Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

今回は純正リアサスをキタコのサスに交換するという企画です。

原付1種の30km/hで走るならいざ知らず、ボアアップして原付2種にして60km/hも出すと、リヤがポヨンポヨンはねて怖いんです。
50キロくらいで走ってると、道路にある少し大きめな段差を超えると3~4回揺れ戻しが収まりません。
タイヤは8インチだし・・・ハンドルも軽いので、まっすぐに走らせることも難しい。
ま、やればできますよ、でもね、神経使うんですよ。ストレスたまるでしょ。気持ちよくないのよ。

大昔のことですが、このモンキーで車線逸脱を1回やらかしてます。路肩にあった段差で後輪がはねてバランスを崩し、対向車線へ!対向車には2tトラックが! そんな汗タラ―の記憶がよみがえります。


そんなこんなでリヤサス交換という流れです、はい。



今回購入したサスは・・・
リアショックアブソーバー(S280)
モンキー(MONKEY)/ゴリラ等
メッキ/メッキ 520-3042800

という商品。(メーカー定価税込5,500円)

上記は1本売りなので、当然ですが×2本購入。

もっと安い、2本売りで5千円以下のサスなどもあるんですが、そうそう変える部品でもないのでミドルレンジの商品の中からチョイス。
安いサスってバネレートが書いてなく、バネが固い商品も混在してるようなので、買ってみないとわからないってところも選ぶにあたっては難しいですね。2週間くらい熟考しましたですよ。考えすぎて頭が痛くなりました(笑)

上を見ればキリがないし、2万数千円のデイトナ製も考えてみたんですが、バネの色が黒。
モンキーリミテッドなのでメッキがいいと思ったんでコレになったんですよね、ノーマルルックっていうことで。


純正サスは上下の穴と穴のセンター間(自由長)で265mmですが、購入したキタコのサスはモンキー用なんですが280mmってことで、いったいどう変わるんでしょうか?
変換 ~ IMG20210606153208


車体から純正サスを1本外して見比べてみます。
変換 ~ IMG20210606154544
バネの巻き直径が大きいですねー。バネ自体の径も太い。
確かに自由長は15mmほど長いですねー、キタコの方が。

上から体重をかけて純正サスを5kgぐらいの力で押してみると、1~2cmほどストロークします。
が、どう考えてもダンパーが入ってるとは思えないほど軽くキコキコと動き、いかにも「私はバネです!」って主張してます。ダンパーが入ってないってことで有名らしいですし純正サスって。

一方、キタコのサスは同じ力で押してもスコスコと動かず、フンニュっていうような一瞬の「間」があります。ダンパーが効いてる手ごたえを感じます。

ほぼ同じ力で押してみると、キタコの方がほんの少しバネ自体は固いように感じました。


買ってきたままですと上下のカラーが入ってないので自分で挿入します。
モンキーは上下とも10mmなので、付属してる10mmのカラーをゴムブッシュに入れます。
上側は手で簡単にはめられたけど、下側が手の力だけではどうしても入りません。

仕方ないんでブッシュゴムを半分ほど取り出し、カラーを半分くらいブッシュに差し込んだ状態から万力で挟んで入れました。
変換 ~ IMG20210606155402
大きな万力なので余裕のよっちゃん(もしかして死語?)で入りましたぁ。

で、こちらが10分後の図です。
変換 ~ IMG20210606160340

新品なのでメッキがさえわたってますねぇ・・・サスゆえにサスがに。



車体は79式5Lモンキーリミテッド。マフラーやチェーンケースなどどこにも干渉することなく、まさにボルトオンで取り付け完了。

バネの調整(プリロード)は5段階のうち一番最弱としました。
全備重量が60キロもないので。

オイルダンパーは入ってますが、ダンパー減衰力調整はついてません。

またがってシートに座ると、純正より少なく2cmほどストロークダウンします。

実際に走ってみると・・・
段差でのポヨンポヨン揺れ戻しはなくなりました。しっかりと1発で収束します。
ダンパー効いてるので当たり前っていえばそれまでですが。

純正より乗り心地は少し硬く感じます。
ですが、純正のサスが柔らかすぎて滑らかだったのでそう感じるんでしょう。
硬さを感じるのは低速域で顕著ですが高速域ではあまり感じずいい走りしてます。
段差ではしっかりとコツンと突き上げが来ますが、これが当たり前のような気持の良い突き上げ感で、
決して嫌な感じの突き上げ感ではありません。
直進も申し分なく、素直にまっすぐ進み安定してます。


15mm長いサスですが尻上がりになってるっていうような走行中の違和感もほぼ感じません。

フロントフォークはノーマルなので、フロントが柔らかすぎって感じはします。

結論としては、
交換して乗り心地も車両コントロール感もアップして、CPの高い、満足いく交換でよかったですぅ~。


ただ・・・


細かいことを重箱の隅をつつくように言えば・・・


サイドスタンドで停車すると、バイクの角度が若干・・・急です。
15mmサスが長くなった影響でしょうか・・・


えー マジですか! ここへきて!


冗談はよしこちゃん(もしかして死語?)ですねー。


とりあえず、1cmほどサイドスタンドの下に段ボールを折って入れてみたら純正サスと同じ傾きになったのでよしとしましょう。

ちなみにサイドスタンドの長さはボルト穴センターから「足」の下面までが18cmですよ。
19cmにすれば良いあるか・・・そうあるか・・・

何か考えましょうかねぇーぇ・・・バチバチと溶接とか? ですかぁ? ふええぇ?

これもモンキーの沼か・・・






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CT110の純正CDIを社外品の安いCDIに交換したらどーなるのか実験してみた。

買ったのは、



実に怪しい値段ですよねー。普通に「CDI」って検索してもこの商品は出てこないっていったいナニ?
こんなのでまともに動くのか?と、不信感いっぱい、謎だらけです。
いわゆる人柱ですが購入して実験してみました。



では、早速取り付けてみましょう。

と、その前に、コネクタの形式が違うので潔く交換してしまいます。

110型のコネクタセットから・・・
IMG20210605162348


4Pと3P、コネクタのオス側を用意します。
IMG20210605152657

怪しいCDIに付いていた丸型コネクタをニッパーで切って取り払い・・・神に祈ります。
IMG20210605161045


以前の記事にも書いた図のような配線になるように110型コネクタへ付け替えます。
IMG20210605161024


すると、こうなるので・・・
IMG20210605161014

実車のほうに持ってきて・・・
IMG20210605152701

今現在ついてる純正CDIを取り外し・・・
IMG20210605153335

かわりに安いCDIとコネクタ合体で完了~
IMG20210606142615
この「純正ハーツ」は純正パーツのCDIよりかなり大きいですが、この大きさなら、右側ケース内にギリ収まりました。



エンジンをかけてみると・・・


おやっ?

アイドリングが安定してます。
アイドリング回転数が若干・・・100rpmほど低くなった。どして?
低速発進からしてトルクがアップしたような印象。なんで?
中速域でも加速が良くなったような気がする。あらまぁ~
しかし高速域(60km/h程度)ではあんまり変化が見られません。ん?

幹線道路のオーバーパス乗り越え時に、4速での中間加速で加速が以前より力強くなってます。ほわっ

なんとなーく、点火が強くなったような・・・振動が少なくなったような・・・
点火プラグのスパークエネルギーが増えてエンジン内できれいにガスが燃えていますよ的な印象になりました。

安いCDIの割には  いい仕事  してますねぇ。

これってフラシーボっていうものなんでしょうか・・・

いやぁ、多分、私の使ってた昔の古い純正CDIの能力が落ちてたのかもしれません。
少なくとも10年以上使っていたCDIですから、内部のコンデンサなどは多少なりとも容量が抜けてるでしょうし、SCRやスイッチング回路もなまってたのかもしれませんよねぇ・・・
コンデンサなどは10年も使えば容量は確実に減ってると思いますし下手すりゃパンクってこともある。

以前、友人のホンダビート(軽660cc)のECUを修理したときには電解コンデンサがパンクしてて5個ほど交換したらECU治りました・・・あれって座席の後ろについててエンジンの熱をもろに浴びるような位置だったから余計パンクしたのか?


ここで疑問なんですが、純正CDI(CI-08A刻印 CT110やベンリイCD50などで使用)って6V車用のモノですよねぇ、CT110ってもともと6V仕様ですから。
私のCT110は改造して全波12V仕様にしてるんですが・・・
6V車用のCDIをそのまま使ってて壊れることなく使えてました。
そんなもんでいいんでしょうかねぇ?
耐圧、関係ないのか?




急に大阪に行かねばならなくなったので空港のラウンジ内で書いてます。
当たり前ですが人が少ない・・・ラウンジ内も閑散としてます。
変換 ~ IMG20210607113803
とあるインフラ関連の仕事で止められないので行かざるを得ませんが、なるべく人と接することなく自重して行動する予定です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CT110につけていたLEDヘッドライトの放熱ファンがうんともすんとも動かなくなった。

今回のターゲットはこういうブツです。
変換 ~ IMG20210603160413

後ろについてる放熱ファンが逝ってます・・・回転しません。
変換 ~ IMG20210603160410
原因は軸流ファンの制御基板に緑青が出てますので、回路の不調と思われます。

LEDはまだ点灯するんですけどねぇ。かれこれ6年使ったので寿命といえば ハイそれまで。

普通は買い換えになる事案かと思いますが、またいつも通り修理してみましょう。


まずはヒートシンク、いわゆる放熱器を取り外します。回転したら簡単に取れました。
変換 ~ IMG20210603160500
中のファンユニットがススだらけでかなり汚れてます。6年分の汚れ。

ネジ3本でファンが取れました。
変換 ~ IMG20210603160659

軸についてるプラスチックを抜いて軸ごとファンを外し・・・
変換 ~ IMG20210603160942
制御基盤を無理やりベースからひきはがします。

無理やりはがす=木っ端みじん
変換 ~ IMG20210603161335
この透明なベース部分は再利用するのできれいにしときます。

内蔵できそうなファンを、予備パーツから探してきて・・・
変換 ~ IMG20210603164839
ちょうどファン直径が同じのパソコン機器向け0.09A12VDCファンがあったので、今回はこれで。
もちろんLED側のファン駆動はDC12Vだというのはテスターで実測済み。

3か所をニッパーで切って枠を外し・・・
変換 ~ IMG20210603164908

一応、駆動してみたらファンは勢いよく回るので使えますね。
変換 ~ IMG20210603170037

先ほどの透明基台に「もっとくっ付け太郎」というソフト系接着剤で接着します。
変換 ~ IMG20210603171401
クリップで挟んで固定し、1時間くらい放置。

その間に、暗くなってきたLoのLEDと、まだまだ明るいHiのLEDを交換します。
変換 ~ IMG20210603175251
ついでにHi側は光軸調整のため、基台方向に寄せてみます。上の写真ではHi側LEDを左にずらしてます。


透明のベースの接着剤がある程度固まったので3本のネジで基台に固定。
変換 ~ IMG20210603180609
電源入れたら問題なく回りました。

Hiも問題なく・・・
変換 ~ IMG20210603180625



ヒートシンクを取り付けて完成。
変換 ~ IMG20210603180735
1時間ほどつけっぱなしにして、ファンの放熱効果が確かめられたので修理完了とします。

ということで、修理という名の甘美なる・・・経済の負のスパイラルでした。


こっちは失敗しないでできましたとさ。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ