さぁて、今回のお題目は、
 
   「CT110用のGB250スピードメータの分解修理」
 
である。ややこしいお題目である。
 
このCT110には、GB250クラブマンのスピードメーター・タコメーターを移植している。(あースッキリ)
 
 
で、
先日、マリーナに行った帰り、オドメーター・トリップメーター・スピードメーターの針がいきなり動かなくなった。
 
「ははぁ スピードメーターケーブルが外れたのだろう」
という甘い予想。
 
降りて目視確認したらケーブルシャフトはしっかり付いている・・・う~ん、コレっていったい?????
 
ケーブルをメーターから抜いて、メーター下側の回転軸をドライバーでクルクル動かそうとしたら、全く回らない。
 
オドがちょうど8799から8800になりたいのに、オドが動かないのでスピードメーター軸が固着してしまったというような故障状況である。
 
 
で、どーする・・・・
 
696ec10e.jpg

 
バラすしかない、コレは。
 
裏面は
 
79adfbe8.jpg

ふーむ、
カシめてあるリングを、無理やり こじ開けるタイプ、分解不可の作り方。
 
本来ならASSY交換・・・誠に“潔い
 
仕方ないので、ガラスを割らないように注意してリングを外して中身を取り出す。
 
d9f339b5.jpg

 
結局なぜ固着したかというと・・・
 
 
 
恥ずかしながら・・・
 
               コレ(LEDウェッジ球)を↓
36d9e5d8.jpg

無理やり) メーター照明用に使ったら、頭の部分がノーマル電球ウェッジ球よりも長いので、内部の照明反射板が (無理やり押し込まれたために) 奥に曲がってしまった結果、オドメーターがその反射板に引っかかり、メーター軸が回らなくなった・・・
 
という現象であった。
 
 
 
「現象」と言ってしまえば人ごとだが、
 
要するに、自分でLEDウェッジ球に交換したときに(無理やり突っ込み)、「自分で壊した」という
 
                自爆モード  である。
 
いくら明るさ優先でも、光る部分が大きいLEDウェッジ球をメーター照明として使用する際には、注意を要するということですな。
 
 
  当たり前田のクラッカー・・・
 
 
  「失敗は成功の母」       
 
 
ともいいますな。 昔から。
 
 
 
  「進歩とは 反省の厳しさに正比例する」     とも言ってはりましたな、本田さんも。
 
 
なので、今回は、「全世界に公表して厳しく反省」 しよう。(各国語版はメンドーなんで作らんが)
 
海の上でこんな失態やってたら、タイヘンさぁ~ 反省してる時間ないかも。
 
 
でも、いいこともある。
 
メーター内外部をレストアしたのでキレイになったとさ。
26352dcb.jpg

 
そして新たな問題点・・・
 
タコメーターもキレイにしないと、バランスが悪く・・・
 
あーぁ  めんどくせー
 
・・・<つづく>・・・