CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

時短料理

今回も時短で行きます。 

鍋に水500ccを入れ、粉寒天小さじ1杯と砂糖大さじ4杯を入れて1分ほど沸騰させます。
火を止めて、ゆで小豆300gを溶かし入れ、バットかプラスチック容器に流し込む。
粗熱が取れたら冷蔵庫に放り込む。

これで終わり。そう、たったこれだけ。
ものの5分でできます。超時短です。

冷え固まったら切り出して・・・いただきます。
変換 ~ 20200602_230517

冷やす際にかき回してないので底の方に小豆が沈殿しますが、切り出してひっくり返すと逆に趣がある(かも?)
変換 ~ 20200602_230604
水羊羹に飽きたら、さいの目に細かく切って、黒蜜をかければ、そのまんま「あん蜜」にもなるすぐれもの(かも?)

キンと冷えた水ようかん、夏にはやっぱり水ようかん。

時短でどうぞ~

新鮮なチダイが買えたので、アクアパッツァ(acqua pazza)を作ってみた。

チダイは鱗と腹わたなど前処理しておき、荒塩をすり込んでフライパンに入れます。
ニンニクをひとカケ、テキトーに切って入れる。
トマト類:今回はミニトマトを丸ごと適量入れる。
アサリ:うちでは常時冷凍保存してある在庫を使用。
ベランダ菜園のハーブなんぞをテキトーに摘んできて入れる。
 今回はローズマリーとコモンタイムを使用。2種類以上のハーブを掛け合わせると複雑な香りとなる。
 イタリアンパセリは使いすぎて新しい葉が出てなかったので省略本当は出来上がった時に細かく振り入れる。

オリーブオイルを50ccほど入れる。
白ワインを50ccほど入れる。 グラスにもワインを注ぎ、こっちは自分で飲む。
変換 ~ 20200526_200359
ガラス蓋をして、中火で10分くらい火を入れて蒸し焼きにする。

テキトーにやってるので料理してる感覚じゃないけど、
30分ほどで出来上がる。
変換 ~ 20200526_224642
最後に塩コショウで味を調える。

食べてみて、味に「これじゃない感」があれば次回はその辺を修正して、またテキトーに作る。

以上、テキトー時短料理でした。


GW中、ずっとうちにいるので食事に変化が欲しい。

チビもいるので何か一緒にできること・・・たこ焼きかぁ?


まず、ベランダで葉ネギ(薬味)を10本ほど摘んでくる。
変換 ~ 20200504_132826

材料や道具を一式用意しておくと、「チビ」という名の自動タコ焼きマシンが起動!
変換 ~ 20200504_165801

タコは明石に限る・・・と思いましたがモーリタニア産って書いてある・・・どこそれ?
名称未設定 1のコピー
アフリカの西側から来たんですね、この蛸。てーことは大西洋のタコなわけです。

変換 ~ 20200504_165901

8個セットを8回転くらいさせます。
半分くらいは私も作りましたが、チビが作ってる時に近づいてめったやたらに手や口を出すと、
「私のシフトだから邪魔しないで・・・」とけん制されます。
シフトってナニ?
変換 ~ 20200504_181403
手さばき早く、タコ焼き作りに集中してます。でも、楽しみながら作ってるようです。

変換 ~ 20200504_172226

油を加えて表面カリカリ、中身はふんわりを目指します。
変換 ~ 20200504_190056


変換 ~ 20200504_181255



変換 ~ 20200504_181519
タコ焼きは旨いなぁ。

567でずっと家にいて辛気臭いですが、気分転換にはなったようです。
お宅でも、たこ焼き如何ですか?

ついでに明石焼きも作ろうとしてたんですが、お腹いっぱいになったので、これにてイベント終了です。

次回は明石焼きしようっと。

今回は、猪で肉野菜ラーメン マシマシ を作ります。

スープは濃厚魚介とんこつです。


まずは材料
変換 ~ 20200316_140002
半解凍状態で脂身や筋などを丁寧に精肉したら、量が半分くらいになってしまった。

野菜も用意
変換 ~ 20200316_140221

最初に野菜だけ炒めてしまいます。
変換 ~ 20200316_140835

次に猪肉だけ炒めて、最後に合わせます。
変換 ~ 20200316_141341
野菜と肉は味付けを変えたかったんですよね。
野菜はさっぱりと、肉はググってくるような濃い味付けにします。

麺は・・・これは頂き物ですが、プロ御用達の極太麺。
変換 ~ 20200316_141614
10番手くらいと、かなりの太さです。


5分ほど茹でると4mmくらいの太さになってます。
変換 ~ 20200316_143158


少し硬めで引き上げて、濃厚魚介とんこつスープに投入・・・
変換 ~ 20200316_143256

肉野菜を盛って出来上がり。
変換 ~ 20200316_143439
野菜 マシ くらいでしょうか、モヤシがあったら マシマシ にしたかったですが・・・

変換 ~ 20200316_143444

では、実食・・・
変換 ~ 20200316_143729
イノシシ肉は細かく切ったので固くもなく、極太麺との相性も良好でした。

猪って、濃いめのラーメンにあいますねぇ。

前回、時短料理カテゴリーで時短カスタードプリン というのを作り、おおいに気を良くしたみっちゃんぽんが、田舎からリンゴが大量に送られてきたのをこれ幸いと、リンゴのタルトを作ろうとした・・・ってのが今回の記事です。


では早速・・・


A,タルト作り 22cmタルト型用
材料:バター80g 砂糖40g 卵1/2個(半分) 薄力粉200g

1、しばらく室温に置いて柔らかくなったバターに砂糖と卵も加えて混ぜる。
変換 ~ 20200215_210408
卵の半分残りは後で使うので冷蔵庫に放り込んでおく。

2、フルった小麦粉を数回に分けて入れ、素早く混ぜて練る。
変換 ~ 20200215_211432

3、出来上がった生地をラップに包んで冷蔵庫で30分ほど冷やす・・・30分って・・・
すでにここで「時短」をあきらめてますね(-_-;)

変換 ~ 20200215_212220

4、冷えた生地を麺棒で伸ばし、タルト型に敷き詰めてからピケる。
変換 ~ 20200215_214003

5、クッキングシートを敷いてタルトストーン(重石)を敷き詰めて一晩冷やして寝かせる・・・ひ 一晩って!
もう時短とは言わせない
変換 ~ 20200215_214115

ダメだ・・・仕事から疲れて帰ってきて夜中にやってる場合じゃない・・・はず。

ここまでが1日目の夜の事・・・




B,中のカラメルリンゴ

1、砂糖40gをカラメルにする
変換 ~ 20200216_133553

2、バター4g入れて溶かす
変換 ~ 20200216_133605


3、リンゴ1個を細かく切って、入れて混ぜる。
変換 ~ 20200216_133932

C,アパレイユ作り
(アパレイユ:仏語で混ぜ合わせた生地のこと)
1、卵1個と余っていた卵半分と、薄力粉20gと砂糖50g、牛乳20ccを混ぜたアパレイユを用意する。
変換 ~ 20200216_134253

2、アパレイユを、さっきのカラメルリンゴに入れて混ぜる
変換 ~ 20200216_134328


D,上に載せるリンゴ


1、リンゴ1個を皮ごと切っておき、砂糖80gを入れる。
変換 ~ 20200216_131925
 
2、アルミホイルで落し蓋をして・・・
変換 ~ 20200216_131934

3、20分ほど中火で煮て出来上がり。
変換 ~ 20200216_133956

4、粗熱が取れたら、皮を手で剥く。
変換 ~ 20200216_145347
煮た後でリンゴの皮を取るのは、皮の赤みをリンゴに移すため。


E,カスタードクリーム
1、卵2個と砂糖50gと薄力粉20g、牛乳150cc、バニラエッセンス5滴を入れて電動ハンドミキサーでウイーンと混ぜる。
変換 ~ 20200216_134743

変換 ~ 20200216_135229


2、これを中火にかけてへらで混ぜ続け、シャポシャポの液体からクリーム状になったらもう一度ハンドミキサーにかけて滑らかにし、冷蔵庫で冷やす。
変換 ~ 20200216_140628



F,ようやく全体を作り出す。
やっと役者が出そろったところで・・・
変換 ~ 20200216_141903
夜中なのでいろいろと飲みながら作る・・・ひゃっほー!!ってキッチンドランカーそのまんま。
そして酒の勢いを丁寧に生かしたまま、一気に作る。



1、一晩冷やして寝かしておいたタルトを、重石を乗せたまま・・・
変換 ~ 20200216_142058

180度で15分焼く。
変換 ~ 20200216_142114

焼き終わったら、このようになる。
変換 ~ 20200216_144245

2、カラメルリンゴ+アパレイユをタルトに入れる。
変換 ~ 20200216_144321

3、180度で10分焼く。
変換 ~ 20200216_144350

すると、こうなる。
変換 ~ 20200216_150915
「リンゴが入ったプリン」が「タルト」に入ってる状態です。

粗熱を取る。

4、カスタードクリームを上に載せ・・・
変換 ~ 20200216_154330
変換 ~ 20200216_154346
変換 ~ 20200216_154720

5、「D,上に載せるリンゴ」をカスタードクリームの上に敷き詰め、「D,上に載せるリンゴ」がなくなった鍋に残っていた甘い液に水とゼラチンを適量入れ、煮溶かしてゼラチン液を作り、リンゴの上にハケで塗る。

もうこの段階で写真撮るのを忘れて・・・はしょりました。 
なにせ ひゃっほー!!!!なわけで・・・ハイハイ状態。


一瞬、落としそうになりながら、冷蔵庫に持って行って、入れて冷やす。


G,やっとGoal

そして翌日・・・
変換 ~ 20200216_203357

変換 ~ 20200216_204118

う 旨い・・・五臓六腑に染みわたる ったー このことかぁ!

2晩も苦労した甲斐があったってもんだ・・・
変換 ~ 20200216_204141

ということで、時短料理ではない、ひゃっほー な、「リンゴのタルト」でした。


↑このページのトップヘ