台風19号、今までで最強の台風ということでビクビクしながら迎えたのですが、とりあえず何か起こった時のことを想定して準備はしときました。
風速60m/sなどというとてつもなく恐ろしい風が吹くということなので事前の準備は大切です。

階段の踊り場にビニールとテープ類、ヘルメット・腰道具・カッパ・長靴・手斧・レシプロソー・ロープ・懐中電灯・電動水中ポンプ・ホース類・バケツ・手動ポンプを集積させます。(写真は一部抜粋)
変換 ~ 20191012_200503
しかし・・・手斧って何に使うんだろ?

ベランダや外回りの風でふっ飛んでいきそうな軽いモノ、シート類、自転車等はクルマに積み込んでしまいます。



まずは停電になってしまったらということで、久しぶりに発電機の出番。
line_1570876972034
HONDA EU9i 

これは3.11の後にEU16iと共に購入した1台目。
屋根裏部屋で稼働できるよう設置。
排気は一酸化炭素中毒にならぬよう換気口から漏れなく排出するようにしてます。


昼間は晴れれば、太陽光発電の非常用出力(1500w)でなんとかしのごうかと・・・


燃料はガソリン20L。
変換 ~ 20191012_200356

EU9iは、総排気量49.4㎤のエンジン積んでます、いわゆる原付1種ですね。

「タンク容量2.1リットル、1/4負荷で7.1時間、定格負荷で3.2時間稼働」(カタログ数値)
アバウトですが、負荷900wで1日3時間稼働するとガソリン2リッター消費という計算になります。
つまり20Lのガソリンで10日間稼働させることができるはず。

クルマとバイクなどタンク類は念のためすべて満タンにしときました。

CT110は左右両方のサイドスタンドを出し、レンガを置いて右サイドスタンドを固定し、後輪をブレーキロックして前後タイヤにタイヤストッパー。バイクカバーを外して敷地内で一番地面が高く、風が当たりにくい建物の影に置いておきましたが、そのままの状態で朝を迎えることができました。






生活用水
変換 ~ 20191013_125813
いつもは空の睡蓮鉢にコルクで栓をしておきました。

翌朝見たら、8割がた雨水が溜ってました。やはり相当雨が降ったと思われます。
line_1570938557645

大きさからして100リットルほど、生活用水は雨水で何日かはしのげそうです。
line_1570938810247
お湯を入れれば簡易露天風呂に?




食料・水
飲料水は一人1日2リットルで算出。
食料は最低限確保。
前日にスーパー行ったらカップ麺等の食品棚が空っぽになっていて驚いた・・・

燃料はカセットガスボンベ5本。
カセットガスがなくなったらピークワンを赤ガスで。

サランラップは一人1本は確保。
ラップは食器の下に敷いて食器をリユースしたり、万が一のけがの時も使えるので。


結局のところ、事前予報とは異なり雨風もそんなにはひどくならず、風も瞬間最大で30m/sくらいだったので被害はほぼ無し。台風は宵のうちに通過していきました。
それでも台風が一番近づいた時の気圧は960ヘクトパスカルを記録した。

12日18:22に、千葉県南東沖を震源とするM5.7の地震があって震度2ほどの揺れを感じた。
台風でナイーブになってるタイミングでカタカタと揺れ出す地震って・・・マジ、ビビりました。

今回は雨が非常に多く、結果として河川が氾濫・決壊し、多くの方々が被災されました。
地球温暖化で猛烈な台風が今後増えていく・・・仮にホントなら大変なこと。

備えあっても憂いありの台風19号通過でした。