G.W.も5日目、上関の朝 0715時
830cbcef.jpg



瀬戸内の海水を汲み、コメを洗い、羽釜で炊き上げます。
f82d3001.jpg

キレイな瀬戸内の海でしかできない貴重な体験だ。
東京湾ではたぶんできないと・・・いや、したくないと思う。(笑)



そして出航・・・

今日の目的地は、大津島
ebb4bf0c.jpg



1130時、無事に接岸
94a8e58f.jpg


徳山港からフェリーも大津島へ来ています。
9e3199b9.jpg

このフェリーに昨日別れたKさんが乗ってきて、また合流します。

この大津島、回天の島として有名。
f81ea87a.jpg



島猫がお出迎えしてくれました。
d69eeeb7.jpg



なぜか人懐っこい・・・
ffa892e6.jpg



炊き上がった米でカレーです。海水で洗ったお米、少し海の香りがする。
df620278.jpg



そこへ・・・
e0d39321.jpg



2年前の湯けむりレースでご一緒させていただいたNさんがフィッシング仕様のボートで登場です。
31bf0764.jpg



今日の釣果は・・・アジとメバルと、未確認生物・・・
8be172a9.jpg

この未確認生物って、もしかしてアレですかねぇ、アレ!


まずはアジ、Nさんが手慣れた手つきでさばいていきます。
00c0b0e0.jpg



うーん 釣りたての魚って、新鮮過ぎてとっても旨いわぁ~
ae9fb3ad.jpg



未確認生物・・・
00d8b651.jpg



Nさんに作っていただいてる間に、ちょっと散歩してきましょう。
1e6a9813.jpg



少し歩くと「島食堂ひなた」というお店もありました。
30b6fdc5.jpg



行く先は・・・
3e4051ec.jpg

回天の訓練基地跡。


7e2f722c.jpg




dd2752b3.jpg



床にある2本のコンクリート補修跡は、回天を運ぶトロッコのレールが通っていたそうです。
69e37e22.jpg



9652e025.jpg




66bc22d1.jpg




d5464eb7.jpg




1e10ebac.jpg



81f6c409.jpg




26cc2a80.jpg




2fbd1dd1.jpg




00a2e3c4.jpg




644d3c1b.jpg



サビたボラードが悲しげに・・・何とも言えません・・・
d3aa7519.jpg




0500b1c9.jpg


さて、30分ほどしてヨットに帰ってきたら未確認生物を食べたNさんが大丈夫だった!?ので、私たちもいただきます。(おい!!)

48eb4946.jpg

歯ごたえもあ味もあり、とってもおいしゅうございました。

Nさん、わざわざ釣ってから寄っていただきありがとうございました、ごちそうさまでしたー。
e55c8358.jpg

今年の湯煙レースでまたお会いしましょう!

では、大津島を出港し、徳山へ戻ります。
473beaf5.jpg


徳山のフェリーターミナルへ行く道に、回天のレプリカがありましたよ。
6d7b913f.jpg




a18d4ca9.jpg




042f3686.jpg




63e67fc0.jpg




012c366b.jpg




27b412a5.jpg



こういうトロッコで運んでいたようです。
60fcac99.jpg



瀬戸内のヨット乗り旅行最終日、ヨットオーナーのAさんに車でホテルまで送っていただきます。
Aさん、今日までG.W.中、お世話になりました。
今年の大分湯けむりレース、またお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。


夜は、ここでHさんと〆ました。
4b790b8a.jpg

「天然 徳山ふく」って・・・何?



さて、翌日・・・帰京の日、
レンタカーを借り、陸路で徳山から呉の先にある倉橋島を目指します。

呉の軍港が見えました。
a15c1c00.jpg


呉の先にあったお好み焼き屋さん「八木」で昼飯
cd9b3f93.jpg

素朴な味わいの広島焼でしたよ。ソースがすごく甘いのね。

1300時、倉橋島の田原地区にある専教寺さんへ
94531661.jpg


1週間くらい前、5月7日にお伺いする約束を電話でしていたのであった。
e093fbce.jpg



神戸の叔母の話だと、こちらのお寺に3代前のご先祖さん、「砂古入平」の墓があるというので訪問して確かめようかと・・・
13d41b6d.jpg

現在の私の苗字は「○○」ですが、「砂古」という苗字がご先祖様だそうです。

時は江戸時代末期・・・
広島の呉、その先にある倉橋島が舞台のお話。当時の倉橋島に女方の4代前のご先祖様の別荘があったそうだ。して、男方のご先祖「砂古入平」は呉にある廻船問屋にいたんだそうな。
そして何のきっかけか、あるいは運命のいたずらか・・・入平は10代の武家の娘「霜平きぬ」と互いに恋に落ちる。しかし時代が時代。町人は武家とは結婚できぬ、まさに実らぬ禁断の恋・・・
そこで一計を案じた入平は、追手を振り切るためか、あるいは死んだと思わせるためなのか、嵐が近づいたときを見計らい、きぬと共に船で神戸へと駆け落ちした。
駆け落ちした神戸で○○という子供のいない家庭の養子となったそうな・・・
 


という流れが、過去にあったということを知り、
2f85bf7d.jpg


専教寺さんのご住職とお会いしてお話を伺ったところ・・・砂古入平の墓は結局のところなかったのであった。
fdc43825.jpg

というか、お寺の墓地は最近になって作ったが、
それまでは各ご家庭が自分の敷地内に自家墓を作っていたそうだ。


過去帳を紐解いて調べてもいただいたが、砂古という苗字はここらへんに確かにあって、
今もこの地域に6件ほどあるそうだ。
e8b6652c.jpg


入平の両親の名前(4代前)がわかれば、もしかしたら見つかるかもしれない・・・とのこと。
cfba06cb.jpg


寺の門の前に日露戦争 支那事変 大東亜戦争の慰霊碑があったので見てみると・・・
4238ef8b.jpg


確かに、砂古という苗字のかたも5人、名前が刻まれておりました。
4e91e9a7.jpg



d35ea118.jpg





さて、時間が余ったので、本来なら大和ミュージアムか、てつのくじら館へ行く予定だったが、なんと火曜が定休日!!なのでやってない。

ならばと、この先の江田島(えたじま)へ移動。
海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)の見学へ参加してきた。

924b9c62.jpg


1500時の見学会、17名参加。
af9ce4cb.jpg


ボラードの並び方が美しい
22b0ebd8.jpg


264eef21.jpg


戦艦大和の砲弾とか・・・
3f5dce88.jpg


b58b7c94.jpg


特殊潜航艇とか・・・
46ad1060.jpg


12cc7692.jpg


bad69b63.jpg


6bd1700b.jpg


最後に江田島クラブのお土産売店で海上自衛隊の刺繍ワッペンを購入。
a8fe6e84.jpg

ちなみに海上自衛隊の艦長帽や制服、一般人には売ってくれないそーです、当たり前か。
帽子は3万くらいしましたぞ。



82dc95e7.jpg

干潮時間なので、牡蠣が干上がってました。

c6c5ed5b.jpg

こういう景色をご先祖さんは見ていたのだろうかと感慨にふけりながら・・・
072f75b6.jpg

広島空港までひた走る。
d06774dd.jpg


5a7e8c1e.jpg


3f38bc87.jpg


倉橋島 田原バス停付近
062f75e5.jpg


この上に専教寺さんがあった。
753b2bec.jpg


そしてG.W.6日間の旅、広島からANAに乗って無事に帰京しましたとさ。