Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

今回はモンキーの、まぁCT110でもカブ系ならタペットキャップは同じ物なので、汎用のタペットカバーブリーザーパイプの製作となります。

タペットカバー
変換 ~ IMG20210707140351
これはモンキーから取り外した30数年前のものですが、年季が入って汚いので・・・

とりあえず、1000番くらいで水とぎしてからピカールで磨きます。
変換 ~ IMG20210707150534

真ん中にセンターポンチをして、8.5mmのドリルで穴をあけます
変換 ~ IMG20210625171952
17mmメガネレンチかモンキーレンチで押さえておくと、穴を開けるときにタペットカバーが回転しなくて安全です。
(タペットキャップを手で押さえてドリリングするとタペットカバーのエッジで手を切るかもしれませんので)



ホームセンターの空圧機器やコンプレッサーを売ってるところにある配管継ぎ手R1/8のタケノコ付きのエルボを500円弱で買ってきます。


1/8のネジ山は、それ用のタップを購入。




いろいろ探しましたがこれが最安値だと思います。
ホムセンだと高くて千円くらいしました。




タップの直径に合わせて、9.3mmくらいまで表からリーマーで穴を広げて調整します。
変換 ~ IMG20210707134017
最初から9㎜くらいのドリル刃で穴をあけてもいいんですが、ブレがあるので最初に小さい穴開けておいて細かく修正していきます。


タップをタップハンドルに取り付け・・・
変換 ~ IMG20210707171600


素材がアルミダイカストなので、割と簡単に、ザクザクッとあっけなくネジが切れました。
変換 ~ IMG20210707135130
漏れを予防するためと、継手側がテーパーネジなので、タップは最初の1/3くらいまでねじ込み、タップの最後まで切らないようにします。

R1/8継手を入れたところです。
変換 ~ IMG20210707135240
テーパーになってるので、この辺でググっと締まってきます。
このくらいの出っ張りなら、タペットにぶつからないと思います。
実車合わせでタペットにぶつかるようであれば、また調整します。
ちなみにこの部分のタペットカバーの肉厚は4~5mmほどなので強度的には問題ないと考えます。



これは自分のところで余っていた部品の再利用なのですが、スイッチか何かの薄型ナットで継手を念のため固定。
変換 ~ IMG20210707135301
ネジ部分にはテフロンテープを巻く予定。

ホースは内径6mm外径11mmの透明メッシュ入り耐圧ホースを1m購入、10cmあたり24円なので1mで240円。
変換 ~ IMG20210707135945

バンドも同じホムセンで11㎜ホース用。
変換 ~ IMG20210707135615

組み合わせるとこうなります。
変換 ~ IMG20210707135731

ホースの反対側は・・・
変換 ~ IMG20210707135752
ブリーザーパイプの末端にワンウェイバルブを取り付けて内圧コントールとします。

実車配置のホースの長さがわからないので、ワンウェイバルブはまだ仮止めです。

ワンウェイバルブは、



2個セットで341円送料無料でした。


ここまでが「内圧コントロール付タペットカバーブリーザー」の製作記事になります。

モンキーは腰上をばらしたらオイル上りが激しかったので、内圧を負圧にしたらどーなるか・・・
と思ったのがこの企画の始まりです。


モンキー実車への取り付けはまた後日、インプレもその際に!


Special Thanks 小豆さん
素材提供ご協力感謝いたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この夏、新車登録から17年経過したステップワゴン スパーダ24T 2400cc RF7の車検見積もりのため、ディーラーへ行ってみたら・・・

ってところから、この物語は始まるのであった。



第 1 章 驚 き

普段、車検は購入したHONDAのディーラーさん任せです。
ユーザー車検をやろうと思えばできる環境なんですが、いつもこの時期は時間が取れなさそうなのでディーラーさんに毎回お願いしてました。

まぁ、自分でできることはD.I.Y.っていうんですか? 自分でしてきましたよ。
自分でバンパー左前をブロック塀にこすったときは自力で回復させたり・・・
各種ランプ類の玉切れや、エンジンオイル・フィルター、ATFやそのほかの油脂類・エアクリーンフィルターなどの消耗品の交換、電装修理加工・ブレーキパッドの交換やショックアブソーバー・タイヤ交換(夏・冬用)なんかは自分でやって、そのほかの重整備はディーラー任せという、ごくありふれたパターンです。

車検の時期になり、18年目に突入する時点で20.5万キロ走って、ものすごく快調でした。


タイヤも最近P6に交換したばかりで、あと最低でも4年、25万キロまでは「走らなソンソン!」っと、絵に描いた餅、捕らぬ狸の皮算用みたいな・・・確かな物的確証もエビデンスも何もない、漠然とした将来設計を描いてました。



まだ元気に走ってるうちは走れるもんね! と。






ところがぎっちょんちょん(死語か?)

そんな思いとは裏腹に、ディーラーさんから出てきた車検見積もりはなんと・・・

変換 ~ IMG20210704132101


は?






変換 ~ IMG20210621144746

せいてん へきれき
青天の霹靂



ヤナセにベンツSクラスの車検出してるわけじゃなく、ホンダのステップワゴンだよ。

79万のうち、車検関連の手数料整備費が6万ほど入ってるので、整備費は実質的に73万ほどになる。

見積もり明細をざっくり書くと、パワステ関連で35万、ブレーキ関連で10万、ラジエター関連で10万、ダイレクトイグニッション交換で5万、エンジンマウントなどで5万、スロットルバルブ交換で3万、そのほか軽微なもので5万・・・

前回の車検は10万程度だったけどねぇーぇ。




17年、20万キロ・・・いきなりボロボロと崩れてきたか・・・

そういう製品寿命設計がなされてるのか? と思うと、素晴らしいの一言に尽きる。
去年の夏はエアコンのコンプレッサーとバッテリーも交換したもんなぁ・・・偶然にしては時期がそろいすぎてる。


ってのが、現時点での素直な感想。

CCF_000001
一番痛いのはパワステ関連。
オイル漏れに伴うギアポンプAssy交換にはじまり、ホース類全とっかえ、タイミングチェーンケースもオイル滲みで脱着。
(するってーと、芋づる式に外からは見えにくいVTECバルブあたりも多分漏れてて追加費用かも?)

確かに最近パワステがやけに重いし、ハンドル回すと、「んごごごごぉ」的な音はしてましたが、まさかPSオイルが漏れてLower以下になっててエア嚙みを起こしてたなんざぁ~ 露にも思わず・・・。
日常点検は大事ですってことです。


エンジンオイル漏れは、現状どこが起点かわからぬが、オイルパンまで濡れてるし、いきなりだもんなぁ・・・
ドライブシャフトのブーツがオイルで光ってるし・・・
前回オイル・オイルフィルターを交換したときに下にもぐってるけど、その時は漏れてはいなかったけどねぇ。
あの時期、人様のジムニーのオイルパンからの漏れを見させてもらって、あーだコーダ外野から言ってた場合じゃなかったってことですわぁ・・・(笑)

エンジンマウントは3か所あって、1個は数年前に修理してるけど、残りの2個も切れたかぁ・・・

ラジエターは上部キャップ付近にクラック発生。
ラジエター周りをいじるってことで、ついでだからサーモスタットとウォーターポンプも交換、ホース類全とっかえ、ってことになるらしい。

ブレーキはマスターもキャリパーセットも全部分解整備して、ブレーキホースも交換。
20万キロってことで整備もシビアになるらしい。


それだけやれば、その部分に関してはあと10年は安心していられる


けど・・・


次回は別のところが壊れてくるだろーなー・・・
サス関連でブッシュ・車軸ベアリング、車齢相応に外装・ゴム・プラスチック部品劣化、電装とか接点関係、ラジエターファンやスライドドア・パワーウインドウ・ダブルサンルーフなどのモーターも。


減価償却はとっくの昔に終わってるクルマ・・・登録から17年目、走行距離20万キロ超え・・・


そして、荒波の如くのしかかる修理費73万・・・
変換 ~ IMG20210704150747s (2)

ド ド ド  ド ッ パ ー ン







今までよく頑張ったね、ご苦労さんでしたぁ ステップ君 ありがと~ねぇ
変換 ~ 20200817_142857



と、ここで言ってしまうのか・・・


変換 ~ IMG20210311114909

いーや、まだまだぁ~! これからが真の実力、正念場だぁ!!


と言うのか・・・



あなたなら・・・どーしますかぁ?





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

真剣に・・・って、じゃー今までは真剣にやってなかったんですかってツッコミもあるかもしれませんが、最終対策したっていうことで。


バルブ接触面の「あたり」が緊急路上対策ではきれいに直ってないかもしれませんので、クリーニングをもう一回念のためにしておきます。

キャブ本体のバルブの当たってる部分をスマホで撮影してよーく観察してみます。
見た目では、接触面がなんとなーく荒れてるような気もします。
IMG20210624140748a
黒くなってる部分はゴムのようなものが塗布?、ゴムのパイプを圧入?されてるようにも見えます。
ゴムのようなものが一部めくれあがってカスが浮いてるように見えます。

特殊なクリーニング棒でくるくる回して丁寧に「あたり」をつけ・・・
変換 ~ IMG20210624141137

クリーニング棒に黒いものが付着してますね
変換 ~ IMG20210624141153




クリーニング後は・・・だいぶましになりました。
IMG20210624141728a
少し白くなってるところがきれいになったところみたいです。
吸排気バルブのあたりをタコ棒でつける作業に似てますね。


バルブも新品交換します。上が古い方、下が新品。
名称未設定 1
左側の、バネで出っ張る部分の長さが古い方は短くなってます。
バルブの黒い部分の角度が、なんとなーく甘くなってます。

キャブをバラしたついでに、メインジェットを#80から#75へ落とします。(純正標準は#72です)
少し濃い感じがしたので。油面が高かっただけかもしれませんが・・・
スローは#35のままです。(純正標準は#38です)
変換 ~ IMG20210624140752



そして、油面の状態も観察してみましょう。

これは対策前。古いフロートとバルブの時。
変換 ~ IMG20210624142137

対策後。新品フロートと新品バルブの組み合わせです。
変換 ~ IMG20210624142228
フロートの位置が、だいぶ違ってますねぇ。
この変化だと、フロートが下がるので油面も下がり、オーバーフロー管から漏れなくなるはず。

このあと、ワンタンク100km以上走ってみましたが、漏れは解消。

やはりフロート・バルブ交換で直ったようですねー。

とりあえず、キャブ関連は以上で終了です。
ガスを漏らしながら走ってたので燃費が35Km/L以下になってましたが、元に戻りました(45km/L)







次は・・・


タペットカバーに8mmの穴をあけて・・・
変換 ~ IMG20210625171952
タップ切ってから、コンプレッサー用の1/8エア配管接手(HL-1117)を・・・



Coming soon



鋭意製作中・・・


Q:さて、何を作るんでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ