真剣に・・・って、じゃー今までは真剣にやってなかったんですかってツッコミもあるかもしれませんが、最終対策したっていうことで。


バルブ接触面の「あたり」が緊急路上対策ではきれいに直ってないかもしれませんので、クリーニングをもう一回念のためにしておきます。

キャブ本体のバルブの当たってる部分をスマホで撮影してよーく観察してみます。
見た目では、接触面がなんとなーく荒れてるような気もします。
IMG20210624140748a
黒くなってる部分はゴムのようなものが塗布?、ゴムのパイプを圧入?されてるようにも見えます。
ゴムのようなものが一部めくれあがってカスが浮いてるように見えます。

特殊なクリーニング棒でくるくる回して丁寧に「あたり」をつけ・・・
変換 ~ IMG20210624141137

クリーニング棒に黒いものが付着してますね
変換 ~ IMG20210624141153




クリーニング後は・・・だいぶましになりました。
IMG20210624141728a
少し白くなってるところがきれいになったところみたいです。
吸排気バルブのあたりをタコ棒でつける作業に似てますね。


バルブも新品交換します。上が古い方、下が新品。
名称未設定 1
左側の、バネで出っ張る部分の長さが古い方は短くなってます。
バルブの黒い部分の角度が、なんとなーく甘くなってます。

キャブをバラしたついでに、メインジェットを#80から#75へ落とします。(純正標準は#72です)
少し濃い感じがしたので。油面が高かっただけかもしれませんが・・・
スローは#35のままです。(純正標準は#38です)
変換 ~ IMG20210624140752



そして、油面の状態も観察してみましょう。

これは対策前。古いフロートとバルブの時。
変換 ~ IMG20210624142137

対策後。新品フロートと新品バルブの組み合わせです。
変換 ~ IMG20210624142228
フロートの位置が、だいぶ違ってますねぇ。
この変化だと、フロートが下がるので油面も下がり、オーバーフロー管から漏れなくなるはず。

このあと、ワンタンク100km以上走ってみましたが、漏れは解消。

やはりフロート・バルブ交換で直ったようですねー。

とりあえず、キャブ関連は以上で終了です。
ガスを漏らしながら走ってたので燃費が35Km/L以下になってましたが、元に戻りました(45km/L)







次は・・・


タペットカバーに8mmの穴をあけて・・・
変換 ~ IMG20210625171952
タップ切ってから、コンプレッサー用の1/8エア配管接手(HL-1117)を・・・



Coming soon



鋭意製作中・・・


Q:さて、何を作るんでしょうか?