CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

旅行 出張

去年の夏以来の新潟出張。1泊2日。

1日目の仕事が終わった後、HOTEL予約を誰もしてなかったということがわかって、完全に宿無し状態に陥る。
誰かがしてるだろうというのはおごり以上の何物でもないと悟った次第で大いに反省したのであった。

たまたまその日は新潟市内で大学入試があり、どの宿も受験生で満室に近い状態だったようで、タブレットを連打して条件に沿うビジホになんとか入り込めたのであった。ホッ

夜は客先と「打ち合わせ」という名の飲会もあり、旨いものごちそうになる。


で、2日目の帰り・・・
変換 ~ 20200226_124150

2月の新潟にしては雪が無い・・・
変換 ~ 20200226_124212
今年はやはり暖冬なのだろう。




いつもの新潟出張でするように、コシヒカリ玄米30kgをコメリパワーで購入@9990
変換 ~ 20200227_175757
これを家で精米機にかけて4か月間、我が家は食いつなぐのであった。
ということは、1年で90kg食べてるようだ。
しかし、30kgって、運ぶには重すぎる・・・腰が・・・筋力がぁ・・・最近は。





新潟市内からなぜか日本海沿いを西に行く。
海が好きー


で、たどり着いたのが例によって寺泊。
変換 ~ 20200226_114930 1
何件かある海産物店にて、海物をとりあえず物色してたら、なんと・・・
泡を激しく吹いてる毛ガニが「お安く」売られてた。
寺泊で水揚げされた生きのいい活毛ガニ!

これは・・・
買うべきか・・・買わざるべきか・・・??

大いに悩む・・・





長岡北ICから関越自動車道に乗り、帰路につく。

が、

ふと見ると、ガソリンのエンプティランプが点灯してる。
いつから点灯してたのか不明・・・ぼぉーっとしてんじゃないよ!

しかも気が付いたのがICを越し、11kmものトンネルが続く関越トンネルに入る前。

あきらかにヤバイ・・・トンネル内でプスプスっとエンジン逝ったら一巻の終わりか・・・

焦りながらなんとか持ちこたえ、次のICが水上(みなかみ)なので給油のためいったん下りた。

ガスを給油したら、計算上はまだ80kmくらいは走れたようで。
つまり、エンプティランプが点灯してすぐに気が付いたみたい。
ぼぉーっとしてなかったらしいってことでひと安心。

山間のGSで「水抜き剤を入れた方がいいですよ」って言われたけど、「もうこのクルマ乗り換える予定なんよ、はっはっは」って言ったらそのあと、なんも言われなかった(笑)

さて、
関越高速をわざわざ下りてしまったので、また素直にそのまま乗るのも癪だ!(なんのこっちゃ?)
変換 ~ 20200226_141531
というワケの分からない発想で、温泉に入ることにした・・・(どういうこっちゃ?)


今日はここ↓
変換 ~ 20200226_145018
温泉センター 諏訪ノ湯 
カルシウム硫酸塩温泉 源泉温度44.1度だそーです。

入浴のみ350円って、銭湯よりも安!

ひなびた源泉かけ流し温泉。
シャワーなどは無い!お湯と水の混合水栓のみが3基!  潔いというほかない。
さらに、石鹸やシャンプーの類は一切なかったのである。(´・ω・`)





で、家に無事に帰着。

まだ動いてるカニさんから、生足をまずは頂戴し・・・そのあと

見事に塩茹で・・・こちらは高温の塩化物泉・・・源泉温度100度!
変換 ~ 20200226_223223
チビは残酷だから・・・かわいそー見てられないと云ひつつも、旨いと言ってカニ味噌すくって食べていた・・・

NⅡ型出張、おわり



新潟に結局、約1か月滞在。

東京は酷暑だが、新潟は秋の気配が感じられ、

米どころ新潟の水田も、新潟に行ったときには青々としていたが、
帰るころには刈り入れの時期を迎えようとしていた。
20190906_074756


変換 ~ OMD77701

週に一度の休みの日には、海に出かけ・・・
OMD87716

OMD87718


OMD87721
まったりと夕日などを眺めたり、

ドローンを飛ばしてみたりする。


ロングバージョン




新潟ふるさと村というところへ行って見たら・・・
変換 ~ 20190908_122206

新潟の、昔の暮らしの再現コーナーや、
変換 ~ 20190908_121518

降雪機やら・・・
変換 ~ 20190908_121403

変換 ~ 20190908_121303


物産館で寿司なんぞ購入し、日本海の海の幸を頂いたのであった。
変換 ~ 20190908_115518
紅ズワイガニも出てるけど、カニには興味がないカニ~

変換 ~ 20190908_115443

変換 ~ 20190908_122351




新潟には製麺屋食堂というユニークなお店があって、「製麺屋」ということで麺物が中心だが、
変換 ~ 20190819_182439


変換 ~ 20190831_200110

生姜焼き定食がほとんど「ポークソテー3枚!」のような大きさであるし、ほかのメニューもボリューム満点でものすごくおトクなお店なのであった。





お土産は勿論・・・新潟ならではのもの。
変換 ~ 20190901_131418
甚九郎米であったりする。(特別栽培米、玄米30kg 定価:28,000円→購入価格:内緒)

さて、帰り際には寺泊に立ち寄り、ホタテや牡蠣などを大量に仕入れる。
変換 ~ 20190913_104801
いつもの山六というお店で、愛想のよいおっちゃんと世間話。
「今年はサンマの脂がのっていたりのっていなかったりでバラツキが多すぎる」
とのことでありました。今年は噂通り不良らしい・・・


で、いつも通り、
関越自動車道谷川PAの水汲み場に立ち寄って、谷川岳の水を汲むのであった。
変換 ~ 20190913_123642
これで米を炊いたら・・・むふっ・・・


途中、水上ICで下りて三宝の湯に入り、約1か月ぶりに帰京したのであった。

翌日は、カフェカブがあるんですよ、カフェカブ青山!


新潟出張中に急に暇な日ができたので・・・
20190825_124231
お山に走って行って、樽ヶ橋というところまで行って涼んでみる。
気温27度、東京が32℃なので涼しく感じた(はず)・・・

道の駅を2件はしごして休日ドライブ。



今度は某所まで走って行って、ドローンを飛ばす。



ほぼ無風状態で72mまで上昇してグルっと一周。
日本海が一望できた。




最後に、



わざわざご苦労なことにイオンシネマ新潟南まで走って行って・・・


天気の子を見に行く。

20190825_161101

君の名は が、インパクトありすぎたので、前のめりするような感動は無かったが、
ままま、楽しめましたよ。

休日という1日はあっという間でビックリした。

G.W.も5日目、上関の朝 0715時
830cbcef.jpg



瀬戸内の海水を汲み、コメを洗い、羽釜で炊き上げます。
f82d3001.jpg

キレイな瀬戸内の海でしかできない貴重な体験だ。
東京湾ではたぶんできないと・・・いや、したくないと思う。(笑)



そして出航・・・

今日の目的地は、大津島
ebb4bf0c.jpg



1130時、無事に接岸
94a8e58f.jpg


徳山港からフェリーも大津島へ来ています。
9e3199b9.jpg

このフェリーに昨日別れたKさんが乗ってきて、また合流します。

この大津島、回天の島として有名。
f81ea87a.jpg



島猫がお出迎えしてくれました。
d69eeeb7.jpg



なぜか人懐っこい・・・
ffa892e6.jpg



炊き上がった米でカレーです。海水で洗ったお米、少し海の香りがする。
df620278.jpg



そこへ・・・
e0d39321.jpg



2年前の湯けむりレースでご一緒させていただいたNさんがフィッシング仕様のボートで登場です。
31bf0764.jpg



今日の釣果は・・・アジとメバルと、未確認生物・・・
8be172a9.jpg

この未確認生物って、もしかしてアレですかねぇ、アレ!


まずはアジ、Nさんが手慣れた手つきでさばいていきます。
00c0b0e0.jpg



うーん 釣りたての魚って、新鮮過ぎてとっても旨いわぁ~
ae9fb3ad.jpg



未確認生物・・・
00d8b651.jpg



Nさんに作っていただいてる間に、ちょっと散歩してきましょう。
1e6a9813.jpg



少し歩くと「島食堂ひなた」というお店もありました。
30b6fdc5.jpg



行く先は・・・
3e4051ec.jpg

回天の訓練基地跡。


7e2f722c.jpg




dd2752b3.jpg



床にある2本のコンクリート補修跡は、回天を運ぶトロッコのレールが通っていたそうです。
69e37e22.jpg



9652e025.jpg




66bc22d1.jpg




d5464eb7.jpg




1e10ebac.jpg



81f6c409.jpg




26cc2a80.jpg




2fbd1dd1.jpg




00a2e3c4.jpg




644d3c1b.jpg



サビたボラードが悲しげに・・・何とも言えません・・・
d3aa7519.jpg




0500b1c9.jpg


さて、30分ほどしてヨットに帰ってきたら未確認生物を食べたNさんが大丈夫だった!?ので、私たちもいただきます。(おい!!)

48eb4946.jpg

歯ごたえもあ味もあり、とってもおいしゅうございました。

Nさん、わざわざ釣ってから寄っていただきありがとうございました、ごちそうさまでしたー。
e55c8358.jpg

今年の湯煙レースでまたお会いしましょう!

では、大津島を出港し、徳山へ戻ります。
473beaf5.jpg


徳山のフェリーターミナルへ行く道に、回天のレプリカがありましたよ。
6d7b913f.jpg




a18d4ca9.jpg




042f3686.jpg




63e67fc0.jpg




012c366b.jpg




27b412a5.jpg



こういうトロッコで運んでいたようです。
60fcac99.jpg



瀬戸内のヨット乗り旅行最終日、ヨットオーナーのAさんに車でホテルまで送っていただきます。
Aさん、今日までG.W.中、お世話になりました。
今年の大分湯けむりレース、またお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。


夜は、ここでHさんと〆ました。
4b790b8a.jpg

「天然 徳山ふく」って・・・何?



さて、翌日・・・帰京の日、
レンタカーを借り、陸路で徳山から呉の先にある倉橋島を目指します。

呉の軍港が見えました。
a15c1c00.jpg


呉の先にあったお好み焼き屋さん「八木」で昼飯
cd9b3f93.jpg

素朴な味わいの広島焼でしたよ。ソースがすごく甘いのね。

1300時、倉橋島の田原地区にある専教寺さんへ
94531661.jpg


1週間くらい前、5月7日にお伺いする約束を電話でしていたのであった。
e093fbce.jpg



神戸の叔母の話だと、こちらのお寺に3代前のご先祖さん、「砂古入平」の墓があるというので訪問して確かめようかと・・・
13d41b6d.jpg

現在の私の苗字は「○○」ですが、「砂古」という苗字がご先祖様だそうです。

時は江戸時代末期・・・
広島の呉、その先にある倉橋島が舞台のお話。当時の倉橋島に女方の4代前のご先祖様の別荘があったそうだ。して、男方のご先祖「砂古入平」は呉にある廻船問屋にいたんだそうな。
そして何のきっかけか、あるいは運命のいたずらか・・・入平は10代の武家の娘「霜平きぬ」と互いに恋に落ちる。しかし時代が時代。町人は武家とは結婚できぬ、まさに実らぬ禁断の恋・・・
そこで一計を案じた入平は、追手を振り切るためか、あるいは死んだと思わせるためなのか、嵐が近づいたときを見計らい、きぬと共に船で神戸へと駆け落ちした。
駆け落ちした神戸で○○という子供のいない家庭の養子となったそうな・・・
 


という流れが、過去にあったということを知り、
2f85bf7d.jpg


専教寺さんのご住職とお会いしてお話を伺ったところ・・・砂古入平の墓は結局のところなかったのであった。
fdc43825.jpg

というか、お寺の墓地は最近になって作ったが、
それまでは各ご家庭が自分の敷地内に自家墓を作っていたそうだ。


過去帳を紐解いて調べてもいただいたが、砂古という苗字はここらへんに確かにあって、
今もこの地域に6件ほどあるそうだ。
e8b6652c.jpg


入平の両親の名前(4代前)がわかれば、もしかしたら見つかるかもしれない・・・とのこと。
cfba06cb.jpg


寺の門の前に日露戦争 支那事変 大東亜戦争の慰霊碑があったので見てみると・・・
4238ef8b.jpg


確かに、砂古という苗字のかたも5人、名前が刻まれておりました。
4e91e9a7.jpg



d35ea118.jpg





さて、時間が余ったので、本来なら大和ミュージアムか、てつのくじら館へ行く予定だったが、なんと火曜が定休日!!なのでやってない。

ならばと、この先の江田島(えたじま)へ移動。
海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)の見学へ参加してきた。

924b9c62.jpg


1500時の見学会、17名参加。
af9ce4cb.jpg


ボラードの並び方が美しい
22b0ebd8.jpg


264eef21.jpg


戦艦大和の砲弾とか・・・
3f5dce88.jpg


b58b7c94.jpg


特殊潜航艇とか・・・
46ad1060.jpg


12cc7692.jpg


bad69b63.jpg


6bd1700b.jpg


最後に江田島クラブのお土産売店で海上自衛隊の刺繍ワッペンを購入。
a8fe6e84.jpg

ちなみに海上自衛隊の艦長帽や制服、一般人には売ってくれないそーです、当たり前か。
帽子は3万くらいしましたぞ。



82dc95e7.jpg

干潮時間なので、牡蠣が干上がってました。

c6c5ed5b.jpg

こういう景色をご先祖さんは見ていたのだろうかと感慨にふけりながら・・・
072f75b6.jpg

広島空港までひた走る。
d06774dd.jpg


5a7e8c1e.jpg


3f38bc87.jpg


倉橋島 田原バス停付近
062f75e5.jpg


この上に専教寺さんがあった。
753b2bec.jpg


そしてG.W.6日間の旅、広島からANAに乗って無事に帰京しましたとさ。




新潟出張の帰り道・・・

関越道、群馬県の前橋ICを下りてこんにゃくパークへ行ってみた。
f7c8dd5c.jpg


群馬県はコンニャクイモの産地で、90%が群馬産だそーです。(へぇ~)


1c11093a.jpg


で、まずはお決まりの工場見学・・・


de638f07.jpg

平日16時ごろなので、あまり人がいない・・・

製造ラインが動いていました。(休日は止まってるらしい・・・)
f5d874ce.jpg




6084a598.jpg




ce332ff0.jpg


工場見学の後は・・・
c6500a9a.jpg

無料バイキング!
1d7904dd.jpg



こんにゃく料理が無料で試食できちゃうんですね。
なんという太っ腹なんでしょう。
8994d935.jpg


                       こんにゃくラーメン     味噌田楽

   イチゴこんにゃくゼリー     こんにゃく焼きそば   こんにゃくのタコウインナーなどなど・・・

ほとんどカロリーゼロが主体のコンニャク料理なので、ヘルシーなのかな。
炭水化物の摂取を制限されたい方や、体重マシマシの方には良いのかと・・・


タコウインナー、普通のウインナーのように歯ごたえがあって意外にも旨かった。


そして、気になるこんにゃくラーメンのお味は?
217e62a6.jpg

コンニャクだっていわれなければ、少し滑らかすぎる麺だなぁ・・・と、感じはするが、
普通に違和感なく・・・のど越し滑らかで、あれっ!って感触ですかねぇ・・・
(食レポになってないってか)
ソーメンもあったけど、そっちの方がより違和感ないかと・・・今回は食べてないのでわかりませんが。


これが噂の、こんにゃくラーメンの製造機か?
43e57cb4.jpg

シャワーのように、黄色いこんにゃくが ヌル―っと止めどなく流れていく・・・

お土産コーナーにて・・・カスタードプリンBIGとかこんにゃくゼリーとか、
e6ad63b5.jpg

はちみつ入りコンニャクカステラとか・・・
1kgも入ってて100円の白滝とか・・・

結局、2千円以上もコンニャク製品を買って、しまったー?

・・・

494c3fd4.jpg


e4e915fb.jpg



ズシっとくるほど、すげー重いんだけど・・・こんにゃくって。

クルマだから大丈夫か。

タピオカみたいなツブツブはありますかって売り場のおねーさんに聞いたけど、ないってさ。
作れば売れるかも?




そして、下道を8kmくらい走り、叔父(90)の家にコンニャク持って2年ぶりくらいにご機嫌伺い兼ねてたずねたら・・・
いまだに元気満開であった。
昔からここだけ時間が経過してないというか・・・100歳以上は絶対余裕っていうか・・・
いまだに軽トラ乗って山に鹿や猪を獲りに行くっていうマタギ生活してるからたまげるねー(注:群馬弁の「たまげる」=驚くの意)

そこでは猟犬やウズラを多数飼っていて・・・
eb4827c3.jpg

卵 持ってけ!

って、10パックも。

ウグイス色の卵も入ってるんですが、これってほんとにウズラのタマゴなんでしょか? まさか鶯のタマゴが混じってるとか・・・
って尋ねたら、白いウズラが生むんだそうですら。(へぇ~)


わずかばかりのコンニャクと引き換えに・・・ウズラのタマゴ


しばらくはコンニャクとウズラ卵で楽しめるか。

さて、ウズラ卵、どうしようか・・・?

↑このページのトップヘ