CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

修理

OLYMPUSのOM-D E-M10 MarkⅡというカメラを使ってたが、最近、背面の液晶LCDの画面が出ない。
変換 ~ 20200803_134500
ONにしてもこの通り、まったく表示されない。
ファインダーの中は正常に映ってるので液晶画面だけがイカれたらしい。



チルトして上向きに角度をつけると・・・
変換 ~ 20200803_134452
上向きの時だけ画像が出ることが分かった。デフォルト位置と下向きだと画面が消える。

ってーことは、フレキシブルケーブルが怪しいじゃありませんかと、予想。
変換 ~ 20200803_135007
早速バラします。



変換 ~ 20200803_135035

背面カバーをバラして、LCDに行ってるフレキシブルケーブルを外していきます。
変換 ~ 20200803_135908


変換 ~ 20200803_135915

変換 ~ 20200803_140243

やっと取り出せました。
変換 ~ 20200803_143926

なんか、知恵の輪のようにグネグネと曲がってついてたので取り出すのも容易ではない。
変換 ~ 20200803_143930
これを修理するのは・・・配線が細かくてできないので、交換してみることにします。

日本ではこういった部品は入手困難なので、早速、ebayで探します。
変換 ~ 20200803_144000
なんとなーく、同じようなものがヒットしたので・・・


Price+Shipping:をlowでソートして一番安そうなブツを探し・・・
変換 ~ 20200803_144038
8月3日に発注した。


名称未設定 2
2枚頼んで31.6ドル、1枚15.8ドル=日本円で1,660円ほど。


すると、3日後ぐらいになってメールが届いた↓

Mail services have been suspended due to the COVID-19 impact.
I cannot send the item out, so I would cancel and refund to you now.,
Sorry for the inconvenience cuased
Regards

ちなみに訳すと、

メールサービスは、COVID-19の影響により停止されました。
発送できませんので、キャンセルして返金させていただきます。
ご不便をおかけして申し訳ありません
よろしく


メールサービスがコロナのせいで止まったから商品を発送できないって?
なんか変だけど・・・
みんな、コロナのせいにしおって!プンスカ



気を取り直して、再度注文。
名称未設定 3
ドイツ語っぽい表記ですねぇ・・・
今度は2枚で15.84ユーロ、1枚7.92ユーロ、日本円で991円ほど。

なーんだ、前より安く買えたじゃん!(ラッキー?)

ところで、切れてると思われるフレキシブルケーブルを、よーーーく観察すると・・・
変換 ~ 20200803_144257
なんとなーく、曲がっててこすれたりしてるところが怪しいのかもしれんねぇ。


で、本日27日、注文したこともすっかり忘却の彼方の3週間後、やっと届いたケーブル2枚。
変換 ~ IMG20200827171130
白ビニールのチャイナポストだったので、もしかして種が入ってるかと思ったらケーブルだった。


部品が忘れたころに来たので、修理するのを忘れないように、さっさとケーブル交換します。
変換 ~ IMG20200827171853



変換 ~ IMG20200827172118


変換 ~ IMG20200827172533



変換 ~ IMG20200827172733
変換 ~ IMG20200827173714
ネジ類、今回は種類が多いので、メンディングテープで整理して、工程ごとにバラしていきます。

変換 ~ IMG20200827174249

ここでようやく切れてる?ケーブルが抜けた。
変換 ~ IMG20200827174543

ケーブルの先端に幅5mmの基盤がついてるので移植。
変換 ~ IMG20200827174958

外して・・・
変換 ~ IMG20200827175459

付けます。半田温度はあまり高くするとケーブルが溶けるのでギリ300度ほどの低温で素早く。
変換 ~ IMG20200827175924

で、その後、逆順で組み立てていきます。

ケーブルがこんな風に通ってるので内部で銅線が破断してるのではないかと思われます。
変換 ~ IMG20200827192311



バッテリー入れてチェックしてみたら・・・
変換 ~ IMG20200827193125
上に向けても・・・

下に向けても・・・
変換 ~ IMG20200827193138
画面が消えることなく、なおったようです。

ほっと一安心ですが1時間半もかかっちゃいました。

送られてきたフレックスケーブルが壊れてなくてなにより・・・
直すときにしくじらなくてなにより・・・


でも、今回は、あまりにも細かくて、目が見えなかったので、こんなものまで使用。
変換 ~ IMG20200827193239
手術用のやつです(爆)

×3.5倍ですが、ライトが明るいので細かいところでも奥まったところでも、ものすごくよく見えます。
ケーブルのコネクタ部にケーブルがきちんと刺さってるかよく見えなかったんですけど、これならよく見える。


普段の修理はこれ↓で十分なんですが、カメラって、やたらと細かい。
変換 ~ IMG20200827193427



E-M10 MarkⅡで実写してみました。
変換 ~ OMD70131

背面の液晶パネルが写らなくなっただけなので、写りは以前と変わりませんが、
これでまた、普通に使えるようになったようです。


メーカーに出すと1週間ほどで直ってきますが1.8万ほどかかるはず?
自分で直すと3週間と1,000円です。











       時 は 金 な り

ということで、よゐこは素直に メーカーに出しましょうね。


そういえば、E-M10 Mark Ⅳ ってのが発売されるらしいってニュースになってたなぁ・・・
その前はMarkⅢもあったので、MarkⅡは2世代前になっちゃうのね・・・

もう1枚予備ケーブルもあるので、まだしばらくは現役で頑張ってもらうことにしよう。

今回は、
ドコモ タブレット GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
8.4インチタブレットのスワップ修理となります。

いわゆる「ニコイチ」(2つのジャンクから1つの正常品を作る)です。

1台は画面が黄ばんでしまってます。
もう1台の方は、長時間使用するとマザーに実装してあるCPUが熱暴走して電源がダウンします。

では最初に、画面が黄ばんでる方からバラします。

電源を落とし、SimとSDカードを外しておきます。

裏蓋をパキパキと外して・・・
変換 ~ 20200716_134519-1

バッテリーを抜いてからマザーだけ外します。こっちのマザーは正常です。
変換 ~ 20200716_135529-1


今度はCPUが熱暴走する方をバラします。
変換 ~ 20200716_135701-1


変換 ~ 20200716_135842-1

両方ともバレましたので、部品スワップして組み立てます。
変換 ~ 20200716_140434-1

画面がまともなもの+熱暴走しない方を組み立てて立ち上げ。
変換 ~ 20200716_141027-1


無事に起動成功
変換 ~ 20200716_141112-1

画面が黄色いの+熱暴走も、一応組み立てておきます。
変換 ~ 20200716_141659

こちらも一応起動してみます。
変換 ~ 20200716_141537-1


変換 ~ 20200716_141733-1



とりあえず、両方とも起動しましたが、黄色い画面+熱暴走の方は今後は部品取りですかねぇ・・・
変換 ~ 20200716_142959-1

並べると、黄色い画面が良くわかります。
変換 ~ 20200716_144401-1
これはブルーライトカットモードで黄色くなってるのではなく、俗にいう「尿液晶」って現象らしい。
(DOCOMOショップでも液晶の交換が必要との回答を得てる)
誰が言ったのかなぁ、尿液晶だなんて・・・なんか尿が入ってそうでヤだなぁ。

このまま後ろにガムテープ貼ってヒンジにして、しばらく2画面で使おうかな(笑)


小〇さんからBMW純正バッテリーチャージャーの修理依頼がありまして、

受け取ったのはこういった物です。
変換 ~ 20200430_142640
チェックすると電気が出力されてないです。

早速中身を見てみましょう。
変換 ~ 20200430_143206
うわぁ~

こ これはかなーり・・・
変換 ~ 20200430_143223

来てますねぇ・・・
変換 ~ 20200430_143234
シビれますねぇ。

この状態から復活するか?
変換 ~ 20200430_143415

こりゃー・・・厳しいか?
変換 ~ 20200430_143436
屋外で長期にわたって使用してたような印象です。

普通なら諦めますけど、絶望的な方がかえって修理魂が燃えますね。🔥メラ🔥メラ



以下、修理内容。

各ケーブル類をハンダ外し、レギュレータ放熱部を分解して基盤単体を取り外し。
基盤はアルコール浸けにて洗浄。
今回は超音波洗浄まではやってません、ブラシ洗浄までにとどめておきました。

そのあと、ケーブル類を再びハンダ付けし直し、放熱板には熱伝導シリコングリスを塗ってから組み立て。

各部品と、ハンダ部分も導通チェックします。
回路自体はそんなに複雑な回路ではないのでチェックは楽でした。





で、結果がコレです↓
変換 ~ 20200430_144742


変換 ~ 20200430_145737
まぁ、これでなんとかなるかもです。

基盤裏面に絶縁用のコーティングをスプレーしようかとも思いましたが、実使用で試してからと思ってやめておきました。いったん塗ってしまうと緑色になって部品交換がやりにくくなりますから・・・

最後に、白い中間コネクタも腐ってましたので撤去して直結にし、
抜け落ちてブラブラしてたケーブルも、コードストッパーを新調して修理完了。
変換 ~ 20200430_152817

で、無事に出力が出るようになりましたとさ。

リアブレーキのフィーリングが悪くなってきたんですが、
なにかこう・・・最後の最後に踏み込んだ時の最後の効きが悪い。
言い換えるなら、ブレーキのマックスパワーが無いって言うか・・・
最後の踏ん張りが腰砕けって言うか・・・





なので、まずは分解してみます。

リアドラムブレーキの内部って、こういう構造になってますよね。
変換 ~ 20200322_133718
ブレーキアームを動かすと、軸にあるI型のカムでブレーキシューを押し広げる構造。

ブレーキをかけるとこのようになります。
変換 ~ 20200322_133728

ブレーキカムを外してみると・・・
変換 ~ 20200322_133753

うーっむ、シューを押し広げる角のところが光ってる→すり減ってるではないか!
変換 ~ 20200322_133920

反対側も・・・すり減ってる。
変換 ~ 20200322_133928

ってーことは?

交換する?

カムを180度回転させると反対側がまだ使えますが・・・




少し悪あがきしてみます。


こういったものを出してきて、
変換 ~ 20200322_134202

んで、肉盛り マシマシ 行きます。
変換 ~ 20200322_135614

うわー、溶接・・・下手だぁ~ イモだぁ
変換 ~ 20200322_135654

やすりで磨いて整形・・・溶接部分って結構固い。
変換 ~ 20200322_142542


ちなみに、低電圧溶接棒の成分としては、
溶着金属の化学成分一覧例(%)
CSiMnPS
炭素シリコンマンガンリン硫黄
0.080.280.420.0190.012

だそーです。
上記の成分を合計すると0.811%。
99.189%がFeか?
本当は「硬化肉盛用の溶接棒」ってのを使って、焼き入れすれば硬くて安心なんですがね。




あんまり加工精度がよろしくないですが、手動やすりで削るのも疲れたのでまぁこのへんでおしまいにして組んでみます。
変換 ~ 20200322_142812
なんともいい加減な加工ではありますが、眼をつぶってやっておくんなさい。

さて、今後どうなりますかねー・・・
変換 ~ 20200322_143916
これで治れば・・・しかも肉盛りがすり減らずに使えれば・・・
ブレーキカムだけじゃなくって他にもカムって呼ぶ部品がエンジンのヘッド内部にあったりしますので、技術転用できるかもしれんなぁ・・・

んなこたぁ ハハハ・・・できねーだろー って思いつつ、ニヤニヤ~っと、むふっ。




↑このページのトップヘ