というわけで、後編になります。
 
沖縄に行って何するのか?の続きです。
 
美ら海水族館に隣接するホテルに泊まっておきながら、水族館には一度も行かず、ただただ海と戯れ、翌日、ホテルを後にします。
前回来た時に水族館には行ってますので、行かなくてもいーそーです。。(なんだそりゃ?)
 
今日は那覇に戻るのですが、途中、実はいろいろと立ち寄る計画がありまして・・・
 
まずは珍しい塩水が流れてるという川に行きます。
819b48a2.jpg

名前がおしゃれです。そのまんま塩川でしたw 
 
誰もいません・・・
6d3dda45.jpg

 
黒っぽいボラのような体調15cmくらいの魚も無数に泳いでます。
 
実際に手ですくって舐めてみると、海水よりは薄いですが確かに塩味でした。
汽水くらいの濃度でしょうか・・・
a298110f.jpg

何らかの影響からか、水が湧いた時点で塩分が混じってるんでしょうか?
 
塩川の近くでハイビスカスがきれいに咲いてます。
シロオビアゲハの雄ですかね・・・
7ff08d84.jpg

 
さて、塩川を後にして次に名護市辺野古に向かいます。 
 
 
辺野古レポート・・・
「昔の面影が残る静かな商店街と集落を抜け、右手に辺野古漁港を見ながらゆっくり下りながらクルマを走らせると、右手の視界に突然砂浜が飛び込んでくる。
b1dccd31.jpg

クルマを降りると、遠くに波の音と、風の音しか聞こえてこない夏の砂浜と海が広がっていた。
 
ここは何の変哲もない静かな砂浜。
 
暑いが、沖縄らしい潮風が心地良く海から吹いてくる。
 
でも、今日は海水浴に来たのではない。
 
少し左を見ると、そこに異様な光景があった。
c03170ea.jpg

砂浜に、何かを分断するかのような不自然なフェンス。
 
実はこのフェンスの向こう側はCamp Schwabなのだ。
 
そう、キャンプシュワブといえば米軍の海兵隊施設がある。
 
このフェンスの右手に広がる珊瑚礁でできた浅瀬を埋め立て、普天間基地の移転先にしようという計画があるようだ。
07e35f49.jpg

フェンスには、色とりどりのリボンでハートやジュゴンの図柄が描かれていた。」
6fc23b89.jpg

 
 
この辺野古の海にはジュゴンも住んでいるらしいのですが・・・ホントにいるのかぁ?
ホントにいたら、見てみたいからダイバーや観光客が押し寄せそうな気もするけど。
 
私自身、「軍隊とか兵力は何のためにあるのか?」と完全に平和ボケしてるわけでありまして、基地問題や移転問題に反対だの賛成だのと、あーだこーだと知ったかぶって言うつもりは毛頭なく、イデオロギーのカケラも、主義主張も・・・これっぽっちも無いのですが、ただただ、きれいなサンゴ礁を埋め立てるということには、なにかしら抵抗を覚えます。
 
 
なので、まずは自分の眼で実際に見てみようと考えたわけです。
単なる物見有山って気持ちで行ったわけではありませんでしたが。
 
 
到着してからしばらくすると、黒塗りのタクシーが到着しました。
中から外人とおぼしき人たちが何人か下りてきました。
 
他にもレンタカーではない地元のクルマで来てる人もいます。
 
何のために来てるかはわかりませんが、たまたま行った私もそんな人たちの「ひとり」だったのでしょうか・・・
6f71e4da.jpg

緑のレンタカーで来ては目立ちますね・・・
 
今回の沖縄旅行の「私の目的」はこれでした。
 
チビにこの浜辺のことを話して、良く見ておくように言いました。
私にできるのはこれくらいかな・・・ナサケネー
 
 
 
 
 
ちょっと神妙な面持ちのまま、次の目的地の北谷町(ちゃたんちょう)へ向かいます。
たどり着いたのは北谷町にある宮城海岸という所です。
682ce43b.jpg

 
久しぶりに来てみると落書きが多かった堤防が改修されていて、工事中のため立ち入り禁止になってました。
d5418711.jpg

その昔、ダイビングを始めた頃にビーチエントリーでお世話になった海岸です。
 
8月29日現在、台風15号が台湾の東の海上にいるので、風はすでに20m/s近く吹いています。
普段と違って波はいつもより立ち上がり、サーファーが沖合で波と闘ってます。
 
お腹が減ったのでくるっとまわれ右して、浜屋へ行きましょうか。
841d89c7.jpg

 
ここの沖縄そばが・・・
4c48439d.jpg

 
待つこと5分くらいでしょうか、相変わらず出てくるのが早いですね。
be42074e.jpg

沖縄そば(大)¥650
 
なんといってもオススメなのはコレ!
軟骨ソーキの軟骨がゼリーのように柔らかなんです。
d15907dd.jpg

浜屋そば(大)¥550 初めて食べた時(大昔?)は、確か¥350くらいでしたが・・・
 
どうやって作るのだろう?軟骨がゼリーみたいなのよ~w
この軟骨ソーキ(豚の肋骨の部分)・・・自分で作ってみたい料理の筆頭候補です。
 
スープのお味は鰹ダシのあっさりと薄味で、軟骨ソーキの味を引き立てます。
旨い 実に旨い!
昔から変わってません、来た甲斐があったというものです。
 
クルマの中で飲みました・・・ヨーゴ?(ヨークじゃなくって・・・)
c0357872.jpg

 
さてさて立ち寄ってばかりいると那覇に着くのが遅くなってしまうので、ホテルへ急行します。
 
那覇港の脇にある、ロワジールなんじゃらとかいうホテルに到着です。
このホテル、温泉があるんですよ、温泉。ワクワク
8c11e8c3.jpg

目の前が那覇港へ通じる航路なので、行きかう遊覧船や本船も楽しめますw
 
しかし、到着すると間髪いれずプールに入り、またまた夕方までドップリと遊んだのでした・・・
4ab1f8b5.jpg

 
プールから上がったので、では温泉にでも行きましょうかねぇ・・・
 
と、ここまでは良かったのですが、チビがこのあと急に熱を出してしまい、まさかの40.4℃・・・えらいこっちゃぁ
 
んで、ホテルを一歩も出られず、国際通りでゴーカ夕食&お土産をたんまり買う計画はあえなく頓挫したのでした。
 
遊び疲れたのかな・・・
まさにHOTな沖縄を地でいく体験をしてしまいましたが、翌日は帰京するだけだったので、まだ良かったんですかねぇ・・・
 
で、翌日・・・
 
帰りには少しだけ富士山も見えましたし・・・
f495400d.jpg

 
飛行機の中の気圧って、結構低くなるもんですね(799hpaって標高2000mくらいか?)
e5e1742d.jpg

 
何しに沖縄行ったのかダラダラしてて良くわかりませんが、レンタカーで250km走り、沖縄の人・食べ物・風土に癒されて今年の沖縄旅行も無事終了です。
 
 
おしまい