今回は、CT110 アイドルアジャストスクリューの改造です。

プラスドライバーが無くても手で簡単にアイドリング調整したい場合に便利になるかもです。


キャブから外してきたアイドルアジャストスクリューと、適当に転がっていたネジを合体させましょう。
889227b1.jpg



今回はこういうものを使って接合してみます。
042a4fc3.jpg

UVレジン液 ハイブリッドタイプ超ハード

最近は100均でも手軽に手に入りますが、固さは上記のより弱い。
55925f65.jpg

こっちのは、強度を必要としないソフトな使い方の方があってるかも。



鏡の上にシリコンシートを乗せ、対象物をテープで留めます。
8b065432.jpg

取っ手付きのネジの先端はやすりで削ってマイナス形状にしてから合体させる。

UV-LEDランプと、UVカットのサングラスを用意。
37bd5d8a.jpg



UVレジン液を少し付けてUV照射!
e4a7a593.jpg

電源はUSB-マイクロBで供給します。

1分でレジン液は固いプラスチック状に固まるので・・・
f4e7fd0c.jpg

ネジについてる黒いチューブはヒシチューブ(熱収縮チューブ)です。


角度を変えて、レジン液を垂らしてはUV照射・・・を、数回繰り返し・・・盛ります。
50bbe70b.jpg

直接見ると目が痛くなるのでサングラス着用です。

ヒシチューブに熱入れて、出来上がり

b955420c.jpg

結構固い、爪が立たないほどでガラスのようだ。

とりあえず手で少し力を入れても折れなかったので、完成とします。
念のため銅線でワイヤードしておきます。

こんなのがぽっきり折れて路上に落ちてしまったら「パンクの種」になりますからね。
e7c090b1.jpg





実車装着
29f7fc86.jpg


上から見るとちょうどいい具合の出っ張り方で、
これなら乗車中でもアイドル調整が左手でできそうです。
92a800f7.jpg


手で回せるようになってるアイドルスクリュー、実はお店で売っているんですが、高くて買えません~

というわけで、速硬化型UVレジン液を使った時短改造お遊びでした。

UVレジン液はハードタイプだけではなくソフトタイプもあるので、断線したケーブルの皮膜を作ったり、割れた風防やプラスチック部品の補修にも応用がききそう。


で、耐久性のほどは?

って、聞きますか・・・やっぱり。


これから実験するんですよ、これから!
太陽光線浴びたら固くなるんだから大丈夫じゃね?




しかし、なんで、センターリングでしか文字が書けないんだろうか?今回は特に。
文字の「左寄せ」をしてもセンタリングのままだったり、フォントが勝手に変化したり・・・
うちの環境のせいかもしれんが、たまーにこういう現象が起こるな、Yahooブログ。