Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
(移転に伴い、この時点以前の記事内のリンク切れがありますのでご容赦願います。)
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

最近、走っていると、後ろの方から、妙な振動が出るのです。
 
おわkm以上少し引っ張って出すと、それはひどい振動。
 
後輪が、「んががががががぁぁ~っ」と、暴れるような・・・とでも申しましょうか。
 
さらにコーナーを曲がろうとすると、チェーンがどこかにひっかかるようなガリガリ音が。
 
夏だからガリガリ君・・・  などと言ってはいられない。
 
ちょうどDAXさんの記事を見て、スポークのゆるみをチェックしたけど問題なし・・・
 
 
わけわかんないので、エアーフィルターを予備に交換でもしようかと・・・現在12,168km
(約6,000km経過で交換です=エンブレ時にバックファイヤーがたまに起こります)
 
で、左側のエアーフィルターカバーのチョウねじを外してと、ピリオンステップに手をかけたらグラグラするではないですか!
 
え?と思って、しばし、観察・・・
 
何か変・・・↓ 
ae2c0c0c.jpg

 
 
・・・・・
 
 
 
 
 
何かが足りない?
b715eede.jpg

               げ! ナットが無い!
 
正確には、「リヤーフォークピポットボルトのセルフロックナット10MMが無い」ですね。
 
いつから無いんだ?
 
振動やガリガリ音がしだした頃にはすでに脱落・・・
 
2タンク分走ってるから300kmほどか・・・汗汗汗・・・
 
ガリガリ音は、リヤーフォークが左右にブレ、チェーンラインがずれてチェーンケースにチェーンが当たっていたのだろうと、妙に納得。
 
てかっ、ガリガリ音がした時に、こういう状況が思い浮かばないからダメなんですかねぇ。
 
3種M10ピッチ1.25細目ナットがあるので、とりあえずはめておきました。
157c3a72.jpg

 
緩みがあるかどうか赤線引いても、ナット脱落に至っては全く意味がないんですよね。
 
ついでにネジロック塗っておきました。
 
試走したら、音も振動もしなくなりました。当たり前田のクラ・・・
 
走行中にボルト抜けてフォークが外れなくて、良かった・・・大汗
ボルト・・・速いですからね (それは五輪じゃ)
 
 
妙な振動があるときは、じっくりチェックですね。  反省の弁でした。
 
 
8月8日追記
やっぱりエアーフィルターを交換して正解でした。
エンジンの吹けが軽くなりました。
見た感じでは汚れているようには見えませんが、やっぱり6,000kmも乗ってはいけませんね。今後は最低でも5千キロごとに交換していくことにしましょうかねー。 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日、ブレーキパッド交換のついでに、途中にあったガスミュージアムというところにふらりと立ち寄ってみました。
 
東京ガス ガスミュージアム
 
9d24ddb3.jpg

昼間なのに、ガス灯が点灯してます。
 
煉瓦造りの重厚な建物が2棟ありますが、いずれも明治時代に建てられた東京ガスの本社を移築したものだそうです。
c8e71523.jpg

 
中には、いろいろな新旧のガス器具が展示されてます。
56ac3e76.jpg

 
カニの形をしたガスストーブです。
3fef5a49.jpg

 
こちらはガストースター
690ce136.jpg

 
エンジンまであります
a306c98a.jpg

 
c21b7a31.jpg

 
チビは昔のガス器具を珍しげに見ています。
a92744b4.jpg

 
クイズラリーにも参加してみます。一生懸命メモしてます。
aeb87c7c.jpg

 
84fd9221.jpg

 
このバランスガス釜、懐かしすぎですww
793c5fdd.jpg

 
この時代は懐かしくありません、知らない世界。
a9f601ee.jpg

 
これもあまり見たことがない世界ですww(ホントか?)
8fce8bbf.jpg

 
ガスパイプオルガンなるものがありました。
32f7e97a.jpg

 
裏側を覗くと、のけぞるような光景が広がります。配線(管)多すぎ!
e14b2086.jpg

 
LNG運搬船です
c448c8ca.jpg

 
昔はガスは石炭や石油から抽出していたのですね。
今はLNG(液化天然ガス)になりました。
7153c60e.jpg

チビに「石炭とか石油ってなんでできてるか知ってる?」って聞いたら知らないので、
「昔の木や植物・動物の遺骸が凄い時間をかけて変化して石炭や石油になったんだよ」と教えると、神妙な顔になりました・・・
昔生きていた生物を燃やしているというあたりがしっくりこなかったようです・・・
 
 
これはガスバルブの展示品です。
ac21921f.jpg

 
昔のガスメーターもあります
ea265d44.jpg

 
長野オリンピックの聖火台の製作前模型もありました・・・
ということは、聖火はやっぱりガスなんですね。
086032b5.jpg

 
 
最後にいろんなガス燈火の実物点火も見ることができます。
 
昔の夜の生活は、とんでもなく暗いです。
 
10Wとか15Wの電球の明るさで生活していたなんて想像もできません。
今の生活が明るすぎるのでしょうか・・・
45679fa2.jpg

 
 
少しはためになったかなー、チビさん・・・夏休みのリポートにしなさいよ。
 
おいおい スタンプばかり押してんじゃぁないっての!
子供はスタンプ大好きですね(笑)
c7283dab.jpg

 
 
 
8月7日追記
見学後、チビはこんな新聞を作ってました。
97a0368e.jpg

 
これで夏休みのレポートがひとつ片付いたようです。
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ステップワゴンのRF-7・・・新規登録後8年目、12万キロを超えたあたりから、リアブレーキから異音が発生してきました。
 
ブレーキを踏むと左後輪のほうから「ゴゴゴゴォゥー」みたいな異音。
 
そして走行中は電車みたいな「キィキィキィキィ」音が、常に鳴っています。
 
走ってると、ちょっと恥ずかしいかも。
 
とうとうブレーキパッドが限界にきたようです。
 
 
早速部品注文してみると、社外品2セットで3千円ちょっと。
(バイクのより安いかも・・・)
 
リアの交換は初めてだけど、何事も初めはあるもんだ。
 
でわ、ジャッキアップします。
dcb8d5cd.jpg

 
タイヤ外します。ここまでは、スタッドレスに交換したりしますので、いつものことです。
1e653ec0.jpg

 
この部分が今回の標的です。
06be7293.jpg

 
12mmキャリパーボルトを2本緩め、下側のボルトは外し、キャリパーを上にクルリとずらして、古いパッドを2枚とも取り去ります。
177b4c60.jpg

 
外したパッド(左)と新品パッド(右)です。新品は8mmくらいありますが、古い方は2mmしか残ってません。
f08cb4d2.jpg

 
古いパッドからステンレスプレートを外します。
82ca2c46.jpg

新しいパッドにブレーキグリスを塗って鳴き止めのステンレスプレート(シム)を装着します。
034e6ad1.jpg

 
組んでまわして「アタリ」を確認します。
98ecd6e1.jpg

 
タイヤを仮組みします。
2cb82b2c.jpg

 
今度は左側、こっちがかなり鳴いてました。さて、どのようになってるのでしょうか?
fa698248.jpg

 
右と同じようにばらしてから、キャリパーシリンダーは、Wポンププライヤーで戻します(おい!・・・笑)
(注:本来は逆万力のようなSSTを使います)
adb155f7.jpg

 
問題の「電車みたいなキーキー音」は、鳴き用のプレート(パッドウェアインジケーター)がディスクローターに当たることで鳴る仕組みのようです。
d06f7f71.jpg

 
ce2aaaba.jpg

 
こちらもグリスを塗って組んでいきます。
6853e1f1.jpg

1ff9304d.jpg

 
キャリパー内側上下のボルトを締めます。
c22d0e0e.jpg

 
左タイヤも仮組みします。
afce3e07.jpg

 
ジャッキ、下ろしまーす。
8dba900c.jpg

 
トルクレンチ使って締めてみます。10キロです。
c8c09132.jpg

 
今回使用した工具達です。
a633bdac.jpg

 
あと、ブレーキフルードの量を点検して終了です。多すぎたら抜き取ります。
 
 
普通は工場やディーラーに出したほうが安全確実なんでしょうが、たまには自分でしてみるのもいいのかもしれません。
 
ブレーキの「電車みたいなキーキー音」がどの部分からどのような仕組みで発生していたのかがわかりましたから。
 
次回鳴いた時には、「あーあそこだな、うんうん」って簡単にわかります。
 
今回12万キロで交換したから、えーと・・・次回は8年後で24万キロ?・・・
 
地球6周分ネ。
 
ん?そこまで乗るか? いったい何年先だぁ?(爆)
 
 
 
交換作業時間は、2人で30分でした。いともあっけなく終了です。
 
なお、ブレーキは重要保安部品ですので、交換は自己責任なのでしょう。
 
「走らない」は、まだしも、「止まらない」ではシャレになりません。
 
なので今回は、2級整備士資格持っている人と作業しましたから問題ないと考えます。
 
いやぁ、でも、暑い日にやるもんじゃぁございませんねぇ・・・汗ダララでした。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ