CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

CT110

今回のお題目はリタイヤではございません、リアタイヤでございます。

前回、リアタイヤを交換したのは2017年8月14日、39,690kmの時でした。


今回は50,756kmなので、約3年11,000km走行できたことになるが、前回ハメたのがフロントで9,000kmほど使った7部山タイヤなので新品ならもっと走れたに違いない。
変換 ~ 20200620_141045


昨日の夜、結構多めの雨が降っていた。
道路のそこかしこに雨水がたまり、轍の中では水が流れるような状況だった。
そんな雨の日の夜に時速60キロで通常運行していたら前の前の車が急減速した。
当然、前の車もすぐさまブレーキをかけるに違いない。

と、右足に力を入れてブレーキをかけるが、リアが【ずさぁ----ー】と、5mほど滑った。
「うわっっ」と思って一瞬ブレーキを緩めたら、今度は前の車のブレーキランプが急に近づいてくるのでヤバシと思って右足に力を入れると、また【ずさぁーー】と2mほどリアが滑る。
当然、CT110なので前後共にABSは付いてないので5m+2m、さらに30cmほど左にも滑る。
フロントだけでうまく止まれたが、予期せぬリア滑りだったので汗タラリであった・・・

本日、よくよくリアタイヤを見たら、こんな状況↓
変換 ~ 20200620_141422
随分すり減っている。

2015年09週ってことだから5年前のタイヤですねぇ。
変換 ~ 20200620_142315
しかもサイドウォールはヒビだらけ・・・

スリップサイン上の山はどうかというと、
変換 ~ 20200620_142354

変換 ~ 20200620_142504
これじゃー スベルだろー


てなわけで、スグに交換する。
変換 ~ 20200620_145501
今回はIRCのGP-5の7部山の中古を入れてみる。サイズは80/90-17、2017年モデル。


今まで履いていたIRCの3Rは柔らかいタイヤなので素手ででも取り外すことができるが、このGP-5も結構柔らかいので、足でムギューって踏みながら難なく交換することができた。
変換 ~ 20200620_150252
一応、黄色マークをバルブ位置に合わせておく。

交換終了。山がかなりあるので梅雨を乗り切れるに違いないはず。
変換 ~ 20200620_165229
これで前後タイヤ共にIRCのGP-5になる。

わーい、タイヤだけはCT125とおんなじだぁ~ と、
梅雨空のどんよりとした雲が垂れこめる中、無邪気にニンマリとするみっちゃんぽんであった。


6月22日追記

本日、雨中走行を実施したところ、余裕のよっちゃんだった。
こんなことなら早く交換しておくべきだったと・・・
これならいくら飛ばしてもハイドロプレーニング現象とは無縁のはず、
とはいえ原2なのでそこまではスピードが出せないのであった。

前回から4,000kmほど走行し、エアークリーナーエレメントからボーボーという音が出るようになったので自作のものへと交換する。
変換 ~ 20200531_145926
エンジンオイル、ギアオイルなどをスポンジ部分に少量馴染ませてから装着。(湿式フィルターです)

取り出したエレメントは油分が無くなるまで台所用洗剤で3回ほど洗う。結構黒くて茶色い汚れが出てきた。
変換 ~ 20200531_154509

軽く絞ってからキッチンペーパーを押し付けて水気をなるべく出し、そのまま放置して乾燥させておくと、次回すぐに交換できる。
変換 ~ 20200531_154440

作業時間:1h

CT110のPB21キャブのアイドル回転数を調整するのに「アイドルアジャストスクリュー」ってものが付いてるんですが、+ドライバーをいちいち刺さないと調整できないんですね。

これってスゴク面倒なので、前回はUVレジンで、アジャストスクリューに延長用のノブを接着して、
b955420c-s
こういうものを作ったんですが、耐久性がなく、振動で割れてすぐにポロリと取れてしまいました。

なので、今回は、純正のアイドルアジャストスクリューをコピーしてみます。

純正品↓
変換 ~ 20200512_165448

M4ネジで先端のネジが切ってない部分だけを2.33mmで作ればOKですね。
変換 ~ 20200512_165430
一生懸命M4ネジを必死にヤスリ掛けして・・・


こういうものが1時間後に完成。
変換 ~ 20200512_165523
ロングアイドルアジャストスクリューと命名。バネは純正のを流用

で、早速、実装してみます。
変換 ~ 20200512_171044
んーーーー、なんかこう・・・怪しげです。誰かに勝手に回されそうで怖い。

出過ぎたかな?
変換 ~ 20200512_171037
もうちょっと長さ控えめがよろしかったかもです(笑)

ひっかっかって折れて、しかもキャブにネジ部が残ってしまってサイテーってなことにならないかちょっと心配ではありますが・・・調整できるようになったので、まっ いいか。


CT110のオイル交換、ただそれだけ。

前回が2019年12月、48,396km。
今回は50,027kmってことで、1,631km走行して交換。
変換 ~ 20200509_140038
って、いよいよCT110もメーター上は5万キロ突破ということで・・・さぁて、いつまで乗れるのか?


567の影響で走行距離が伸びない・・・
以前だと1か月で500km近く走っていたのに、最近は300kmちょっと。


1,500kmも走るとCT110の場合、オイルレベルはこのようにLowレベルになってしまいます。
変換 ~ 20200509_140236
結構OIL消費が激しいCT110ですが、
インテーク側にステムシールさえ無いのでこのくらいは当たり前田のクラッカー?


ドレンを抜いてマグネットに付着した黒い物体をぬぐって・・・
変換 ~ 20200509_140745


変換 ~ 20200509_140805

今回は友人からタダで頂戴してきたHONDA ULTRA G1 10W-30を投入。ありがたやーありがたやー
変換 ~ 20200509_140937


オイルレベルがLOWになったら、OIL継ぎ足して走っても走れなくはないが、交換しちゃった方がエンジンには優しいよねぇ・・・

しかし、年に3回も交換しなくてはいけないってのが玉にきず。


前回マフラーを塗装し直したのは2014年の6月ですから・・・かれこれ6年経過。

エキパイ部分がかなりサビてきましたので塗装します。
変換 ~ 20200505_113916


マフラー本体はそんなに錆が出てません。
変換 ~ 20200505_113923


サビボロ部分を、真鍮のワイヤブラシでこすって地肌を出す。
変換 ~ 20200505_120315

耐熱塗料の黒をスプレー。
変換 ~ 20200505_123400
このマフラーはCT110の持病であるエキパイ部分の穴あきを自分で溶接補修したので一部が膨らんでます。

マフラーガードの裏側も一部が錆びてたんで、真鍮ブラシでサビ部分を落としてからシルバージンクスプレーでごまかします。
変換 ~ 20200505_130911

これでまた5年くらい耐熱塗装やらなくて済みます。
変換 ~ 20200505_131112

バンドパッキンによる穴あき対策は、そこらに転がっていた薄い鉄板を屏風折にして挟んであるだけですが、マフラーガードはそんなに熱くならないですよ。空き缶を切っても作れますね。
名称未設定 1のコピー
この上からマフラーガードのクランプで押さえ込んでます。

マフラーガードのネジはホムセンでこのようなステンレスM6×10を7本用意すると幸せになります。
変換 ~ 20200505_175939
ネジ山の部分が少し余るので(グラインダーカットするか)ワッシャーとばね座金併用で付きます。
純正で使われてる耐熱ワッシャーは使ってませんが、マフラーガードはそんなに熱くならないですよ。



プラグキャップですが、昔の部品箱を整理してたら、怪しげなブツを発掘。
変換 ~ 20200505_131122
スパークがオレンジ色に光って見えるんです。

なんていったかな、このパーツ。
40年くらい前に流行りましたよね?(え?知らないって?)
調べたら今でも売ってました。

これを付けると、エンジントラブル時にスパーク飛んでるかどうかが一目瞭然でなんとなく便利。
そんでもって、なんとなく低速トルクが増したような・・・プラシーボ的な「気」がします。ホントかぁ?(爆)

↑このページのトップヘ