CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

時短料理

G.W. 家の中の片付けなど、こまごまと雑用が忙しく・・・
大きなイベントもなくダラダラと無事に終了(笑)

あまり出歩かず、身体的には酷使もせず・・・肥えただけ?


こどもの日にマリーナへ行ったくらいかな・・・CT110で出動。
ce723d2f.jpg

みなさん、出港してたみたいで、バースが歯抜けで空いてるのが目立ちます。



で、いろいろと忙しいので、タラコスパを時短で作ります。

ミルク・バター・クリームを混ぜ、しょうゆを少したらし、タラコを加えてタラコクリームを作り、麺を茹でて混ぜ合わせ。
e7c7adb3.jpg


ま、ここら辺まではチビがテキトーに作ってくれます。 (よしよし・・・)
bfb350fa.jpg


上に刻み海苔を乗せるだけでは芸がない? ので、今回はこれを使ってみます。
fb1509e8.jpg

ベランダ菜園のクレソンです。


摘んできて、洗って切って・・・
83e25682.jpg

下茹でして・・・

バターで炒めて・・・
4e8f97a9.jpg


タラコスパゲッティへ乗せると・・・
fdb24a08.jpg

クレソンのピリリとした辛みが効いていて、思いの他、似合うかな。


う~ん、夏休みには島へ行きたいねー・・・
家のことでまだ忙しかったらイヤだなー。

マクドナルドのフライドポテトを作ってみる

この記事について・・・
世の中にはあまたたくさんの種類のフライドポテトがありますが、マックのが一番好きだぁ!
と思っている人が書いてますのであしからず。



マックフライポテトは何でできてるかを調べてみると・・・

じゃがいもはこれ
49b652a3.jpg

本体のジャガイモはアメリカ産と書いてあり、ラセットバーバンク種。
日本では生産されていない巨大なジャガイモのようです。

日本マクドナルドのWebより
d97f319a.jpg

イモ以外では「牛肉」と「大豆」が使用されているようです。

マクドナルドUSAのWebより
cb4c9bef.jpg


真ん中あたりに原材料が記載されてます。
以下に英文を抜き出してみると・・・

FRENCH FRIES
Ingredients: Potatoes, Vegetable Oil (Canola Oil, Corn Oil, Soybean Oil, Hydrogenated Soybean Oil, Natural Beef Flavor [Wheat and Milk Derivatives]*), Dextrose, Sodium Acid Pyrophosphate (Maintain Color), Salt.
*Natural beef flavor contains hydrolyzed wheat and hydrolyzed milk as starting ingredients.
Contains: WHEAT, MILK.

以下、私のテキトー訳
フレンチフライ
成分: ジャガイモ、植物油(キャノーラ油、トウモロコシ油、大豆油、水素化大豆油、天然ビーフフレーバー[小麦とミルク派生物]※)、ブドウ糖、ナトリウム酸ピロリン酸塩(色保持用)、塩。
※天然ビーフフレーバーは、小麦を加水分解した成分とミルクを加水分解した成分を原料に含みます。
含有: 小麦、ミルク。


というわけで、原材料はなんとか判明しました。

ナトリウム酸ピロリン酸塩は、変色や退色を防ぐ添加物なので今回は無視。
ブドウ糖はないので砂糖で代用。
油は日清キャノーラ油を使用。
ビーフフレーバーは***を使用。

可能な限り近いものを集めて、自作してみます。
とはいえ、小麦粉とミルクを加水分解した天然ビーフフレーバーってのが何なのかよくわかりません(笑)

材料
男爵イモ 大きいのを3個
片栗粉大匙3
小麦粉(薄力)大匙1
砂糖一つまみ
塩コショウ小さじ1 (+今回だけ粒黒コショウをガリガリと入れたみた)
サラダ油(キャノーラ油)
天然ビーフフレーバー?、小匙1

では、ジャガイモをマックフライポテト同等に幅7mmでカットし、いったん水洗いし、ザルに上げておきます。
80341e39.jpg

粉を全部入れてあるビニール袋の中へ、
キッチンペーパーで水気を切ってポテト投入。

イモを入れて、シャカシャカします。
58713d3b.jpg

衣?がまんべんなくイモにつきました。


4分ほど揚げます。中火160℃~170℃くらい
6f5058b1.jpg

泡が少なくなってきたら揚がり時・・・

揚がったらステンレスボールに移し、食卓塩を振りまいて中華鍋を振るみたいにかき回して塩をなじませます。
78030b9e.jpg


これで出来上がりです。

簡単です。
イモの皮をピーラーで取って洗って切るところから約20分でできあがりました。


で、お味の方は・・・

おおー、なるほど、こう来たかぁーーーーーーというのが第一印象。

似てます。お味も食感もそっくりです。
外側がカリッとしてて、男爵イモなので中身はホックホクです。

家族全員の評価として、冷凍で売ってるシューストリングよりもマックに限りなく近いと言うことでした。

これで、港湾ストライキで輸入がストップしてマックフライポテトが世の中から消えたというようなことがあったとしても・・・なんとか生きて行けそうです。なんだそりゃ?
※2014年末にありました。


で、


肝心の ビーフフレーバー  って何?

ビーフコンソメでも使えばいいんじゃないでしょうかねぇ。

と言いつつも、一応探してみました、近いと思われるものを。


人知の限りを尽くして・・・ネットを徘徊(笑)



しかもそこらへんで売ってるもの・・・









ってことで、これです。☟



              




              






f750731b.jpg

出汁だ! じゃなくって、ダシダ (ジュピターで180円ほど)

ダシダ、海外の調味料や食料品を扱ってるお店カルディーとかジュピターとか)で簡単に手に入ります。

この商品、聞きなれず怪しさ満載ですが・・・初めて見ました→恐る恐る買ってみました。

素朴な疑問として、これってカラダに大丈夫なの?って心配なこと。一応考えてみました。
でもさ、小さじ1杯、多少食べても死なんでしょ!ってのが回答。
危なかったら売ってないでしょ そもそも論。
それを言ったらどこのものかわからない海外食品は買えませんぜ、そこの奥さん!
どこのものを使ってるかわからないから外食もできませんぜ、ダンナぁ!




以上、「マクドナルドのフライドポテトを作ってみる」 でした。

おまけ

1.5kgほど肉を買ってきたので、今日は肉の日です。

まず一品目。
チャーシュー作ろうかラフティにしようか迷いましたが・・・ラフティにしました。

とはいえ、本物のラフティというよりはラフティもどき。
自分が美味しければいいのでレシピが本物と違うとは思います。

脂身の少ない豚バラ肉600g。
eaca93bd.jpg


1個100gぐらいに切り分けます。
7b2a2573.jpg


ニンニクとショウガを用意。
3903f484.jpg


圧力なべに入れて沸騰させ灰汁取り。
fb1794f0.jpg

このあと高圧側で30分煮ます。

これで下茹でが出来上がり。
27e6944a.jpg

下茹でしてる時間を使って、下記の材料を合わせて甘辛い調味液を作っておく。
黒砂糖半カップ
しょうゆ大サジ3
泡盛1カップ
雑節で取ったダシ1カップ
みりん大サジ2
これらを混ぜておく。

下茹でが終わったらゆで汁を捨てて、肉は流水にさらして脂気を流す。

いったん洗った圧力なべへ肉を戻し・・・
bdccb7eb.jpg


先ほど作り置きしておいた調味液を入れる。
1cc3d036.jpg

高圧側で30分煮る

圧が抜けたら出来上がり。
8ef36d1d.jpg


盛り付け、実食。
bdcc1aec.jpg

脂身はとろけるジェリーのよう・・・程よいかげんに甘辛く柔らかいラフティができました。
一晩寝かせるとさらに味が落ち着きます。

以上、
肉らしいくらいやわらかいラフティ」でした。


で、今日はさらに二品目。

牛もも肉500gを用意して、ビーフシチューの元を仕込んでおきます。
68749f5d.jpg


およそ4cm角でサイコロカットします。
6d6e8694.jpg


使用した包丁(牛刀)は、愛用のヘンケルス。
ツヴィリング プロフェッショナルSシリーズ
d2df2d95.jpg

これがまた、スゴクいいんですわ、使いやすくて。

刃渡り20cmと、ご家庭のキッチン用としては結構大きなシェフナイフですが、程よい握り心地のグリップとブレード部分の重さのバランスがとても良く、繊維というか細胞を壊さずに片道でスパッと切れます。
自分で好みの刃付けをしてるのでほぼ思い通り。これって結構気持ちいいものです。
切って加工するってのが気持ちいいんですよね。まさに料理の基本のキって感じがして。

たとえ腕がなくても・・・
もも肉のような柔らかい肉もご覧の通り、ムダな肉汁を出さずに素早く切ることができます。
f6949a07.jpg

「芸は身を助く」ならぬ、「ツールは身を助く」 の典型例(笑)

先ほど作ったラフティでも使ってましたよこのナイフ。



さて・・・先に行きます。

シチューですから、玉ねぎジャガイモニンジンを鍋に入れます。
f725e64f.jpg

入れる順番としては、
じゃが
にん
の順でしょうか?

真ん中に大きなニンニクひとカケラと、乾燥しておいた月桂樹(ローレル)のリーフを入れて・・・
210045a6.jpg

ひと煮立ちさせ、灰汁を取ってから蓋を閉めて高圧で40分。

はお好みでブロッコリーを別茹でして入れるとかして・・・

市販のルーを入れればカレーでもシチューでも同じように出来上がりですが、今日は仕込みなのでこれで料理終了。
2bc693db.jpg


翌日・・・

浮いてる脂を取って、一番上に置いておいたローレルとニンニクを取り出します。

ルーを入れてかき混ぜると、玉ねぎとジャガイモは完全に崩壊し、ニンジンと肉だけ、が柔らかいまま残ります。

そして口の中でお肉がとろけるんです。

以上、
身も心もトロけるビーフシチュー」でした。


あ、さて、

このあと、自分用に300gのステーキを焼きますが、もうカメラ撮るのも疲れちゃったので割愛します。(笑)
ああステーキ早く食べたい!

急にピザが食べたくなったらどうするか?

とりあえず、時間があったので自分で作ってみる。

材料
強力粉 60g
薄力粉 60g
オリーブオイル 17g
砂糖 3g
塩 1.5g
牛乳 80g
ドライイースト 3g

をホームベーカリーへ入れてピザコースにしてスイッチON。

その間に冷蔵庫をゴソゴソして、具材集めしてからカットしておく。

ピザ生地が出来上がったらグリル皿の上にオリーブオイルを敷いて伸ばして広げる。
4278db12.jpg


トマトバジルソースを塗って、モッツァレラチーズ をちぎって適当に置いていく。
447ae473.jpg


スライスしたシイタケ、ソーセージなどを載せてスライスチーズをちぎって上に・・・
27707dd6.jpg


一口、ビールを飲んでから・・・焼きましょう。
f5a4bb66.jpg



240℃に予熱してたオーブンに入れて15分焼きます。
407816ea.jpg


と、あっという間に出来上がり。
78d465d0.jpg

バジルソースをかけます。

ちょっと焼きすぎちゃいましたが・・・約26cmのピザが1枚出来上がりました。
45eed8c8.jpg

テーブルに出し、3人で頂きます。

瞬間的に・・・蒸発したかのようになくなります。
039c3bce.jpg

作るのは大変だけど、食べるのはあっという間。

これだけじゃ足りないっていうので、仕方なく・・・
2d80cb85.jpg

具はまるっきりおんなじなのですが、仕方ない。
しめじと玉ねぎを追加しました。

今回はピザがメインだったのですが、いかんせん量が少なかったようです。
次回からは2~3倍量で作っていこうと思います。

その前に、正月太りを何とか解消せねば・・・ +2.5kgはさすがにヤバイ。

こんなのとか、
ca76f5ec.jpg

圧力なべで作る イカの柔らか煮

休み中に・・・
93019d11.jpg

圧力なべで作る、時短チキンのトマト煮

大量に作って・・・モリモリ太ってしまいました。

ae902775.jpg

ブロッコリーは健康にいいらしい・・・



減量は大変だけど、太るのはあっという間。

気を付けないといけませんね。


ホットサンドメーカー「ソレアード ホットサンドW SO-125」ってのを随分前に何かのはずみで頂いて、使ってるわけなんですが・・・

こういうの↓
4921968e.jpg


意外と簡単に作れるので重宝してます。  特に忙しい朝なんかは。



それでは時短で行きます。

まずは電源を入れておきます(予熱)

これから先は一気に!

バター&マーガリンというのを食パン(8枚切りの1枚)に両面塗って・・・
b1545b17.jpg



ロースハムとキャベツを入れて・・・
ae5a1488.jpg


マヨネーズは必須です。
889f4357.jpg


チーズも必須かな。
ed916fa3.jpg


バター&マーガリンを塗ったパンを置いて・・・
c6689e7d.jpg


こんな具合に厚くなってしまってますが、マジックハンドパワーで絞め込みます。
edce50b7.jpg

要するに・・・力任せです(笑)

むぎゅーっと蓋絞めて、赤いレバーでロックして待ちます。
739c907e.jpg

レッドランプが点いたまま待ちます。
4分ほどかかりますので、その間に・・・

カプチーノを入れて飲んだりしましょう。
1ff849ff.jpg

そのうち、ホットサンドメーカーの隙間から蒸気がホワホワと出てきます。

そうこうしてるうちに、グリーンのランプが点灯したので・・・
d203b7b2.jpg


電源を切って、赤いレバーロックを解除して開け・・・
154297fd.jpg


ご対面~
bc6b5126.jpg


このマシン、耳が付いてない食パン専用だったりするわけで、こういう具合にはみ出して出来上がったりしますが、
2e1757d1.jpg

パンの耳がまた、カリカリになっていて、とても美味しいのです。

そのままでもよいですが、食べやすいように包丁で切ります。
cfadfce7.jpg


あんなに厚かったのが、この通り圧縮されてます。
00ad3c10.jpg

中はアツアツトロトロですよ~。


勢いに任せてそのまま第二弾へ。

キャベツを敷いて・・・
8d93e8b6.jpg


昨夜作った自家製コロッケを、そのままゴロンと1個そのまま入れようとしたら・・・
c9b460fc.jpg



Kに

「そんなの丸ごと入るわけないじゃん、ア●じゃない!」

って、モロに言われて・・・身も蓋もあるんだけれども、朝から瞬間ショボーン状態。

さらに、麗しのマジックハンドパワーでも蓋が閉まらないという事実に屈して仕方なく・・・

コロッケを半分に切って、半コロ状態。
9273679b.jpg


気を取り直して大人の香りを注ぎます。
9ac29f9e.jpg

黒コショウをガリガリといっぱい、降り注ぎ入れます。

それと、マヨ少々と、ウスターソースも入れます。


プレス~
9730d54f.jpg


4分待って出来上がり。
a843a2c8.jpg


表面にもバター&マーガリンを塗るってところがポイントです。
3ee2e2e0.jpg

そうすることで、離型しやすいのと、焼き色が付きやすいのと、バターの香りもグッドです。

そこの奥さんよぉく聞いてくださいね、
絶対にパンの耳は取らないでくださいね、
カリッカリッで、信じられないくらい素晴らしく美味しい耳になりますよ。


ってーことで、マジックハンドパワーさえあれば簡単においしいホットサンドを時短で作れるというお話でした。

プレスされてるので、ホットサンド2個くらい余裕余裕。

が、よく考えると、ホットサンド2つで、
食パン一斤(8枚切り)の半分
を使ってますから・・・

食べ過ぎ注意ですね。

↑このページのトップヘ