CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

今回はナンバープレート灯とバック・テールランプと車幅灯をLED化します。


まずはナンバープレートのところ、T10ウエッジ球5Wを2個使用してます。

ナンバープレート灯は表側は外れないので裏から外します。

テールゲートのラッチのところのプラファスナーを2個外して、
変換 ~ 20200517_153306 1

取っ手の+ネジも2個外して・・・
変換 ~ 20200517_153300 1

あとはバキバキ外します。
変換 ~ 20200517_152650 1

11個のプラファスナーを外せばテールゲートの内張が簡単に外れます。
変換 ~ 20200517_152712 1

テールゲート内はこうなっていて・・・
変換 ~ 20200517_152647 1


ナンバープレート灯は灰色のベースを左右からつまんで引けば外すことができ・・・
変換 ~ 20200517_152738 1
付いていたT10ウエッジ球を引っこ抜いて・・・


在庫で持っていたT10のLEDと付け替えるだけ。
変換 ~ 20200517_152836 1
テスト点灯させてみて、光らなければいったん引っこ抜き、ひっくり返して刺せば光るはず。LEDは基本的に極性があるので。

表から見るとこうなりました。夜間でもばっちりナンバーが見えますよ。
変換 ~ 20200517_152938 1
ちなみに外のクリアカバーは防水シールしてあるのでなかなか硬くて外れません。無理すると割れるかも?
なので、テールゲートの内張カバーを外した方が簡単。(な はず)


次はストップ・テール球の交換です。ここはT20ダブルウエッジ球21/5Wを使用してます。
テールレンズユニットは+ネジ3本を外して、強引に引っ張ってプラファスナーを3カ所ほどバキバキッと外せば取れますので、こちらも簡単。(な はず)
名称未設定 1のコピー

こんな感じで光ってます。昼間なのであんまりわからないけど・・・
変換 ~ 20200517_152943 1

このあと、フロントのヘッドライトユニットに入っている(ポジション)車幅等も交換しました。
ここもナンバープレートと同じT10ウエッジ5Wを使用してます。
写真は撮り忘れ。

今回使用したフロント車幅灯は、T10 LED ホワイト 爆光 凄く明るい ポジションランプ 無極性 12V 2個
purasuwann_t10-s-
という製品。
直視してると目がくらむくらいの明るさでした。
無極性なので、どっち向きに刺してもそのまま光るのってなにげに便利だったりする。


ストップ・テールランプは同じくぶーぶーマテリアルのT20 ダブル LED S25 ムラなく光る ブレーキランプ 赤 レッドです。
purasuwann_kyu-brake-y
こちらは、テール・ストップ共に純正使用のT20ダブルウエッジ球と同じくらいの明るさで、テール・ストップの光量差も5倍程度はあり、車検対応できると思われます。また、停車中に後ろのクルマの方に迷惑をかけない程度の明るさだと思います。最近の車は爆光すぎて、停車中に前車のストップランプが眩しすぎて困っちゃいます。

なぜに、ぶーぶーマテリアルなどという、一見変わった名前のお店の商品を使ったかというと、こちらの商品はきちんと消費電力等のデータが明記されていたからです。

巷にあふれる同じようなテール・ストップ用LEDはたいてい書いてなかったりする。
書いてあるものでも、消費電力が高めの商品も存在する。(LEDなのになぜか18/3Wとか・・・)

純正電球のT20ダブルウエッジ球は、定格が21/5Wの消費電力。
上記のぶーぶーの製品は2.4/0.48Wと、LEDなりにかなりの低消費電力でしたので採用しました。



ちなみにうちのRF7のテール・ストップのT20Wウエッジ球は今まで18万キロ走って2度切れて交換してます。切れたタマ、もしくは寿命が近いタマはガラス内が黒くくすみ、光量もそれなりに落ちてます。



ベランダ菜園をする良い季節になりました。

なので、今年は水耕栽培なるものをしてみんとてするなり。



4尺の結構大きな睡蓮鉢があるので・・・コレで水耕栽培って、果たしてできるのか?
変換 ~ 20200510_151858
睡蓮鉢だから睡蓮入れてメダカでも飼って愛でるってのが本来の利用法ではありますが・・・




では、製作していきます。

明太子が入っていた発泡スチロールに穴を開けておきます。
変換 ~ 20200510_151854
ちなみにきれいに洗ってあるので明太子臭くはありません。

胡瓜4本とトマト1本の苗を用意しておいて・・・各々300円程度。
変換 ~ 20200510_151952


土をじゃぶじゃぶと洗い流してしまいます。
変換 ~ 20200510_152454


変換 ~ 20200510_153048

先ほど用意しておいた発泡スチロールに突っ込んで睡蓮鉢に置くだけ。
変換 ~ 20200510_153607
そう、たったそれだけ。

水の量は5Lほどでしょうか。

とりあえず水だけでは育ちそうにないので液体肥料を良く振ってからキャップ2杯10cc投入、これで約500倍希釈になるはず。
変換 ~ 20200510_154122
本当はAB2液のハイポネックスでやった方がいいらしいが、今は無いので安いこれでごまかす。

濃度はECメーターにて計測。
変換 ~ 20200516_164003

初期値は684μS/cmでした。
変換 ~ 20200516_164052
これを2000μS/cmまで徐々に引き上げていきます。
最初から2000μS/cmまで上げてしまうといきなり水耕栽培された根が受け付けないようです。
液肥を何cc入れたらどのくらい濃度が上がるのかは今後やってみたらわかってくると思う。

根に、水(養分)と酸素をいきわたらせるため、960円のソーラー噴水も用意。
変換 ~ 20200510_154328

今日はあいにくの曇りなので噴水は小さめ~
変換 ~ 20200510_154332


で、今後どうなるのか?

収穫はできるのでありましょうか?

1週間たっても枯れてないから大丈夫か?


お楽しみ


お楽しみ


むふ・・・




CT110のPB21キャブのアイドル回転数を調整するのに「アイドルアジャストスクリュー」ってものが付いてるんですが、+ドライバーをいちいち刺さないと調整できないんですね。

これってスゴク面倒なので、前回はUVレジンで、アジャストスクリューに延長用のノブを接着して、
b955420c-s
こういうものを作ったんですが、耐久性がなく、振動で割れてすぐにポロリと取れてしまいました。

なので、今回は、純正のアイドルアジャストスクリューをコピーしてみます。

純正品↓
変換 ~ 20200512_165448

M4ネジで先端のネジが切ってない部分だけを2.33mmで作ればOKですね。
変換 ~ 20200512_165430
一生懸命M4ネジを必死にヤスリ掛けして・・・


こういうものが1時間後に完成。
変換 ~ 20200512_165523
ロングアイドルアジャストスクリューと命名。バネは純正のを流用

で、早速、実装してみます。
変換 ~ 20200512_171044
んーーーー、なんかこう・・・怪しげです。誰かに勝手に回されそうで怖い。

出過ぎたかな?
変換 ~ 20200512_171037
もうちょっと長さ控えめがよろしかったかもです(笑)

ひっかっかって折れて、しかもキャブにネジ部が残ってしまってサイテーってなことにならないかちょっと心配ではありますが・・・調整できるようになったので、まっ いいか。


↑このページのトップヘ