Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

桂茶がま師匠が、事務所にフラッと現れる。
 
746d653f.jpg

 
1か月に1回くらいは突然フラッと現れ、ばああああー としゃべって、お茶して帰る。
 
最近では、来ないと、家で風邪でもひいてるんとちゃうやろか? とか、逆に心配になる。
 
朝の連続テレビ小説「カーネーション」で、糸子が通う尋常小学校の先生役で見かけた方も多いはず。
 
それ以外でも、ミ○カンのCMやらなんやかやCMに出てたり、ドラマにも気付かれないようにモコモコっと出てたりする。
 
上方落語もする。   当然だワナ、落語家やもん。
 
いろんな事聞けて、おもろい。 芸能人のウラ話とかでなく、ネタとしておもろいハナシをしていく。
 
で、あっという間に1時間ぐらい過ぎてる。
 
その間  仕事が完全に止まる。
 
あっ、でもいいの。 私 超ヒマやから・・・
 
ファンの方、伝言あったら、どーぞ。  伝言しときます。
 って、マジ一杯来たらどーしよう・・・んなわけないか  バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!
 
彼女も募集中・・・(って、ずぅ~っと昔から言うてますわ)
いい男なんやけどなぁ・・・なんでや?
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さぁて、今回のお題目は、
 
   「CT110用のGB250スピードメータの分解修理」
 
である。ややこしいお題目である。
 
このCT110には、GB250クラブマンのスピードメーター・タコメーターを移植している。(あースッキリ)
 
 
で、
先日、マリーナに行った帰り、オドメーター・トリップメーター・スピードメーターの針がいきなり動かなくなった。
 
「ははぁ スピードメーターケーブルが外れたのだろう」
という甘い予想。
 
降りて目視確認したらケーブルシャフトはしっかり付いている・・・う~ん、コレっていったい?????
 
ケーブルをメーターから抜いて、メーター下側の回転軸をドライバーでクルクル動かそうとしたら、全く回らない。
 
オドがちょうど8799から8800になりたいのに、オドが動かないのでスピードメーター軸が固着してしまったというような故障状況である。
 
 
で、どーする・・・・
 
696ec10e.jpg

 
バラすしかない、コレは。
 
裏面は
 
79adfbe8.jpg

ふーむ、
カシめてあるリングを、無理やり こじ開けるタイプ、分解不可の作り方。
 
本来ならASSY交換・・・誠に“潔い
 
仕方ないので、ガラスを割らないように注意してリングを外して中身を取り出す。
 
d9f339b5.jpg

 
結局なぜ固着したかというと・・・
 
 
 
恥ずかしながら・・・
 
               コレ(LEDウェッジ球)を↓
36d9e5d8.jpg

無理やり) メーター照明用に使ったら、頭の部分がノーマル電球ウェッジ球よりも長いので、内部の照明反射板が (無理やり押し込まれたために) 奥に曲がってしまった結果、オドメーターがその反射板に引っかかり、メーター軸が回らなくなった・・・
 
という現象であった。
 
 
 
「現象」と言ってしまえば人ごとだが、
 
要するに、自分でLEDウェッジ球に交換したときに(無理やり突っ込み)、「自分で壊した」という
 
                自爆モード  である。
 
いくら明るさ優先でも、光る部分が大きいLEDウェッジ球をメーター照明として使用する際には、注意を要するということですな。
 
 
  当たり前田のクラッカー・・・
 
 
  「失敗は成功の母」       
 
 
ともいいますな。 昔から。
 
 
 
  「進歩とは 反省の厳しさに正比例する」     とも言ってはりましたな、本田さんも。
 
 
なので、今回は、「全世界に公表して厳しく反省」 しよう。(各国語版はメンドーなんで作らんが)
 
海の上でこんな失態やってたら、タイヘンさぁ~ 反省してる時間ないかも。
 
 
でも、いいこともある。
 
メーター内外部をレストアしたのでキレイになったとさ。
26352dcb.jpg

 
そして新たな問題点・・・
 
タコメーターもキレイにしないと、バランスが悪く・・・
 
あーぁ  めんどくせー
 
・・・<つづく>・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋葉原の秋月に行って12V6.5Aのバッテリーを購入
 
 CT110に積んでいる、12V9Aの中古シールドバッテリーが流石に傷んできた。
(事務所のAPCから外したバッテリーなんで、もともと少しくたびれていた)
 
なにせ1週間ほったらかしにしていると9Vになっちゃうんだから・・・もう寿命ですかねー。
HIDでバッテリーを酷使したせいかもしれないが・・・ 
 
 
んで、
 
ついでに千石で、温調はんだゴテを衝動買い。
 
Weller 921ZX1J Electronic Soldering System というモデル。
 
Made in USA・・・って書いてある、ほら温度調整ボリュームの下に!
 
いいねぇ、ユナイテッドステーツオブ アフリカ!
 
ん? あれ、違うか。。。
 
アメリカだな。USAは。
 
最近、モノ買うと決まって「China」って書いてあって、日本の製造業、やばいな・・・と思っていたので、意外だったよ・・・USA。
 
話変わるが、ブラウンの電動歯ブラシ、20年前のモノがまだ動いてる。中のバッテリーもへたってない。一体どういう作りしてるのだか?
もっとも、毎日酷使してるわけではなく、途中7年くらいは全く使ってなくて、引っ張り出してきたら、立派に充電できてきちんと仕事する。
 
しかも「替え歯ブラシ」も20年間と同じ規格のものが、ネットでしか買えなくなるのとは違って一般的な小売店の店頭で平気な顔して売っている。
 
ドイツ製恐るべし。
 
 
昔の日本メーカー製は良かったが、製造を外国に移したとたん品質が悪くなった。
 
今は無き、S○N○OのCDカジカセなんか1年ちょっとで壊れた。
よく見たら日本製ではなく・・・とても悲しい。
 
1年前後、あるいは酷いものでは3カ月程度で故障するDVDプレーヤー。
 
ライフサイクルの短い製品を使い捨てで使用するのは環境にも優しくない。
 
安いなりの理由がそこにはちゃんとあるのだ。
 
品質管理がなされていないばらつきの大きいコンデンサーやチップ部品の使用、粗悪なハンダ付け工程、あるいは回路構成の省略などなど・・・
 
中国に回路図送って製品を作らせたら、勝手に回路が簡略化されていて部品点数も少なくなったというハナシを聞いたことがある。文句を言ったら「ダイジョウブ、ちゃんと動く」と言われたとか・・・
 
別に中国を酷く言うつもりはないが、現状ではそういうことのようだ。
 
原産地証明の Made in JAPAN という刻印こそ、品質保証の証とはいえないだろうか。
 
日本のメーカーで、そのことに気付いていないTOPがあまりにも多いという事実。
 
安けりゃいいってもんじゃない。
 
「安けりゃ売れる」を優先しすぎて、「顧客満足度」は二の次か?
 
ニッポンの製造業はそこを見落としたというほかあるまい。
 
あっ いけね・・・おじさんは、つい熱くなってしまったぞ・・・
 
 
閑話休題・・・
 
 
さて、
さらに・・・予備用に「こて先」 も購入。
 
予備用こて先の方が、デフォルトで付いているモノよりも先が細いが、よくある円錐ではなくマイナスドライバーみたいな形。細かいワークの時に単純な円錐形のものより使いやすそうだ。
 
うーん、はんだゴテなんて自分で購入するの・・・何年ぶりだろうか。
 
今までは「ANTEX」という黄色い柄の100V15Wと、Gootの青い柄の30Wと、白光の80Wと100Wを、作業場面により使い分けていたけど、これがあれば使い分けなくても良いかも・・・という衝動買い・・・でした。
  
252e5673.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ