Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

ステップワゴン

今回はRF7型ステップワゴンのエアコン用クリーンフィルターの交換です。

距離は、
変換 ~ IMG20220504164755
218,350kmです。まだまだ行けます、行きたいですー(笑)


助手席側のグローブボックス上下3個づつ6個の+タッピングネジと、センターにある灰皿左の奥の方にある1個の+タッピングネジを外し、センターカバー左下奥にあるプラスチックファスナー1個を外します。センターカバーとグローブボックスを無理やり手前に引き出すとバキッっという音とともにグローブボックス全体が外せます。一瞬割れたんではないかと「冷汗ビビり」するんですが大丈夫です。センターカバーの左側を先に引っ張って外した方がグローブボックスが外しやすいかもです。
私の場合、センターカバー左下奥にあるプラファスナー1個は、毎回外すのが面倒なのでつけてません。
変換 ~ IMG20220504164807
目の前に現れた横長穴あき鉄板の左右にある左右2個づつ計4個の8mmボルトを取り外して穴あき鉄板を手前下へずらし、クリーンフィルターのフタを外し、旧フィルターをフィルター枠ごと手前にスライドさせて外す。

内部が汚れてるので掃除機や圧搾空気などできれいにします。
変換 ~ IMG20220504164829
これは清掃前の状態で、枯れた葉や虫の破片などがよく入ってます。
虫はあまり見たくないので無視しましょう(笑)


変換 ~ IMG20220504165750
HONDFA純正HAMPの活性炭入りのエアクリーンフィルター(品番H8029-S7S-J03)です。



白いフィルター枠などもアルコール除菌シートでホコリや黒いススをキレイにふいておきます。

白いフィルター枠の周りのスポンジがもしも劣化してポロポロしていたらD.I.Y.で張り替えます。
100均で売ってる薄型隙間テープなどで代用できます。
ポロポロしてたら絶対に張り替えてください。そのまま使うと空気出口からポロポロが噴出しますよー。

フィルター枠にフィルターセットして押し込みます。

下の写真では、左側の内気循環エアー入口に3M社のPM2.5対応フィルターを自分で付けてます。
最初は真っ白ですがだいぶ汚れて黒ずんできてますね。これも交換しときます。
変換 ~ IMG20220504165848
エアフローは左から右に流れてますのでフィルターの向きを間違わないように。
(フィルター側面にエアフローの矢印がプリントしてあります)


で、元通り組み立てて完了。

もう何回もやってるので手慣れたもんです。作業時間0.5hほどとなります。

1年に1回(もしくは2万キロごと)で交換するのがいいと思います。

やらないとフィルターが詰まってきて、エアコンの効き(冷えや温まり)が悪くなります。

エアコンの風の導入を外気にしても内気にしても結局はこのエアクリーンフィルターを通過するようになってますので、どっちにしててもフィルターは汚れてきます。つまり外気だけが通過するフィルターではないということです。(他の車両は知らんが、当該車両においてはそうなってます)

花粉が飛び終わる春から初夏にかけてやっておくと、夏を快適に過ごすことができます。

車両が古いせいか?活性炭入りの新品フィルターに交換すると、においが少なくなって空気がキレイになった気がします(これホント、実際に感じますよ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いよいよまた、完全にイカれてしまったようなので仕方なく、エアコンのエアミックスダンパモーター交換3回目を実施。

前回の2回目の修理は2017年で16万キロの時。今回は新品部品に交換で現在2022年21万キロです。
この部品はRFシリーズステップワゴンの鬼門のようです。定期的に調子悪くなります。

だいぶ前、1回目は約6万キロの頃にディーラー修理に出したが、部品代+工賃で8千円くらいしたと記憶しているが、その時は保証期間内だったので無料修理でした。


該当車両はステップワゴン(RF7)スパーダ24T 2004年式


〇全体的な症状
センターコンソールの下のあたりでカタカタ コトコトと音がしだして、エアコンの温度調整が効かなくなる。特に25度付近で音が多発。

夏の症状としては・・・
フルオートエアコン作動中、冷たい風が出てくるはずが、上の吹き出し口からいきなり熱風が、しかもいきなり勢いよく噴き出てくる。

冬の症状としては・・・
室内が温まってきて温度を下げようと20度付近の温度設定にしても最大熱風のままで温度が下がらない。いったん最低温度の【Low】にすると一時的に冷たい風になるが20度以上にするとまたいきなり熱風と化す。

つまりは「暑い」か「寒い」しか選択できない・・・温度調節が効かないわけです。つまりエアーミックスするダンパーの調整がうまく効かなくなります。
なので、ダンパーを制御するサーボモーター部分を交換するわけであります。



それでは始めます。

助手席の下にもぐって右側を見ると・・・
変換 ~ IMG20220410132024
ここらへんの奥にあります。


変換 ~ IMG20220410132029
手前のが新品部品、奥の上に同じ形状の黒いBOXがターゲットです。

+ネジ3本で取り付けられてます。


手順

+ネジ3本を抜いて本体を外す。
2本が手前の左右に、もう1本が奥の右上にある。
7mmのラチェットでも作業できると思います。


ロック付きの緑コネクタを抜いて、奥にあるリンク棒1本を外す。
リンク棒は、棒に付いてる白いプラのロックを棒から右にスライドして外します。

奥のネジは短いスタビドライバーで根気よく・・・

緑コネクタは上方にロックがあるのでロックを指で押さえつけて外す。


左手が痛くなりますが、なんとか外れました。
上が新品、下が既存品(故障品)
変換 ~ IMG20220410132919
部品代としては5千円弱くらいだったかな・・・

奥にスマホを突っ込んで上に向けて撮影すると、奥はこうなってます。
変換 ~ IMG20220410133646
赤い矢印2か所を確実に取り付けないと変な動きになります。



元通り組み立てて動作確認。

1年ほどほったらかしで我慢がならなかったが、あっさり治った。
もっと早くすればよかった・・・かも。
熱風地獄から解放された。

ゆっくりやって作業時間1h。


ついでに、小鮎。
変換 ~ IMG20220409212903

天ぷらにして食べましたが、なかなかのものでした~。
変換 ~ IMG20220409214554






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回、ブレーキの整備とスタッドレスタイヤから夏タイヤに履き替えたまでは良かったんですが、「千葉は舞浜のネズミの国」に1泊2日で浮かれつつ出かけたら、左前輪からカタコトカタコトと異音が発生したんです。

ブレーキ整備といっても、普通にフルードを入れ替えただけですのでキャリパーピンとかキチンと締めてますから異音の発生なんてなりようがないと思ってたんですけど、最初は湾岸線を80キロで走ってる時にコトコトと音が鳴り始めて振動も発生し、舞浜のホテルのパーキングに入る時点、40キロでさらに激しくカタコトカタコトと段々と音が激しくなっていったのでした。
同乗者でも明らかに異常だとわかるような音です。

さすがにこれはヤバいと思い、まさかと思いつつもホイールの増し締めを確認し、それが問題ないようであればハンドルを左いっぱいに切って、下にもぐりこんでキャリパーの増し締め点検をしようとしたんですよね。

で、

結果としてホイールナットがほぼ緩んでました。(汗)
5個のうち1個は1回転ほども緩んでました・・・(大汗)


なんで?って、普通、思いますよね。
きちんと規定トルクで締めたホイールナットが少し走行しただけで、そんなにゆるむものなのかと?


実は、思い当たるフシがあったんです。

左フロントに夏タイヤを付けた際に、(夏タイヤはHONDA純正のアルミホイールなんですけど、)スタッドレス用の一般用ジュラルミンナットで締めてしまい、「あっしまった!」とすぐに気が付いて、HONDA純正ナットに交換したんです左前だけ。

それってどーいうこと?って思われるかもしれませんが、HONDA純正ホイールナットってホイールに接するところが丸くなってるんですよ。一般用のホイールナットは単なる直線のテーパー状になってるところがHONDAのは丸いんです。何でですかねー、なんでHONDAはそんな特殊なナットを使うんでしょうかねぇ・・・一説には、丸い方が応力が均等にかかるとか・・・適当に締めあげても確実にセンターが出るとか・・・そんなことを聞いたことがあります。

下図の左側が一般的なナットで締めた時の応力で、右がそのあとにHONDA純正ナットで締めた時の応力を単純比較で描いてみました。
IMG_20220408_195905


まぁとにかく、一般用のナットで1回締めちゃったもんだからアルミホイール側の座面の金属面が少し歪んだのではないかと思います。その後、丸くなってるHONDA純正ナットで規定トルクまで締めたんですが、ホイール側の座面が歪んでテーパー状になってしまい、そのあと丸いナットで締めても元通りにならず、走行した衝撃や応力で、段々と座面が元に戻っていって隙間が生じ、結果として緩んだ状態になったと理解できます。



整備中の「あっ しまった!」という失敗を記憶に留めておいてよかったですー。
万一、適合の違うナットで1回でも締めてしまったら、その後の状態に注意せよ!っていう結論です。

こんなお粗末な・・・どーしよーもないハナシで申し訳ありませんねぇ・・・

HONDA車の純正ホイールとナット、知る人ぞ知る、(知らない人は一切知らないけど)面倒なハナシでもあります。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2022年4月3日、走行距離216,432km 外は雨・・・
変換 ~ IMG20220403173309

ブレーキフルードが汚れまくっていて、いまいちブレーキフィールがよろしくない。

カックンブレーキとまではいかないまでも、止まる瞬間にフワァ~っと止めることができなくなっていた。最後にカックンと止まるので、腕が(足が?)鈍ったのか?

あっしが悪い??



とにかく整備しようということで、DOT4を注文した。

とりあえず1L、一番安いヤツ・・・



そして、スタッドレスから夏タイヤに履き替えるタイミングを狙ってたが、雨降ってるけど今日しかない!


秘密基地に移動して・・・
変換 ~ IMG20220403110458
早速取り掛かります。

え?なんで自宅でやらないで秘密基地まで行くのかと、お思いでしょう?

2級整備士が常駐してるからなんです。安心もプライスレス。


さて、

ブレーキフルード、結構汚れてますねぇ・・・濃い麦茶程度に黒くなってます。
かれこれ4年以上は交換してません。
変換 ~ IMG20220403110429


ジャッキアップしてリジットラック(ウマ)入れて、ジャッキを、ウマにかかるところまで落とし、ウマをひっぱたいて安定してることを確認してから、右後ろのスタッドレスタイヤを外します。
変換 ~ IMG20220403111113

ディスクも結構減ってるけど、見なかったことに。
変換 ~ IMG20220403111120
まぁ、走行距離からして、だいぶ乗ってますからねぇ・・・
この時点で回転させてみたら、やたら固い。
タイヤを外したところのボルト部分を2本持って2kgほどの力を入れないと回転しません。
普通なら0.5kg以下の力で回転するはずなのでブレーキ固着してますねぇ、右後ろ。
2kgとか0.5kgとかって書くとかえってわかりにくいかもしれませんが、普通は少し力を入れたら回るはずなのがググっと力を入れないと回らない・・・そんな力加減です。

キャリパーボルト2本を外し、キャリパーとブレーキパッドを外し・・・
変換 ~ IMG20220403111720
続けて14mmを2本抜いて、キャリパーサポートも外します。

キャリパーサポートの上下にあるスライドピンの、下側の1本が固着してました。
変換 ~ IMG20220403112619
上の写真でいうと、左側が固着。なんとか抜いた後の写真です。


上の固着無しのキャリパーピンはグリスがまだ効いてます。下が固着してたキャリパーピン。
上と下では部品が違いますので間違わないように。
変換 ~ IMG_20220403_131137
下側だけ、からっからに干からびて、しかも錆びてる。
紙やすりでサビを修正し、受け側の穴の方もパーツクリーナー等で清掃してブレーキグリスを付けて組み込んでおきます。固着は治りました。

ドラム式のフットブレーキも点検のため、開封してみますが・・・
変換 ~ IMG20220403112742

特に異常なし。引きずりもなし。
変換 ~ IMG20220403112744

次はピストンなんですが、ピストンも固着してたので、
変換 ~ IMG20220403113913
隙間に潤滑剤をスプレーしてからピストン戻しでピストンを戻し、ピストン脱着ツールでピストンを半回転ほど回転させて固着を無理やり解除。

ホントはピストンをいったん抜いて、シールも入れ替えて・・・ってやった方がいいんですが、シール部品を取ってなかったので今回はバラしません。ゴマカシ作戦でいきます。
いったん抜いてしまうと、たいていの場合、シールがフルードでふやけてますので再利用不可能です。
ということは、ピストン抜いたら組み立てられなくなります。
なので、シール類を取って(発注)ないときにバラしたら元通りになりません。
シール部品の注文をかけておくことにします。


スライドピンとピストンの固着がなくなった(と思われる)ので組み立ててから、ブレーキフルード交換。
変換 ~ IMG20220403120324
ワンウェイバルブ付きのフルード交換専用ボトルで抜きます。
エアーで強制的にフルードを抜くこともできる便利モノです。

このあと、左後ろもやって、後輪側終了。左後ろは固着無しでした。

今度は右前をやって・・・
変換 ~ IMG20220403122600
左前もやってブレーキ分解およびフルード交換終了。

ついでに夏タイヤに履き替え。

フルード液量確認して・・・フルードがきれいになりました。
変換 ~ IMG20220403133957


で、走ってみたら・・・

まぁなんと、

ブレーキフィールがまるで違う。

滑らかに、しかも前より強く、ブレーキが効くじゃー あーりませんか!


しかも最後の止まる瞬間の、あのカックンと止まる症状がまるで嘘のように消え去ってます。
動いてるのかいつ止まったのかがわからないくらいにすぅ~っと、シルキーなタッチで止まります。

てーことは、あっしのせいではなく、固着のせいだったということです。
そりゃーそーでしょう、パッドで常に弱くブレーキがかかってるんですから、最後の最後にカックンってなるでしょう。

少し走っただけでハッキリと言えませんが、ブレーキを引きずっていた時と比べてなんとなーく加速感が若干良くなり、OBD2経由のデジタル燃費計も通常走行で8km/L前後だったのが9km/L前後と1km/Lほど伸びてるような印象があります。ブレーキの引きずりはどう考えても明らかにマイナス要因でしかありませんからねぇ・・・

それと・・・AT車でアクセルを踏まなくても走るクリープ現象。クリープ時の速度が速くなりました。バックの時が特に顕著に感じられます。

ブレーキ点検、タイヤ交換時にした方がいいですね。燃費のためにも。
当たり前ですが、後輪側はドラム式フットブレーキを解除しないと回りません。前輪側はATミッションをNにしないと回りませんが、デフが付いてるので回転は後輪より重たいです(FF2WDの場合)

タイヤが付いてると、タイヤの重量のせいで固着してても案外回ってしまいますが、タイヤを外してからタイヤのボルト部分を持って回してみると良ーくわかります。

今回のフルード交換で500ccほどブレーキフルードを使いました。
余ったのはどうするかというと・・・
取っておいても水分吸ってダメになるだけなので、CT110のフロントディスク整備で使います。

なお、このブログは整備マニュアルではございませんので真似すると危険。今回も2級整備士の監督の下でやってます。ブレーキは重要保安部品なので自分のクルマのブレーキ整備をやるときは自己責任ですが、エアーをかんだ・ボルト折れた舐めた・ボルトや部品が外れた、部品が余った、指定外の油脂を使った等で、最悪の場合に、故障を誘発して2tもある鉄の塊が止まらなくなったらシャレにもなりませんので、分解整備の経験が無い方はやめた方が無難です。ブレーキ固着などの不具合を発見したら実績と経験のあるプロの整備工場に出しましょう。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

RF7のステップワゴンに革巻きのステアリングカバーを装着して20万キロ超。

革とはいえ、さすがに右手でハンドルをくるくる回していたら右側だけ表面が擦り切れてきた。
IMG20220228143535

いっそのこと外してしまおうか・・・革カバー・・・HONDA純正品で1万円ほどだったかな・・・
変換 ~ IMG20220228143123

まぁとにかく、剥がしてみよう・・・と、糸を切ってはがしてみる。
変換 ~ IMG20220228143203

と、そこには新品?のステアリングホイールが出現したのだった。
変換 ~ IMG20220228143216

エンボスも美しいまま。
変換 ~ IMG20220228143334

さて、どーしようか?・・・古いカバー・・・
変換 ~ IMG20220228143230


5分悩んだけど、さかさまに装着すればまだまだ使えるんじゃねwww

ということで、さかさまにして専用の糸と針を使って縫い付けてみた。
ステアリングカバー用の糸はナイロン系の丈夫で帯状の平らな糸。
針は先端が丸まってて、針先が少し曲がってる針を使います。

革巻きのステアリングカバーを縫う時は、時計周りに1周とかで縫ってはダメです。
きつく縫っていくと革がよじれてくるので、最後の方になると歪んでしまいます。
前回、もう18年ほど前ですが、最初に組んだ時はそうでした・・・そんな記憶がよみがえってきます。

今回も、ステアリングの下スポーク部分から2本の糸を使い、左右均等に上に向かって締めあげて縫い込んでます。
ハンドルの頂点が2本の糸の終点です。
頂点から先に縫っていくと3本スポークハンドルの左右と下の部分の合わせ目がビミョーに合わなくなるので、3本スポーク部分の合わせ目を真っ先に位置決めするという手法です。

なーんて 細けーこたぁ、カバーを自分で縫うヒト以外、ほとんど役に立たない情報でしょうねぇーぇ。

てなわけで、ステアリングカバーが擦り切れてきたら、ひっくり返してまだまだ使えるよん。
→また20万キロ使えるかも??

After
変換 ~ IMG20220305112907


っていう、ただそれだけのことでした、いつもの自己満足方程式。

とはいえ、革のステアリングカバー、やっぱり滑らなくていいですわぁ。

ご自分でつけてみようとかしてる方がいたらオススメします革カバー。
探せば汎用品がネットショップなんかでも売ってますよん。
サイドブレーキ用のとかもありますねぇ。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ