CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

ヨット・ボート

台風19号は過ぎ去りましたが、今度は20号21号が日本に向かってきてるようです。
やっと19号が去ったのに、ダブル台風でまた一難となりそう。

 マリーナで打ち合わせがあったので行くと、自分のフネ、19号のせいで”もやい”があちこち切れまくってました。

↓これは切れてたのを結んだ状態で・・・たて結びって・・・これでいいのか?
変換 ~ 20191020_121812
せめて本結びぐらいで。

↓こっちは1回切れて、親切な方が結んでくれてまあいて感謝。
しかし、さらに上の方が再度切れるのではないか?
と思うほど切れかかってるし・・・
変換 ~ 20191020_121831
こちらは、あとで解けしやすいように、もやい結びともやい結びで結んでありました。

映画の中でロープが切れるシーンってあるでしょ?
クルクルって回ってロープがブスッって切れるシーン。
あれ、本当にあるんですが、切れた瞬間がまた怖い。
切れたとたん、ものすごいスピードで反対側に吹っ飛んでいくのよ、長いロープが。

桟橋反対側の8mmのスプリングもまた切れてました。
変換 ~ 20191020_121822
ダブルもやいしてるので、幸い”漂流”することは避けられたが、”もやい”をそろそろ新調した方がよさそうです。

外洋に面してるところのマリーナの方に聞くと、”もやい”(ロープ)は20mm以上はあたりまえで、私んとこみたいに8mmとか12mmとかはありえないらしい。

ついでにエンジンもかけておきましたが、3気筒中、一番下の気筒が死んでるっぽい。
変換 ~ 20190921_121343
アイドリングでエンジンがブルっておかしいと思い、プラグキャップを順番に抜いて行って比較したら、一番下の気筒が死んでた。プラグかぶりがないので、「燃料が行ってない系」のトラブルと判断。


こりゃー、キャブのバラシですかねぇ・・・一番下だからまだやりやすいけど。
変換 ~ 20190921_121356
海上でやると、手が滑って ト ポン という音とともに部品が水の中に消えていくのが見え見えなので上架してからにしよう。船の部品って特殊なんで注文かけてから入るまで何日もかかるのよねー
HONDAの船外機なので早いのかな?

いずれにしろ、実にめんどくさい話ですわ。


マリーナでクラブのサマーフェスタ

マリーナから提供いただいた食材や・・・
20190803_164216

20190803_163924

20190803_163928


シマホッケや、
20190803_164159

純水かき氷など
20190803_171316

望月製餡所謹製、ゆで小豆に、ずんだ餡
20190803_171337

20190803_171455

20190803_171459

20190803_183354
これがまた評判良くって、

豆に腰があるっていうか、粒がそろってるというか、まぁつまり、粒ぞろいってことでしょうけど、

非常においしいと・・・そんなご意見を伺いました。



20190803_181341


20190803_185440

20190803_185448

夜になっても、子供たちに好評でしたよ。
20190803_192154

 

マリーナで懇親会がありまして・・・

焼きソラマメっていうんですかねー、おいしかったですよー
変換 ~ 20190601_175755


梅雨に入る前、気持ちの良い気候の夜でした。
変換 ~ 20190601_191715


変換 ~ 20190601_180545



日曜は久しぶりのレースに参加。
気温33度予想という五月晴れ?レース。
52e47cc7.jpg



途中、30艇ほどのディンギーが練習に出ていこうとしてた。470とかFBとか・・・
be86d107.jpg




b99bbf17.jpg



風はレース開始後、SSWからSに回り込み、3~4mほどあった。
11ed4fd1.jpg


今回はコクピットのジブ、メインが私の持ち場。

↓緑色のJohnDeer帽子がみっちゃんぽんです。
5509fbb2.jpg




82f3864d.jpg





a9f6b435.jpg




e70cb87d.jpg



レース後のマリーナにて・・・
cd385b1e.jpg

「姫島で買ってきた魚味噌」 を入れた、Kのおにぎりが旨かった。


3年ごとにあるヨットの船舶検査が来てしまいました。

自分向けの忘備録ですので興味ない方は読み飛ばしてください~

小型船舶の場合、3年で中間検査、6年ごとに本検査がある。

検査の時期になると、日本小型船舶検査機構から連絡が来るので郵便振り込みで検査料を払い込み、日程調整します。

あとは、装備品のチェックを行います。
d4818a77.jpg

Co2ボンベの膨張式救命胴衣は、ボンベを抜いて漏れがないかもチェック。
(平常用の自動膨張式5着、荒天用の手動膨張式4着をチャック)

法定備品、消化バケツや黒球(黒色球形形象物等3個)・・・出しておきます。
3a0be852.jpg

信号紅煙も期限が切れでいないかチェック。(無線設備があれば信号紅煙は不要)

小型海上特殊無線の無線機動作チェック。

係の人が来たときには、船舶検査証書と検査手帳、無線局の局免許状も用意しておく。(従事者免許や無線技士免許証は当然必携)
局免許状は5年ごとの期限が切れてないか忘れずに確認の事。

エンジンバッテリーそのほか動力周り
灯火(マスト、船尾、両舷)
レーダーリフレクター
救命浮環
アンカー、アンカー索、
汽笛もしくは号鐘(笛で可)

は、事前にチェック済みとしておきます。 



船検通さないで航行してると・・・

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

なんです。海の上は非常に厳しいのです。


↑このページのトップヘ