予定が早く終わり、
天気が良すぎるので、
久しぶりにふらり、吉祥寺駅で降り、
Kと一緒に井の頭公園へ立ち寄り。
816624b9.jpg



枝垂桜はもう満開です。
fb882e02.jpg


ソメイヨシノはまだまだこれからのようです。
a4af37bc.jpg



桜は満開ではありませんが、宴会はボチボチとはじまってました。
b4df8e0d.jpg


これが噂の「別れてしまうボート」たち・・・ですかねぇ。
844562c2.jpg


さて、公園の奥の方の一角に、パペカフェ・フォレスト(Pepacafe forest)というカフェーがありまして・・・
19b1d797.jpg

ベトナム料理やタイ料理などのアジアンというかエスニックというか・・・飲食を提供してることは至極有名。

ふらりと入って、ベトナムコーヒーをオーダー。
67f5e429.jpg

おフランスの流れを汲む、こういうセットが運ばれてきます。

まずは蒸らしを。
0f62ff2e.jpg


しばらく待って、下に滴ってきたら・・・
218c4035.jpg


さらにお湯を追加します。
813b68bc.jpg


お湯を全部入れたら、ひたすら滴下するのを待つのですが・・・
60234080.jpg


粉が細かいのと、3重になった穴フィルターの穴が小さいので、詰まってしまってなかなか落ちません。
0f7b63a9.jpg


のんびりと育てるように待ちます。およそ5分くらいで最初の半分をいただきます。
2352cb83.jpg

下にある白い部分、そう、これはコンデンスミルクですが少しづつ混ぜながらゆっくりとコーヒータイムを楽しみます。
お味の方は、はっきり言うと甘いです。

抽出時間が長いことでコーヒー自体の苦みが増す中、コンデンスミルクの甘みが絶妙に打ち消して複雑で奥の深い味を醸し出しています。
苦みより甘みが少し打ち勝っているという・・・これがベトナムコーヒー。

同じ濃さを競うであろうエスプレッソとは時間が真逆の、まさに南国ならではののんびりコーヒーなのですね。


さて、Kは、チャーノムイェンというタイのアイスミルクティーをオーダー。
02d1185d.jpg

こちらもコンデンスミルクが下に溜ってますので、極々甘めのアイスミルクティーですね。
光の具合でオレンジ色に見えたりして、面白いアイスティーでした。

コンデンスミルクで甘めのコーヒーや紅茶も、春うらら、たまにはいいものです。