CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

ステップワゴン

ステップワゴンRF7のショックアブソーバー、いわゆるダンパーの交換です。

別にオイルが漏れてるわけではないですが、乗り心地の悪化がひどくて。

なにせ、12年も経過し・・・
dcfdcaef.jpg

146,481kmも走ってますから・・・

高速道路で走行中、少し風にあおられても車体の安定が悪くなります。ワンボックスということも関係してるでしょう。

道路のつなぎ目を通過した後、5回くらい揺れ戻しが発生してしまってます。
下りの高速カーブで揺れが収まらないと・・・これは、結構怖い。


なので、部品を発注。
7c5f0c83.jpg

大きな段ボール箱が4個。
部品代は少し安くしてもらい、だいたい5.5万ほど。(定価で6.5万)

カヤバや、社外品のスポーツサスやエアサスも検討したんですが、
だいたいにおいてスポーツサスって固いでしょ。
硬くて乗り心地が犠牲になったら家族からクレーム。

なのでやはりRF7用の純正を採用。
純正はやはりSHOWA製でした。



まずはフロント左から。
フロントメンバーにジャッキかけてから馬をかけます。
eb4d3d5e.jpg


9eed4a14.jpg


アッパーマウントの14mmナット3個を緩めておいて・・・
d870b73e.jpg


ブレーキホースブラケットを外し・・・ABSセンサーケーブルブラケットを外し・・・
a484af02.jpg


スタビライザーとキャリパーも外します。
b9536322.jpg

この時点でロアアームをジャッキで支えておき・・・

2本のボルトを外し、アッパーマウントのナット3個を外すと・・・
8903ec8c.jpg


ストラット、出てきました。
7a94addc.jpg


ストラットのないタイヤハウスって・・・スッキリ?
41585cc9.jpg


スプリングは再利用。
f60b1a18.jpg


新品パーツは2015年1月7日製?
a96f3260.jpg


スプリングコンプレッサー2個でスプリングを圧縮して・・・
a9e1e50b.jpg


エアインパクトレンチを使い・・・
171e12cc.jpg

いい具合に縮まったら・・・

アッパーマウントのナットも外します。
4b924c77.jpg


抜けました。
a2bf851b.jpg


0e36a9be.jpg


新しいアッパーマウントゴムと交換。
3e599dfe.jpg


古い方は、バネの跡がくっきり残ってますね。
f4e210ba.jpg


アッパーベアリングも新品交換して組み付け、白いアウト側目印を正確に外側に向けてからコンプレッサーを戻していきます。
928e7349.jpg


逆手順で車体に組み付け。
a8436bac.jpg


キャリパーなどもグリスアップしてから戻します。
0bf6c07b.jpg

ここまでで1時間かかりました。

次にフロント右側にかかります。
6912593e.jpg


アッパーマウントゴムとベアリングです。
025f6f0c.jpg

ベアリングは、まだまだ使えそうでしたが、部品を取ったので交換。

分解してみると、中はテフロン板みたいな青い樹脂が挟まってるだけ。
こんなので車体の重量を支え、ストラットごとハンドルが回るのですから不思議ですね。

組み付け後、計測してみます。
827ddd45.jpg


古いバンザイの測定器ですが・・・
ebbfcd37.jpg

全くもってアナログですw

増し締めして緩みを確認し、フロント終了。
d96fe348.jpg



左側のダンパーは、抜けはないのですが、押すと新品より3割ほど軽く縮まります。

右側のダンパーも戻りの抜けはないですが、左よりさらに軽く、5割ほど軽く縮みます。

やはり運転手がいつも乗ってるので右側のほうがヘタリが早いとか?

これがどう影響するんでしょうね。


次、一休みしてからリアに行きます。
7fbe2658.jpg

車内のフタを外し・・・

14ミリディープソケットでナット2個を緩めます。
e8edbd7e.jpg


その前に、ナットを落とすと結構ヒサンなので内側に詰め物をしておきます。
f4550c8a.jpg


んで、ものすごく固い17mmを力の限りを尽くして外そうとしたら・・・
00a04f87.jpg


KTCミラーツールの9.5mmsqの変換ソケットが・・・
c234024a.jpg

バキッ


ボロリと落ちて・・・道具がない。

なんていう力でしまってるんだよ、ここのボルト。
コマを折るような力入れるのもアレですが・・・

あえなく今日の作業は終了。

仕方ない・・・時間切れ。


このあと、フロントだけを替えた車を走らせてみると・・・

走りが少し安定。
小さな路面の段差ノイズは、ハンドルにしっかりと伝わってきます。
しかし大きな段差は非常にマイルドになりました。

加速時に、フロントが持ち上がることもなく、ブレーキかけてダイブするでもなく。

これはリアも取り換えるとさらに良くなるかも。



取り換えればリア充になれる?

違うか・・・



さて、あのボルト、どうしてくれようか(歯ぎしり)

続きはこちら


スタッドレスに履き替えたら、左後輪の空気だけが補充しても補充しても抜ける。

クギや金属などが刺さっているふうでもない・・・

2.6kgにしてあるのが1週間後2.2kg、2週間たつと1.9kgになってしまう、しかも1本だけ。

バルブコア(虫)も交換してみたけど効果なし。

たぶんリムのところの密着が悪くなってると予想。

そう、「スローパンク」ってやつですね。
ゆっくりと空気が抜けちゃうパンクです。

ビード落として磨くなんて自分ではできないので、オートバックスへ行って修理依頼。

あやしいところを石鹸水?で確認すると・・・
d6530a4a.jpg


ゆっくりと空気が漏れていく「スローパンク」の貴重な映像?がコレだぁ↓


仕方ないので、タイヤを脱着して修理してもらいます。
cc5e5b4e.jpg

ホイールの中はキレイなんですが、タイヤと接してるビード部分が錆び放題です!

タイヤの方も錆びたアルミの粉がたくさん付着。
297d6e69.jpg

ピレリのアイスストームというスタッドレスですが、製造は確か東洋タイヤでしたっけ?
以前はいてたブリジストンのブリザックやミシュランの方が良かったかも。
ブリザックが10としたら、ミシュランが8、ピレリは6といったところでしょうか・・・
まぁそんなに雪深いところやアイスバーンを走り回らないのでこれで充分。(あとは腕でカバー?)

0536b15f.jpg


アルミホイールの方は回転ブラシで磨いてもらって・・・
6b3321ca.jpg

これでようやく空気漏れは解消・・・・のはず。

よく見ると、このスタッドレス、06年製だよなぁ・・・
0b369b9b.jpg

こりゃー古すぎ、漏れてもおかしくないよねぇ。。。(爆)


1週間経過して、完全に乾いたので上塗りする。
50810975.jpg


耐水ペーパーで水研ぎして・・・
9443e5bc.jpg

今日のような真冬に耐水ペーパーで水研ぎはキツイ。手先がマヒする。

スプレー缶湯煎のお湯で暖める。


1回目の上塗り。
cdb92ddd.jpg


ad8a2e8f.jpg


1時間ほど乾かして2回目。
35c7ee1f.jpg


で、本日はこれまで。
乾かないから、致し方ない。

ここで欲張って吹くとタレて台無しになる。

乾燥にドライヤーという手もあるけど、あわてて使うとブツブツになるから自然乾燥のみ。



あとは、数日間隔でもう2回くらいスプレーして上塗りは終了。

さらにクリアーか、ぼかし剤を2回スプレーして、コンパウンドで磨いて終了かな。

こりゃーあと2週間はかかるな・・・塗装ブースのない冬の塗装はトホホです。

追記
で、2週間後、電動バフ+コンパウンドで磨いて終了。
4453ac76.jpg



前回の修理の後、1年3か月が経過し、DVDカーナビのディスクがまた読み込めなくなった。

前回まではDVDカーナビをかなり分解し、ドライブを取り外してレンズクリーニングしていたが、もっと簡単にできないかやってみたのが今回の「DVDカーナビ修理 簡単編」になります。

では、クルマから外してきたDVDカーナビのフロントマスクを取ります。
4947cae0.jpg

左右2個の黒ビスと、ツメが左右に2か所づつ、上下にある数カ所のツメも外します。

フロントパネルをゆっくりはがすと、内部にコネクタが1個。
13004583.jpg


このコネクタにはロックはなく、引っ張れば外れます。
f2f51659.jpg



リアのコネクタ側にある6個のビスを外すと・・・
2a32dd25.jpg

上蓋が外れて・・・

こういう姿になります。
b73d5e9e.jpg

上記写真、手前がフロントパネル側です。

上からよく観察すると、隙間からレンズが見えます。
見えますか?
6fd55c6b.jpg


ここですね、ここ↓(赤丸の中)
762faed2.jpg

光を当てるとブルーに光る3mmほどの円形のところがレンズです。

ティッシュでコヨリを作り、表面から5~7mmほど奥にあるレンズをゆっくり撫でます。
73e0fbb9.jpg

慎重にゆっくりこすると、レンズが中で少し動くのがわかります。

で、終了。

あとは元通り組み立てます。

こすっただけでは読み込みがNGだった時は、コヨリの先に水をチョンと少し付けて試してみてください。

前回までのようにドライブまで外してレンズクリーニングするよりも、この方が簡単。


半年くらい前、病院の屋外駐車場にクルマを停めようとしたら・・・

塀にフロントバンパーをこすっちゃいました。

塀の手前で右にハンドルを切って止まり、左にハンドルを切り、後退して駐車する予定でした。
バンパーの左端が塀まで30cmくらい手前なのに、なぜか「ズサァ~」と、何かをこするような大きな音が聞こえたんですが、「はぁ~?今の何の音??」
何が起こったのか皆目わかりません。

クルマを降りて前を見たら・・・なんでこうなるの?という展開。
パーキングの案内のおじさんと、「あーあっ」っと思わず顔を見合わせて苦笑い。

向こう側の敷地とこちら側の敷地の境界の区分けのためなんですかねぇ・・・?
見えてるブロック塀の30㎝程ほど手前に、さらに「小さな塀」がブロック2段分だけ地面から生えている・・・2段構えの塀だったんですよ。






へぇ~




などと感心してる場合ではなく、ガックシです。_| ̄|○

数週間後に同じ駐車場に行くと、手前の「小さな塀」15mほどが黄色く塗られてました。(驚)

申し訳ないですね、お手数おかけして・・・私が下手だっただけなんですよ・・・

バイクばっかり乗っていると、クルマの運転が下手になる一方だ・・・





さて、凹んでても 凹んだものは直りません。

かっちょ悪いので、補修します。

紙やすりで、えぐれたり剥がれたりした樹脂の糸くずなどを落とします。

エポキシ系のパテで厚盛。
092da2a2.jpg


30分して硬化したら、紙やすりでなんとなーく整形。
89e20c48.jpg


マスキングをテキトーにしておいて・・・
b97feb85.jpg


1回目のプラサフをプシュー
b0491aee.jpg

ってところで、この雪が降りそうな気温の中、プラサフが全然乾かない。

さらに2回重ね塗り・・・乾かないからこのまま放置して今日は終了。

やっぱり塗装を冬にしてはいけない。

クルマ使うときがあったら、忘れてこのまま走らせてしまいそうだなぁ・・・

余計に目立ってかっちょ悪い。


↑このページのトップヘ