これは今更ながらの記事ではあるので、ご存知の方はご存じのはず。


今回は、ガス缶をたらいまわしにする作戦です。

なんですか「たらいまわし」って?ここは役所ですか?イエイエ違いますよん。

ガス缶にもいろいろ種類がありますが、一番多く出回ってると思われるガス缶を
アダプターを駆使して、

CB缶→OD缶→ライターガス缶→ガス補充

と、やってみたいと思います。


では最初に・・・手順のご紹介。

CB缶(主に家庭用のセットンベ缶)


イワタニやニチガスやニチネンなどから出てる、カセットコンロ用に作られたガス缶。
100円ショップでもコンビニでもどこででも売ってますよね。

まずはCB缶の頭に、この「CB缶→OD缶アダプター」を装着するんです。
79639c00.jpg


裏側は・・・こうなってます。
504dfb79.jpg

だいたい200~700円ぐらいで・・・アマゾンとか。


で次に、上記のものに、これも装着。SOTO SOD-450 フィルアダプター
835a742e.jpg

本来はOD缶(主にキャンプなどで使用するウトア缶)からライターなどにガスを補充するアダプター。
だいたい1,000円前後で売ってます。ここでゆうパケット発送で買うのが一番安いかも。


OD缶の例



手順は以上です。

実際にはCB缶に付ける前に2つのアダプターを合体させておきます。
9ba402f6.jpg

PPAPみたく「うっん!」てかいうのではなくって、ネジになってるので差し込んで回して合体させます。

そして、
CB缶の切り欠きに合わせて上から押さえつけてハメてから、オレンジの部分を時計回りに少しひねって固定。
1262ca97.jpg


あとはガスバーナーでもライターでも、ガス式半田ごてでも、補充し放題となります。
66278a03.jpg

ブタンガスとかプロパンとかイソブタンとかノルマンブタンとか、細かく言うとガスにもいろいろ種類があって、カロリーもそれぞれ違うわけではありますが、自己責任で。
山用のOD缶がやはり一番カロリーがありますね。

今のところ、ガスの種類が違うことで問題があったことはないですが、ごくまれにカロリーの低いガスをターボライターに使うと勢いのあるターボにならないでホワンとしたしょぼい火になるといった不具合は出ました。


もちろんこれらのアダプターをうまく活用することでOD缶がない非常時の代用としてOD用のコンロなどでCB缶を臨時使用することもできます。

これって、もしかしたら災害時など限られた資源しか使えない場合にはいろいろと重宝するかも?


というわけで、

ガス種を気にしないし、そこらで簡単に手に入るしで滅法調子が良い・・・
というお話でした。

ガス漏れ注意、自己責任でお願いします。