CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

イノシシ肉、カレーや角煮や猪丼や肉野菜炒めなど、いろいろ試してみましたが、今回は・・・

燻製ジャーキー

を作ってみます。

100均で材料調達。
変換 ~ 20200319_162646

段ボール箱の中にスタンド付焼き網をひいて・・・
変換 ~ 20200319_162802

上にアルミプレートを置いたら完成。
変換 ~ 20200319_162808

段ボールで上蓋が閉まるようになってます。
変換 ~ 20200319_162943

スモークウッドは東急ハンズで購入、サクラをチョイス。
変換 ~ 20200319_162953

こんな具合に置きますよ。
変換 ~ 20200319_163027

イノシシのお肉は3日前からソミュール液に浸けてありました。
変換 ~ 20200319_163114


ソミュール液から出していったん塩抜きするのが一般的なのでしょうが、塩分量少な目だったので、水分をキッチンペーパーでふき取ってそのままやってしまいます。
変換 ~ 20200319_163251


変換 ~ 20200319_163256

いざ、点火!
変換 ~ 20200319_164447

焼き網の上にイノシシを敷き詰めます。
変換 ~ 20200319_163857

スモークウッドを追加し、50度前後で3時間ほど燻煙すると・・・
変換 ~ 20200319_163910

出来上がってから食べやすいように細かくカットしましたが、完成しました。
変換 ~ 20200319_201526
カットして断面を見ると、完全に火が通ってますね。

実食してみると・・・


旨い、うますぎる。これはいけますよ、酒のアテに最適かも~

塩分量も丁度良いかげんでした。


気を良くして、シカも燻製ジャーキーにしようかなと・・・
変換 ~ 20200319_170441

ソミュール液を新しく作って、仕込んでおきます。
変換 ~ 20200319_170619

はたして シカの方はどうでしょうか?


つづく・・・



リアブレーキのフィーリングが悪くなってきたんですが、
なにかこう・・・最後の最後に踏み込んだ時の最後の効きが悪い。
言い換えるなら、ブレーキのマックスパワーが無いって言うか・・・
最後の踏ん張りが腰砕けって言うか・・・





なので、まずは分解してみます。

リアドラムブレーキの内部って、こういう構造になってますよね。
変換 ~ 20200322_133718
ブレーキアームを動かすと、軸にあるI型のカムでブレーキシューを押し広げる構造。

ブレーキをかけるとこのようになります。
変換 ~ 20200322_133728

ブレーキカムを外してみると・・・
変換 ~ 20200322_133753

うーっむ、シューを押し広げる角のところが光ってる→すり減ってるではないか!
変換 ~ 20200322_133920

反対側も・・・すり減ってる。
変換 ~ 20200322_133928

ってーことは?

交換する?

カムを180度回転させると反対側がまだ使えますが・・・




少し悪あがきしてみます。


こういったものを出してきて、
変換 ~ 20200322_134202

んで、肉盛り マシマシ 行きます。
変換 ~ 20200322_135614

うわー、溶接・・・下手だぁ~ イモだぁ
変換 ~ 20200322_135654

やすりで磨いて整形・・・溶接部分って結構固い。
変換 ~ 20200322_142542


ちなみに、低電圧溶接棒の成分としては、
溶着金属の化学成分一覧例(%)
CSiMnPS
炭素シリコンマンガンリン硫黄
0.080.280.420.0190.012

だそーです。
上記の成分を合計すると0.811%。
99.189%がFeか?
本当は「硬化肉盛用の溶接棒」ってのを使って、焼き入れすれば硬くて安心なんですがね。




あんまり加工精度がよろしくないですが、手動やすりで削るのも疲れたのでまぁこのへんでおしまいにして組んでみます。
変換 ~ 20200322_142812
なんともいい加減な加工ではありますが、眼をつぶってやっておくんなさい。

さて、今後どうなりますかねー・・・
変換 ~ 20200322_143916
これで治れば・・・しかも肉盛りがすり減らずに使えれば・・・
ブレーキカムだけじゃなくって他にもカムって呼ぶ部品がエンジンのヘッド内部にあったりしますので、技術転用できるかもしれんなぁ・・・

んなこたぁ ハハハ・・・できねーだろー って思いつつ、ニヤニヤ~っと、むふっ。




狩猟をしていた親戚から鹿が7頭取れたと連絡が入ったのが日曜の夕方・・・


な 7頭も!


いや、そ そ そんなには・・・、モモ1つだけとお願いしたハズ・・・

とりあえずー30℃で急速冷凍して確保しておいてもらいました。

で、火曜日に取りに行ったのですが、現着したら足元に・・・
変換 ~ 20200318_162433
2月の頭に生まれたばかりの柴犬(茶)と甲斐犬(黒)がじゃれついてきます。

まーなんてかわいいんでしょうか!
変換 ~ 20200318_162502

猟師はブリーダーもやってるみたい・・・です。
変換 ~ 20200318_162627
子犬はかわいいですわぁ~

このままお持ち帰りしたいんですけど・・・




んで、カチンカチンのモモを受け取って帰ってきました。



それがコレ
変換 ~ 20200319_134910

100kg弱の雌のモモ、計量忘れてしまいましたがだいたい8kgちょいあったような。
変換 ~ 20200319_135607

岩のようにカチンカチンだったので冷蔵庫で一晩寝かせて、半解凍に。
変換 ~ 20200319_135743

でないと、包丁も入らないので。
変換 ~ 20200319_135801

冷凍ではなく生だったら、膜の部分で筋肉の繊維の塊ごとに切り出すのですが、
固いのでブロックで切り出してしまいます。
変換 ~ 20200319_140529


骨からも丁寧にそぎ落とします。
変換 ~ 20200319_141831

一番大きな塊で3kgほど。
変換 ~ 20200319_141838

整形して切り出し終了。
変換 ~ 20200319_150445
この大きな塊と、3から5cmほどのサイコロ状にしたのが2kgほど、その他2kgほど取れました。

塊は岩塩とコショウを塗り込んでビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
変換 ~ 20200319_150723
ここまでで1時間半かかってしまいました。

なので、イノシシカレーを食べます。
変換 ~ 20200319_154448


夜になると完全に解凍が溶け、塩によって水分がある程度出てきたのでビニールから出し、再び岩塩を塗って今度はトレーの上へ。
変換 ~ 20200320_001456
キッチンペーパーで巻いて専用冷蔵庫へ。
専用冷蔵庫といっても、よくホテルにある小型のワンドア冷蔵庫です。

ここから3日3晩、塩と胡椒でお世話して、そのあと乾燥させること1~2か月・・・

はたしていったい何になるんでしょうか?

つづく

↑このページのトップヘ