カップヌードルミュージアム」というのが、横浜の、みなとみらい地区に2011年にOPENしました。
 
3年くらい前までは、砂利敷きの仮設Pで、何もなかったところです。
 
去年の今頃、ボートショーに行った時にはOPENして間もない頃で、アトラクションは予約しないとできないということなのでパスしました。
 
ですが・・・あまりにアトラクションの予約が取れなくて、つい先延ばししてましたが、去年のうちに予約を取って、やっとこさ行ってみました。
 
第三京浜と首都高を通り現地到着まで1時間半ちょっと。
カップヌードルミュージアム脇にあった砂利敷きのPにもコンチホテルが建つみたいで工事中。
 
なので、別のPを探しました。
赤レンガの西側少し先にあるPが空いてたので、そこに駐車です。
1日1,500円也
 
 
 
 
では、カップヌードルミュージアムに潜入開始です。
 
775272a9.jpg

4Fにあるテラスからの眺望です。いい眺めです。右側に海保の基地があります。
 
中には、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した時の安藤百福さんの研究小屋を再現してあったり・・・
72b40b82.jpg

 
触ると不思議な影絵が登場したりと・・・
72413118.jpg

いろんな展示があります。 
 
 
 
日清のインスタントラーメンの歩みを紹介する展示室がありました。
 
全てがこのひとつから始まったのでした↓
142ec079.jpg

 
横軸が時間を、縦軸がインスタントラーメンの種類ごとの「進化の展示」になっています。
 
 すきそばって何だろう?  好き焼きそば?
877e869a.jpg

 
1976年に、UFO と どん兵衛 が登場しました。 
b7b7c010.jpg

 
ふとめん味助・・・知らないしー 初めて見るしー 
6a5b93cc.jpg

 
1992年にラ王 
3e023048.jpg

 
カレーUFOなんてのがあったのか? 
562ae3d0.jpg

 
ラ王 沖縄そばもある 
634062da.jpg

見覚えのある懐かしいデザインも多数・・・ 
 
こんなに種類があったのかと驚き・・・
 
d48a5320.jpg

 
現在発売中のインスタント麺や、世界のインスタント麺も展示
9faab402.jpg

 
結構圧倒される壮観な眺めです。
 
 
その他にもミュージアム展示がありますが、体験するコーナーも数か所あります。
 
まずはカップヌードルを自分のレシピで作ることができる
マイカップヌードルファクトリー」を体験してみます。
 
人がたくさんいます。みんな何やってるんでしょうか?
6c92e39b.jpg

椅子に座って、自分のカップのデザインをしてます。
 
みっちゃんぽんはデザインがチョー苦手ですが、まずはマイカップをデザインします。
6b119331.jpg

「コロチャー増量 みっちゃんぽんヌードル チリトマト味」で勝負します。
 
あちゃー
字が稚拙すぎます・・・
デザインも・・・
トホホ お見せするのが・・・とても気まずい・・・w
 
2b3dd824.jpg

麺の上にカップをかぶせて~ 回転させます。
 
次に具の投入です。
a3c50b37.jpg

好きなものを4種類選べますが、増量はできないようです・・・
 
えっそうなの?聞いてないよ!
 
コロチャー増量は、どーするんだ いったいw 
 
書いちまったよ カップにマジックで! あわわ!
  
早速 計画倒れか・・・orz
 
7450be83.jpg

そんな心の動揺をよそに、スタッフの方が手際よく入れていきます。
 
あっそれ、もう1っぱいザクッっと入れてください・・・という暇もないほど早く・・・
 
自分で好きなだけ入れるのではないのですよ~・・・残念・・・
 
ebde555b.jpg

流れるように3つ、出来上がりました。
みっちゃんぽんヌードルは真ん中のです。
 
カニ風味かまぼこと・コロチャー・チェダーチーズ・エビを入れてみました。
 
「これでよろしいでしょうか?」とスタッフの方に詰め寄られます・・・
 
「あ ハイ・・・」
 
小心者の自分を恨みます。
 
コロチャー自分で作って入れるしか、この場合手の打ちようが無い・・・ か。
 
コロチャー増量。。。
 
 
て、
 
次の行程で蓋をして・・・溶着。
eaea6667.jpg

 
シュリンクフィルムで包み・・・
a5127c26.jpg

 
熱風をかけてフィルムを縮まして・・・
01995be8.jpg

 
コロンと・・・完成です。
0d0faa1f.jpg

 
あとはお持ち帰り用にエアバックに包みます。
70d0aeba.jpg

 
完成品はこんなふうになりました。
5a5ab789.jpg

賞味期限は1カ月だそーです。
 
何気に窓から外を見ると・・・なんだか茶色っぽいです。
d7f053f5.jpg

外がとんでもないことになってます。
黄砂かと思いましたが、今日の報道では単なる土埃だとか。。。
 
外に出てみると風が強く、埃も凄くて、目が痛いです。
adb6182f.jpg

ほうほうのていで中に戻ります。
 
子供参加型のアスレチック「カップヌードルパーク」です。
fdc61671.jpg

参加者が「麺」になって工場内を流れていく・・・カップ麺工場の中という想定です。
 
 
 
ワールド麺ロード」というコーナーです。アジアの路地を表現してるようです。
383b123f.jpg

ラーメン博物館のアジア版という雰囲気です。
いかにもバンコクの街かどにいるみたいで、バイクの騒音や街の喧騒も聞こえてきます。
 
トムヤムクンラーメンというのを食しました・・・辛いです。
 
 
さて、お次は、「チキンラーメンファクトリー」に、Kとチビだけ挑戦です。
 
みっちゃんぽんは今回、撮影部です。
 
小麦粉、かんすいとごま油を入れてこね、製麺機に10数回通して伸ばします。
9a152f67.jpg

チビがグルグル一生懸命製麺機をまわしてます。
 
この生地をしばらく寝かせた後、さらに伸ばして裁断します。 
21a2f940.jpg

 このあと、麺を蒸して味付けして
90分後・・・ようやく完成です。
146b0d1f.jpg

すぐおいしい すごくおいしい
 
 
作るの90分・・・食べるのは5分? 
 
 
  作るのは大変なんですね。
 
 
 
ミュージアムショップでお買いもの・・・
07671917.jpg

組み立てるとカップヌードルになる伝言メモ用紙を買いました。
 
 
夕方になってしまいましたので、場所を移動します。
 
もうボートショーへ行ってる時間はないようです。
 
赤レンガ倉庫に立ち寄ります。
3a592646.jpg

 
 
横浜ですから・・・そう
 
言わずと知れた中華街!
129bc83b.jpg

 
歩いてると、今までなかったものが眼に飛び込んできます。
ffd2ab3f.jpg

故障持ち・・・いやいや、胡椒餅フージャオピンとはいったい?
 
定番の江戸清の肉まんや、他の店で売ってる小籠包も捨てがたいですが、胡椒餅
とわ?
 
その昔・・・
台湾で、屋台の70歳くらいのおじさんが売ってた大根餅みたいな焼物を見ていて、
 
「これって旨いのかな~?」
 
って同行した髪の長い日本人に言ったのですが、突然屋台のおじさんに
 
「おいしいから食べてみれば おいしいよ」
 
と日本語で言われてビックリした経験があります。
 
台湾の高齢者は日本語うまいです・・・発音完璧でした。
 
 
 
んで、胡椒餅にハナシは戻り・・・
 
この店で売ってました。王府井・・・わんふーちん?ですかね。
8e2d5fcb.jpg

 
胡椒が効いてる肉まんを焼いたもの・・・なのかな?たぶんこれは。。。味的には。
2db06271.jpg

 
 
ま たいへんにおいしゅうございました。
 
これだったら小籠包のほうが・・・
とまではいいませんが、いい線いってます・・・
あとは好みの問題かな?
 
 
 
 
では、今日の目的地に向かいます。
 
あまり宣伝すると料金が上がったり、予約が取りにくくなるのかなー
 
一瞬だけ写真をお見せします。
 
一瞬だけ見てくださいネ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
02311a0e.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、覚えましたよね!
 
 
横浜中華街の○○大飯店
 
○○の中にはなんて言葉が入るのでしょうか?
 
という、よくある懸賞並みの優しさです(笑)
 
ちなみにYahoo検索で、「大飯店」で検索すると、ココが表示されますよ~
 
 
 
 
 
場所は、下の写真の門のすぐわき(中華街の入り口)にあります。
 
75c781e8.jpg

 
で、前菜から始めて・・・デザートまで
9e906a10.jpg

 
選り取り見取り・・・全部で16品以上も頂きました。
 
もぅ食べられません・・・首の下まで中華料理でいっぱいです・・・w
 
 
過去、変に欲を出して、他の店に行って結構失敗すること多数でした。。。。。
 
横浜中華街の○○大飯店・・・CPも高く、大変おいしいです。
 
機会があったら予約してから行ってみてください。
 
飛び込みだと・・・土日だと1~2時間待ちかな・・・たぶん
 
 
というわけで、
今回はボートショーに行くつもりが、カップヌードルミュージアムで1日過ごしてしまったという、ちんぷんかんぷんな横浜遠征でした。
 
これで少しは家庭内ポイントはたまったでしょうか?
 
 
長々お読みいただきありがとうございます。
お疲れさまでした!