CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

うちのCT110のハンドルポストはC〇50のハンドルポストが付いてるんです防振ゴム付きの。
変換 ~ 20191117_143302
しかし、ゴムゆえに経年劣化のヒビ割れと硬化が激しく、ほとんど防振に役立ってない。

ならばと、新品を仕入れてもらい・・・
変換 ~ 20191117_142714


さっさと交換します。(225+180)×2=810円+消費税也。

左側4個が新品、右側4個が旧品
変換 ~ 20191117_144056

上の写真ではわからないですが、横から見るとヒビ割れててヒドいのであった。
変換 ~ 20191117_144129
作業用グローブもまた、ヒドいもんです。

ハンドルポスト部分をぐっと浮かして、単純に入れ替えるだけ。
変換 ~ 20191117_144153
フォークトップブリッジプレートのサビがひどいですが、外して塗装をすると寒いこの時期は1日かかっちゃいますんで、何もせず見なかったことにして・・・ごまかす(笑)

変換 ~ 20191117_144201

で、交換終了後の写真を撮り忘れてるわけなんですが、無事に交換したよってことで。

前よりもグラグラしなくなりました。振動は走ってみてのお楽しみ。



ついでに、CT110のドライブレコーダーのメモリの中身をチェック。
レンズが汚れててひどい画質。しかも日付時間がなぜかズレてて困ったものだ。

バイク専用防水ドラレコ。 とは名ばかり・・・

(安物のドラレコをサランラップでぐるぐるに巻いて設置してあるだけですwww)



前回2017年08月14日(走行距離39,690km)にタイヤ交換してから全く触っていないリア周り。

最近はブレーキが初動時にキーキーなるようになってきたので、バラします。

今日の走行距離は47,850km・・・てーことは2年3か月、8,160kmぶりに分解。
変換 ~ 20191116_151022

ジャッキ入れて後輪を浮かして・・・
変換 ~ 20191116_152014
ブレーキロッド、ブレーキストッパーアームを外す。

この時、ブレーキパネルごとリアホイールを外す。
ダンパースプロケット側はアクスルシャフトに刺したまま車両側にそのまま残す。
変換 ~ 20191116_152313

リアドラムブレーキを分解し、パーツクリーナーで洗浄、ブレーキ用グリスを塗り込む。
変換 ~ 20191116_152931
使ってるのはなぜか日産純正の銅入りのブレーキグリス。

リアブレーキカムが片側だけ少し減ってるけど、そのままグリスアップしてごまかす
変換 ~ 名称未設定 1のコピー
スプラインの無い部分からすると、ブレーキアームの反対側が減ってる。

パーツリストを見るとブレーキカムダストシールってものがあるんだけど、なぜかついてなかったのでグリス入れてごまかす
だからカムのグリスが切れやすいのか?と、なぜか納得。
部品発注しなければいけない。
45134-250-000 ブレーキカムダストシール ×1


変換 ~ 20191116_154219


変換 ~ 20191116_155211
このあと、パーツクリーナーでブレーキシューをやすりで(少し表面を)削ってから脱脂。

ブレーキシュー自体はまだ残ってるのでこのまま使用。次回は交換か?

ここまでバラしたんだからついでに・・・ベアリングのチェック。
リア―ホイールハブで2個、ダンパースプロケット部で1個、計3個グリスアップ。
変換 ~ 20191116_160445
小さいマイナスドライバーで内縁を内から外に向かってこじってベアリングのカバーを外す。
古いの抜いて新しいウレアグリス+セラミックグリスを入れる。

ダンパースプロケット部のベアリング、ちょっと引っかかるような感じがする。
前回のメンテでここのベアリングは交換してるが、ガツンガツンとギアチェンジしてると、意外に負荷がかかるのかも。

リアホイールダンパーに5mmほど遊びがあるのでビニテを2重に巻いてごまかす
(時間があればシリコンとサランラップでいけるかも?って)

チェーン洗浄、チェーン用オイル塗布。

全部組み付けてチェーン引き調整。

エンジンオイルレベルが下限まで減ってたので上限まで補充。
前回オイル交換してから1200kmほどの走行でオイルが下限まで減る。
高回転まで回し過ぎか?

15時に始めて17時まで、作業時間約2h。寒くなってきたのにまだ小さな蚊がいたので驚く。


以上、意外な発見も アッと驚くような事実も なんもない メンテ記録でした。
ま、記録ですから・・・

ブッフ ブールギニュンっていう、ブルゴーニュ地方の牛肉の赤ワイン煮があるんですが、いや、あるそうなんですが、時短で作ってみた結果・・・
変換 ~ 20191104_202624
なんとなーく、出来上がりました。
ブーケガルニを一応使って赤ワイン500cc入れて丁寧に煮ていったのですが、牛脂が抜けてスカスカになっちゃいました。バター入れて誤魔化しても誤魔化しきれんし。
フォンドボーなんかは時短なんで無しです(笑) → これが失敗の原因?
変換 ~ 20191104_221312
見た目はなんとなーく美味しそうにも見えなくはないんですがね・・・

まるでコンビーフみたくなっちゃって(;´д`)トホホです。

チビは美味しいって言ってくれはしましたが、親思いの子でよかったと思いました。

フランス料理に時短は無理って・・・当たり前田のなんとやら・・・でした。シクシク

↑このページのトップヘ