CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

映画 アニメ メディア等

天気の子

を見に行った・・・つもりだったが、
変換 ~ 20190813_161042


なぜか映画館に着いたら


ライオンキング 3D4DX


へ変更になってしまったという妙な展開に。
変換 ~ 20190813_184101

チビ(といってももうだいぶ大きいのだが・・・)が
「天気の子」よりも「ライオンキング」がいいっていうものだからして
私の意見など全くもって反映されないらしい・・・


4DXって、最後の方、雨が降ってくる展開で、本当に雨が降ってきて濡れてタイヘン!
ライオンとハイエナの乱闘シーンで座席がメチャクチャ動いてタイヘン!
でしたよ。
変換 ~ 20190813_183840

ライオンキング、画像がきれい、ホントにC.G.なの?

と、内容もおもしろかったのですが・・・

当初の目論見通りに、

天気の子も見たい!!

という欲求不満が増すばかりでしたよ。



最後のエンディングロールを目で追いかけてたらNorihito Fukudaって、
日本人っぽい名前がありましたぞい。




Yahooブログから引っ越してきて最初のエントリーになります。


アラジン 2019年06月07日に公開されましたので早速行ってきました。
変換 ~ 20190609_165756

すごかったですよ。 

4DXって初めて体験しました。  しかも映像は3D(3D眼鏡)

ショップの上の壁面に予告編が流れてますが、こちらは普通の2D。
変換 ~ 20190609_195808

準備は整いました。
変換 ~ 20190609_170326
「4DXで見まーす」ってショップでいうと、こぼれないようにビニール袋に入れてくれました。

変換 ~ 20190609_172158


4DXって、シートが前後左右に動くだけじゃなく、水しぶきや風、匂い、果ては背中をたたかれたり、耳の当たりを何かがかすったり、何かが降ってきたり・・・2時間の作品でこういったプラスオプションがあるならプラス千円の価値は十分にアリ。特にアラジンのように空中を浮遊したり落ちたり激しく動きまわる映像作品では3D効果もあってスゴくリアル。こりゃーいい、完全にハマってしまいました。英語字幕版だと文字を読んだりしたら酔ってしまってタイヘンなので吹き替え版でよかったとも思う。(そもそも3D4DX英語字幕版って、無いかも)

アラジンの実写版ってことで、最初は躊躇してた。チビの推しではあったが。
「えーアラジンでしょー・・・面白くないんじゃなーい?」って。

でもね、ウィル・スミスがジーニー役なんですよね。まさに適役!
っていうか、単に青くしただけ・・・そのまんまやーん!

でも、英語版アニメのAladdinの声優さんがロビン・ウィリアムズだったこともあり、かなりプレッシャーがあったとか・・・

ウィル・スミスっていえば当然、吹き替えの山寺宏一さんも、ノリノリの声がいいですよー。



物語は、船乗りが船の上で自分の子供たちにアラジンのお話をするところから始まります・・・
この冒頭のシーンも、エンドからつながっており、背中がゾクゾクしまくるアメージングな脚本が光ってるディズニー作品ならではのマジックが実に見事でした、とさ。
(ネタバレ注意)

え?何言ってるかわかんないって?

見ればわかりますって。

見てください、アラジン できたら3D4DXで!

「**の認定講習会」などと違って2時間があっという間でしたよー

(これって、番宣?)



アラジンの主人公は誰か?
やはりジーニーですね。
実際にエンドロールでもキャストトップに名前が入ってました。


 


「さぁ”3つの願い”を!」って言われたら・・・
あなたなら・・・さて、何にします?


アラジンの原典
「アラジンと魔法のランプ」は、アラビアン・ナイト(千夜一夜物語)として「シンドバットの冒険」や「アリババと40人の盗賊」と並び有名な物語だが、アラビア語の元原典には収録されていない。
「アラジンと魔法のランプ」は、最初に西洋に伝わった時に収録された模様。なお、魔法の絨毯は「アラジンと魔法のランプ」には登場しない。




というわけで初投稿、特にLivedoorブログだからといってインタフェース系がムズイわけでもなく扱いやすさはYahooと同じですかねぇ・・・FC2よりは簡単に記事アップできたような気がします特に写真アップについては。(個人の見解ですが


2019年7月19日公開
新海誠の最新作

また、あの視点移動の醍醐味を味わわせてくれるか




d96cd4cf.png


今更ながらですが、見てしまったらハマってしまった。

最近の3DCGアニメ(正確にはデジタルアニメーション)、スゴイことになってるなぁ。
私なんかがスタジオにいて手作業してたセルアニメの時代は、はるか過去のものと化している。



時代設定は西暦3394年

兵器や小物設定に至るまで圧倒的な世界観が漂う。








しかしながら、1300年以上未来でも人間そのものはたいして進化していないようである。



TVシリーズの高画質4Kリマスター版がNHK BS4Kにて放送開始!
TVアニメ『シドニアの騎士』『シドニアの騎士 第九惑星戦役』の高画質4Kリマスター版が、NHK BS4Kにて2019年4月より放送スタートすることが決定しました!
本作は4Kリマスター版として新たに制作され、より一層、鮮明で迫力ある映像作品としてお届けします。
ぜひご期待ください!
【放送情報】
BS4K ナイトアニメ 「シドニアの騎士」シリーズ
毎週木曜日 午後 7:55~8:19
再放送:翌週木曜午前 9:55~10:19/日曜午前 11:10~11:34
*初回放送日は、4月4日(木)(予定)

2019年4月4日7:55からBS4Kで放送・・・
てか、4Kなんて見れないっての! え?見れるんですか!!  お宅いいなぁ
 
視聴できる方はこの際だから ゼヒ。


以下、第1話だけ無料で見れる。
シドニアの騎士 第九惑星戦役 - ニコニコチャンネル
ニコなので文字がウザいが・・・


とある所要があって、東京都の西東京市という街へ行ってきました。

西東京市といえば、シンエイ動画がありますね! って突然言われても、普通は知らんがな!
言わずと知れたドラえもんや、クレヨンしんちゃん、笑ゥせぇるすまん、忍者ハットリくんなどを作ってるアニメ制作会社です。

私、学生時代にここら近辺のアニメスタジオでバイトしてました。いわゆる「仕上げスタジオ」ってところです。
動画をトレースして彩色するセルワークの最終工程をするスタジオで、私は両方やらせてもらってました。
大学で部活せず、必死こいてバイトしてました。
いわゆる苦学生?  いやいや、単純にオタクだったの・・・かも?
バイト代でバイクを買って北海道とか行ったりしてましたよ。
オーストラリア横断ツーリングに行きかけたんですが、その前の年にいろいろあって断念しましたが・・・いまだに無念です。

当時はCGなんてものはなく、ほとんどが手書きの動画をセル画にトレースしてアクリル絵の具で彩色し、背景と合わせて撮影し、アニメを作っていたんですね。
パソコンはNECのPC-98シリーズや富士通のFMシリーズが全盛なころのハナシです。CGなどといっても静止画かワイヤーフレームがゴトゴトと動いてるような、そういうのどかな時代でした。

サンライズ作品ではバツ&テリーとか蒼き流星SPTレイズナー、シティハンター。
シンエイ作品だとドラえもんやプロゴルファー猿。
その他劇場版の 2001夜物語、うる星やつら、アキラ・・・あと、何やったっけか?
ほとんど忘却の彼方~、一部にはエンドロールに名前が載ってるはず。


ま、なにはともあれ、懐かしいのでシンエイ動画へ立ち寄ってみました。
5ff93342.jpg

昔とは違う場所に社屋が移って、かなり立派なビルになってました。
外壁は一面ドラえもんブルーのタイル張りです。

こういう立体の・・・
95512d25.jpg

ドラえもんをはじめ、 野比のび太くん・源静香ちゃん・ドラミちゃんが実物大で待ってます。

ちなみにドラえもんの身長は 129.3㎝らしい・・・



このように、自由に撮影できます。って、Kがフレームインしたので・・・
8cb62483.jpg

Photoshopで加工したけど、アニメ顔だとかえって気持ち悪いか・・・

シンエイ動画:東京都西東京市田無町三丁目9番21号



用事も済んで、ご飯食べようということになり、田無駅近くの、日本野菜ソムリエ協会認定レストランという、広東料理の墨花居(ぼっかきょ)さんへ。
場所:東京都西東京市田無町4-24-1 k-house3 1F

店内は大人の中国料理店といった雰囲気で、広くて高級感のある落ち着いたたたずまいです。店員さんもすごく気が利いていて居心地がとてもいいです。

私はいつも通り、だいたい決まって五目焼きそばです。
d44d6aea.jpg

週替わり麺セット

麺を中華鍋の上で油で炒めてある、あの香ばしいのが大好きなんですよ。
38481881.jpg


食後の杏仁豆腐も濃厚で旨かった。
ab069ec5.jpg


Kはなにやら私よりもスペシャルなランチを・・・
8cd0434a.jpg

贅沢ランチ

というわけで、懐かしの田無でした。

↑このページのトップヘ