CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

軽量化

CT110 リアブレーキアームの軽量化です。

交換前:ノーマルは鉄製
変換 ~ 20200224_125153


交換後:アルミ製
変換 ~ 20200224_131529
 
正確に測ってないけど、重量は半分ほど。

これって、バネ下重量の軽減になってるのかな?

フィーリングはどうかと思って走ってみたら、なんと!







全然変わらず・・・


まぁ そんなもんですよね。


アームがノーマルより若干長いので、ブレーキタッチは変化しましたよ。

なぜかチタンボルトがあります。
秘密基地で入手させていただきました。


では早速、CT110に実装してみます。

試しに、ここのボルトを抜いて・・・
変換 ~ 20200223_124529

長さが同じチタンボルトを選択。
変換 ~ 20200223_124540
重量は測ってませんが、約半分の重さ。
このボルト1本が8g(50円玉2枚)くらいありましたが、チタン製は4g(1円玉4枚)くらいかなと・・・
(注:あくまでも手の平勘測です)

実装します。
変換 ~ 20200223_124619

同じように・・・各所、次々と。
変換 ~ 20200223_125314


変換 ~ 20200223_131125

これで軽量化できたはず、全部で50gぐらい軽量化・・・
加速がよくなるであろう、少なくとも50gぶんくらいは!


え? そんなのわからんって?


いいんですよー、
加速が良くなったと自己満足すればそれも立派なチューニングなんですから・・・むふふ。


↑このページのトップヘ