CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

CT110ハンターカブ

さて、2014年2月から使い始めて7年、LEDのPH7が暗く感じてきた。
LowとHiを入れ替えてごまかして使ってましたが、もう限界のようです。

というわけで、2灯あるうちの常用してかなり暗くなってしまった1灯のみを更新してみました。
(CT110ですが、モンキーバハのヘッドライトユニットを使用してます)

今回のブツは・・・
バイク LEDヘッドライト H4 H6 PH7 PH8 30W COB 3面発光 6000K ホワイト 3000ルーメン Hi/Lo DC/AC 9-18V 送料無料 2,150円 という商品(やほおしょっぴんぐにて)
変換 ~ IMG20210210154243
3面発光とは要するに、Lowで「10W×2個」、Hiで「Low10W×2個+Hi10W×1個」のLEDチップが光るって仕組み。

今までのがLow8W Hi8Wだったので明るくなるはず・・・

新旧比較です。青いヒートシンクの方が旧LEDです。
変換 ~ IMG20210210152114

右側が旧品のまま。
変換 ~ IMG20210210154041

左側を新しいブツにした。
変換 ~ IMG20210210154031
ヒートシンク部分が少し小型化されてるようですねぇ。

旧品の光り方はLEDが1個なのでこんな感じ。
変換 ~ IMG20210210154134

今回のは10WのLEDが2個光ってるのでかなり明るい。
変換 ~ IMG20210210154140


2灯ハイビームで、ご覧の通り。
変換 ~ IMG20210210154119
左右の色味が若干違うのは仕方ない。

夜間に走行してみたら、当たり前ですが以前より明るくなったようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回書いたように、どこで作られたかわからない無印悪品のバッタもんキャブがあまりにもヒドイ。
どー考えても性能が悪いので元通りにした。

なお、バッタもんからパーツを流用してないし、純正キャブからの流用もせず、
比較のため単体でのみ使用していたことを付け加えておきます。
やたらと合わせ技を使うと何が良くて何が悪いのか症状・性能等がわけわかんなくなりそうなので・・・

比較してみると各パーツ類はほぼ同じに作られているんだが、なんで性能が悪いんだか、
よーわかりません。加工精度?素材の良し悪し?

価格差=性能差

値段は伊達についてないっていう典型例だと思います。



上:バッタもん
下:純正
IMG20210207133252s
長さは同一、若干純正の方が真ん中へんが痩せて細いが、おそらく経年劣化ですり減ったものと思われる。
アクセルのON・OFF時のつなぎの滑らかさが欠けるのは、この部分の劣化によると思われるので、
ジェットニードルもセット(針と穴)で交換した方が良いかもです。
(この点に関してだけはバッタもんの方がつなぎが良かった)

同じく、上がバッタもん。アルミ製でテフロンコーティングもされている。
IMG20210207133510s

そのまま引っこ抜くとガソリンがダダ洩れするので、使わなくなった鉗子でホースを挟む。
変換 ~ IMG20210207130041
これで流血せずに移植可能?

変換 ~ IMG20210207130525


ガソリンタンクの下部からタンク内部の汚れが出てくるので、
サブタンクのラインにだけフィルターを付加した。
変換 ~ IMG20210207135921

これで治ったはず?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前換装したバッタもんのキャブ・・・

走行中、中速域で加速しようとすると、ガスが足りない息つき症状が出て加速しなくなったり・・・
信号待ちでいきなりエンジンが止まったり・・・
何回キックしてもエンジンが始動しなくなったり・・・

家から300mほど走ってエンコして大汗かいて家まで押して帰ったり・・・5回ほどでしょうか(笑)

などと、いいことがあまりないような気が。

燃費も、以前は42km/L~48km/Lは走っていたが、32.54km/Lとか,31.82km/Lって、
なにがどうすればそうなるの?

キャブ内部ニードル部分のガソリン霧化がよろしくないのか?
ガソリン流路の加工精度がイマイチ、いやイマ二、いやいやイマサンなんだと思う。


最後のアガキと、家から新木場の小型船舶検査機構まで無理無理走ってみたが、
途中、いつ止まるのかハラハラドキドキと不安しかない。
変換 ~ IMG20210206155302

てなわけで、純正キャブの修理も済んだので組み換えしかない、と思うコロナ禍の昼下がりでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CT110のガソリン(コック)バルブのゴムの四つ穴パッキンが来たので交換してみた。

入手先はヤフオク
「ホンダエンジン  燃料コックパッキン GX120 GX140 GX160 GX200 GX240  キャブレター 家庭菜園 部品 修理 本田   (honda gasket1)」
税込260円+送料63円と安価に済んだ。

左側が新品、右側が旧品、明らかにすり減って薄くなってる。
変換 ~ IMG20210107150034s

表面も、すり減ってる。
変換 ~ IMG20210107150055s

ちなみにゴムのパッキンはここへ入る。
変換 ~ IMG20210104194317s


入れて・・・
変換 ~ IMG20210107150129s

近場に転がってた2.6mmネジをきつくしめて終了。
変換 ~ IMG20210107151505s
ネジの種類が違うので、いいのを探せばよいか・・・


フロートはオールプラスチックで液面調整さえできないので、ニッケル板を加工してつけてみたが、
変換 ~ IMG20210107153225s

ビミョーに調整できるようにはなったけど、
いかんせん信頼性に?が付くのでフロートごと交換した方がやっぱり良いかも。
変換 ~ IMG20210107153311s

というわけで、バッタもんのキャブで走ったデータが取れたら純正キャブと交換する予定。
今のところは走って大丈夫そうだけどガスが薄い。ニードル1段下げても薄い。
2段下げ(つまり一番下)も実験してみるつもりである。

このところの寒波で非常に寒く、CT110に乗ってないので、交換するのがいつになることやら・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2か所でガソリン洩れを起こしていたCT110純正PB21と思われるキャブをバラしてみた。
変換 ~ IMG20210103163312


まずはコックの部分。

案の定というか・・・
変換 ~ IMG20210103163322


パッキン割れとるしー!!
変換 ~ IMG20210103163410s
しかも、通常は穴の周りが盛り上がってるはずだが、表面が平らになっていて、これじゃー洩れますわぁ。

実測値は幅が2.81mm、おそらく新品なら突起部分含めて3mm以上ないとおかしいはず。
変換 ~ IMG20210103165927


直径15.83mm。
変換 ~ IMG20210103165958

スグに部品注文をかけておきます。
CT110の部品では出てきませんが、HONDA除雪機用なら部品が出ます。

2つ目の漏れの部分のチェック。
変換 ~ IMG20210103173032
規定値では「液面10mm」のハズなんですが、ビミョーにおかしいかな?

ほんのわずか、9.5mmとか9mmとかですがフロートが上、つまり液面が高い・・・
変換 ~ IMG20210103173042
全部プラなので調整できないし・・・

浮力チェックは水でしかできませんけど、浮力は一応OKでした。

ガソリンは比重が0.73から0.76ってことなんで水よりも浮きにくく、フロートが沈む可能性大です。
ガソリンだとガソリン成分が湿潤してフロート自体が重くなっているのかもしれません。
変換 ~ IMG20210103173144



バルブは特に怪しい点は見当たりません。
変換 ~ IMG20210103173436

オーバーフローの原因としてはフロートの経年劣化が原因でしょうね。

1986年生まれですから34年間ガソリン漬け・・・プラスチックが痛まない方がおかしいはず。

新品パーツを取るか、フロートを修理?製作?するかのいずれかをしたいと思います。

ガソリンコックは圧着部分を破壊して分解したので、なんとかせにゃ です。
変換 ~ IMG20210103180955


破壊した部分に2mmで穴をあけて、2.6mmタップでネジ切りします。
変換 ~ IMG20210104193252


ネジが切れたので、パッキンが来たらコック部分は復旧可能かと思われます。
変換 ~ IMG20210104194317s


さーて、フロートはどうしようかな・・・

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ