CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

段々と寒くなってきましたね。
日中は20℃以上あっても、夜には15℃くらいになることも。


パパイアの木(台農2号 H:120cm)を室内に取り込んだけど、
変換 ~ 20191027_115800


いつの間にか、枝が1本折れてた。
変換 ~ 20191027_115716

しかも、折れた枝が、土に差し込んであるってことは・・・
変換 ~ 20191027_115812
折って、しかも土に刺して証拠隠滅しようとした犯人は誰だ??

そんな稚拙?なことをするのは一人しかいないはず・・・はは~ん。かわいいやつ?


土じゃさすがにダメだろうと・・・
変換 ~ 20191027_115631

メネデールと液肥で武装して花瓶に刺しておいたけど、
変換 ~ 20191027_115544
果たして復活するか?



ところ変わって、ベランダの月桂樹の根元に・・・キノコ発見
変換 ~ 20191027_120829
灰汁臭いタケ = アクニオイタケ っていうキノコらしい。

アクの臭いがするってことで当然食べられないねぇ。

停電対策の発電機のガソリンをストック用携行タンクに戻した後、ふと気になったのはCT110のサブタンクのガソリン。

おそらく3年くらいチェックしてない・・・もしかしたら4年以上かも?


恐る恐るサブタンクを外してみると、なんと! 軽い
変換 ~ 20191026_160831

満タンにしておいたガソリンが200ccくらいしか残っていなかった。
どうして満タンがこんなに減ってしまったのか? →気化蒸発?
最初は少しずつ減っていき、段々とタンク内の空気が増え、走行中に攪拌されて加速度的に蒸発していくことが想定できる。

200ccほど残っていたガソリンはガソリン臭くなく、単なるオイルと化していた。

オイルみたいになったガスを抜き、ガソリンスタンドで給油してもらう。
空のサブタンク、キャップ下2cm、首の付け根のあたりまで入れてもらって2.5Lジャスト。
(セルフは携行缶は給油不可、ガススタンドのかたに給油してもらう方が良い。)

今まで、サブタンクの量量は2Lちょっとと記憶してたが、正確に2.5L入るってことが今回わかった。
ということは万一、ガソリンが空になってもサブタンクの2.5Lで最低でも100kmくらいは走れるはず。
(2.5L×43km/L=107.5km)

中のガスが蒸発するのだったら、サブタンクのキャップをモンキーのOn/Offできるのに変えようかとも思ったが、完全にOffにしちゃうと、給油ゴムホース側に圧力がかかって、最悪ホースがスッポ抜けるか裂ける=タンク内のガソリンをぶちまけそうなのでとりあえずやめといた。
だれかやってる人いますか?On/Offキャップ。

3年間使わない間にほとんどが蒸発したガソリンは「天に召された」ということで、
4年間実験したらこんなに減るという結果になったのでした。
実際には実験ではなく単なる手抜きですね・・・
やはりガソリンも蒸発したり腐ったりするので、1年で一回入れ替えるなど定期的に要チェック。
って、当たり前かぁ。

え?4年もほったらかしのヒトなんかいないって。おっしゃる通りですねwwwww

昨夜から何も飲まず食わずでKと一緒に年に一度の定期健診に行ってきた。

バリウム飲まされて胃がん検査、そのあと胸部X線撮っただけだけど、とりあえず何も食してないのでお腹がすいた。

時間はちょうど昼前だ。

歩いて行ける距離にあった「GLOBE DU MONDE」さんでランチ。
行く途中、市ヶ谷イタリアン GRATOっていう新しくできていた?お店にも心惹かれたが初志貫徹でGLOBE DU MONDEさんへ。

このお店、4年前の検診のあとに伺ったときは、
「ご予約されてますか?」って聞かれて思いっきり撃沈。

3年前に行ったときは、外にお客さんが列をなし、勢いに押されて撃沈。

今度こそはとリベンジです。

外観はビルの1F変換 ~ 名称未設定 1表から見える派手な看板はなく、フランス国旗が「フレンチレストラン」であることを静かに主張してます。
店内は特段広くなく隣のテーブルとも隣接してますが、フランスの片田舎にたたずむビストロという雰囲気で肩肘張らずに楽しめるはず。

ランチAとBがありましたが迷わずBを選択。
ランチBは、前菜・主菜ともに5種類くらいの中から選択。
ランチAは主菜のみで本日の固定メニュー。



前菜は・・・アスパラのムース・・・。Kは真鯛とサーモンのテリーヌ
変換 ~ 20191023_120551
ムースが柔らか滑らかで、新鮮アスパラの味がほのかに感じられムースなりにとてもスムース?




主菜は・・・私は鶏むね肉のラタトゥイユ Kはタンの煮込み
変換 ~ 20191023_122253
ラタトゥイユ、つまりは夏野菜の煮込み、ビミョーにハーブが効いてて美味しいですねー。
別添えの温野菜が主役をさらに引き立てます。
牛タンの煮込み、ちょっともらいましたが、ゴボウと赤ワインが効いていて、これもボリューミーだし、美味しいです。


小さな丸い自家製パン?もお代わりしてしまいました。

最後にコーヒーとデザートプレート
変換 ~ 20191023_124556
上から時計回りに、イチゴ、オレンジとピンクグレープフルーツ、キウイ、洋ナシ、マロン、無花果
と、季節感も味わえるプレート。コーヒーもオヤッと思うほど美味しかった。
(フレンチのコーヒーは美味しくないという先入観があったのでつい・・・すんません)

面白いことに、後から入っていらした隣の老夫婦も、私たちと同じ主菜を選択してましたがなんでだ?
(旦那さんが鶏、奥様はタン)


コスパが非常に良いので、これは予約しても並んででも行く価値ありですかね。
と、4年越し?の夢がついに叶い、お堀の上を市ヶ谷駅まで歩く道すがら、久しぶりに感涙の涙を流すみっちゃんぽんでありました。



GLOBE DU MONDE (グローブ デュ モンド)
東京都千代田区九段北4-3-17 明君モナーク九段1F




これで前日からの空腹感は満足したけど、よく考えたらバリウム出さねば・・・
下剤飲んだら・・・もったいない。
し しまったー・・・

↑このページのトップヘ