Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

モンキーリミテッド

75ccにボアアップしたらオーバーヒート気味のモンキー、その後時間が無くて調整しきれてません。

G.W.の連休中は暇なんで1日に1つ記事を書いてましたが・・・今はそれどころではなく・・・


タペット音みたいなのが、実はノッキング音ではないか!と前回書きましたが、
本当にそうなのかなぁ?

とりあえず、ヘッドの増し締めを1.0kgで実施すると右上と左下の袋ナットが半回転くらい回りました。
結構緩むものです。パッキンが沈んだとでもいうのでしょうか・・・増し締めは必要です。

大事なことですから2度書きます。

増し締めは必要だと。

さて次に、ガソリンをとりあえずレギュラーからハイオクにしました。タンクを空にして入れ替えです。

そして、懸案のタペット音。レギュラーからハイオクにして走ってみても、やはりカチカチと音はします。冷間時はならなくてエンジンが熱くなるとなります。


バルブクリアランス調整、少し隙間をなくしてみます。
今回はシックネスゲージは使いません。指先の勘を頼りにします。
エンジンが熱いので指先があっちっちです。


調整後、走ってみたら・・・


タペット音が消えました。あのカチカチ音は純粋にタペット音だったみたいです。
ノッキングじゃなくてよかったと胸をなでおろしました。



そして一応点火時期も見ておきます。

カバーを外して、タイミングライトで見たら、少し遅れ気味でした。
下の写真に書き入れた赤い線のあたりで点火してました。
変換 ~ 名称未設定 1のコピー
フライホイールはCCW(反時計回り)ですので、赤い線で点火したら少し点火時期は遅れてますね。
上の写真は調整後です。少し早めました。このビミョーな調整が難しい。20分くらい調整にかかる。

6Vモンキーは昔ながらのポイント車。
CDIとかフルトラとか集積回路を一切使用してませんので、某国の電磁パルス攻撃を受けても火星人が攻めてきてもエンジンがかかる(笑)

(火星人が攻めてきてもエンジンがかかる=2005年スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」を参照のこと)

ポイントの調整なんて30数年以上やってませんのでサジ加減を忘れてます。
フライホイールの穴の中に+ドライバーを突っ込み、ポイント基台(ブレーカーブレードの取り付けビス)を緩めてからマイナスドライバーで溝をこじってポイントの基台をほんの気持ち動かして+ドライバーでポイント基台を固定。固定したらしたで、またズレたりします。
0.1mmほど動かすとフライホイール外周では10㎜ほど動くんだから難しい。
ドライバーを持ってる力を抜くと、フラマグの磁石にドライバーがカチンと引っ付くのでやりにくいったらありゃしない。


で、一応これでタイムアップ。試走する時間もございません。
変換 ~ IMG20210509170503

次回、試走してみてどうなるかお楽しみってところです。
変換 ~ IMG20210509170340

そうそう、
プラグはC7HAがついていて真っ黒でしたので、在庫で持っていた新品のC6HAに交換しておきました。
49ccモンキー純正プラグはC5HA(現在の表記だとC5HSA)になります。
(昔のC*HAと、最近?のC*HSAは同じものとなります)

燃調が安定したらCR*HDX-Sでも入れてみましょうかねぇ・・・MotoDXプラグってどうなのよ。
(*は熱価番号が入ります)


その昔、若いころ、エンジン限界1万回転(たぶん)くらいまで無理やり引っ張って走ってたのでプラグはいつも焼け気味。C7HAで調子よく走っていたのでしょう、昔49ccのころは。

今現在は75CCにボアアップしてキャブはCT110と同じPB21。
エンジン回転は低めでガスは割と濃いと思われるので、6番でもプラグは黒いかも。
変換 ~ IMG20210509170339






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さて、今回は標準のフロント12T×リア31Tのスプロケットを高速寄りにするという企画です。

ご存じの通りモンキーにはセンタースタンドが付いてないので、雑誌1年分12冊を下駄にします。
変換 ~ IMG20210507113842
古い「ラジコン技術」が役に立ってくれました。

ササッとタイヤを外します。
変換 ~ IMG_20210507_230829
ノーマルのドリブンスプロケットは31Tです。

今回は、キタコの26Tスプロケットをご用意いたしました。
変換 ~ IMG_20210507_230841

モンキー用って安いのね・・・420サイズだからですかーね?
変換 ~ IMG_20210507_230853

まだ3千キロしか使ってないので山が減ってるとかはしてないですね。
変換 ~ IMG20210507114536
それにしても30数年分のごみで汚い・・・

ひっくり返すと段差がありますが、6V車は段差を内側にして留めて、12V車は段差が外側らしい。
変換 ~ IMG20210507114600
チェーンラインが6V車と12V車では違うということのようです。

さて、フロントのドライブスプロケットは、ノーマル12Tを14Tに交換します。
変換 ~ IMG20210507115024


変換 ~ IMG20210507115203

ついでにブレーキ周りも分解してブリスアップしておきますが、ほとんどグリスが切れてました。
変換 ~ IMG20210507123035
ほぼほぼ乾燥状態。フロントもした方が良いかな? →した方がいいに決まってるぢゃないか!

リアタイヤを組みます。
変換 ~ IMG20210507132325
なんかよくわかりませんが、普通、ハブにダンパーゴムが付いてるじゃないですか。
このモンキーには付いてない・・・こんなんでいいのか?

30数年ぶりに使うチェーンも、チェーンクリーナーで完全に汚れを落とし、新品同様?
変換 ~ IMG20210507142358
で、このあと、試走に出かけたわけなんですが、ちょっとした事件が。



この日は天気も良く、気持ちよい風に吹かれて、近場を軽く流す予定だったのにもかかわらず、少し遠出をしてみようと思ったのが運の尽き?



やめときゃいいのに、よりによって都内から狭山湖多摩湖あたりまで20kmほど走って遠出したんですよ。
sayamako
このあたりに住んでいる方なら当然ご存じかと思いますが、狭山湖多摩湖なんていったら一応貯水池ですから周りより小高い丘陵になっていて結構アップダウンが多いんですよ。

何が言いたいかというと、
こんなところへ行ってしまうと、心臓手術してリハビリ中の人が山登りするようなものなんですよねーぇ。たとえが悪いけど。


しかも、今回は高速寄りにスプロケを変えてます。
speed
スプロケ14×26へと変更してます。つまり高速側、つまりエンジン負荷が大きい方・・・

今回の遠出、ちょっと心配ではありましたが、

30数年ぶりのモンキー・・・

久しぶりの遠出・・・

交通量が普段より少ない快適な道・・・

春らしい いい天気・・・

全身に感じる心地よい風・・・

ボアアップしたばかりの逸(はや)る心・・・


それらが幾重にも重なり、気持ちがハイになっていたんでしょうねーきっと。




坂を上るたびに・・・


エンジンの鼓動が徐々に重たくなっていきます。
いわゆる「熱ダレ」の症状です。

いったん止まると、1速でクラッチミートするとエンスト・・・
やや回転数高めでつないでいかないとすぐにエンスト。
これはまさにエンジン出力が下がってる証拠です。



もしかして、これってー  オーバーヒートしてる?


そうです、そのもしかしてのオーバーヒート。
タペット音が徐々に大きくなってきたような気もする。
気温が26℃くらいあるので比較的気温は高めのほう。

普通は気づいた時には手遅れ のパターン。

長年の勘でしょうか・・・気が付いたんです、オーバーヒートっぽい兆候の熱ダレを。

仕方ないので、所沢市内のMINISTOPで休憩1時間・・・そのまんま猿人休憩。サルも人も。
変換 ~ IMG20210508151622
今回は「無駄な買い物シリーズPart3」で買った「スマホホルダー」が役立ちましたGoogleマップで。


そして続く退屈タイム・・・


暇でした・・・


エンジン冷えるまで。



3分間待つのだぞ。  

いや 1時間待つのだぞ。
           じっと我慢の子であった
・・・

などとくだらぬことを口ずさみながら・・・
今の若い人は、わかるかなぁわかんねぇだろーなー
などとくだらないことを考えつつ・・・

そして、こ1時間たったころ・・・ようやくエンジンが少し冷えたので走り出します。
途中何度か「じっと我慢の子」を繰り返しつつ、なんとか帰り着いたのでした。


で、ここで疑問だが、なぜに少しばかりの坂道ぐらいでオーバーヒートなんかしてるのか?

慣らし中なのでスピードと回転数を上げないように高速寄りのギアばっかり使ったせいもある。
よくよく考えたらこの時点でまだ20kmくらいしか慣らし運転してないし、そもそも論だけどボアアップマニュアルを改めて読んでみたら、

●エンジンオイルは当社指定のオイルを必ず使用して下さい。(推奨エンジンオイル: eIf MOTO4 プロテック)
●ガソリンはハイオクを使用して下さい。ノーマルに比べエンジンのコンプレッションが上がっている為、レギュラーではノッキング等の原因となります。

とキタコの75cc Lightボアアップキットマニュアルに書いてあるのに、ガソリンスタンドで間違えてレギュラーをタッチしてしまったもんだからそのままレギュラー入れてしまったんですよ。もしかしてそれかぁ?
根拠のない「まぁ大丈夫だろう」という甘い悪魔のささやきは聞こえなかったが・・・

ノッキングは出てなかったように思うが、もしかしてもしかしたらあのタペット音だと思ってたのはノッキング音だったのかぁ~(長年の勘がドン底に落ちた瞬間でした)


熱量が多い高圧縮比エンジンってめんどくせーな(いやそういう問題じゃないって)
ハイオク入れてほんの少し点火時期早める・・・点火時期遅いとオーバーヒートしやすいし、5L6Vモンキーはそもそも進角なんか付いてないから高速回転時に不利。進角調整入りのCDI装着か?作るか?その前に12V化!とやること山盛り。



このままじゃ夏に乗れないぢゃないか!

というのが今のところの素直なキモチ。




原因究明の旅は 始まったばかりであった・・・

つ づ く





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

モンキー、その後の経過です。

75ccにボアアップし、キャブをPB21相当品に交換し、エアクリーナーをいわゆる「パワーフィルター」というモノに交換して走ってみた結果、低回転域のトルク感がまるでなく、中速回転域以上になると一気に加速するという特性になってました。

出だしが、「まるでダメ男」君です。

パワーフィルターって高回転域ではいいんですが、低速中速回転では使い物にならんってのは当たり前なハナシではあります。

ということを踏まえたうえでの結論としては、
エアクリーナー部分で空気を絞ってトルクを出すことにする。

つまり具体的には、

パワーフィルター  → 純正エアクリーナー

で、何とかしようってのが今回の企画です。

さて、今の段階でこうなってます↓
名称未設定 2のコピー
このパワーフィルターを取って、純正にチェンジするには口径が合いませんので・・・

パワーフィルターから使えるゴムの口の部品を外して純正ボックスの口に被せます。
変換 ~ IMG20210502152552

そして無理やりつなげる(笑)
変換 ~ IMG20210502152700

何とかすれば何とかなるもんだ。タダでもらったパワーフィルターが役に立った瞬間でした。
変換 ~ IMG20210502153259
で、このような無理やり変換した後に、走行テストしてみたら・・・

バッチグーになりました。

低回転域から高速まで伸びるようにトルクが付いて加速していきます。
やはり、入り口を絞って正解だったようです。

パワーフィルターのもおおおおおおお・・・という音も、

純正エアクリーナーのおかげで、「ちゅとととととと・・・・」くらいに吸気音も静かになってよかった。




ただし、ただしなんですが・・・・

1速ですぐに吹け切ってしまう。たぶんその時のスピードは「走ってるヒト」の方が早い・・・
2速発進も可能→1速いらないじゃん!大型トラックじゃないんだから・・・

また、
エンジンがうなるほど回しても最高速が60キロも出ない・・・50キロ前後が限界だ!

なんで?

おお そ、そうだ!! 買っておいたキタコのスプロケットを忘れとった!

そこで、14Tのドライブスプロケットを取り出し、交換しようとした。  が、
変換 ~ IMG20210502153408

今ついてるチェーンが72リンクで短くて入りません。74リンクなら入るんではないかと・・・
変換 ~ IMG20210502153729
もちろん後輪のアクスルシャフトを緩めて左右のチェーンテンショナーも緩め、
タイヤを後ろから蹴っ飛ばして前に出してますよ・・・チェーンを最大に緩めてます。

でも入らない。チェーンが5mmほど足りない・・・



じゃー、チェーン買ってくるか、チェーン。74リンクの。

と、5秒ほど思ってみたけど、6秒後に、ドリブンスプロケットを31Tよりもっと小さいのに交換するって手もあることに気づく。



ならばシミュレーションしてみよう。
以下の表をExcelに数値と計算式入れて出してみた。
speed

今のスプロケ構成(前が12T後ろが31T)だと、8,000回転回しても54キロが限界だとわかった。
7,000回転では47キロしか出ない。

どおりで50キロ前後しか出ないわけだぁ~
と、激しく納得。うんうんうんうんうん


前を14T、後ろを28Tにすると、8,000回転で計算により70キロ出ることがわかる。
7,000回転でも61キロ出るだろう。

総減速比で見ると、1速の29.972が23.207となり、出だしの1速が、2速寄りになることがわかる。
つまり、総減速比で考えると、今までの1速がなくなって、2~5速になるというイメージ。

エンジン出力を無視してギア比だけで計算するとそういうことになることだけはわかった。

さて、後ろを28Tにして大丈夫かぁ

つづく・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

原付二種ステッカーを貼ってみた。

カッティングシートから切り出して自分で作った後に・・・

運よく、偶然なタイミングで、しかもほぼタダで、このステッカーを入手。
変換 ~ IMG20210417150514
自分で切り出した△マークがなぜか小さいのは、なぜ? 寸法間違えた?んなことないはずだが・・・

フロント側、運よくカーブラインが合っていて、最初から貼ってあったかのように見える気がする。
変換 ~ IMG20210417151112


変換 ~ IMG20210417162200

リア側は、貼るところがないので、マッドガードに。
変換 ~ IMG202104171622091
ま、これでいいんじゃね?(注:ナンバーの数字等は実際のモノではありませんフォトショで書き換えてます)

「車検合格」っていうステッカーは、はるか昔に鈴鹿でやっていたエコノパワーレース出場時の車検合格のステッカー。



それからオイル交換もしておく。
30数年前のオイルではさすがにナニですので、Sam Sure(サムサーラ)の0W-40を入れた。
ウルトラローフリクションとか、
3万キロまでオイルチェンジ不要
などとうたってる実に怪しげなオイルだ。(笑)
変換 ~ IMG20210420141513
航空機で無重力・逆重力になって・・・つまり、オイルがオイルパンの底に溜まってない状態になってもエンジンが壊れんオイルなんだとか・・・ホントかね?
「エステル分子が金属表面に吸着するので油膜切れを抑え、スタート時のドライスタートによる摩耗からエンジンを守ります」とは書いてありますがな・・・

バイクにはオーバースペックだったりして?

その前に100%化学合成油だけど入れて大丈夫か?旧車だからゴムやパッキン溶けないか?
→もう入れちまったから不安は的中した後で考えよう!(なんのこっちゃ?)

モンキーの現時点での走行距離は・・・
変換 ~ IMG_20210420_174227
なんと、3,187.4kmと、予想外に少ない。




友人のバイク店から郵便で電球が届く。
変換 ~ IMG20210418170901
ニュートラル(6V3W)やテールストップ球(6V 10/3W)が切れていて、頼んであったもの。

マジックでボルト・ワットを記入。
大きくマジックで書いておくと迷わずすぐに交換できて後々ハッピーになれます。
変換 ~ IMG20210418171140
ニュートラル3個
メーター球1個
テールストップ球4個
ウインカー球2個

さて・・・これだけあれば、何年分使えるでしょうか?



で、暖機運転してから街中試走を3kmほど実施した結果です。

49ccに比べて75ccなんで当たり前だが加速が良いし、トルクが太くなってる。
キャブはPB21でも使えそう。ただ、初期加速が少し鈍い。
タコメータがないので回転数不明だが4千回転くらいまでの上昇が遅く(トルクが薄く)、それ以降はまるで4サイクルエンジンがいきなり2サイクルエンジンになったかのように劇的に加速していく。この小さな車体なので余計早く感じられる(地上高が低いため)

なので、当然ですがキャブセッティングが必要。
1、現状、NJ上から3段目→上から4段目にする。(中間加速時のガスを濃いめにする)
2、スロージェットが現状で全閉から1/2回転戻しで回転数上昇なのでSJ番手が大きい→番手を下げる。(しかし現状番手刻印がなく選びようがない。現状がもし#38なら#32へのイメージ)
3、パワーフィルターなので吸入空気量が多すぎ、比率としてガスが薄くなってると仮定した場合、わざとノーマルエアクリーナーボックスに戻して吸入空気量を絞ってみる。結果としてガスが濃くなる。(初期の吸入流速が遅いため初期加速が悪く、高回転になるにつれて吸入流速が早くなって加速UPしてると予測した場合=中間域までのトルクが無い)

ガスが薄いのか濃いのかも、まだ充分走り込んでないのでよくわからんし、確定的な要素もなく、これから時間かけて勘と試行錯誤で調整しなきゃいけないですね。

あと、足元からのエアー吸入音が結構うるさい。タダで付いてきたパワーフィルターのせいだと思う。

メーター読みで50km/hまでは確認。
慣らし運転中のため最高速は不明。
最高速が80km/h出たとしてもそのスピードどこで出す?
公道じゃ出せない→MAXスピードよりも街中での中間加速や常用燃費の方が重要じゃね?

てな方針なわけで、行きつく先は・・・先は長いが面白い。



ついでにCT110もオイル交換。
変換 ~ IMG20210420160741
こっちは53,335kmで、前回交換から約1,100km走行で交換。
だんだんと気温が高くなってきて冬用オイルの5W-30じゃキツくなったため早めの交換。

こっちのオイルは鉄板銘柄のG1(10W-30)で・・・初夏仕様
変換 ~ IMG20210420160756

真夏になったら15W-40かなぁ・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

モンキーの75ccボアアップ作業の2日目レポです。


部品が早々と到着! 友人のバイク店より郵送で届いたので・・・
変換 ~ IMG_20210415_195855

いったん仮に組み立ててあったヘッドをバラします。
変換 ~ IMG20210416124821

このカムはベンリイSS50のカム。JKと刻印してあるいわゆるJKカム。
リフト量とオーバーラップがモンキー純正より大きいらしい・・・
変換 ~ IMG20210416124833

カムを外して次はバルブをバラします。

と、ここで、
私なりに、磁石作戦のバルブスプリングコンプレッサーでコッターピンを外そうとしていたら・・・


神の手」が突然目の前に現れて、

12mmのソケットと延長バーを手に取ると・・・

プラスチックハンマーでいきなり、ターンと・・・一発 叩く!
変換 ~ IMG20210416125213

するってーと、いきなりですがコッターピンが取れていたのです。
変換 ~ IMG20210416125258
こういう手があったんですか・・・ 目からコンタクトが落ちそうになりました。


というわけで、サクサクと分解していったのでした。
変換 ~ IMG20210416125431

さて、
外したバルブは、やはりというか、かなり汚れてます。
変換 ~ IMG20210416125539
吸気側が汚い・・・バルブが吹き抜けていた?

こっちは排気側のステムシールです。新品部品が来てますので交換してしまいます。
変換 ~ IMG20210416130550
ステムシールは排気側だけしか使ってないですが部品は2個来ました。なんで?予備?

次はリューダーを出してきて・・・
変換 ~ IMG20210416131857

吸気側と排気側のポートを軽くキレイにしておきます。
変換 ~ IMG20210416132444
過去にポート拡大はしてありますので、煤や汚れを取り除くくらいです。

バルブもテキトーに磨き・・・
変換 ~ IMG20210416134824

バルブシートはバルブ専用コンパウンドですり合わせ。
変換 ~ IMG20210416141844

バルブコッターは例の方法で瞬間的に入れます。(過去記事のCT110の時と同じ手法です)
変換 ~ IMG20210416143628

今度は間違いなく新品のノックピンを2個入れて、Oリング2個とヘッドガスケットを確認してヘッドを乗せ、ヘッドカバーの上下も確認して、1回目はトルクレンチ0.5kgで締めこみます。
変換 ~ IMG20210416152540
2回目は1.0kgで本締め。
規定トルクは1.2kg・mですが、またしばらくしたら増し締めするので今回は1.0kgでやめときます。




タペットクリアランスはIN・EX共に0.06mmで。
規定クリアランスは0.05mmですが、個人の好みで0.06mm。
変換 ~ IMG20210416154654

タペットカバーは「ボアアップ記念」を祝して新品をご用意いたしました(笑)
変換 ~ IMG20210416154852

キャブもボアアップを祝してPB21互換品のバッタもん(バチもんともいう)のキャブをご用意いたしました(爆)
変換 ~ IMG20210416170335
スロットルケーブルは純正そのままで流用。

ガソリンコックがタンク側とキャブ側の2系統あるんでややこしいんですが、
キャブ側コック2つのうち、RESの方をガスホース終端溶着で封鎖。封鎖しないとガスが駄々洩れするので。

フィルターは怪しげなパワーフィルター。PB21キャブにこれもタダで付いてきたおまけの品。
タダほどありがたいものはありません?(笑)


こんなんで果たしてエンジンはかかるんでしょうか?? 



果てしない水平線の如く、ここに無限の謎が広がります。







というわけで、一応75CCボアアップは完了しました。


そう、終わりました。

当然、
作業が終わったということと、エンジンがかかるということは別問題だと認識はしてます。






それでは・・・

とりあえずマフラーを付けて、エンジンをかけてみましょう。




 
エンジンが一発でかかってホッとしました。
点火時期もタイミングライトで一応確認しておきます。
後日、ハイオク入れて走ってみて、進角は早めることになるとは思います。

何回かエンジンの入り切りのためキックをしてたら、ケッチン食らいました。
右足の土踏まずがまだ痛いです。

ケッチンなんて、モンキーで食らったの初めてです。

オイルがきちんと上がってるか確認ですが、
上のタペットカバー開けて、エンジン吹かしたらオイルが飛び散ったのでオイルもちゃんと来てるようです。

暖気が終わってエンジン吹かしても普通に回転が立ち上がるので、このまま走れそうな気がします。


ということで、次は実走行ですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ