CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

TDL沖合いでの、ヨットレース第3戦が終わりました。
 
僚艇↓のバウマンとして乗艇です。葛西臨海公園の観覧車が後ろに見えます。
15c29980.jpg

一応私はバウマンなので、バウでひとり孤独に? スピンポールの準備をしています。
 
緑の帽子は・・・いつもどおりJohn・Deereのコットンハットです。
 
本部艇に乗っている方がビデオ撮影したので、映像を借りて編集してみました。
 
スピンを上げるときにシートが流れていってしまったり・・・あれ~ぇ!
スピンポールを上げたらフォアガイをクリートにつけてなくてスピンポールがポーンとせり上がったりと・・・おわぁ
汗かきとおしでした。下手○ソ!
 
他のフネも同様に何かとトラブルがあったようで、結果オーライ、着順2位、修正1位で優勝を飾ることができました。
 
めでたしめでたし・・・
 
 

どうしてこんな色のものが出てくるんだろう・・・わけがわからない。
 
今日、スーパーで買ってきたサザエをつぼ焼きにして、切ってみたら、こんなのが出てきました。
3個中の1個がこんなことになってます。
14bd5702.jpg

消化管と思われる内臓から、ピンク色の液体が出てきました。
 
食紅のような鮮やかな・・・どちらかというと蛍光塗料インクのようなピンク色です。
この写真の色の通りです。
 
茶色とか緑色ならわかりますよ。でも、おかしくないですか? この色って?
 
こんな色モノが出てくるのは生まれてこのかた初めてです。
 
サザエの貝殻の部分が割と白っぽいので、おそらく養殖モノと思われます。
天然モノは色が濃いと聞いたことがありますので。
 
表示には「***県産」 とだけ表示されてました。
買ったところは全国的にも名の通った、かなり大っきなスーパーです。
 
う~むぅ・・・
 
 
どっかの漁協さんのキャンペーンで、「ピンクが出たら1等賞!」とか・・・
やりませんよねぇ くじ引きなんてww
 
・・・・・・ 
 
わけわかりません・・・  ので、気色悪くて食べられませんでした。
 
こういう体験した方いらっしゃいますか?
または、なんでこうなってるのか、コレが何なのか、もしご存知の方いらっしゃいましたら、お教えくださいませ。
 
2014年10月20日追記
2014年10月20日の本記事下のコメント欄にもありますようにdgd*2d* さんからご教授頂きました。コメント頂きましてありがとうございました。
 
下記リンク先の「東京都市場衛生検査所」のページ内に、
 
「相談事例3 (サザエの内臓が赤い)」という記事が書いてありました。
 
食べた海藻によって赤くなるということのようです。
トサカノリって、刺身のツマになってる赤い海藻ですが、確かに赤いので色素がサザエの内臓内で濃縮されると赤くなりそうです。蛍光ピンクにもなるかはわかりませんが・・・
 
私は単に気味悪がっていただけですが、これは最重要情報です。
 
コメント欄を読まない方もいるとのことですので、今回、記事本文にも追記致しました。
記事に書いておいたら親切に教えていただき解明できるという素晴らしい体験をさせて頂きました。
dgd*2d* さんをはじめ、コメントを頂きました皆さんに感謝申し上げます。
 

CT110は後輪タイヤの方が結構早く減るようですね。
 
6千キロ以上走って井上のFB3がこんなになっちゃいました。
eafd3961.jpg

 
もうあと1mmでスリップサインが出そうです。
今は梅雨ですので、雨天走行したときには危なそうです。
おまけにサイドウォールに細かいヒビが出てきています。
これは仕方ないですね・・・そろそろ交換ですかね。
東南アジア風でいけば、彫刻刀で溝を掘るところですが、ココは日本なんで溝堀はしません。
 
FB3は良いタイヤですが、ブロック状のパターンのせいで微振動がかなりあります。
 
ほとんどがオンロード走行ですので、この機会に銘柄を変更してみましょう。
 
 
で、悩んだ挙句、同じInoue製の3Rにしてみました。
一応純正採用のタイヤだし・・・安いし・・・ MADE IN JAPAN って書いてあるし・・・
 
この連続パターンなら、微振動も解消されることでしょう。
f179693f.jpg

リムにはめてエアーを入れてから外周を計ってみました。
c06902dc.jpg

183.4cmほどでしょうか・・・
 
磨り減ったFB3は・・・
78ee7238.jpg

182.2mmほどでした。
 
ついでに、幅も計測してみましょう。
FB3が74mm 3Rは少し細身の69mmでした。
 
 
製造年は磨り減ったFB3が「3308」と表示がありましたので、2008年の33週目(8月11日の週)製造のものでした。
4年位前のタイヤということになります。
 
 
新しい方の3Rは・・・
a49a13ab.jpg

「1512」とありますので、2012年15週目=今年の3月19日の週に製造のものでした。新しくて良かった!
 
チャッチャと仕事して、フロントへの組み込みも完了しました。
FB3より細身のせいか、リムからの張り出しが少なく見えますね。
もちろんサイズは2.75-17と、FB3と同じです。
66c1d598.jpg

 
早速近くの公園まで試走に出かけます。
 
なにやら小さい生物が後ろから追いかけてきました。
あっ うちのチビです・・・
 
公園でローラースケートがしたいそうです。
ついでですので、ピリオンにチビを乗せて試走に出ます。
 
 
 
おおっおー イイ感じです。
フロントの、ハンドルに伝わる細かい振動が解消し、スルスルと滑るような感触でした!(ちょいと大袈裟か?)
 
 
 
 

↑このページのトップヘ