CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

パソコン・ガジェット

2016年10月ごろに8万ほどで購入した
OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット シルバー
というのを使っていて、その標準付属レンズである
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
が2度目の故障。
変換 ~ 20191205_181739
電源を入れると沈胴部が2回ほど前後して動かなくなり画面真っ暗という症状。


ネットで調べると同じような症状で悩んでる故障が意外に多い。
フレキシブルフラットケーブルの断線?とか・・・

このレンズも過去1回保証期間を過ぎた2017年11月に同じ症例で有償修理に出してるが、中のユニット丸ごと交換(移動枠ユニット交換)で戻ってきた。

他のレンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6ⅡRも過去に1回有償修理してるが、これもユニット交換で戻ってきてる。

というレンズ故障が多いのはなぜだぁ~?という疑問を払拭すべく、今回は中がどうなってるのかバラしてみる。



ネジ3本取って後玉を外したら小さなワッシャーが各ネジ1本につき3枚入っていてパラパラと落とすというギミックが盛られていて・・・のっけからカウンターパンチを食らう(笑)
変換 ~ 20191205_182806

ネジ整理にはチョコレート容器が必須です!
変換 ~ 20191205_184152

マウントを外したところ。
変換 ~ 20191205_184205

レンズ部のマザー基盤があります。
変換 ~ 20191205_190651

ズームリングを外すとバネとバネカバー2セットが落ちてきます。
変換 ~ 20191205_190727

ケーブル2枚をコネクタから外してマザー抜きます。
変換 ~ 20191205_190803
コネクタは黒い部分を上に持ち上げるフリップアップタイプです。

最近はルーペ使わないといかんです。
変換 ~ 20191205_192425

前玉に移ります。
変換 ~ 20191205_194437
マーキングしておいて、銘板は両面テープで貼ってあるだけなのでエキスプローラーを穴に入れて剥がします。
こんなんでいいのかと拍子抜けですねー。つまようじでもOK。

注:エキスプローラー=歯医者の使う探針

変換 ~ 20191205_194511

ネジ3本取ると前玉が取れます。
変換 ~ 20191205_194656


変換 ~ 20191205_194720

で、結局これ以上分解しても無駄かも知れんと思い、部品も調達できてないのでとりあえず組み立てます。

中の構造はよくわかりました。
前玉や後玉にホコリが入っても簡単に取り除けるとわかっただけでも収穫です。
フラットケーブルを調達できたら再度挑戦したいと思います・・・
変換 ~ 20191206_153326

が、
購入して約3年で35,000ショットくらい使用して2度の故障ってありなのかな?

修理してもまた2年以内に故障する確率が非常に高い。

この機種E-M10シリーズはミラーレスの初級者モデル。いわゆるパパママモデル。

酷使し過ぎなのか?所詮はおもちゃなのか?
3年で2回も同じようなことで故障するってのはOLYMPUSってメーカー、ブランドの本意?
そのくらいの頻度で故障するくらいが正常な故障タイマーですよっていうメーカー認定。
同じ故障が多いとなると自動車メーカーならリコールになる。
まぁ仕方ないのか・・・カメラは命乗せてないし。
そもそも元の価格が安い、ミラーレスで比べれば他社の半分くらいの値付け。
アナログのOM-1の時代には10年以上使っても全く、全く壊れなかったのにとても残念。

因みに修理代金はオリンパスプラザ東京に持ち込んで1万4千円ほど。(工賃8千円+部品5,200*消費税)それが高いのか安いのかって話になると分解組み立ての煩雑さを考慮すると修理費用としては安いとは思うが、視点を引いて見ると2回修理費用を出せば1個新品が買えるっていうのは割り切れなさも感じる。
世界最薄のパンケーキ電動ズームレンズが他に無いという点を考慮すれば唯一無二の貴重な商品である。であればこそ、もうちょっとコストをかけて壊れないものを作れないのかと残念に思ったりもするのは私だけだろーか。

中身を見たら、これは昔のレンズとは明らかに違ってチャチいです。
ほぼほぼプラスチックとフレキケーブルでできてるんですもん。
メリットは金属類がほぼないので軽量化には非常に役立ってます。

カメラ本体OM-D E-M10MarkⅡも背面液晶を繰り出すと画面が消えるようになったのを含め、次期のメインカメラを模索しようと思います。

別にミラーレスじゃなくてもよいのかもねー・・・・・

というところでカメラに対して単なる愚痴を吐いてるだけのブログです。

カメラ離れという言葉が最近世の中に出て来て妙に納得する自分がいたのでした。

室内・室外の温湿度を同時に表示できる電波時計というものがあって、2年前くらいから便利に利用していたのだが、先日の千葉で猛威を振るった大型台風到来時に、室外の温湿度を測る子機がベランダで水没してしまった。
しかも出張中だったので、家に帰ってきたら室外温湿度だけ表示が消えてて・・・
水没して5日は経過してるよなぁ・・・という状況。

電波時計で狂いが無く、月日と曜日表示付き、しかも室内外の温度湿度が測れて、熱中症指標で警告ブザーも鳴るという優れものだっただけに、誠に惜しい小(機)を亡くしたと涙ぐんでおりました。

ノア精密(株)謹製 MAG W-687713p+gJESUL._AC_SL1378_
で、涙ぐんでいても始まらんので、
振ると中で水がチャプチャプいっている子機をいつものようにバラしたら、心臓部の集積回路が黒いプラスチックで楕円形に盛ってあるタイプ・・・しかも基盤や配線が水分で緑青を吹いてる始末。
なのでこれはもう手も足も出ない。

ダメもとで、製造元に「子機だけ売ってもらえないか?」とメールで問い合わせると、
「子機と親機、両方とも送ってもらったら状況に応じて修理可能」との回答。修理費用は2千円弱との見積もり。修理費用としては意外にも安い。


さて、1週間ほどで「修理品」が返送されてきました。
20190930_162550
ん?
なんだが事情は良くわかりませんが、新品一式が届きました。

「修理」ではなく、「交換」なわけネ。
子機も親機もセットで新品、しかも電池付き。
ま、確かにその方が早いかもねー、そういう時代なのねー

と、思った次第でありました。

昨日、
鋳掛け屋のおっちゃん  さんから耳寄りな情報を得ました。

「Yahooブログのコメントも、FC2ブログの引っ越しツールで移行できるらしい・・・」

論より証拠、試してみました。



昨日FC2ブログの引っ越しサービスを使い、YahooブログをFC2へ2回目の移行申請をしてみた。

1回目はコメントの移行ができなかったが、今回は、
コメントも移行できた!
ことをご報告したい。

19fd00c6.jpg


 3月4日に(最初に)移行した時はできなかったのに、今はなぜか?できるようになってます。

設定等は特に変えておりません。
FC2ブログのお引越しサービスに書かれてある「Yahooブログのデザインを初期設定にする」のは当たり前にやってましたが・・・

ここ2週間ばかりでシステム改修が入ったのではないでしょうか。(と、勝手に想像)

それってFC2の方のシステム改修のおかげ?
それともYahooブログの方のおかげ?


Yahooブログで書き込まれていたコメントは、FC2ブログ上ではこうなります。↓
619175b4.jpg



でもでも、できたからとりあえずは 良かった良かった。

Yahooブログの”ブログ設定”で、
”ブログ設定”―”書庫設定”―”公開範囲”を「全公開」に、”コメント欄”を「誰でも許可」にするといいらしい。
でも、これはみんなデフォルトでそうなってるのでは?(一応ご確認ください)

ただし、
コメント欄は最新20件しか移行できない
らしい。
21件目から(古いのは)表示が隠れているため。

コメントも移行することができたのは、FC2ブログの引っ越しツールのおかげですねぇ。

あとは、最終的にどこへ行こうか悩むのみ。このままでもいいかぁ???

みっちゃんぽんのFC2ブログはこちら↓   コメント欄などを実際にご覧になってご確認ください。

YahooブログからFC2ブログへのお引越し方法はこちら↓ 

以上、ご報告でした。

Yahooブログのコメント欄は他社ブログへ移行できないということのようですが、FC2ブログへコメントも移行したという記事を書いた方がいらしたので、改めて実験してみたいと思います。

もうすでに私もFC2へ移行をしてみたのですが、その時はコメントは一切移行できなかったのです。
その方が書かれているような設定を施して移行したのも関わらず・・・

私が移行した3月4日時点ではコメントの移行はできなかったのですが、今はできるようになったのか?

FC2の方をいったん全部削除ましたので、も一回移行TRYしてみます。

実験結果がでたら、また記事にします。


 ヤフー    アホ―
YahooのAhooってのがキーワードです。

購入してから数年たったGALAXY Tab S 8.4 SC-03G 2号機のバッテリーが、1日持たなくなってきたので交換。
1号機はまだ1日は持つのでそのままということで。

では2号機分解。
951853fe.jpg

バッテリー本体はヤ〇オクで購入済み。

こんな工具も付いてきてるが、ステンレス定規なんかがあると何かと便利。

(+ドライバと吸盤は使用せず、ステ定規はバッテリーをはがすところで使った)
f62cef6c.jpg




本体の電源を落としてSDとsimは事前に抜いておく。

本当はバッテリーの電気を「空=0%」にした状態が望ましい。
もし途中でバッテリーを傷つけたりへし折ったりしたら、
煙が出て、発火してタブレットごとお陀仏になるから。
このバッテリーの場合、厚さは3.35mmしかない。

ボタン類がない部分からチマチマと剥がしていく。
fc3d0263.jpg

添付工具の青いスティックの大きい方を隙間に刺し、
外周1周、すき間をあける。

すき間ができたらこじる。自分の爪も工具だ。
ee485ba7.jpg



で、中身はこうなっていたが・・・
57c9828c.jpg

バッテリーが両面テープで貼ってあって、剥がすのが大変。

コネクタはケーブル側から少しづつ持ち上げて・・・
525c1262.jpg

白いコネクタ部を上に持ち上げて外す方式であった。

間違ってもケーブル側に引っ張るなんてしないこと。
f9ce6079.jpg



上にこじって抜いた。
340487d9.jpg



四隅に両面が貼ってある。。
11e34c58.jpg

バッテリーにPULLって書いてあるけど引っ張ったくらいでは簡単には剥がせない→端からゆっくり剥がし、隙間ができたらステンレス定規を差し込んで両面テープに突っ込みながら上に持ち上げ・・・


新しいバッテリーをインスト。
4347462a.jpg



一応、起動確認し、OKなら裏フタをパチパチっと、はめていく。
65b90088.jpg



バッテリー履歴が面白いことに。
7111c284.jpg

空白の1時間弱。

時計のバッテリー交換のようなAC操作は無用・・・再起動時は特にリセット操作などは必要なかった。


因みに、どこもに出すと1万ちょい。DIYで3千円弱。

以上、無事終了。

↑このページのトップヘ