CT110のフロントディスクの分解整備と同時に、WAVE125のディスクプレートの検証を行った。
変換 ~ RIMG0122
ご厚意により小〇さんからWAVE125のプレートを貸していただいたので、CB50Sのプレートの代わりに使えるか検証を行ってみたら・・・なんと!


オフセットはバッチリ合っているのですが・・・
変換 ~ RIMG0123

CB50SのディスクにWAVE125のディスクを重ねたところの写真。
変換 ~ RIMG0124
直径も合ってる。

しかし、実際に付けようとしても・・・
変換 ~ RIMG0125

取付位置のピッチが合わないんですよねー・・・もー本当に残念~
変換 ~ RIMG0126

もう1枚のWAVE125のディスクも当然合わない。
変換 ~ RIMG0127

だってこんなに違うんですもの。
変換 ~ RIMG0128

実測してみたら・・・
変換 ~ RIMG0129
CB50Sのディスクのピッチは64mm。

WAVE125のディスクは78.5mm。
変換 ~ RIMG0130

オフセットは21.5mm。
変換 ~ RIMG0131

これはアダプターなどがないと無理っぽい。という結論。
変換 ~ RIMG0132
オフセットと直径(202mm)が一致していただけに残念な結果に終わった。

CB50SのハブをWAVE用に変えればいけるかもしれんが、WAVE用など持ってないので不明。

残念ながらリサーチ終了です。




さて、ついでなのでブレーキ整備もしてみた。

前回バラしたのは何年も前のハズ。
なので、汚れてるわ、引きずってるわで、相当前から整備したかったところ。
変換 ~ RIMG0133
とはいえ、キャリパーもピストンまではやらず、マスターも次回にまわす(笑)

キャリパー部、スライドピン バラし。
変換 ~ RIMG0134
キャリパースライドピンの動きもスムーズになって引きずりも解消されたみたい。
スライドピンは、ほぼほぼグリス抜けた状態だった。シリコングリスを入れる。ラバーグリスも可。
ブレーキパッド裏側面には銅粉入りのパッドグリスを使用。




お次は、点火時期を確認してみた。
タイミングライトを準備。
変換 ~ RIMG0147


Lクランクケースの穴のフタを外す。
変換 ~ RIMG0135
クランク軸をTレンチで回せば動く。回転方向は半時計回り(CCW)。


上の小さな窓の中にあるFマークのところでタイミングライトが点滅するように調整するのだが・・・
変換 ~ RIMG0137

拡大すると、「F」刻印と、Fire位置マーク「|」が見える。
名称未設定 3のコピー


点火時期を調節する場所は、
CT110の場合、ヘッド横のCDIと書いてあるカバーを+ネジ2本外して開ける。
変換 ~ RIMG0138

右上と左下にある+ネジ2本(アタッチングスクリュー)を少し緩め、12時の場所にある切り欠きにマイナスドライバーを突っ込んでベースプレートを左右にこじって調整する。
下図参照
pulse

ベースプレートを時計回り(CW)に動かすと点火時期早まる。
ベースプレートを反時計回り(CCW)に動かすと点火時期遅くなる。
パルスローターは反時計回り(CCW)で回っている。

変換 ~ RIMG0139
3時の位置にある黒い箱状のパルスジェネレーターのインデックスマークと、パルスローターのマークを一致させれば良いと、マニュアルには書いてある。
わかりやすいようにインデックスマークに赤塗料で線を引いてみました。



名称未設定 2のコピー


それではあまりにもアバウトなのでエンジンをアイドリングし、タイミングライトを使用して調整します。


調整が終わるとこんな状態。ここでは少し早めのタイミングにしてます。

ホントは「F|」の刻印の「|」と、▽マークを合わせるのだけど、私にはちょい早め「F」の位置のこのくらいがちょうどいい。(ハイオク仕様のため)

点火時期早め
 ▽
 F|

正常
      ▽
 F|

遅め
         ▽
 F|



あまり早くするとノッキングが増えてエンジンダメージ、トルク低下だったっけ?
CT110はFIではないのでECUもノックセンサーも当然ありません。
あまり早くし過ぎるとノッキングはわかりにくいがエンジンの振動がやたら多くなるのでわかります。
冷間時にノッキングっぽいカタカタ音がするのでわかるかも。

遅くするとトルク低下、黒煙発生・・・だったっけか?

ちなみに、
CT110はパルスローターにアドバンサーが付いてるため、エンジンをふかすと点火進角する。
こんな感じ↓


   F|

点火時期調整が終わったら各部のネジしめて、フタも閉めて終了。
変換 ~ RIMG0143
CDIはポイント式と違い点火時期が絶対ズレないなんてことはありません。
タイミングチェーンテンショナーの調整の仕方次第ではズレる可能性もあり。
暇なときにでも確認した方が良いかも。

変換 ~ RIMG0144



ついでに目に入った内圧コントロールバルブをチェック。
変換 ~ RIMG0145

乳液状の汚れがついていて、弁の役割をしていなかった模様(笑) 意味ないじゃん!
変換 ~ RIMG0146
パーツクリーナーで汚れを落として終了。