CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

ステップワゴンのRF-7・・・新規登録後8年目、12万キロを超えたあたりから、リアブレーキから異音が発生してきました。
 
ブレーキを踏むと左後輪のほうから「ゴゴゴゴォゥー」みたいな異音。
 
そして走行中は電車みたいな「キィキィキィキィ」音が、常に鳴っています。
 
走ってると、ちょっと恥ずかしいかも。
 
とうとうブレーキパッドが限界にきたようです。
 
 
早速部品注文してみると、社外品2セットで3千円ちょっと。
(バイクのより安いかも・・・)
 
リアの交換は初めてだけど、何事も初めはあるもんだ。
 
でわ、ジャッキアップします。
dcb8d5cd.jpg

 
タイヤ外します。ここまでは、スタッドレスに交換したりしますので、いつものことです。
1e653ec0.jpg

 
この部分が今回の標的です。
06be7293.jpg

 
12mmキャリパーボルトを2本緩め、下側のボルトは外し、キャリパーを上にクルリとずらして、古いパッドを2枚とも取り去ります。
177b4c60.jpg

 
外したパッド(左)と新品パッド(右)です。新品は8mmくらいありますが、古い方は2mmしか残ってません。
f08cb4d2.jpg

 
古いパッドからステンレスプレートを外します。
82ca2c46.jpg

新しいパッドにブレーキグリスを塗って鳴き止めのステンレスプレート(シム)を装着します。
034e6ad1.jpg

 
組んでまわして「アタリ」を確認します。
98ecd6e1.jpg

 
タイヤを仮組みします。
2cb82b2c.jpg

 
今度は左側、こっちがかなり鳴いてました。さて、どのようになってるのでしょうか?
fa698248.jpg

 
右と同じようにばらしてから、キャリパーシリンダーは、Wポンププライヤーで戻します(おい!・・・笑)
(注:本来は逆万力のようなSSTを使います)
adb155f7.jpg

 
問題の「電車みたいなキーキー音」は、鳴き用のプレート(パッドウェアインジケーター)がディスクローターに当たることで鳴る仕組みのようです。
d06f7f71.jpg

 
ce2aaaba.jpg

 
こちらもグリスを塗って組んでいきます。
6853e1f1.jpg

1ff9304d.jpg

 
キャリパー内側上下のボルトを締めます。
c22d0e0e.jpg

 
左タイヤも仮組みします。
afce3e07.jpg

 
ジャッキ、下ろしまーす。
8dba900c.jpg

 
トルクレンチ使って締めてみます。10キロです。
c8c09132.jpg

 
今回使用した工具達です。
a633bdac.jpg

 
あと、ブレーキフルードの量を点検して終了です。多すぎたら抜き取ります。
 
 
普通は工場やディーラーに出したほうが安全確実なんでしょうが、たまには自分でしてみるのもいいのかもしれません。
 
ブレーキの「電車みたいなキーキー音」がどの部分からどのような仕組みで発生していたのかがわかりましたから。
 
次回鳴いた時には、「あーあそこだな、うんうん」って簡単にわかります。
 
今回12万キロで交換したから、えーと・・・次回は8年後で24万キロ?・・・
 
地球6周分ネ。
 
ん?そこまで乗るか? いったい何年先だぁ?(爆)
 
 
 
交換作業時間は、2人で30分でした。いともあっけなく終了です。
 
なお、ブレーキは重要保安部品ですので、交換は自己責任なのでしょう。
 
「走らない」は、まだしも、「止まらない」ではシャレになりません。
 
なので今回は、2級整備士資格持っている人と作業しましたから問題ないと考えます。
 
いやぁ、でも、暑い日にやるもんじゃぁございませんねぇ・・・汗ダララでした。
 
 
 

近所にある大きなお寺で盆踊りがあるというので行ってきました。
 
会場に着いてみると、「盆踊り」のはずが誰も踊ってなく、歌手のなんじゃらいう男の人の独演会場になってました(爆)
たぶん有名な人なんでしょうが、演歌にはからっきし興味無く・・・
 
ということで、踊らずに屋台でいろいろ遊んで回るのが主体となってしまいました・・・
 
 
まずは「ふるーちゅ飴」
 
ふるーちゅ飴って、何のことはない、フルーツを飴でコーティングしたものなんですね。
 
みっきー飴400円というのが良く売れてました。リンゴに耳付けたモノのようですが・・・
db380adc.jpg

 
チビは大きいのはヤのようで、小さいイチゴにしてました。
a791252a.jpg

 
次に「金魚すくい」をやったのですが、・・・「ポイ」がとんでもなく薄い。
 
この「ポイ」、貼ってある紙の厚さの号数があって、厚い4号から薄い7号まであるようなんですが、この屋台は7号ではないかと・・・
 
金魚をすくっている子が皆無です。
みんな、2回目で紙が破けます。
 
浅草のほおずき市のときは15匹もすくえたのに、今回は1匹もすくえません。
たくさんの金魚を「救えなかった」のでおまけの1匹を持ち帰ります。
 
子供相手の商売なんだから5号とか使って、持ち帰り3匹までとかのほうがいいのにねぇ・・・2回目やる気も失せましたよ。
 
2年前のほおずき市の図↓
3501e818.jpg

 
 
 
さて、気を取り直して、次は輪投げです。
こどもは10本、輪をもらえます
57ee84af.jpg

 
こまごまと景品が並んでいるので慎重に投げます。
 
おっ、1個、取れたようです。
 
 
 
と、いうわけで、盆踊りと言いながら、「全く踊らず」に帰宅しましたww
 
 
 
でわ、戦利品のご紹介です。
 
金魚1匹(体長約30mm・・・小さ!)
c8e88f85.jpg

 
 
輪投げ戦利品の 光るマスコット
b9a76040.jpg

 
 
おまけで、
青いかき氷を食べたら、舌がこんなことに! あれーっ!
89dda323.jpg

 舌だけ デスラー
 
変な盆踊りでしたが、縁日巡りで楽しく過ごしました。
 
おしまい

7月22日にマリーナのイベントでスイカ割りとソーメン流しをするということで、今年も参加してきました。
 
まずはスイカ割り、チビが早速参戦します。
果たして当たるでしょうか??
a64a5ccd.jpg

 
 
昔風に8mmカメラで撮影してみたらこんな映像でしょうか・・・
 
 
割れたスイカはキンキンに冷えているのでさっそく皆で食べます。
f20ea550.jpg

次はソーメン流しです。
竹の樋をソーメンが流れてきますので、右利きの人は上流から見て樋の右側で待機します。
(左側に立つと、ソーメンが取りにくいのです)
e2cb68ab.jpg

 
チビは毎年楽しみにしているようで、始終ご機嫌でした。
 
おしまい

↑このページのトップヘ