・・・




盲点とは、指摘されて気づくもの・・・






というわけで、今回の修理代は・・・

コンプレッサー交換関連費
変換 ~ 20200823_132531


そして、バッテリー交換関連費
変換 ~ 20200823_132543

非常に早急かつリーズナブルに修理して頂き、合計税込87,010円という納得価格で、これはもう涙目で感謝するしかない。大変ありがとうございました。 これであの煉獄に焼かれることなく・・・


今回は、自分で直すということ以外でも、いろいろと勉強になりました。

今はもう、エアコン故障前に比べても、さらに調子よく、キンキンに冷えます。
いままでは24度設定で冷えてたのが27度設定で同じくらいに冷えますねぇ。
リアエアコンの吹き出し口もキンキンに冷えた空気が出てきます。
冷えが早いので風量もすぐに落ち着きます。
エンジンのセル始動音も「キュキュキュキュ」という気怠い回転ではなく、
「ツカカカカ」と、狂ったように回り、始動します。
これが本来のセルなのかとビックリしましたです はい 8年ぶりですから(笑)

カーエアコン故障修理の参考になれれば幸いです。


↑このページのトップヘ