CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

パソコン・ガジェット

室内・室外の温湿度を同時に表示できる電波時計というものがあって、2年前くらいから便利に利用していたのだが、先日の千葉で猛威を振るった大型台風到来時に、室外の温湿度を測る子機がベランダで水没してしまった。
しかも出張中だったので、家に帰ってきたら室外温湿度だけ表示が消えてて・・・
水没して5日は経過してるよなぁ・・・という状況。

電波時計で狂いが無く、月日と曜日表示付き、しかも室内外の温度湿度が測れて、熱中症指標で警告ブザーも鳴るという優れものだっただけに、誠に惜しい小(機)を亡くしたと涙ぐんでおりました。

ノア精密(株)謹製 MAG W-687713p+gJESUL._AC_SL1378_
で、涙ぐんでいても始まらんので、
振ると中で水がチャプチャプいっている子機をいつものようにバラしたら、心臓部の集積回路が黒いプラスチックで楕円形に盛ってあるタイプ・・・しかも基盤や配線が水分で緑青を吹いてる始末。
なのでこれはもう手も足も出ない。

ダメもとで、製造元に「子機だけ売ってもらえないか?」とメールで問い合わせると、
「子機と親機、両方とも送ってもらったら状況に応じて修理可能」との回答。修理費用は2千円弱との見積もり。修理費用としては意外にも安い。


さて、1週間ほどで「修理品」が返送されてきました。
20190930_162550
ん?
なんだが事情は良くわかりませんが、新品一式が届きました。

「修理」ではなく、「交換」なわけネ。
子機も親機もセットで新品、しかも電池付き。
ま、確かにその方が早いかもねー、そういう時代なのねー

と、思った次第でありました。

昨日、
鋳掛け屋のおっちゃん  さんから耳寄りな情報を得ました。

「Yahooブログのコメントも、FC2ブログの引っ越しツールで移行できるらしい・・・」

論より証拠、試してみました。



昨日FC2ブログの引っ越しサービスを使い、YahooブログをFC2へ2回目の移行申請をしてみた。

1回目はコメントの移行ができなかったが、今回は、
コメントも移行できた!
ことをご報告したい。

19fd00c6.jpg


 3月4日に(最初に)移行した時はできなかったのに、今はなぜか?できるようになってます。

設定等は特に変えておりません。
FC2ブログのお引越しサービスに書かれてある「Yahooブログのデザインを初期設定にする」のは当たり前にやってましたが・・・

ここ2週間ばかりでシステム改修が入ったのではないでしょうか。(と、勝手に想像)

それってFC2の方のシステム改修のおかげ?
それともYahooブログの方のおかげ?


Yahooブログで書き込まれていたコメントは、FC2ブログ上ではこうなります。↓
619175b4.jpg



でもでも、できたからとりあえずは 良かった良かった。

Yahooブログの”ブログ設定”で、
”ブログ設定”―”書庫設定”―”公開範囲”を「全公開」に、”コメント欄”を「誰でも許可」にするといいらしい。
でも、これはみんなデフォルトでそうなってるのでは?(一応ご確認ください)

ただし、
コメント欄は最新20件しか移行できない
らしい。
21件目から(古いのは)表示が隠れているため。

コメントも移行することができたのは、FC2ブログの引っ越しツールのおかげですねぇ。

あとは、最終的にどこへ行こうか悩むのみ。このままでもいいかぁ???

みっちゃんぽんのFC2ブログはこちら↓   コメント欄などを実際にご覧になってご確認ください。

YahooブログからFC2ブログへのお引越し方法はこちら↓ 

以上、ご報告でした。

Yahooブログのコメント欄は他社ブログへ移行できないということのようですが、FC2ブログへコメントも移行したという記事を書いた方がいらしたので、改めて実験してみたいと思います。

もうすでに私もFC2へ移行をしてみたのですが、その時はコメントは一切移行できなかったのです。
その方が書かれているような設定を施して移行したのも関わらず・・・

私が移行した3月4日時点ではコメントの移行はできなかったのですが、今はできるようになったのか?

FC2の方をいったん全部削除ましたので、も一回移行TRYしてみます。

実験結果がでたら、また記事にします。


 ヤフー    アホ―
YahooのAhooってのがキーワードです。

購入してから数年たったGALAXY Tab S 8.4 SC-03G 2号機のバッテリーが、1日持たなくなってきたので交換。
1号機はまだ1日は持つのでそのままということで。

では2号機分解。
951853fe.jpg

バッテリー本体はヤ〇オクで購入済み。

こんな工具も付いてきてるが、ステンレス定規なんかがあると何かと便利。

(+ドライバと吸盤は使用せず、ステ定規はバッテリーをはがすところで使った)
f62cef6c.jpg




本体の電源を落としてSDとsimは事前に抜いておく。

本当はバッテリーの電気を「空=0%」にした状態が望ましい。
もし途中でバッテリーを傷つけたりへし折ったりしたら、
煙が出て、発火してタブレットごとお陀仏になるから。
このバッテリーの場合、厚さは3.35mmしかない。

ボタン類がない部分からチマチマと剥がしていく。
fc3d0263.jpg

添付工具の青いスティックの大きい方を隙間に刺し、
外周1周、すき間をあける。

すき間ができたらこじる。自分の爪も工具だ。
ee485ba7.jpg



で、中身はこうなっていたが・・・
57c9828c.jpg

バッテリーが両面テープで貼ってあって、剥がすのが大変。

コネクタはケーブル側から少しづつ持ち上げて・・・
525c1262.jpg

白いコネクタ部を上に持ち上げて外す方式であった。

間違ってもケーブル側に引っ張るなんてしないこと。
f9ce6079.jpg



上にこじって抜いた。
340487d9.jpg



四隅に両面が貼ってある。。
11e34c58.jpg

バッテリーにPULLって書いてあるけど引っ張ったくらいでは簡単には剥がせない→端からゆっくり剥がし、隙間ができたらステンレス定規を差し込んで両面テープに突っ込みながら上に持ち上げ・・・


新しいバッテリーをインスト。
4347462a.jpg



一応、起動確認し、OKなら裏フタをパチパチっと、はめていく。
65b90088.jpg



バッテリー履歴が面白いことに。
7111c284.jpg

空白の1時間弱。

時計のバッテリー交換のようなAC操作は無用・・・再起動時は特にリセット操作などは必要なかった。


因みに、どこもに出すと1万ちょい。DIYで3千円弱。

以上、無事終了。

バッテリーテスターといっても電池用のもの・・・BT-168D
e8748ef6.jpg

Yahooショッピングでは800円前後だが・・・「あま〇ん」では242円(送料込)~

中国の福建省泉州市から2週間もかかって無事に到着。

手元に転がっていた単4ニッケル水素電池を測ってみると・・・
0e26c259.jpg

1.21Vと表示。

同じ電池を、手持ちのデジタルテスターで測ると・・・1.240Vと表示。
235d695f.jpg

0.03Vの誤差をどう見るかで評価が別れますねぇ・・・

因みに裏面は・・・
3f46ee1a.jpg

目安が書いてある。

わざわざデジタルテスター引っ張り出して電池にリード線をプラスマイナス共につなげたり・・・
針がビヨヨーンって跳ね上がるアナログメーター式のよりは使いやすいのかな?


↑このページのトップヘ