CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

小細工

Kがミシンを出してきたので、
「なに縫うの?」って聞いたら、チビの運動会用のハチマキだそーです。
3dab5fb6.jpg

「あっ、ついでにちょこっとだけ、たった3cm縫うだけだから貸してよ」

って、かるーく言ったら、案の定

「だめっ!」

って、間髪入れずに言われてしまいました。

Kは、自分が縫いたい薄布に糸調子を合わせてあるので、無理に厚物を縫ったりする私に貸したくないんだそーです。
59147078.jpg

以前、調子が悪くなったことが実際あったようで・・・それ以来使わせてくれない。

これって、「コンピュータミシン」なので、無理するとすぐにクラッチが作動してエラー出て止まります。

なんとも「ざーとらしく」(わざとらしく)糸調子と大きく貼ってあり、威圧感という名の匂いがプンプン漂います。(笑)
892c2294.jpg

私に対する当てつけ以外にあるまい・・・と思う。
絶対に使ってくれるなという主張なのですね(悲)





んーもう、仕方ない?ので、自分のミシンで縫いましょう。

今回はyachtwomanさんから頂いた、
BROTHER 職業用ミシン AKITA SPECIAL AKT-7 で縫います。
2da8c17b.jpg

左側は、昔から使ってるジャガーの小型家庭用ミシン。




んで、今回の修理品は、PLASTIMOのショートフィンガーセーリンググローブ。
864a89c7.jpg

親指のところの糸がかなり解けてしまってます。

両方とも同じところがほどけてますが、右側の方がボロボロです。
313a00c4.jpg

こうなってきたら普通は買い直したりするんでしょうが・・・

まぁ、縫うだけのハナシですので、自分で修理すれば・・・
e13a928c.jpg

意外と簡単に直るもんです。

このミシン、ある程度以上の厚物に糸調子を特化してあるので、布が厚くてもあっという間に縫えます。
1mmくらいの革の重ね縫いやジーンズ布地4枚でもダァーっと一気に短時間で縫えます。
ブラザーのミシン、普通のミシンよりかなり大きいですが大活躍です。

逆に薄物や筒状のものは、ジャガーで縫ってます。

というわけで、
マイミシンがあるのに、Kに一寸借りようとした私が悪いんですよね。きっと。


作ってあった味玉食べて、「ビールをンゴンゴしてハヒー」をいたしましょう~
0a670ab4.jpg

切った後の写真がどっかへ行ってしまいましたゾ。ざんねん~。


Kの電動自転車、ライトをつけて夜走るとバッテリー残量の減りが早いらしい。
電動自転車のライトは駆動用のリチウムバッテリーで点灯させているので結構な明るさだがバッテリー消費もそれなりに大きい。
しかも、昔の電チャリなので、ライトは電球。LEDじゃない。

電球は何を使ってるのかライトケースを分解して確かめると・・・
9053aea5.jpg

なんと24Vのハロゲン電球、しかも10W!

これじゃ電気食って当たり前だよねー。

そこで、
こういう部品を、「とある外国の川」から仕入れてみる・・
04605010.jpg

1W程度のLEDと、DC-DCダウンコンバータ。

SODIAL(R) 1.5W LEDハイパワーホワイトライト                    


DC-DC降圧コンバータを使って24Vを12Vまで下げ、ハロゲンの代わりにLEDを光らせよう!という作戦。

コンバーターは切手ほどの大きさ
e5f87d83.jpg

昔だったら三端子レギュレーターを自作してるんだろうけど、今はこんなのが100円程度で売ってる時代だ。使わない手はない。
IN側とOUT側のコンデンサーが小さすぎだけど、光物なのでそのまま使っちゃえ的なノリです(笑)

裏側に変な模様が? 天使と悪魔?
c87b819d.jpg




とりあえず実験モード。

12VでLED1個を単独で点灯させると・・・
6f08599a.jpg


0.08Aなので、12v時に1Wくらいの消費電力のLEDのようだ。
16429729.jpg

14Vくらいまで上げると0.12Aくらいまで消費電流が上がった。


DC-DC降圧コンバータをつないで・・・
caa6a258.jpg


ちなみにこの電源では最大20Vしか出ないので、20Vを入れてみると0.06A・・・
つまり1.2Wほど。
1b364e24.jpg

ハロゲン電球で10W焚いてるよりは省エネになるに違いない。
10Wが1.2W程度になるわけだから。

DCコンの基盤発熱も暖かい程度なので許容範囲。




よって、これらを実装決定。

外は寒いので玄関内に自転車を入れて作業開始。
bc3fff7b.jpg

電動自転車からはきっちりDC24Vが出てるので、半固定ボリュームを回して12.5Vにセット。

f0bf651e.jpg

LEDなので12V1W程度でも直視できないくらいまぶしい。


基盤が小さいのでライトケース内に実装するのは簡単。ホットメルトで固定するだけ。
e749b8d6.jpg

LEDの直径がちょうど電球と同じくらいで穴を広げる必要なし。
しかもLED本体がボルトとナットになっていたので、そのままボルトナットで固定。
緩み止めにホットメルトで固め、簡単改造で楽勝~!!

というわけで、実際にKに走ってもらい実走実験。

今までは電池残量メーターがMAX3つで、夜にある地点まで行って帰ってくると2つ消えて残量が1つになっていたのが、残量が2つ残ってるという報告を得た。

夜間消費電力が減ったので、電欠もなくなるだろう。

自転車本体は13年くらい前に買ったPanasonicのチャイルドViVi。

タイヤは3本目なので結構乗っているみたい。
ベアリング関係も定期的にオーバーホールしてるのでもうしばらくは活用できるかな?

Let'sNote CF-S9の電源スイッチが入らなくなったので、いつものように分解修理。

中が結構ホコリまみれなのでコンプレッサーエアーでブロー。
電源スイッチが入らなかったけど、クリーニングしたら稼働するようになる。

今回はキーボードをはがすのに苦労する。
1288e31f.jpg

ステンレス定規を入れてゆっくりと剥がした。(もちろん裏側のネジ類は外したあと)



よくよく見ると、キーボードが手垢などでずいぶんと汚れてる。
レッツノートは白っぽい灰色のキーボードなので汚れが目立つのだ。

メラミンスポンジに水を吸わせてギュッと絞ったあと、キーボードの表面を軽くナデナデと払拭する。
b068c888.jpg

キーボードの隙間は、スポンジの角を使うと簡単。


ビフォー
7a990d3e.jpg


アフター
63bfa4f8.jpg

下手にアルコールや中性洗剤や専用のOAクリーナーなんかでゴシゴシ掃除するよりも早く、良く汚れが落ちる。

メラミンスポンジを使うと、簡単にキレイになりますよ。


これって、みんなやってることでしょうか。

え、知ってるって・・・お呼びじゃないって・・・


あっ う    大変失礼しました。

古~い、ダイソンの掃除機が壊れたらしい・・・
4ff85441.jpg

どこが?


ん?
c4b90d0c.jpg

あれれ・・・

コンセントのあたりがボロボロに。
65872856.jpg

使っていて、掃除機を無理に引っ張ったらコンセントのあたりでボンという音がしたらしい。
それって、コードが伸びきっていたのではないかと・・・

私 壊してないもん!」

と、使用してたヒトは言い張ってますが・・・

勝手に壊れたってのはホントか? まぁいいや・・・

5e289f0e.jpg


いずれにしても、ダイソンゆえに大損害?
ec6abee5.jpg

普通は修理に出すのかな?


修理に出すの面倒なので、自己責任で直す。

メーカー保証は効かなくなるけどね。
454196d8.jpg



15ef6668.jpg



17631554.jpg


根元だけ変成シリコン接着剤で埋める。
76a4ea16.jpg


スケルトンなコンセントへ修理完了。
73c98608.jpg

これでしばらくは使えるな・・・

マウスが古くなってきて、スベリが悪くなってきた。

裏側を見てみると・・・
022f01d5.jpg

裏側の四隅に付いていた、であろうテフロンシートがボロボロになっている。

なので、買ってくる。
2d534ca3.jpg

テフロンシート 厚さ1mm (東急ハンズで388円)

2穴ポンチで切りだして、
ebbc2b50.jpg

コレを、

両面テープで張るだけで、
f1358d3c.jpg

天空を飛ぶような感覚が味わえます。





え?  新しいマウス買ってきたほうが早いって?

うー、そうですね、確かに。




が、

使い慣れたマウスの方がいいに決まってるじゃァないですか!!!

しかもこれから先、30個以上のマウスの滑りを良くすることができます。

と、苦し紛れに言っておきましょう。(笑)

↑このページのトップヘ