CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

旅行 出張

いつもは日本や現地空港でレンタルルーター借りてるけど、今回は現地SIMを日本で購入してみた。
2e004f45.jpg

 

  1枚はFAREASTONEという通話機能付き、7日間データ使いたい放題カード。
もう1枚は亜太電信という会社の5日間データ使いたい放題カード。

果たして結果は?

いつもながらの大洗出張

大洗駅
17d883fb.jpg

ガルパンですねぇ。

ココスへ行っても・・・
3757b678.jpg

ガルパンですねぇ。

仕事が終わって那珂湊へ行ってみると、
9f4189fd.jpg



まだ市場が開いていた。
9dd7841d.jpg



で、マグロやらアワビやら、干物を買いあさって・・・
2c901de4.jpg

帰ったのでありました。

そんだけです。

前回の記事で、「ガタピシ飯店」へ訪問したというのが記憶に新しいところではあるが、その翌々日にも再度訪問したのでありました。

ちょうど、前日がチビちゃんの誕生日ということもあり、ガタピシさんの記事にもあるようにハンターカブのリアシートで、誕生会!? を急遽、挙行いたしました。

その時の模様がコレ↓
db71c184.jpg

さすが親子、カメラを向けると自然とポーズをとってるんですねぇ。。。
チビちゃんさすがです。

で、下の写真はガタピシさんハンター号のリアブレーキシステムですよ。
7aca6ef9.jpg

ブレーキロッドの途中にCT90とかの特殊なブレーキロッドを使っていて、左手ハンドでも通常の右足でもリアブレーキが掛けられる仕組みです。
ガタピシさんのトリプルブレーキの記事はこちら
その記事を見て、私が海外からリアブレーキロッドを取り寄せた時の記事はこちら

ここら辺の記事あたりから、
「なんちゅートンデモなことをしてる、工具フェチな面白い人がいる・・・」
というのが、ブログを訪問し始めたきっかけですかねぇ。私も同類ですが・・・

似た者同士というか、類は友を呼ぶというか・・・
そんなツナガリで今じゃ家を訪問するまでに自然となっちゃってますねー。




では、メットとジージャンをお借りしてハンター君で出発です。

まずは近場から・・・ご存知、モノチリンドロですね。
8ead1dec.jpg



スーパーカブ125X、タイ製のカブを輸入して・・・
ということですが、日本国内仕様よりも仕様がデラックスなようです。
f3c863e7.jpg

125ccで、しかも値段安い? これはいいですねぇ~
日本でもこれは売れるんと違うかなぁ・・・Xシリーズとかにして。


こちらはさらにスーパーな、スーパーカブC125ですね。
0fc8ac57.jpg

キャストがねぇ・・・似合わないのが玉に瑕。

修理工場の方にはCT200がいました。
2dee7b51.jpg

こちらは、こういう仕組みのWブレーキなんですねぇ・・・



モノチリさんを後にして、走ること25kmほどで、ポートアイランド北公園に到着。
68e28163.jpg

少しひんやりしてきた秋の風が最高に気持ちいいミニツーでしたよ。

自分のハンター君とガタピシさんのハンター君の違いはというと・・・
eb665f56.jpg

同じ機種でも全然違って楽しかったですよー

片や4.3万キロ走っていじくり倒してるハンターですから、ガタピシさんのハンター君の方が性能が高くトルクフルな走りを堪能できました。


神戸の夜景がやけにきれいだったのですが・・・
72585967.jpg




ガタピシさんが普段どのように撮影してるのか・・・を、今回特別限定公開です。
ddddf42f.jpg

とくとご覧ください。


2b7a6959.jpg

チョー低アングルから撮影してますねー
ここで撮影した写真はこちら

そしてコーヒーブレイクし、しばしの歓談・・・

サンダーバード2号よろしくサンバー君へハンター号を収納し・・・
419ef4e7.jpg

THUNDERBIRDS ARE GO!

じゃなくって、

SAMBARBIRDS ARE GO!

になったのです。


96d5729e.jpg

神戸の夜の爆走編はこれにて終了。

神戸の街は第二の故郷なので、だいたいのこころはわかってはいますが、夜の街をCT110で爆走できるなんて思ってもみませんでした。

ガタピシさんお世話になり、ありがとうございました。
次回は東京にて・・・


またの再会を固く約束してホテルに戻ると・・・
4794c315.jpg

ホテルの机が予約席になってましたとさ。(チビちゃん作)




その翌日も仕事が続き、クルマで通り過ぎた景色の中に浮かぶUSJ
c55abd5f.jpg

あー USJ行きたいなぁ・・・と思いつつ・・・最終の日曜日。

ホテルで自転車をお借りして、
58dcf0c3.jpg

USJへ行ってみました。







ではなくって、街中ブラブラしてみました。

なにか神社があるので行ってみると・・・
490e7f57.jpg



軍艦榛名と書かれたマストトップがあるではありませんか。
9b92ca2c.jpg

なんですかぁ?これは??

どしてここにマストがあるんだか??いわれなどの説明銘板などもありません。
ff964df1.jpg

詳しくはこちらに書かれてます。


さて、さらに北上してみます。
a662f842.jpg



秋の空に飛行機が。
df63b2d7.jpg

秋の雲、飛行機まじか なりにける



岩塩温泉ってのがあるのでぶらりと入ってみました。
20929868.jpg

湯につかって日頃の疲れをお湯に流し、マッサージしてもらって散髪してビール飲んで、英気を養いましたよ。

そして帰り道、立派な鳥居が迫ってきました。
873487c3.jpg


尼崎えびす神社っていうらしいです。

cb16a97c.jpg



なぜか突然タコが生えている!
0fbd3563.jpg

あやうくぶつかりそうになりました。

神社の敷地近くですが、ここは神田公園ということらしい。
5495df01.jpg

でもなんでタコが?

誰かが忘れていったんでしょう きっと(おい!)

しかし、こういうルール、初めて見ましたよ。
563b99da.jpg

ゴミとか花火とかはわかりますが、 はずかしい干し物 って、ナニ?(爆)




一昨日、梅田での仕事が終わってから、ホテルにいったん帰り、ものの20分ほどのところということで、ガタピシさんからのお誘いがあり、ガタピシ飯店へと行ってまいりました。


と、その前に・・・
この日の朝、仕事で梅田の某所へクルマで走行中、左折するために減速していたら、右側を真っ赤なCT110が追い抜いて行ったのであります。
「おお、大阪の街にもCT110が走っとる」と、心の中で叫び、同乗者に、
「あれと同じバイクに、乗ってるんですわ」などとノンキに会話していたのであります。
そのCT110はこちらのクルマを追い抜き、交差点を過ぎてから、ひらりと第一走行車線へと軽やかに戻り、先へと行ってしまった・・・
これがあとでビックリの展開になったのです。




さて、
夕方になり、ホテルから電車に乗って歩き、19時前に「ガタピシ飯店」へ到着です。

久しぶりのあいさつをしつつ、ガレージの中の席を見ると・・・
e54e0e4a.jpg

おおおお、貸切状態ではあーりませんか!
(注:この予約席の札は後述のチビさんが書いてくれたそうです、ありがとう。)

炭の具合も、万端準備良しとでも言っているかのように赤々と燃えております。
f3152cbc.jpg



ビールで乾杯し、ガタピシさんは慣れた手つきでキモ、ネギマなど、ステンレストレーに並べてある串物を次々と焼いていくのでありました。
566f9f85.jpg

しかしなんですねぇ・・・素人離れしてるって言うか・・・


26b35e6f.jpg

せせりの2度挽きとか・・・ボンジリとか・・・こころ(ハツ)とか、えーと、あとなんだっけ、あまりにも種類多くて忘れてしまったー。
キモのグニュグニュしたあれって、なんでしたっけ?とてもおいしかったです。

準備してある串も、焼いてる手際も、あまりにも本格的過ぎて、眼が点になってコンタクト落としそうになりましたよ。まさに「眼から鱗」ってやつですね。



こりゃー、下手な焼き鳥屋さんに行くよりいいって言うか・・・
662f6271.jpg

この焼鳥で、店、出せると思いますよ。



ハッキリ言わせていただきましょう。

ガタピシさん、どこ向かって行こうとしてるんですか?(笑)




というわけで、楽しく飲んで食って歌わずに(注:住宅街ゆえ)
とても美味しくいただきました、ごちそうさまでした。



と、
話の中で、「実は今日の朝9時前ごろに中海老江交差点付近でCT110が走っていたけど、まさか、ガタピシさん、その時どこにいたの?」とお尋ねしたところ、

「その時間、焼鳥の仕込みのため、天満まで行っていたけど」

なんということでしょう、


「え?、じゃ**のあたりで黒いトヨタ****(車種の名前)を追い抜いて行ったの、あれガタピシさんだったの!」

CT110の特徴も合っていて、着ていた服の色も同じ・・・後ろに白いボックスも積んで・・・ということは・・・














アッと驚くタメゴロー!!」ハナ肇)












ニアミスしてたんですね、この日の朝。


この広い世の中、奇遇とか奇跡というものがまさに存在する、そういった感触を得るに十分な体験をしてしまいました。

1094bc49.jpg

ガタピシさんのお嬢さん(ブログ上での通称=チビさん)もガタピシ飯店のお客さんとして、あい向かいに座っていて、久しぶり?の焼き鳥の宴を楽しんでいるようでした。



実際にチビさんにお会いするのは初めてですが、小学校入学する前から写真では知っていたので打ち解けるのも早かったようです。

d2df2c07.jpg



んで、チビさんと言っては、もう大きいのでチビさんとお呼びするのは失礼ではありますが・・・

かように絵がとてもお上手。
bc8bf3b1.jpg



等身大で迫力満点であります。
a9cc7897.jpg

良く描けるねぇ・・・びっくりだねぇ






4時間近くにわたった楽しい宴もたけなわではありましたが、住宅街ゆえ夜の10時を過ぎますといろいろと・・・
で、致し方なく、残念ではありましたがお開きとして、これまた後ろ髪引かれる思いで帰ってきたのでありました。

朝早くからこの時間のために仕込みまでしていただいていたガタピシさん、本当にありがとうございましたー。



で、ご報告なのでありますが、10月末までと言っていた仕事が予想よりもかなり早くはかどりまして、8日夜に帰京することとなりましたので、またの機会にもお誘いくださいませ。

しばらくかかる尼崎で出張中の土日・・・休みだったので・・・


ガタピシさんからお誘いを受けて日曜の「どかっ亭原付ツーリング」に参加予定のはずだったが、あいにくの台風24号の通過に伴い、中止。

ともあれ、表敬訪問するぞと、土曜に出かけたのでありました。

途中、何十年ぶりかで明石駅に下り立ち・・・
963cc80c.jpg

商店街に入って・・・

多幸  タコぅ?
ac288b97.jpg

明石といえば、言わずと知れた

明石焼き
f3855921.jpg

でも、なんか、なんとなーく違うような気もしたが・・・

まぁ、気にせずいただきましょう。
b289b05a.jpg




7f61ddbe.jpg

ダシにつけても、おいしゅうございました。お腹いっぱいです。


店を後にして、少し散歩して腹を空かせます。
5e3275d2.jpg

昔、親父に連れられて、クルマでここから淡路島に渡ったのを思い出しました。
夏休みにきれーな海で海水浴したのを覚えてます。なんていう海水浴場だったっけ?
七色浜?そんな、遠い記憶・・・


雨の中、港を眺めながら歩きます。
a3df4c93.jpg



台風対策でしょうか?密集して停泊してます。
2a499840.jpg



で、歩くこと3分くらい
cd0e65d9.jpg



こちらでも「明石焼き」をいただこうともくろんでいたんですが、
238dbc8d.jpg

人がいっぱい、お腹もいっぱいでギブアップ。

帰りも港を見ながら散歩して、
433f7a4b.jpg



商店街に戻り・・・
ff134e81.jpg


今度は駅を突き抜けて反対側に行くと・・・
2f60ae4b.jpg

明石城


281530df.jpg



と、上まで登ったら、ここで・・・文化財保護のため雨天は公開中止だってさ!
4372fb20.jpg

わーお

仕方ないのでうろうろうろと散策。
84123b5d.jpg




541baada.jpg

途中、誰にも会わず・・・


30f3867f.jpg

明石城一人占め、
しかし、誰もいなかったなぁ・・・ 

んで、電車にまた乗って山陽姫路一つ前の手柄駅で下車。
26ee089c.jpg



8799cbfc.jpg

灘菊酒造さんへ行き、

蔵見学し、
3a4ed25b.jpg

売店で、生酒(限定600本)を購入して手土産とす。




姫路駅北口18番バス乗り場から神姫バス書写西住宅行きに飛び乗って、

名古山北口で下車。

そしていよいよ、その時は来た。



どかっ亭さんに到着。
a468d36e.jpg

土曜日のため、当然ながら大繁盛中。

なので、マスターとはあまり話ができなかったが、

おいしい料理に舌鼓を打ち、生ビールとレモンサワーをちびちびしながら、

初対面のブロンコ君と、偶然、二人とも「東京のある地域で過ごしていた」ことが判明し、ローカルネタで盛り上がる。

マスターお任せの焼鳥も当然旨かったが、これはいったい!!
d67a7e9c.jpg


空 前 絶 後 に
うまかった~



うますぎて、死ぬかと思った・・・。
あまりにもうますぎたので、何の料理か、聞いたけど正確に忘れた’(ポカン)

お味を一言でいうと、

濃厚といえば一言だが、舌の脇をくすぐるかのような感覚と、ためらいの一切ないピリリと締まった塩ゴマ油の、ぬったりと濃厚なる浸け汁とのハーモニーが・・・うんぬんかんぬん・・・
また次の瞬間、一滴のしずくのような静寂を一気に開放するかのような甘美な刺激が脳裏を突き抜け・・・ うんぬんかんぬん・・・(一生言わしておけば?)


と、そんなことを考えていたら・・・

5時過ぎに到着し、はっと気が付いたら数年がたっていた・・・浦島太郎状態

いや・・・数時間がたっていた。

マスターとも、ブロンコ君とも、またの再会を固く約束し、後ろ髪惹かれる思いで店を出る。

店先にあるモンキーダカーラを見つつ、
d1719cd8.jpg

明日の原チャ ツーで、もしかしたらこれに乗れたかもしれないなどと誇大妄想していたら・・・数分が過ぎ・・・

と、後ろから姫路行のバスがやってきた!

うっ ヤバイ。

「停留所は左行って30mくらい先だから」
って、マスターから聞いてたから、30m猛ダッシュして乗車。

ギリセーフだったけど、走ったので酔いがかなり回ったぞ。

4bf1c22c.jpg

バスに乗り、酔いが回って、なんか・・・











得したキブン(おい!)








それはさておき、夜の姫路城は美しかった・・・
518abe1e.jpg




で、この日は温泉付きのホテルに宿泊したのだが、温泉に入ると、「紺色っぽい模様の浴衣を着たヒト」が入っていて一気に酔いがさめる。(眼が悪いので  一瞬そう見えました)



しかしながら、そこでひるんでは温泉があまりにももったいないので、熱ーい湯船に首まで浸かってたら、また酔いが復活してきて、ここでもなんか・・・








 

得したキブン(おい!)









して、翌日、台風で12時には電車が止まるらしいっていうので早めに乗って、
cad8ddc0.jpg



四国と瀬戸内海を見ながら・・・
94887c85.jpg


尼崎へ無事帰着。

帰りに明石焼きにリベンジ・・・と、ふと思ったが、
リベンジ中に電車とまったらシャレにならんので素直に帰ったとさ。

マスター、お世話様でした。また寄らせていただきますよ。
ブロンコ君、東京に来たら奥多摩のガレ場に行きましょう。
ガタピシさん、明日の夜に会いましょう~

↑このページのトップヘ