Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

CT110ハンターカブ

CT110にサイドバックを装着してみましたよ。
 
買ってきてポン付けではつまらないので、やっぱり手作りです。
 
 
まずは材料↓ 使い古しのGAPのバック。それと30mm幅のベルト1mとバックル2セット。
0dfb7802.jpg

赤い枠の部分2箇所にベルトを縫い付けます。
 
ミシンはモーター直結の安価なものの方がいいです。
マイミシン↓ 
5a82d447.jpg

このミシンは「 ジャガー」ではありません、「ジャグワァー」ですw
 
#20のミシン用としては一番太い糸です。1巻398円(新宿 岡田屋) 
針は皮革用のミシン針。針通りを良くするためにシリコンスプレーも必要です。
2fa552f2.jpg

 
縫製後↓
0a625874.jpg

 
CT110に装着してみます。↓
aca2642e.jpg

 
装着後の全体像↓ いい感じです。手持ちのあまり物でも転用してみると面白いですネ。
328c887f.jpg

 
中身はカッパとレインブーツカバー・レイングローブ・荷物用ネット・軍手など・・・
普段は使わないけど無いと困るものを詰め込んでみました。
黒鉄箱がこれらでいっぱいいっぱいなのでサイドバックへ引越しです。
 
バックルを外せば、普通のかばんにもなります。
 
問題は、防水性と耐久性ですかねー・・・
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CT110は鉄のリムである。スポークである。武骨である。頑丈である。
 
そこが一番良いところではあるが、鉄のリムって経年変化で錆びてくるのが泣き所ですよねぇ。
 
んで、
 
やおら、バネ下重量の軽量化という名目と共に、行動を開始することに。
 
アルミリムもピンキリで、上から行くと、RKエクセル(高砂)・D.I.D(大同)が有名ではあるが、これらを選ぶと、全く持って問題ないと考える。
 
実に安心である。
 
しかしここはひとつ人柱となって、タイ製のRacing Boyというものをチョイスしてみた。
 
天邪鬼なのだろうか・・・いやいや、単なる安物買いの銭失いっていうものかと・・・
 
 さて、元に戻って
 
サイズは純正同様1.40-17 36Hを素直に選択。
 
では早速フロントから・・・
 
元々の鉄リム。なぜかCB50Sのフロントホイール
a02d73f5.jpg

 
ディスクローターはいったん外して、左右からの写真を載せておきます。
あとでスポーク組む時に悩まなくて済みますから・・・
9d40fe78.jpg

 
283bf921.jpg

 
一気にバラします。ハブがスポークの足でふらふらとヨタってます。
14b31c2f.jpg

 
もうこうなったら、後には引けません。前進するのみです。
 
リムバンドを外すと、中身はやはり、サビがスゴイことに・・・ゲッ!
cc17b54b.jpg

 
ハブの部分も、かなりアルミが腐食ってます。
7ffb01e4.jpg

こちらは後で表面処理してからプラサフ+黒スプレーします。
 
今回のミッションの目的は「軽量化」であります。
なので、実測。
まずはCB50Sの純正鉄リム・・・
7b26422f.jpg

1350gと出ました。
 
では、アルミリム・・・
2ff73631.jpg

こちらは1040gと出ました。  なので310gの減量ですね。
 
次に、ニップル・スポーク・リムバンド・チューブ・タイヤを綺麗に清掃してから組みこみます。
今回のミッションで一番時間がかかった部分であります。
全て新品なら1/3以下の時間ですむでしょう。
 
前輪のニップル穴角度はドラムブレーキハブ用に作られているので、若干アタリの部分を修正。
85c3eeb0.jpg

タイヤ組む時はビートクリームなんて贅沢品?は使いません。
 
クレ ポリメイトです!タイヤもキレイになって一石二鳥。言うことなしです! (オイ!いいのか?)
 
今までは大丈夫でしたが・・・何か問題でも? 
 
 
で、いきなり完成・・・
6566672c.jpg

 
ハブは所々白く錆びてたので、CT110の後輪のように黒く塗りました。
9ca43773.jpg

リムの色はアルミシルバーではなくチタンカラーなので、リムは少し黒みがかってます。
 
 
では、間髪入れずにリヤホイールに取り掛かります。
作業前
3e21aa28.jpg

リヤも左右から写真・・・
73350860.jpg

 
86081bf4.jpg

一応スポークの長さは、きのこの頭の端から163mmありました。
 
ん?PLによると158mmと158.5mmと書いてある。新品を用意してなかったので、きのこの頭からの寸法を引いたとしても若干長さが長い・・・
 
Q:スポークって使っているうちに伸びるの?
 
A:伸びる
 
B:伸びない
 
・・・・・
 
 
 
考えてても答えが出ないので、先を急ごう。(C:わからん というのが解答)
 
 
リアホイール実測・・・
935b9d92.jpg

1810gと出ました。 お 重い・・・
アルミリムはフロントと同じで1040g・・・なので770gの計量化達成。この差が走りにどう影響するか・・・?
 
 
 
だんだんと暗くなってきたので、とっとと組んでしまおう。
 
急いだので途中経過なし。 いきなり完成。
3e122647.jpg

 
866cccb5.jpg

 
あっ、そうそう・・・肝心なことを書きそびれてますね・・・スポーク組み直して、左右上下に歪まないのか? と。
 
新品のリムはある程度きっちりと製造工程において真円に作りますので、ゆっくりと均等にニップルを締めつけていくだけでも、メーカー規定値の2mm以内という精度は出ます。
このタイ製のアルミリムもかなりいい線でできてました。でもちょっとアバウトかなー・・・
 
今回は上下左右0.5mm以内を目標にしました。これ以上は無理です、このリムは。
 
張力は、交換する前に叩いた時の音を参考に、詳しくは省略・・・。
 
 
 
ただねぇ・・・この製品、惜しむらくは、溶接部分の処理。
 
溶接バリの部分を最終的に削るわけではあるんですが、削りすぎなんですよねぇ。
 ビートの内側の立ち上がり部分を削り過ぎてしまってます、2本とも。
 
 
さて、交換後のインプレッションは?
 
センタースタンド下ろしたときに落ち方が軽くなった印象。 
ドスンと降りていたのが、 トスン 位に変化。
 
停車中の人力取り回しが軽くなる。
 
走ってみると、加速が体感的にちょいとアップ。(10~20%の範囲でUPかな?)
 
減速は、ブレーキ性能も若干UP。(これも10~20%UPかな?)
 
走行中の針路変更が楽に(軽く)なりました。倒し込みで良く倒れます。慣れてないから倒れすぎる。
 
・・・とはいえ、組み終えてから慣らし運転後シェイクダウンもしないといけないので、フル加速・フル減速などはまだ先です。 
 
 ここまではアルミリム化いいことだらけですよね。
 
 
 
 
でもね・・・
 
 
 
でもね・・・
 
 
 
ハッキリとわかる悲しい?お知らせが1つあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗り心地が悪くなってしまったー
 
細かい路面の凹凸、たとえば横断歩道のペイントのわずかな段差とか・・・
ダイレクトに細かい振動までもが伝わってきます。
 
これがトレードオフっていうものなのか・・・はてさて違う要素によるものか?
 
 
調査はつづく・・・
 
 
 
 
本記事はご自身でアルミリムに換装をするということを勧めるものではございません。
 
本記事には書かれていない点もございますので、完全なる換装マニュアルということでもございません。
 
タイヤホイール等の足回りは走行系の最重要部品で、命を載せています。
(こんな改造で事故ったら、自分はもちろん周りの人も危ないです)
 
腕と技術と経験に絶対的な自信のない方は、安全のためバイク屋さんにご依頼くださいませ。
私自身が技術があるという意味ではございません! 
ないです→真似すると危険(ココが言いたかった)
 
 
老婆心ながら皆様の幸せのため加筆させていただきました。

20151103追記
アルミリムについて、ありがたいことに「2ちゃんねる」でも書かれているようですが、最終的なインプレッションについては以下のエントリーもご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回のお話は、(ハンターカブがらみで)「カブ」のエンジンを割ったときのオハナシ。
 
5万キロ走破のカブ50のエンジン。
 
カムチェーンあたりから異音が出ているとのことで、カムチェーンとクランクシャフト、ピストン周りの交換修理。
 
エンジンを割ってみると・・・なにか下のほうに溜まっている・・・お?
1c24fe68.jpg

 
 
ドライバーでほじくってみると、ギラギラした粘土状のモノ。なんじゃコリャ?まるで「タミヤパテ」みたいだな。
6cb1a049.jpg

金属糞 じゃなく、金属粉 ですね、コレは。
 
この金属粉は、スプロケットが細かくなったもの。
 
実はこのエンジン、カムチェーンが懸かっている「カムチェンガイドスプロケット」という部品のギアの山がものの見事に全てなくなっていたのである。肝心の丸くなってしまったスプロケット写真が無いのは、手がベチョベチョで写す手が。。。
 
下の写真は違うエンジン。
黄色矢印が、カムチェンガイドスプロケットである。
このギアが丸くなる・・・どういう風に乗ればそうなるんだろうか? 5万キロだから?
38e60eae.jpg

 
で、最初の50のエンジンは、ほぼ組付けを終えた。
あとは、ピストンとヘッド周りを残すのみ。
こちら側は右側クラッチの方。
0c24a0d3.jpg

 
使い込んだエンジンの中身を観察してたら、自分のエンジンの中の音、「こんな音あんな音」がどの部分から発生しているのか想像できて、面白い。
 
調子が悪くなる前兆のちょっとした音の変化も、「部品の配置やその部品の動き・仕組み」がわかっていれば想像しやすく、事前の整備にも役立てることができるようになるだろう、たぶん。
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の記事は、なんだかんだと みっちゃんぽんのCT110をご紹介いたしましょう。
 
まずはヘッドライト、モンキーBajaの2眼を移植。
左眼には5Wの自作LEDランプ、右眼には35WのHID(遮光版付き)が入ってます。
 
c5f76010.jpg

 
 
次はフロントブレーキ
CB50Sのフォークとディスクローター、マグナ50のキャリパー・マスターシリンダーなどで組んでます。
 
308ebe63.jpg

 
お次はフロントの泥除け、マッドガード。
 
フロントタイヤによく巻き込んでしまう事象がハンターカブには多いと聞きます。
 
なので、一考。
 
ホームセンターやハンズなどで売っている素材、(ブチル)ゴムの板3mmを買ってきて自分の好みの大きさで切り出して付けてます。適度に厚くて硬いので巻き込むことはまずありません。
好みの長さで自由に作れますし、見栄えも・・・悪くないとは思いますが。
 
481530f5.jpg

 
 
マフラーの穴あき
これもCT110の持病ですが、いちいちマフラーを変える(買える)わけにもいかないので、錆ついて小屋に打ち捨ててあったTVアンテナ支柱の鉄パイプを切って自分で溶接してます。
作ったのが去年なので、溶接部にちょっとサビが浮いてきてしまってますね。
 
腐食の原因になるといわれているグラスウールのようなクッション材「プロテクターバンドパッキン」は・・・
捨ててしまいますw
 
適当な薄鉄板を蛇腹状にクネクネ曲げて「プロテクターバンドパッキン」があった隙間に入れ、上から耐熱塗料で塗ってアングル共々マフラーと一体化させています。
 
568ba53b.jpg

 
最後にご紹介するのが、先ほど取り付けたカーナビ。
最近は¥9,800で売っているなんて・・・うむぅ~ 安くなったもんだ。
でも画面サイズ7インチは ちとデカすぎたか・・・
 
スピードメーターが隠れてしまいますが、ハンドルバーなど下のほうにカーナビを設置すると、ヘルメットのチンガードでよく見えないんですよね。だからここら辺につけてみました。
 
じゃぁスピードはどうやって確認するの?
 
実は大丈夫なんです、タコメーター5,400回転の時が60km/hなので、それで確認できます。
 
ホントはエンジン音でわかると、カッコイイこと書きたいところですが・・・ムリです(笑)
 
0fdf71cf.jpg

 
 
 
最後に・・・
CT110とはまったく関係ないですが、約20年前の写真です。
 
日付をみると1991年8月11日・・・盛夏・・・なんという暑苦しそうな格好。
8e654640.jpg

   昔から赤いバイクが好きなようで・・・
 
んで、
今はもう乗れませんね。腰痛いし(超爆)
 いつか乗ろうと・・・ずっとずっと手放せず  そして時は過ぎ・・タイムスリップ
実はこのバイク、今もこのままの形で 車庫の肥やし になってます。  
ついでに倉庫の肥やしに「ロードパルS」もあったりして・・・
 
他に乗っていたバイクは残してないのに・・・
CB50 MB5 TL125 HowkⅡ フュージョン シルバーウイング・・・ 
皆何処へ行つたのであらうか?
 
それでは、今日はこの辺で・・・
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
さて、前回に引き続き、今回はGB250のタコメータの分解改造編である。
 
7da579a9.jpg

 
基本的に分解不可なので、分解しにくい。
 
マイナスドライバーとラジペン、小型モンキーレンチで無理やりこじ開けていく。
 
骨の折れる地道な作業で時間がかかる。
 
前回のスピードメーターに引き続き、腕や指先が痛くなってくる、ヤな作業だ。
 
2度目なんで・・・心が折れそうになった・・・
 
 
 
 
内部はというと、磁石の周りをコイルが移動するメーターになっている。
 
そして、何だかわからん回路が後ろについている。
 
2e3e6a17.jpg

 
ではでは、中身が出てきたところで・・・先へ急ごう。
 
 
このCT110にはGB250のタコメーターを移植してあるのだが、ご存知のようにGB250はクランク1回転でパルスが1個、かたやCT110はクランク2回転でパルス1個である。
 
なんで?
 
なんでって言われても、そーなってるんだから仕方ない。
 
ヘッドでパルスを作ってるCT110のような機種では、クランク2回転でカムが1回まわるので1パルス。
モンキーやGBのようにクランクでパルスを作ってる機種はクランク1回転で1パルス。
 
要は、「ヘッドでパルス作ってる」から、タコのメーター読みが半分になってしまうのさぁ~
 
 
 
さらに急ごう。
 
んで、それがどのようになってしまうかというと、そのままパルスを入力すると、タコメーターの指針は、本当の値の半分しか指し示さない。
 
そのため、現在のCT110には、74HC123というマルチバイブレータICを使って入力1パルスを2逓倍し、2パルス出力して、タコメーターを駆動している。
 
つまり、パルス1個を2逓倍して正常な指針になるようにしてある。
 
が、最近、6千回転以上出すと、針が固まったり、跳ね上がったり、動作に安定性がない。
 
どうも2逓倍回路のパルス幅・振幅・外部ノイズなどに問題があるのではないかと予想する。
 
回路部分でノイズを拾って、ノイズもパルスになってしまっていたら本末転倒である。
 
では、タコメーター単体に外部から信号を入れたらどうなるだろうか?
 
555ICを使用した自作パルスジェネレータで実験してみよう。
 
その映像がこれだ    1   2   3  ・・・
 
リッターバイク並みにタコメーターがレッドゾーンまで気持ちよく跳ねあがるので、どうやらタコメーター本体は問題ないようである。
 
 
 
 
では、どうするか?
 
どうせバラしたんだから、2逓倍回路を使わずにタコメーター内部の回路を変更してCT110からそのままパルスを入力し、正常に動作するようにしてやればよい。
 
まずは、回路の解析。
 
 
 

  (公開しても問題ないのか?)
 注意:上記回路図中の半固定「30kΩ」は「20kΩ」の間違え。
 
 
んーーーーーーーー?
 
部品点数14点、簡単なアナログ回路。
 
T2295Aという石を使ったF/Vコンバータのようだ。
 
・・・・・・・・・・・ 
 
結果として、電源部の半固定VRを20kΩ→50kΩに変更した。
 
理由:
この半固定ボリューム、最初に針を5000回転にしておいたときに、
20kΩのままだと、調整範囲は、4800~7600回転
30kΩだと 上限が9200回転止まり。
 
上限で1万回転、何が何でも欲しい・・・
 
たぶん40kΩでも行けるかもしれんが、単に手持ちがなかったのよ。
 
なので50kΩとした。
 
オイ! そんな安直な理由でいーのか?   
 
1fafd613.jpg

 
そして、 
5千回転のパルスで1万回転をさすように半固定VRを調整する。
 
机上での動作状況は問題ないようだ。
 
c57fab09.jpg

 
車体に組み上げ、明日、走行試験しよう。
 
0540c355.jpg

 
 
<20120220追記>
 
ものすごく調子いい・・・っというか、まぁ ごく普通に針が振れるようになっただけなんだけど、前がひどかったから感動しましたですよ。
 
この時代のタコメーターはほとんど同じような回路構成なので、タコメーター不調で困っているときには応用がきくかも。
 
しかし・・・上の写真の温度計からもわかるとおり、外気温3.3℃・・・屋外作業は手がかじかんできつい季節だ。
 
やっぱりあったかい季節がいいなぁ・・・
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ