Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

土曜日の午後3時、友人のバイク屋さんにCT110のキャブフロートを買いにCT110で出発。

PBキャブのフロートセットを1,408円で購入し、帰路につく。

そして・・・

午後6時、路上でエンコする。


以前からちょびちょびと漏れていたキャブだったこともあり、キャブのドレンチューブに、念のため350ml缶を仕込んでおいたんですけどー、やっておいてよかったですよー予想通りっていうか。

バイク店を出発するときには缶の中はほぼ空っぽだったんですよ。2ccほどわずかにたまってはいました。

わずかに雨が降る中、カッパを着こんで走っていたら発進時にボコつく症状が出てきて、「これはもしかして湿気が多いのでアイシングか?」などと思いながら、だましだまし走っていたけど、さすがに発進しなくなり路上(路肩)でついにエンコ。

道路上ではさすがにまずいので、路側帯っていうんでしょうか、ちょっと広めの路肩へえっちらおっちらバイクを押して行って緊急ピットインしたのでした。

なにげに下を見たら、350ml缶の口からガソリンが溢れてるのでありましたー。





マ ジ っ す か ぁ !





目が点 あふれるってどーゆーこと?



とりあえず、ガソリンコックをOFFにします。

一人で勝手に緊急事態宣言をしてから、速攻でキャブをバラします。
変換 ~ IMG20210619183306
最小限の車載工具である程度何でもできるように訓練していたおかげで3分でできました。

缶にたまったガソリンはタンクに戻して、キャブをばらして茶色くなってるフロートを取り去って、新品のフロートとチェンジするんですが・・・その前にさらに対策します。
変換 ~ IMG20210619183308
友人ショップから借りてきた特殊工具のバルブクリーナーが早速役に立ったのでした。
バルブのシート面をクリーニングするナイロン製の棒のようなツールでぐりぐりとシート面をクリーニングしていきます。

しかしまさか帰路で使う羽目になろうたぁー・・・お釈迦様でも気がつくめぇ(これって死語?)

新品フロートにバルブを、落とさないように慎重に差し込みます。
変換 ~ IMG20210619183310
ここでバルブとかをポロッと落としてなくすと、家に帰還できなくなりますから普通はドキドキしますね。
しかしこういうときも脈拍を80以上に上げないように、アドレナリンを分泌しないようにゆっくり落ち着いて作業します。
別に高血圧なんかじゃありません、非常時でも血圧を上げない訓練です。(は? なんのために?)


無事に組み上げてエンジン始動・・・ドレンパイプからガソリンも洩ってきません。よかった。

路肩でエンジン部分をバラしてる赤いバイクに、通り過ぎるバイク乗りの目や信号待ちのクルマからの熱い視線が注がれてました。「アイツ、ダイジョーブかーい!」って
ちょー(悪い)=超かっこ悪い


しかして、なんとか暗くなる前に家に帰還。

旧フロートのバルブのリップが当たってるところを再度確認したけど、特にへこんでる様子はないので、おそらくバルブフロートの沈下による液面上昇だと思う。
変換 ~ IMG20210619222124

拡大した写真
変換 ~ 名称未設定 1
写真じゃわかりにくいけど、当たってた跡があるだけでへこんでるわけじゃ―ない。


しかしまぁ、走り出してから4㎞くらいで350lm缶がガソリンでいっぱいになる漏れ方とは一体何なんだ?フロートバルブとバルブがほぼ機能してなかったってこと?

フロートを新品交換して、これでもさらに漏れるようならバイク店で教わった通り、以下のように考え・・・
変換 ~ IMG20210619162818
次なる一手はバルブを交換。リップの戻り長さが足りてないかもしれない。

バルブを交換してもNGなら、キャブのバルブ接触面が悪い。
この部分は特殊棒で路上緊急クリーニングしたので、それでもダメなら、キャブ本体交換?

ちなみに大型バイクはバルブ当たり面だけパーツ交換できるが、小排気量車のキャブは圧入されてるので交換不可。なのでキャブ本体交換とのこと。

さー、どーなるんでしょうかねぇーぇ。
路上エンコといい、この先行きが見えない展開がまた・・・次は何をいじくればいいんだ的な・・・
気持ちいーんですよねぇ(笑)

旧車乗りならではの楽しみ・・・って?

これって もしかして 隠れまぞ?






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回、キャブのアイドルアジャストスクリューの記事を書いたのですが、いかけやのおっちゃんさんからイモネジの刺さる穴を開けた方がしっかり固定されて落ちにくくなるんじゃ―ないかというご教授を受けまして、なるほどーってなことで掘ってみたら、意外なことを発見しましたってのが今回のお話でございます。

アイドルアジャストスクリューにイモネジ(ホーローともいう)が当たった跡があるのでセンターポンチでセンターに目印をつけ・・・
変換 ~ IMG20210618164917

2mmのドリルで1mmほど少し掘ってみましたら、なんだか固い。
変換 ~ IMG20210618170021
真鍮ならもっと簡単に掘れるはずなんだが・・・

てっきり、見た目が金色で、キャブの部品なので真鍮製と思っていたけど、実は鉄に金メッキしてるということが判明して、ならばと磁石につけたらしっかりと吸着しました。
どーりで固いはずだぁ。

ちゃいな部品ですので、素材が高い真鍮ではなく、鉄+金メッキの方が原価が安いってことでしょう。
ちょっと驚きではありますが。

まぁそんなこんなで、こういう具合にしっかりと固定できました。
変換 ~ IMG20210618170306
イモネジはM2×4サイズでした。

ボリュームやつまみなどは在庫箱にいろいろあるので、サイズは選べますね。
変換 ~ IMG20210618173642
右下の銀色のつまみはCT110で使ってます。



と、上記とは全く関係ないですが、夏なので、見切り品で売ってたトウモロコシなどを買ってきて・・・
変換 ~ IMG20210618164251
このまんま電子レンジに入れて10分加熱したら食べられるようになりました。
わざわざゆでるの時間かかるし、ラップで包み直すのって面倒じゃ―あーりませんか!
時短です時短。(多分、えー!っていう反応が普通? ですかぁ~)


それではあまりにも芸がないってことで1本だけは醤油をたらし、電子レンジのグリルモードで7分くらい焼いたら
変換 ~ IMG20210618172315
それはそれであまり焦げ目はついてないですが醤油も香ばしくおいしくいただけましたとさ。(下のがそうです)

って、とある事務所でやってていーんだろーか?


謎な事務所です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自作って言っても、家にあった部品を組み合わせただけですが・・・

バイクのキャブレターのアイドル回転数を調整するネジ、いわゆるアイドルアジャストスクリューって言うんですが、エンジンをかけたばかりの時と、エンジンが温まった後ではエンジン回転に差がありすぎた場合、これを+か-のドライバーでいちいちチマチマと回さなけりゃいけないシーンなんか日常茶飯事だったりする場合に・・・こういうのあれば便利かなぁ?
変換 ~ IMG20210616203015

部品箱の「ボリュームのゾーン」にこういった古いボリューム変換シャフトがいくつか転がってたので・・・
変換 ~ IMG20210616203042

同じ箱の中にあったボリュームの「つまみ」も適当にチョイス。
変換 ~ IMG20210616203056

裏側はこうなってるので・・・
変換 ~ IMG20210616204955


先ほどのアイドルアジャストスクリューと合体させると、こういうオブジェが完成します。
変換 ~ IMG20210616203313
イモネジが片側だけでもしっかり固定できた。

ってまぁ、こういうのは出来合いで売ってたりするのでそういう商品をお金出して買えばいいのですが・・・

「つまみ」だけで数種類、ナン十個も部品があるので・・・つい・・・作ったりして一人で悦に入って喜んでました。

そういう「つまみ」をいじくりながら、夜一人でビールなんぞ飲んだりしてますが、「つまみ」がつまみになってたりするのか、もしかして?

最近、こういうビールが新発売されたというので喜び勇んで買ってきたんですけどー
変換 ~ IMG20210614000528
パシュって大きなフタを開けたとたん、モコモコと泡が噴出し、中身の「1割」くらいがこぼれ出て周りが泡だらけ・・・テーブルが泡食ってます。

1缶目はテーブルが泡だらけになったので、翌日の2缶目はリベンジだぁーっと開けてすぐに飲もうとして喉に泡が必要以上に流入してむせ返り、ゲホゲホ吐き出してしまってさらに多くをこぼす羽目に。

遠くの方からチビが「バッ〇じゃない!」と笑ってる。

この状況を喜んでいいのか悲しんでいいのか、かなり複雑なメンタル状況と、泡だらけのビミョーな雰囲気。

うーん

ビール会社は間違いなく「1割」は得するのかも? だって飲めないんだもん

「飲む」というイベントについては楽しめるのかも?

等々、いろいろ考えましたが、まぁそんなこたぁーどうでもよろしいか・・・面白ければ。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ