CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

小〇さんからBMW純正バッテリーチャージャーの修理依頼がありまして、

受け取ったのはこういった物です。
変換 ~ 20200430_142640
チェックすると電気が出力されてないです。

早速中身を見てみましょう。
変換 ~ 20200430_143206
うわぁ~

こ これはかなーり・・・
変換 ~ 20200430_143223

来てますねぇ・・・
変換 ~ 20200430_143234
シビれますねぇ。

この状態から復活するか?
変換 ~ 20200430_143415

こりゃー・・・厳しいか?
変換 ~ 20200430_143436
屋外で長期にわたって使用してたような印象です。

普通なら諦めますけど、絶望的な方がかえって修理魂が燃えますね。🔥メラ🔥メラ



以下、修理内容。

各ケーブル類をハンダ外し、レギュレータ放熱部を分解して基盤単体を取り外し。
基盤はアルコール浸けにて洗浄。
今回は超音波洗浄まではやってません、ブラシ洗浄までにとどめておきました。

そのあと、ケーブル類を再びハンダ付けし直し、放熱板には熱伝導シリコングリスを塗ってから組み立て。

各部品と、ハンダ部分も導通チェックします。
回路自体はそんなに複雑な回路ではないのでチェックは楽でした。





で、結果がコレです↓
変換 ~ 20200430_144742


変換 ~ 20200430_145737
まぁ、これでなんとかなるかもです。

基盤裏面に絶縁用のコーティングをスプレーしようかとも思いましたが、実使用で試してからと思ってやめておきました。いったん塗ってしまうと緑色になって部品交換がやりにくくなりますから・・・

最後に、白い中間コネクタも腐ってましたので撤去して直結にし、
抜け落ちてブラブラしてたケーブルも、コードストッパーを新調して修理完了。
変換 ~ 20200430_152817

で、無事に出力が出るようになりましたとさ。


左肩が痛い・・・2月ごろから痛い。


右肩は以前に五十肩というものをやって、今は完治してるけど、今回の左肩の痛さはそれと比べても半端ない痛みを伴う。

症状としては、
左腕が水平より上に上がらない。
左手を右の肩に付けることができない。
左手を背中に付けることができない。
 これらを無理にしようとすると激しい痛みが生じる。
左肩を下にして側臥位になると左肩に激痛が走る。

夜、寝ていても、痛みで起きてしまうことがある。

世の中、コロナが増えていたのでタイミング的に病院にも行けず。

張り薬、ピップエレキバン200なるものなど、バンテリンスプレー、いろいろ試したが一向に痛みが弱まることはなく、むしろ悪化していく。

こ これはもしかして鍵板断裂か?

とうとう我慢の限界を迎え、コロナも徐々に落ち着きを取り戻してきたのはこれ幸いと、やっとのことで病院で受診。もちろん整形外科。

かわいいジョイさんにいろいろ問診され、腕を動かされ、もしかしたら鍵板損傷(断裂)ではないかと疑いレントゲンとMRI検査。


まずはレントゲン
名称未設定 7
骨と関節部には異常・変形がないということが分かった。



レントゲンはいいのだが、MRI、これがまた痛いのだった。

あのタイムマシンのようなMRIの寝台装置にミイラのように動かないようにベルト固定されるわけだが、左肩に負荷がかかるような体の姿勢で20分間じっと動かずに我慢するのがこんなに苦しいことだとは露知らず、お気楽にMRIを受けて苦痛に顔を歪めつつ、やっと撮れた映像がこれだった。
名称未設定 5
ん?鍵板ってどこだ?

別の映像でわかりやすいのがあったので下の図、赤矢印が鍵板部分。
名称未設定 4a
お!鍵板は断裂しておらず。
ジョイさんよりも先に「あれー・・・切れてないですねー」と発言してしまいスミマセン・・・

原因不明なるものの、切れてはおらず、炎症を起こし、固まってしまったのではないかと推察。

というわけで確定診断は、


五十肩

で、決着がつきました。
キシロカインを注射し、ロキソプロフェン+レバミピド飲み薬と、湿布をもらって病院終了。
病院滞在時間3時間ちょっと、医療費1万弱がかかったのであった。

なので、しばらくは週3回のリハビリ通いになる予定。


インナーマッスルである鍵板の損傷や炎症は「使いすぎ」や「無理な使い方」が原因になるとのこと。
腕をあげるだけでも傷めることがあるそうだ。

そういえば・・・

・引っ越しで重い荷物をいっぱい無理してでも運んだっけなー・・・

・正月ごろに公園へ行き「回転する雲梯」をやった時、ビシッという音がしたなぁ・・・

と、思い当たるフシが無いわけでもなかったが、とりあえず決着はついて安心しました。

「左肩が五十肩」ではあまりにも(悪い)注:カッコ悪いので、自分的には「L50型」ということにしておこうっと(笑)

今回はナンバープレート灯とバック・テールランプと車幅灯をLED化します。


まずはナンバープレートのところ、T10ウエッジ球5Wを2個使用してます。

ナンバープレート灯は表側は外れないので裏から外します。

テールゲートのラッチのところのプラファスナーを2個外して、
変換 ~ 20200517_153306 1

取っ手の+ネジも2個外して・・・
変換 ~ 20200517_153300 1

あとはバキバキ外します。
変換 ~ 20200517_152650 1

11個のプラファスナーを外せばテールゲートの内張が簡単に外れます。
変換 ~ 20200517_152712 1

テールゲート内はこうなっていて・・・
変換 ~ 20200517_152647 1


ナンバープレート灯は灰色のベースを左右からつまんで引けば外すことができ・・・
変換 ~ 20200517_152738 1
付いていたT10ウエッジ球を引っこ抜いて・・・


在庫で持っていたT10のLEDと付け替えるだけ。
変換 ~ 20200517_152836 1
テスト点灯させてみて、光らなければいったん引っこ抜き、ひっくり返して刺せば光るはず。LEDは基本的に極性があるので。

表から見るとこうなりました。夜間でもばっちりナンバーが見えますよ。
変換 ~ 20200517_152938 1
ちなみに外のクリアカバーは防水シールしてあるのでなかなか硬くて外れません。無理すると割れるかも?
なので、テールゲートの内張カバーを外した方が簡単。(な はず)


次はストップ・テール球の交換です。ここはT20ダブルウエッジ球21/5Wを使用してます。
テールレンズユニットは+ネジ3本を外して、強引に引っ張ってプラファスナーを3カ所ほどバキバキッと外せば取れますので、こちらも簡単。(な はず)
名称未設定 1のコピー

こんな感じで光ってます。昼間なのであんまりわからないけど・・・
変換 ~ 20200517_152943 1

このあと、フロントのヘッドライトユニットに入っている(ポジション)車幅等も交換しました。
ここもナンバープレートと同じT10ウエッジ5Wを使用してます。
写真は撮り忘れ。

今回使用したフロント車幅灯は、T10 LED ホワイト 爆光 凄く明るい ポジションランプ 無極性 12V 2個
purasuwann_t10-s-
という製品。
直視してると目がくらむくらいの明るさでした。
無極性なので、どっち向きに刺してもそのまま光るのってなにげに便利だったりする。


ストップ・テールランプは同じくぶーぶーマテリアルのT20 ダブル LED S25 ムラなく光る ブレーキランプ 赤 レッドです。
purasuwann_kyu-brake-y
こちらは、テール・ストップ共に純正使用のT20ダブルウエッジ球と同じくらいの明るさで、テール・ストップの光量差も5倍程度はあり、車検対応できると思われます。また、停車中に後ろのクルマの方に迷惑をかけない程度の明るさだと思います。最近の車は爆光すぎて、停車中に前車のストップランプが眩しすぎて困っちゃいます。

なぜに、ぶーぶーマテリアルなどという、一見変わった名前のお店の商品を使ったかというと、こちらの商品はきちんと消費電力等のデータが明記されていたからです。

巷にあふれる同じようなテール・ストップ用LEDはたいてい書いてなかったりする。
書いてあるものでも、消費電力が高めの商品も存在する。(LEDなのになぜか18/3Wとか・・・)

純正電球のT20ダブルウエッジ球は、定格が21/5Wの消費電力。
上記のぶーぶーの製品は2.4/0.48Wと、LEDなりにかなりの低消費電力でしたので採用しました。



ちなみにうちのRF7のテール・ストップのT20Wウエッジ球は今まで18万キロ走って2度切れて交換してます。切れたタマ、もしくは寿命が近いタマはガラス内が黒くくすみ、光量もそれなりに落ちてます。



↑このページのトップヘ