現在家の中を整理中。

おそらくは40年近く前のものと思われるコニャックを4本ほど発掘。

で、今回のターゲットはこれ。
e8a5434e.jpg

REMY MARTIN COGNAC

う~ん 、いい具合に白カビだらけ。
9eadcb14.jpg

これは超熟成してるな・・・

カビの中でも赤や黒や緑よりも白カビは大丈夫だと信じてます。
だってカマンベールとか白カビサラミだって元をたどれば白カビじゃーないですか!
(って、適当なこと書くといけませんね。。。カビはカビでも種類が違うか?)

あくまで私事ですが、こういう洋酒に白カビが多数付着してた過去事例では大丈夫でした・・・

瓶は寝かせて冷暗所で保管してました。北側1階の床下コンテナの中とか階段下倉庫とか・・・暗くて、年中自然の気温の中です。

漢字でなにやら・・・判読不能だが免税品のハンコ?(実はこれは亡き父がもらったもの)
84a159b4.jpg


案の定、コルクは経年変化で柔らかくなり、単純に引き抜くとこうなるのは当たり前、いつもの通り。
844891b6.jpg

30年以上たつとコルクはこうなるという図です。

うまく取り切れなかったコルクはワインオープナーや竹のはしやへらを使って丁寧に取り除く。
多少はビン内に入っても気にしない。


取っておいたシャンパンのコルクを適当にナイフで加工し、口径を合わせていく・・・
d1d9aa9a.jpg


むぎゅーっと装着して完了。
cc583b49.jpg



88f8d7b7.jpg


コルクカスが多少入るけど、飲みながらゆっくりと取り除く。
511ce04b.jpg

飲んでみると・・・

これは蜜の味ですわ~
アルコールって感じじゃなく、フワァっと口の中で滑らかな香りが広がります。

甘くて恍惚とするブランデーへと変貌を遂げていたのでありました。


残りはナポレオン2本とレミー1本。
10年に1本抜いてもあと30年楽しめる? それまで生きてるか?

古っーいブランデーとか飲めますので、不安で心配な方はその道の通の人に毒見してもらってください。(笑)