Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

モンキーリミテッド

今回はモンキーの、まぁCT110でもカブ系ならタペットキャップは同じ物なので、汎用のタペットカバーブリーザーパイプの製作となります。

タペットカバー
変換 ~ IMG20210707140351
これはモンキーから取り外した30数年前のものですが、年季が入って汚いので・・・

とりあえず、1000番くらいで水とぎしてからピカールで磨きます。
変換 ~ IMG20210707150534

真ん中にセンターポンチをして、8.5mmのドリルで穴をあけます
変換 ~ IMG20210625171952
17mmメガネレンチかモンキーレンチで押さえておくと、穴を開けるときにタペットカバーが回転しなくて安全です。
(タペットキャップを手で押さえてドリリングするとタペットカバーのエッジで手を切るかもしれませんので)



ホームセンターの空圧機器やコンプレッサーを売ってるところにある配管継ぎ手R1/8のタケノコ付きのエルボを500円弱で買ってきます。


1/8のネジ山は、それ用のタップを購入。




いろいろ探しましたがこれが最安値だと思います。
ホムセンだと高くて千円くらいしました。




タップの直径に合わせて、9.3mmくらいまで表からリーマーで穴を広げて調整します。
変換 ~ IMG20210707134017
最初から9㎜くらいのドリル刃で穴をあけてもいいんですが、ブレがあるので最初に小さい穴開けておいて細かく修正していきます。


タップをタップハンドルに取り付け・・・
変換 ~ IMG20210707171600


素材がアルミダイカストなので、割と簡単に、ザクザクッとあっけなくネジが切れました。
変換 ~ IMG20210707135130
漏れを予防するためと、継手側がテーパーネジなので、タップは最初の1/3くらいまでねじ込み、タップの最後まで切らないようにします。

R1/8継手を入れたところです。
変換 ~ IMG20210707135240
テーパーになってるので、この辺でググっと締まってきます。
このくらいの出っ張りなら、タペットにぶつからないと思います。
実車合わせでタペットにぶつかるようであれば、また調整します。
ちなみにこの部分のタペットカバーの肉厚は4~5mmほどなので強度的には問題ないと考えます。



これは自分のところで余っていた部品の再利用なのですが、スイッチか何かの薄型ナットで継手を念のため固定。
変換 ~ IMG20210707135301
ネジ部分にはテフロンテープを巻く予定。

ホースは内径6mm外径11mmの透明メッシュ入り耐圧ホースを1m購入、10cmあたり24円なので1mで240円。
変換 ~ IMG20210707135945

バンドも同じホムセンで11㎜ホース用。
変換 ~ IMG20210707135615

組み合わせるとこうなります。
変換 ~ IMG20210707135731

ホースの反対側は・・・
変換 ~ IMG20210707135752
ブリーザーパイプの末端にワンウェイバルブを取り付けて内圧コントールとします。

実車配置のホースの長さがわからないので、ワンウェイバルブはまだ仮止めです。

ワンウェイバルブは、



2個セットで341円送料無料でした。


ここまでが「内圧コントロール付タペットカバーブリーザー」の製作記事になります。

モンキーは腰上をばらしたらオイル上りが激しかったので、内圧を負圧にしたらどーなるか・・・
と思ったのがこの企画の始まりです。


モンキー実車への取り付けはまた後日、インプレもその際に!


Special Thanks 小豆さん
素材提供ご協力感謝いたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回、キャブのアイドルアジャストスクリューの記事を書いたのですが、いかけやのおっちゃんさんからイモネジの刺さる穴を開けた方がしっかり固定されて落ちにくくなるんじゃ―ないかというご教授を受けまして、なるほどーってなことで掘ってみたら、意外なことを発見しましたってのが今回のお話でございます。

アイドルアジャストスクリューにイモネジ(ホーローともいう)が当たった跡があるのでセンターポンチでセンターに目印をつけ・・・
変換 ~ IMG20210618164917

2mmのドリルで1mmほど少し掘ってみましたら、なんだか固い。
変換 ~ IMG20210618170021
真鍮ならもっと簡単に掘れるはずなんだが・・・

てっきり、見た目が金色で、キャブの部品なので真鍮製と思っていたけど、実は鉄に金メッキしてるということが判明して、ならばと磁石につけたらしっかりと吸着しました。
どーりで固いはずだぁ。

ちゃいな部品ですので、素材が高い真鍮ではなく、鉄+金メッキの方が原価が安いってことでしょう。
ちょっと驚きではありますが。

まぁそんなこんなで、こういう具合にしっかりと固定できました。
変換 ~ IMG20210618170306
イモネジはM2×4サイズでした。

ボリュームやつまみなどは在庫箱にいろいろあるので、サイズは選べますね。
変換 ~ IMG20210618173642
右下の銀色のつまみはCT110で使ってます。



と、上記とは全く関係ないですが、夏なので、見切り品で売ってたトウモロコシなどを買ってきて・・・
変換 ~ IMG20210618164251
このまんま電子レンジに入れて10分加熱したら食べられるようになりました。
わざわざゆでるの時間かかるし、ラップで包み直すのって面倒じゃ―あーりませんか!
時短です時短。(多分、えー!っていう反応が普通? ですかぁ~)


それではあまりにも芸がないってことで1本だけは醤油をたらし、電子レンジのグリルモードで7分くらい焼いたら
変換 ~ IMG20210618172315
それはそれであまり焦げ目はついてないですが醤油も香ばしくおいしくいただけましたとさ。(下のがそうです)

って、とある事務所でやってていーんだろーか?


謎な事務所です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自作って言っても、家にあった部品を組み合わせただけですが・・・

バイクのキャブレターのアイドル回転数を調整するネジ、いわゆるアイドルアジャストスクリューって言うんですが、エンジンをかけたばかりの時と、エンジンが温まった後ではエンジン回転に差がありすぎた場合、これを+か-のドライバーでいちいちチマチマと回さなけりゃいけないシーンなんか日常茶飯事だったりする場合に・・・こういうのあれば便利かなぁ?
変換 ~ IMG20210616203015

部品箱の「ボリュームのゾーン」にこういった古いボリューム変換シャフトがいくつか転がってたので・・・
変換 ~ IMG20210616203042

同じ箱の中にあったボリュームの「つまみ」も適当にチョイス。
変換 ~ IMG20210616203056

裏側はこうなってるので・・・
変換 ~ IMG20210616204955


先ほどのアイドルアジャストスクリューと合体させると、こういうオブジェが完成します。
変換 ~ IMG20210616203313
イモネジが片側だけでもしっかり固定できた。

ってまぁ、こういうのは出来合いで売ってたりするのでそういう商品をお金出して買えばいいのですが・・・

「つまみ」だけで数種類、ナン十個も部品があるので・・・つい・・・作ったりして一人で悦に入って喜んでました。

そういう「つまみ」をいじくりながら、夜一人でビールなんぞ飲んだりしてますが、「つまみ」がつまみになってたりするのか、もしかして?

最近、こういうビールが新発売されたというので喜び勇んで買ってきたんですけどー
変換 ~ IMG20210614000528
パシュって大きなフタを開けたとたん、モコモコと泡が噴出し、中身の「1割」くらいがこぼれ出て周りが泡だらけ・・・テーブルが泡食ってます。

1缶目はテーブルが泡だらけになったので、翌日の2缶目はリベンジだぁーっと開けてすぐに飲もうとして喉に泡が必要以上に流入してむせ返り、ゲホゲホ吐き出してしまってさらに多くをこぼす羽目に。

遠くの方からチビが「バッ〇じゃない!」と笑ってる。

この状況を喜んでいいのか悲しんでいいのか、かなり複雑なメンタル状況と、泡だらけのビミョーな雰囲気。

うーん

ビール会社は間違いなく「1割」は得するのかも? だって飲めないんだもん

「飲む」というイベントについては楽しめるのかも?

等々、いろいろ考えましたが、まぁそんなこたぁーどうでもよろしいか・・・面白ければ。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

モンキーZ50Jに強化オイルポンプを付けてみたら・・・どーなるか?

今回採用のオイルポンプは、

SHIFT UP (シフトアップ) ハイフローオイルポンプ 凸型 205076


です。

モンキーZ50J-1369***なので、この商品が適合。

他にも武川やKITACOでも出てますが、一番安いヤツにしてみました。
安物買いのなんとやらにならないようガンバリます(何をどうやって?)

オイルポンプ、各社から色々出てますが、一番おとなしい性格ので組んでみました。
だって75cc程度ですもの、オイルポンプを派手に強化してもオイルポンプで馬力を食われるだけですから。
「吐出量が3倍」になったということならなので、オリフィスはノーマル0.8mmのままでも圧力が上がった分、ヘッドへ行くオイル量は増えると考えてます。



では、早速作業開始。

タンクキャップをOFFにして、燃料コックを閉め、左ミラーを外し、
シフトレバー、ステップ、キックペダルを外してモンキーを左側臥位にします。
変換 ~ IMG20210612140932
つまり、OILを抜かなくてもできるように左に倒します。

左側にはラジコン技術という雑誌1年分をひもで縛って置いてあります。(高さ約18cm)

+ネジを8本抜きますが2本だけ3mmほど緩めるだけにして残し、6本は抜いてしまいます。
3本だけ長いのがあるので注意(右上側の3か所が長い)

クラッチレバーを握ると蓋がカパっと開くはず・・・


あれ?


開かない・・・何回も握ってみたが無理っぽそう。


あれれれ?



仕方ないから物理処理します。

ケースひっぱたいて  →あきまへ~ん

結構固く閉ざされてます・・・うーぬぅ~ どーしてくれようか・・・




仕方ないのでさらに・・・

スクレーパーをパッキンの厚さ部分へ打ち込んでみます。

なんとか・・・開きました。

蓋開けるまでに30分もかかってしまった。
新車以来初、30数年ぶり・・・パッキンが固形化して硬く固まってました。
変換 ~ IMG20210612143503
ケース左下に出っ張りがあってそこを左サイド側からたたくと簡単にカバーがあけられるというギミックもあるらしいんですが・・・探したけど出っ張りなんかないんですよね、年式によるのかも?


次に、クラッチケーブルを外します。
ふた部分に部品1個と、クラッチ側にカラー1個スプリング1個あるので噴出注意。あっ紛失注意ね。

クラッチ側の中心にあるカラーとバネを落とさないようにつまみ出してから、クラッチアウターカバーの+ネジ4本を取ってカバーを開けます。
クラッチアウターカバー内には結構スラッジがたまってました。
変換 ~ IMG20210612144303
クロモリグリスのような羊羹のような・・・黒いスラッジ。

ついでにオイルフィルタースクリーンを抜いてみたら、こちらはあまり汚れてない。
変換 ~ IMG20210612144335

スクリーンとスラッジをきれいにします。

次に、ロックワッシャーの爪を起こし、プーリーホルダーでクラッチ外周を固定し、四つ爪の特殊工具でロックナットを抜きます。

ロックナットを抜く前に、クランク軸とロックナットにマーキングしておくと組むときに安心です。
変換 ~ IMG20210612150013

クラッチAssyを抜き・・・プライマリードライブギアを外し・・・
変換 ~ IMG20210612150209

ここでようやくオイルポンプにたどり着き・・・
変換 ~ IMG20210612150545

3本の+ネジを抜いて純正オイルポンプを撤去。
変換 ~ IMG20210612150625

上が純正、下がシフトアップの強化ポンプ。
変換 ~ IMG20210612150830

厚さ2倍で、送油量3倍だそーです。(6V車比)
変換 ~ IMG_20210612_205457
純正オイルポンプ側が凸型で、エンジン側のオイルドライブシャフトが凹型です。

凹凸を合わせて慎重に強化オイルポンプを組み込み・・・+ネジ3本締め
変換 ~ IMG20210612153129


ギアとクラッチをコンロッド軸に刺し入れてきちんと合っていれば、センターボルトを締めこむとマーキングが合うはずです。
変換 ~ IMG20210612154849
合わないようなら、どっかがおかしい。(ギアとクラッチが裏側で互いに合致してないとマーキングは合わない)

ロックワッシャーの爪を1か所入れる。
変換 ~ IMG20210613134107

クラッチアウターカバーを合わせ入れ・・・
変換 ~ IMG20210613133632

+ネジ4本を締める。
変換 ~ IMG20210613133611
今までの分解と組み立てでは、ショックドライバーの代わりに18Vのインパクトレンチでやってます。

買っておいたパッキンの中からクラッチカバー用のパッキンを取り出して一致したら、古いパッキンをはがし始めます。脱脂してから例のバーナー作戦で簡単にはがせました。
変換 ~ IMG_20210612_205415
古いパッキンをはがしてから新しいパッキンを探すってのはNGだよなぁ・・・
以前、古いパッキンをはがして新しいのを探したら在庫切れでなかったということがあったけど、蓋閉めて起こせないから最悪だ・・・(オイルが漏れるから)

パッキンは、クラッチケースカバーのを純正で1枚買うと900円ほどしますが、今回はセット物の中から使用しました。


セット物が・・・560円って・・・なんで?

エン ガスケット インストール簡単 ホンダ50cc Z50ミニトレイル50モンキーバイクモデル用



このセット物パッキン、写真では写ってないけどLケース用も入っていたような・・・

パッキンにはクロモリグリスを両面に塗っておくと、後日の再分解時に、はがれやすくなります。


今回はオイルポンプの交換のみでヘッド行きのオイルオリフィスの拡大は行ってません。
ノーマルのままです。
ボアアップして1.5倍の排気量にしたので、クランク・コンロッド・ピストン・シリンダーにオイルが多く行く方が安心できます。ピストンシリンダーやクランク軸が焼き付いたというハナシはよく聞きますが、ヘッドが焼き付いたってのはあまり聞かないし・・・




で、
実際に走行してみたら・・・

おお、オイルが回ってるぞ!!

なーんてことは全く感じませんでした。


ただ、なんとなーく、エンジン音の中にヒューンというようなモーターの音みたいなのが入ってるという、明らかな音の変化を感じました。
これって強化オイルポンプの音なんでしょうかねぇ・・・?


では実際に、オイル量が増えたかどうか、お目にかけましょう・・・


いかがでしたでしょうか?


増えた?増えてない?

なんとなーく強化の方が、飛んでる飛沫の粒が多いような気がしますが・・・気のせいかな?





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は純正リアサスをキタコのサスに交換するという企画です。

原付1種の30km/hで走るならいざ知らず、ボアアップして原付2種にして60km/hも出すと、リヤがポヨンポヨンはねて怖いんです。
50キロくらいで走ってると、道路にある少し大きめな段差を超えると3~4回揺れ戻しが収まりません。
タイヤは8インチだし・・・ハンドルも軽いので、まっすぐに走らせることも難しい。
ま、やればできますよ、でもね、神経使うんですよ。ストレスたまるでしょ。気持ちよくないのよ。

大昔のことですが、このモンキーで車線逸脱を1回やらかしてます。路肩にあった段差で後輪がはねてバランスを崩し、対向車線へ!対向車には2tトラックが! そんな汗タラ―の記憶がよみがえります。


そんなこんなでリヤサス交換という流れです、はい。



今回購入したサスは・・・
リアショックアブソーバー(S280)
モンキー(MONKEY)/ゴリラ等
メッキ/メッキ 520-3042800

という商品。(メーカー定価税込5,500円)

上記は1本売りなので、当然ですが×2本購入。

もっと安い、2本売りで5千円以下のサスなどもあるんですが、そうそう変える部品でもないのでミドルレンジの商品の中からチョイス。
安いサスってバネレートが書いてなく、バネが固い商品も混在してるようなので、買ってみないとわからないってところも選ぶにあたっては難しいですね。2週間くらい熟考しましたですよ。考えすぎて頭が痛くなりました(笑)

上を見ればキリがないし、2万数千円のデイトナ製も考えてみたんですが、バネの色が黒。
モンキーリミテッドなのでメッキがいいと思ったんでコレになったんですよね、ノーマルルックっていうことで。


純正サスは上下の穴と穴のセンター間(自由長)で265mmですが、購入したキタコのサスはモンキー用なんですが280mmってことで、いったいどう変わるんでしょうか?
変換 ~ IMG20210606153208


車体から純正サスを1本外して見比べてみます。
変換 ~ IMG20210606154544
バネの巻き直径が大きいですねー。バネ自体の径も太い。
確かに自由長は15mmほど長いですねー、キタコの方が。

上から体重をかけて純正サスを5kgぐらいの力で押してみると、1~2cmほどストロークします。
が、どう考えてもダンパーが入ってるとは思えないほど軽くキコキコと動き、いかにも「私はバネです!」って主張してます。ダンパーが入ってないってことで有名らしいですし純正サスって。

一方、キタコのサスは同じ力で押してもスコスコと動かず、フンニュっていうような一瞬の「間」があります。ダンパーが効いてる手ごたえを感じます。

ほぼ同じ力で押してみると、キタコの方がほんの少しバネ自体は固いように感じました。


買ってきたままですと上下のカラーが入ってないので自分で挿入します。
モンキーは上下とも10mmなので、付属してる10mmのカラーをゴムブッシュに入れます。
上側は手で簡単にはめられたけど、下側が手の力だけではどうしても入りません。

仕方ないんでブッシュゴムを半分ほど取り出し、カラーを半分くらいブッシュに差し込んだ状態から万力で挟んで入れました。
変換 ~ IMG20210606155402
大きな万力なので余裕のよっちゃん(もしかして死語?)で入りましたぁ。

で、こちらが10分後の図です。
変換 ~ IMG20210606160340

新品なのでメッキがさえわたってますねぇ・・・サスゆえにサスがに。



車体は79式5Lモンキーリミテッド。マフラーやチェーンケースなどどこにも干渉することなく、まさにボルトオンで取り付け完了。

バネの調整(プリロード)は5段階のうち一番最弱としました。
全備重量が60キロもないので。

オイルダンパーは入ってますが、ダンパー減衰力調整はついてません。

またがってシートに座ると、純正より少なく2cmほどストロークダウンします。

実際に走ってみると・・・
段差でのポヨンポヨン揺れ戻しはなくなりました。しっかりと1発で収束します。
ダンパー効いてるので当たり前っていえばそれまでですが。

純正より乗り心地は少し硬く感じます。
ですが、純正のサスが柔らかすぎて滑らかだったのでそう感じるんでしょう。
硬さを感じるのは低速域で顕著ですが高速域ではあまり感じずいい走りしてます。
段差ではしっかりとコツンと突き上げが来ますが、これが当たり前のような気持の良い突き上げ感で、
決して嫌な感じの突き上げ感ではありません。
直進も申し分なく、素直にまっすぐ進み安定してます。


15mm長いサスですが尻上がりになってるっていうような走行中の違和感もほぼ感じません。

フロントフォークはノーマルなので、フロントが柔らかすぎって感じはします。

結論としては、
交換して乗り心地も車両コントロール感もアップして、CPの高い、満足いく交換でよかったですぅ~。


ただ・・・


細かいことを重箱の隅をつつくように言えば・・・


サイドスタンドで停車すると、バイクの角度が若干・・・急です。
15mmサスが長くなった影響でしょうか・・・


えー マジですか! ここへきて!


冗談はよしこちゃん(もしかして死語?)ですねー。


とりあえず、1cmほどサイドスタンドの下に段ボールを折って入れてみたら純正サスと同じ傾きになったのでよしとしましょう。

ちなみにサイドスタンドの長さはボルト穴センターから「足」の下面までが18cmですよ。
19cmにすれば良いあるか・・・そうあるか・・・

何か考えましょうかねぇーぇ・・・バチバチと溶接とか? ですかぁ? ふええぇ?

これもモンキーの沼か・・・






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ