CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

CT110ハンターカブ

今回のお題目はリタイヤではございません、リアタイヤでございます。

前回、リアタイヤを交換したのは2017年8月14日、39,690kmの時でした。


今回は50,756kmなので、約3年11,000km走行できたことになるが、前回ハメたのがフロントで9,000kmほど使った7部山タイヤなので新品ならもっと走れたに違いない。
変換 ~ 20200620_141045


昨日の夜、結構多めの雨が降っていた。
道路のそこかしこに雨水がたまり、轍の中では水が流れるような状況だった。
そんな雨の日の夜に時速60キロで通常運行していたら前の前の車が急減速した。
当然、前の車もすぐさまブレーキをかけるに違いない。

と、右足に力を入れてブレーキをかけるが、リアが【ずさぁ----ー】と、5mほど滑った。
「うわっっ」と思って一瞬ブレーキを緩めたら、今度は前の車のブレーキランプが急に近づいてくるのでヤバシと思って右足に力を入れると、また【ずさぁーー】と2mほどリアが滑る。
当然、CT110なので前後共にABSは付いてないので5m+2m、さらに30cmほど左にも滑る。
フロントだけでうまく止まれたが、予期せぬリア滑りだったので汗タラリであった・・・

本日、よくよくリアタイヤを見たら、こんな状況↓
変換 ~ 20200620_141422
随分すり減っている。

2015年09週ってことだから5年前のタイヤですねぇ。
変換 ~ 20200620_142315
しかもサイドウォールはヒビだらけ・・・

スリップサイン上の山はどうかというと、
変換 ~ 20200620_142354

変換 ~ 20200620_142504
これじゃー スベルだろー


てなわけで、スグに交換する。
変換 ~ 20200620_145501
今回はIRCのGP-5の7部山の中古を入れてみる。サイズは80/90-17、2017年モデル。


今まで履いていたIRCの3Rは柔らかいタイヤなので素手ででも取り外すことができるが、このGP-5も結構柔らかいので、足でムギューって踏みながら難なく交換することができた。
変換 ~ 20200620_150252
一応、黄色マークをバルブ位置に合わせておく。

交換終了。山がかなりあるので梅雨を乗り切れるに違いないはず。
変換 ~ 20200620_165229
これで前後タイヤ共にIRCのGP-5になる。

わーい、タイヤだけはCT125とおんなじだぁ~ と、
梅雨空のどんよりとした雲が垂れこめる中、無邪気にニンマリとするみっちゃんぽんであった。


6月22日追記

本日、雨中走行を実施したところ、余裕のよっちゃんだった。
こんなことなら早く交換しておくべきだったと・・・
これならいくら飛ばしてもハイドロプレーニング現象とは無縁のはず、
とはいえ原2なのでそこまではスピードが出せないのであった。

CT125 のPV ただし・・・タイのです。






なかなかいい映像でした。

CT110に乗り、いままでは茶色いブタ革の作業用グローブをしてきたが、もういい加減寿命なので何かいいものはないかと探していたら、ワークマンにプロテクショングローブがあると聞きつけたので早速買ってみた。
変換 ~ 20200531_175247

素材はやぎ革ってことで、牛革よりも柔らかいゴートスキンって言われるもの、確かにしなやかでやわらかい。
ナックル部分にはポリカーボネートとガラス繊維の、見た目はカーボン調っぽい硬いプロテクターが付いている。
ザラザラしたクッション兼滑り止め部分にはアラミドも使われているらしい。
左右の親指・人差し指・中指の先だけは合成皮革で、スマホのタッチにも反応する。指が太くなるので操作しにくいが一応はタッチ操作できた。
縫製も大手バイクメーカー製と同様しっかりしていて、かなり丈夫そう。
バイクで使うにはもってこいだろう。
これってバイク用で作られてるんだよなぁ・・・ワークマンでありながら・・・
ただ、指の太い人には最初はちょっときつく感じるかもしれない・・・自分も指太いけど(笑)
まだ新しいので、そのうちこなれてくるものと期待しておく。

使ってみたらCT110にはちょっとオーバースペックかも?
変換 ~ 20200531_175256
走行中のハンドルからの振動もかなり減り、手が疲れなくなった。使い心地も悪くない。

これで税込み2,900円だと! 安い( ̄□ ̄;)!!

爆買いかもしれない・・・かな?

ワークマンのバイク用グローブは、  あり  ですね。


前回から4,000kmほど走行し、エアークリーナーエレメントからボーボーという音が出るようになったので自作のものへと交換する。
変換 ~ 20200531_145926
エンジンオイル、ギアオイルなどをスポンジ部分に少量馴染ませてから装着。(湿式フィルターです)

取り出したエレメントは油分が無くなるまで台所用洗剤で3回ほど洗う。結構黒くて茶色い汚れが出てきた。
変換 ~ 20200531_154509

軽く絞ってからキッチンペーパーを押し付けて水気をなるべく出し、そのまま放置して乾燥させておくと、次回すぐに交換できる。
変換 ~ 20200531_154440

作業時間:1h

小〇さんからBMW純正バッテリーチャージャーの修理依頼がありまして、

受け取ったのはこういった物です。
変換 ~ 20200430_142640
チェックすると電気が出力されてないです。

早速中身を見てみましょう。
変換 ~ 20200430_143206
うわぁ~

こ これはかなーり・・・
変換 ~ 20200430_143223

来てますねぇ・・・
変換 ~ 20200430_143234
シビれますねぇ。

この状態から復活するか?
変換 ~ 20200430_143415

こりゃー・・・厳しいか?
変換 ~ 20200430_143436
屋外で長期にわたって使用してたような印象です。

普通なら諦めますけど、絶望的な方がかえって修理魂が燃えますね。🔥メラ🔥メラ



以下、修理内容。

各ケーブル類をハンダ外し、レギュレータ放熱部を分解して基盤単体を取り外し。
基盤はアルコール浸けにて洗浄。
今回は超音波洗浄まではやってません、ブラシ洗浄までにとどめておきました。

そのあと、ケーブル類を再びハンダ付けし直し、放熱板には熱伝導シリコングリスを塗ってから組み立て。

各部品と、ハンダ部分も導通チェックします。
回路自体はそんなに複雑な回路ではないのでチェックは楽でした。





で、結果がコレです↓
変換 ~ 20200430_144742


変換 ~ 20200430_145737
まぁ、これでなんとかなるかもです。

基盤裏面に絶縁用のコーティングをスプレーしようかとも思いましたが、実使用で試してからと思ってやめておきました。いったん塗ってしまうと緑色になって部品交換がやりにくくなりますから・・・

最後に、白い中間コネクタも腐ってましたので撤去して直結にし、
抜け落ちてブラブラしてたケーブルも、コードストッパーを新調して修理完了。
変換 ~ 20200430_152817

で、無事に出力が出るようになりましたとさ。

↑このページのトップヘ