Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

今回はRF7型ステップワゴンのエアコン用クリーンフィルターの交換です。

距離は、
変換 ~ IMG20220504164755
218,350kmです。まだまだ行けます、行きたいですー(笑)


助手席側のグローブボックス上下3個づつ6個の+タッピングネジと、センターにある灰皿左の奥の方にある1個の+タッピングネジを外し、センターカバー左下奥にあるプラスチックファスナー1個を外します。センターカバーとグローブボックスを無理やり手前に引き出すとバキッっという音とともにグローブボックス全体が外せます。一瞬割れたんではないかと「冷汗ビビり」するんですが大丈夫です。センターカバーの左側を先に引っ張って外した方がグローブボックスが外しやすいかもです。
私の場合、センターカバー左下奥にあるプラファスナー1個は、毎回外すのが面倒なのでつけてません。
変換 ~ IMG20220504164807
目の前に現れた横長穴あき鉄板の左右にある左右2個づつ計4個の8mmボルトを取り外して穴あき鉄板を手前下へずらし、クリーンフィルターのフタを外し、旧フィルターをフィルター枠ごと手前にスライドさせて外す。

内部が汚れてるので掃除機や圧搾空気などできれいにします。
変換 ~ IMG20220504164829
これは清掃前の状態で、枯れた葉や虫の破片などがよく入ってます。
虫はあまり見たくないので無視しましょう(笑)


変換 ~ IMG20220504165750
HONDFA純正HAMPの活性炭入りのエアクリーンフィルター(品番H8029-S7S-J03)です。



白いフィルター枠などもアルコール除菌シートでホコリや黒いススをキレイにふいておきます。

白いフィルター枠の周りのスポンジがもしも劣化してポロポロしていたらD.I.Y.で張り替えます。
100均で売ってる薄型隙間テープなどで代用できます。
ポロポロしてたら絶対に張り替えてください。そのまま使うと空気出口からポロポロが噴出しますよー。

フィルター枠にフィルターセットして押し込みます。

下の写真では、左側の内気循環エアー入口に3M社のPM2.5対応フィルターを自分で付けてます。
最初は真っ白ですがだいぶ汚れて黒ずんできてますね。これも交換しときます。
変換 ~ IMG20220504165848
エアフローは左から右に流れてますのでフィルターの向きを間違わないように。
(フィルター側面にエアフローの矢印がプリントしてあります)


で、元通り組み立てて完了。

もう何回もやってるので手慣れたもんです。作業時間0.5hほどとなります。

1年に1回(もしくは2万キロごと)で交換するのがいいと思います。

やらないとフィルターが詰まってきて、エアコンの効き(冷えや温まり)が悪くなります。

エアコンの風の導入を外気にしても内気にしても結局はこのエアクリーンフィルターを通過するようになってますので、どっちにしててもフィルターは汚れてきます。つまり外気だけが通過するフィルターではないということです。(他の車両は知らんが、当該車両においてはそうなってます)

花粉が飛び終わる春から初夏にかけてやっておくと、夏を快適に過ごすことができます。

車両が古いせいか?活性炭入りの新品フィルターに交換すると、においが少なくなって空気がキレイになった気がします(これホント、実際に感じますよ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さて、次のアレです。

つまりG.W.を家でぬくぬくと過ごしてる物的証拠を次にあげます。

1,シソ餃子

お庭で育ててるシソを摘んできてですねぇ・・・
変換 ~ IMG20220504191049
ザブザブと良く洗ってから千切りにして、豚肉とキャベツと塩コショウニンニクと合わせ良くもんでから餃子の皮に包むと・・・

25個のシソ餃子が出来上がりました。
変換 ~ IMG20220504201120
さっき摘んだばっかりのシソですので香りが良く、美味しかったです~

夜になって暗くなってからシソ摘みをしたので、もしかしたら雑草も入ってるかもですねぇ・・・
ウソですよ、うそ(笑)


2,直せるのに治せない?

ホットサンドを作ろうとしたらホットサンドメーカーの電源が入らないと、Kから報告あり。
変換 ~ IMG20220505121813
ある方(RO)の結婚式の引き出物でいただいたもので、かれこれ10年近く使ってるシロモノ。
(引き出物=自由に商品が選べるカタログギフトだった)
毎回コレを使うたびに、主賓スピーチした緊張感が思い出される・・・

裏側を見ると・・・
変換 ~ IMG20220505121827
う~むぅ・・・ここが切れてるなぁ・・・ここだけ線が切れて外皮だけの状態でフニャフニャしてる。

ということで、いつもなら速攻で分解してコードの断線部分をバイパス手術するんだけど、Kから修理に”待った”がかかりました。

え? なんで? どして?

両者見合って・・・待った無し!


Kいわく、テフロンがアカンのだそーです。たまに剥げて黒いのがパンに付着するらしい・・・
え゛? マズィ?
変換 ~ IMG20220505121952
もうこれはハッキリ言って製品寿命なんでしょうか・・・

ここだけなんだがなぁ・・・↓
変換 ~ IMG20220505122343
絶対、ここが切れてるだけなんだがなぁ・・・・・・バイパスで直せるのになぁ・・・うう 惜しい。



3,フルーツあんみつ

600ccの水に4gの粉寒天を入れ、3分ほど沸騰寸前まで温めて粉寒天を完全に溶かします。
(沸騰させてしまうと泡が立って表面がざらつきます。)

溶かした寒天を大きめな保存容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めてから、サイコロ状に切ります。
変換 ~ IMG_20220505_124608
そこに冷やしておいたナタデココ入りのフルーツ缶詰も投入して・・・

別途に作っておいた、赤エンドウ豆を塩豆にしたものを乗せます。
変換 ~ IMG20220505122955
塩豆は、赤エンドウ豆を一晩水に浸けておいてから、塩水で煮て、表面を程よく乾燥させる。

それらを盛り付け・・・アンコ乗せて黒蜜をかけてナタデココ入りフルーツあんみつが完成。
変換 ~ IMG20220505123716
アンコはいつもの・・・今回はこし餡です。
黒蜜は黒糖を煮溶かして作ります。

バニラアイスを乗せれば、クリームあんみつにもなりますね。



あーあ、時間がない、時間がないといいつつG.W.はもうすぐ終わってしまうのか・・・
G.W.終盤には税理士さんと打ち合わせあるし・・・打ち合わせの後、そのまま飲み会かも?

餃子とかフルーツあんみつなんて買ってきた方が早くね? 
なーんてーいうご意見もありますがーねぇ~ぇ。

自分で作った方が美味しいに決まってる!
とかなんとか頑固なこと言ってる方が、早くボケが来るかもですねぇ、困ったなどーしよう(笑)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴールデンウィークに向けて、こういうものを買ってみました。


G.W.中にこれを組み立てようってのが今回の企画です。
今回購入したのは色は「ナチュラル」です。
部材を自分で組み立てるキット商品(中国製)です。

キット商品なので、「ホムセンで板材買ってきて、自分で寸法はかって、材木切って穴開け、ネジ類も別途購入して組み立てる」よりもはるかに安価で簡単で時短できます。



購入決済後3日ほどで100㎝×50cm×30cmほどの重さ15㎏近くある大きな段ボールが2箱届きました。

まずは開梱してから部材の確認。

部材の裏側に番号がスタンプしてあるので、まずは箱からすべて取り出して、マニュアルに書いてある部材ごとに番号順に並べて個数をチェックします。
変換 ~ IMG20220501104829

用意するのは18Vのインパクトドライバー。300本以上ある木ネジやボルトをすべてプラスのドライバーで(しかも手動で)締めていくなーんてーのは極めてナンセンスです。
根性だけでやると確実に手首壊れます(笑)
12Vの電動ドリルドライバーでもたぶんできるでしょう。

使用したインパクトドライバーはHikokiのWH18DDL2に6Aバッテリの組み合わせ。
ちなみに6Aバッテリー1個ですべてのネジ締めを賄うことができます。


お庭で組み立てをすると泥とかついてしまうのでコンクリ床の部分で組み立て作業しました。

付属してるマニュアルに沿って、プラモデルのごとく部材を合わせ、木ネジを締めていくだけの単純作業で簡単です。

作業自体は、
1,部材を確認しておおよその形で組み立てつつ・・・
2,使用する木ネジや木工ダボをあらかじめ部材に開けてある穴に差し込む。
3.インパクトドライバーで連続的に締め付ける。
というのを4名で流れ作業的にやったら、ワイガヤと楽しみながら・・・1.5時間で組み立ては完了。

キットは最初から保護塗料が塗ってあると書いてありましたが、念には念を入れて、さらに追加で水性木部保護塗料を塗っておきます。
1回塗って少し余りましたが、0.7L缶を1個買って1,500円程度。
使用した塗料はこういったものです↓


刷毛は70mm幅と50mm幅の2本あれば充分。
変換 ~ IMG20220501120834
裏側が傷みやすいので裏側を重点的にたっぷり塗っておきます。

塗装を乾燥させつつ・・・水性なので30分ほどで乾きだしたら順次6点を庭に運び込みます。

基礎の部分には、ガーデニングで余っていたレンガを使用し、水平は水平儀で出します。
水平儀を持ってなければ、アプリの水平儀でも使えそうです。

各ユニットの配置がOKなら、いったん床ユニットの3個を横に立てて3つの床ユニットを連結ボルトで結合します。

地面に床ユニットを設置できたら手すりを木ネジで固定して完成です。
10時半から始めて1時には完成したってことで、2時間半かかっちゃいました。
変換 ~ IMG20220501150612
真ん中の手すりが無い部分は、腰を下ろすのにちょうどいい高さになってます。


これなら家からお庭に下りるのが苦になりません。
変換 ~ IMG20220501150626
階段の踏み台部分はネジの頭にパテを塗ってネジの頭を隠そうとしたんですが、パテの色味が白すぎて合わなさそうなので、ネジ部分のパテ埋めは同じ色のパテを買ってくる次回ってことで。


これでお庭(以前は畑になっていた部分)でBBQできるね!などとハナシが盛り上がってきました。

G.W.のウッドデッキ製作、なかなかおあとがよろしいようで。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ