CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

時短料理

今回のお題は、時短クロワッサンができるか? です。

クロワッサンって、結構手間暇がかかってハードルが高い・・・ってのはジョーシキね。

なので、
今回の製作は、安易なレシピで簡単に、かつ、手抜きで完結することを狙います。
って、ほとんどもうこの時点でアウトな企画であります(笑)
しかしながら時短のキモはそこにあるんですよね。


まず最初にHBへ材料を突っ込んでメニュー13のパン生地づくりの「こね」で回しておきます。
変換 ~ IMG20201201123122
強力粉180g+薄力粉100g
砂糖16g・塩4g・バター20g・水150cc・イースト6g、脱脂粉乳6g・卵25gをこねます。


そんでもって、こねてる間に、バターを仕込みます。
常温に近づけて柔らかくなったバター100gに薄力粉20gを入れて混ぜます。
変換 ~ IMG20201201114753
5g単位でカットできると書いてあるバターカッターでカットしたけど、18枚で100gでした。
5g×18枚=100gって、ん? 計算合わないけど・・・

20g薄力粉を入れて・・・
変換 ~ IMG20201201114923

混ぜます。
変換 ~ IMG20201201115201

混ざったら冷蔵庫に一時保管。
変換 ~ IMG20201201115701


50分後、HBで「こね」が終了。
変換 ~ IMG20201201123127

さぁ ここからすぐに始められるかというとそうではなく・・・
変換 ~ IMG20201201123923
ボウルから出して冷蔵庫で30分寝かせる・・・ って、時短なんかハナから無理じゃん!

で、30分後・・・
変換 ~ IMG20201201132100
二次発酵がだいぶ進んでました。

左右25cm×上下35cmに伸ばします。
変換 ~ IMG20201201132823

先ほど仕込んでおいた「粉+バター」を軽く常温まで戻して適当に並べる。
変換 ~ IMG20201201133333
あえて言えば、ここだけが時短対象か?
時短コースではなく正常コースなら、ラップで上下挟んで、バターもシート状にするんですけどね。

上1/3を折りたたみ・・・下1/3も折りたたんでから・・・
変換 ~ IMG20201201133354

短くなった辺を左右にしてまた同じ大きさ(25cm×35cm)まで伸ばす。
変換 ~ IMG20201201133806
さらに、
また1/3で3重に折りたたむと、生地が3×3で9層になりますよね。
変換 ~ IMG20201201133818

ここでバターが解けかけてきたので冷蔵庫で30分休ませます。(おーい、時短じゃなかったっけ?)
変換 ~ IMG20201201133945
画像はありませんが、冷蔵庫から出してきたら4つ折りにする。
9層×4で、生地が36層になります。



生地を冷やしながら最終的に22cm×52cmに伸ばして・・・
変換 ~ IMG20201201143650

スケッパ―で12等分し、巻いていきます。
変換 ~ IMG20201201144148




変換 ~ IMG20201201144150


変換 ~ IMG20201201144151


クッキングシートを敷いたオーブン皿に並べて25℃で1時間半、整形発酵させます。
変換 ~ IMG20201201144201_01
もうこの時点で時短なんて関係なくなってますねー。
すでに作り始めてから2時間ちょい経過してます。
生地を冷やして休ませるって工程が確実にあるので、時短って無理ですわー 実際問題!
流れ作業的に何バッチも続けてやるなら効率もいいんですけどねぇ。



並べ終わったら軽くラップして室内放置プレイ。

ビフォー
変換 ~ IMG20201201144904


アフター
倍の大きさになったので、とき卵とかガムシロを表面に塗り・・・
変換 ~ IMG20201201163539
オーブン余熱後、210℃で14分、入れる前に水スプレーかまします。

で、14分後、こうなります。
変換 ~ IMG20201201170146

2回に分けて焼いたけど、焦げアルアルですねぇ
変換 ~ IMG20201201173205

てなわけで4時間後、やっと14個のクロワッサンが完成。

材料費は全部で400円ほどでしょうか・・・1個30円。
ってか、買ってきた方が良いかも?

時短は無理でしたが、2週連続休みなしだったので、まぁまぁ束の間・・・楽しめました。


ところで、
最近はこういうクロワッサンカッターなるものがあるらしい。
tc1658_5

これは  晴ら ぃー ですねぇーーー 
(ティモンディ高岸のように・・・)


これは便利だー・・・  買うか?

無駄な買い物シリーズに乗るかもです(笑)



最近気が付いたのですが、中村屋の肉まんって変わったんですね。

なにがどー変わったかというと・・・いつも買ってくるのは、
変換 ~ IMG20201126103443
このように、一つの大きな袋に、

変換 ~ IMG20201126103452
6個入ってるのですが・・・(注:上の写真は5個食べてしまってます)

今回購入したものは、なんと!
変換 ~ IMG20201126103508

個別梱包になっていたんです。
変換 ~ IMG20201126103758


変換 ~ IMG20201126103544


変換 ~ IMG20201126103608

しかも!
変換 ~ IMG20201126103621
レンジで1個30秒で出来上がるんです。
(正確には30秒レンジにかけて1分蒸らして待ちます)


当然、旧態依然とした蒸し器などは必要なくなり・・・
変換 ~ IMG20201126103832
時短となりますね。
ゴミは増えちゃいますが・・・

で、チビにピザまんを実食させたら、蒸し器の時と変わらずにふつうにおいしいって。
変換 ~ IMG20201126103656
しかも、手で直接肉まんを触らなくても食べられます。

そんな時代もあったねといつか話せる日が来るわ あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ 時代はまわる喜び悲しみ繰り返し 今日は別れた恋人たちも生まれ変わって めぐりあうよ


蒸し器?  はぁ~ なんですかそれ?

時代はまわるもの?だなぁ・・・


今日もせっせと、パンを焼く。
今回はぶどうパン。

HBに材料を放り込んで約1時間こねる。

小分けして整形する。
ブドウはなるべく中に入れる。
水を霧吹きでかける。

焼成前の大きさ↓
IMG20201113175616

発酵50分で、大きさが倍くらいになったので、
IMG20201113192729

卵を表面に塗って・・・
IMG20201113193036

170℃15分で焼き上がり
IMG20201113195217

1個の大きさは手のひらほどのサイズ。
IMG20201113195454
少し大きめのトルコ産干しブドウをお湯で戻してから使ったのでぶどうに存在感がある。

1袋9個入りで150円。(原価)
IMG20201113203141

材料
水100cc
小麦粉150g
バター15g
砂糖大さじ1
塩小さじ半分
干しぶどう 50g(お湯で戻しておく)
脱脂粉乳大さじ1
サフインスタントドライイーストゴールド(耐糖)3g


最近、コロナがまた流行りだして、東京で3日連続300人越えで第3波到来か?
私が直接会ってないし知ってる人ではないけども、私から見て2人目の人が感染したという話も聞いたりするので、かなりひしひしと身近に近づいてる感じが以前より増してするようになった。

明日は我が身・・・

昨日の夜の新宿は1か月前なんかより明らかに人が少なくなってるので、みなさんわかってるんではないかと・・・「GoToイートって、ヤバくない?」って。

いざとなったらパンでも作って家にひきこもるしかないでしょ?
今のうちに練習しておきます。


たまたま食担の日には・・・時短で。

時短といっても40分かかってしまったけど悪しからず。
変換 ~ IMG20201019211802
北海道生サケのムニエル 牡蠣のガーリックソテー 秋キノコ添え

材料(3人前)
生サケ切り身3つ(大き目)
牡蠣6~9個ぐらい
しめじ一袋
しいたけ3個
ほうれん草 (彩用で1株)
イタリアンパセリ少々
にんにく1かけ
ミニトマト2個
バター50g
荒塩少々
塩コショウ少々
オリーブオイル大さじ2
小麦粉大さじ3

生サケ100gに対し1gの割合で両面に塩を振って20分放っておく。
待ってる間に牡蠣・しめじ・シイタケ・ほうれん草を洗う。
ニンニク・パセリ・ミニトマトをみじん切りにする。
しめじ・シイタケ・ほうれん草をバター2かけ10g+塩コショウで炒める。
同時進行で別の小さなフライパンにオリーブオイル大1とニンニクを焦がしてから牡蠣を入れて焼く。
ここまでで20分経過。

サケの水気をキッチンペーパーで取って小麦粉を付け、フライパンにバター20gとオリーブオイル大1を入れ、サケの皮を下にして置く。
冷えた状態から中火を入れて皮を焦がす。
サケの皮が焦げたらひっくり返してサケの内面も焼く。ここまでで30分経過。

サケがほぼ焼けたら、トマトとパセリとニンニクのみじん切りを入れてバター20g追加し、液状になったバターと絡めて少し炒めながらサケに振りかけるを繰り返す。

盛り付け、パセリの葉を乗せて40分で終了。材料費1人前ワンコイン(500円)。
秋は生サケが安く出回るのでこの時期限定かもしれませんね。

今回も時短で作る、生鮭のハーブ焼きです。


時間が無い時に食担日・・・冷蔵庫に生鮭を発見したので速攻で・・・

ベランダに飛んで行き、タイムとローズマリーとインゲンとミニトマトを収穫してきます。

フライパンに、

塩コショウした鮭
バター
インゲン
ミニトマト
玉ねぎスライス
タイム
ローズマリー

を並べるとこうなります。
変換 ~ 20200801_105553


フタをして中火で焼きます。
焼き時間は10分ほどですが、途中で鮭だけ上下ひっくり返します。

ハーブの香りが漂う鮭が出来上がりました。
お好みで岩塩と粗挽きコショウ、レモン汁、アマニオイルを振りかけていただきます。
変換 ~ 20200801_111503

15分でできます。

↑このページのトップヘ