CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

菜園

パパ嫌  じゃなかった、パパイヤであった(失礼)
ん~むぅ・・・なんちゅー漢字変換なんだ・・・

さて、
10月後半になり、寒くなってきたのでパッションフルーツと共に室内に取り込んだってのが前回までのお話。



11月に入り、水をやろうとパパイヤを何気に見たら・・・
変換 ~ IMG20201102123321
ん? 頭頂部にある あの白いのはなんだぁ?

近づいていてみると・・・
変換 ~ IMG20201102123332
なんとそこには、

螺旋状にクルクル巻いてる花弁の可憐な白い花が咲いていた。
変換 ~ IMG20201102123457
いつの間に咲いた?気が付かなかった・・・

昼で18度前後、夜には12℃まで下がった寒い屋外から、常時20℃はあるエアコンの真下の屋内に引っ越したので季節を間違えたのか?
室内に入れた後、水やりをすっかり忘れて土が乾燥し、パパイヤが「このまま枯れてはまずい」とばかりに子孫を残そうと懸命に努力した結果?

調べたら梅雨時と11月に咲くらしい(へぇ~)
パパイヤは木ではなく草である(へぇ~)

花をよく観察すると子房があるので、もしかして実がなるのかも。
調べたら、受粉してもしなくても実はなるらしい(へぇ~)
受粉は、実の中に種ができるかできないかの違いらしい(へぇ~)

へぇ~がやたらと多いってことは知識がないっていうこと? まぁその通りではありますが・・・
基本的に草だからほったらかしでもよく育つ?


こんな環境で冬を迎えるにあたり、果たして実は立派に育つもんでしょうかねぇ・・・台農2号さん


つづく



夜の気温が15℃を下回ってきました。

枯れたらいけないので屋内に退避したパッションフルーツ。
変換 ~ IMG20201026173548
             左はパパイヤで右側がパッションフルーツ

去年取り込んだ時より倍くらいに成長し、樹高が120cmほど。
室内に取り入れてからも可憐に花を咲かせたり・・・
変換 ~ IMG20201026174036
3日くらい前には咲いてたんですが、絞んじゃいました。


秋なのに、こんな小さな実をつけたりしてがんばってます。
変換 ~ IMG20201026174026


さて、今年実ったのは4個でしたが、10月9日に落果してた3個の実↓は、
変換 ~ IMG20201009112553
直径6cmほどの実


2週間を経過して見事に熟しました。
変換 ~ IMG20201021232204
熟すといっても、水分が減っていわゆる「枯れた」状態です。

では早速いただいてみたいと思います。
変換 ~ IMG20201021232257
外皮は固いので、ビクトリノクスのペティナイフで・・・


あら! 真っ二つ~

変換 ~ IMG20201021232319
と、黄色く怪しげな光景が突然、広がりました。

黄色とは意外でした。


ほほぅ ここを食べるのか?  いや、食べられるのか??  ドキドキ

まずは観察します。
変換 ~ IMG20201021232351
うーん、
皮の内側の白い突起物が・・・なんだかグロい感じがします。
まるで「小腸壁」を拡大したかのような突起・・・

果実のつくりとしてはイチジクに似ているかもです。

においをかいでみると甘そーでフルーツっぽい香りがします。


さて、どんなお味なんでしょうか?


怖いので、指につけてなめてみます。

うーーあ これは甘い! 期待が持てます。

それではと、いよいよもって、スプーンで軽ーくひとすくいしてみます。
変換 ~ IMG20201021232439
黄色い果肉に黒い種・・・

口に含んでみたら・・・

甘い すごーーく甘いです。

えもいわれぬフルーツのような味があります。

なんの味かと聞かれたら、南国らしい味としか答えられません・・・

あえて言えば、バナナとキウイとパイナップルを混ぜたような、
なんともいえない甘み90%とと少しばかりの酸味5%が舌の上に広がります。

と、同時に種が食感の邪魔をしてきました。
変換 ~ IMG20201021233641

この黄色い液体が一番甘く、種の周りは酸味と渋みがあります。

種は固くて食べられません、スイカの種のような硬さです。


というわけで、パッションフルーツが2年目にして、おうちで収穫できたよってだけのお話でした。

パパイヤは2年してもなりませんでしたが・・・

ちゃんちゃん





ベランダの植木たち、寒くなってきたのと、台風が来るってので退避させました。

〇パッションフルーツ
が落ちて、ベランダに転がってたので3個回収。
この果物、成熟すると勝手に木から落ちる性格で、非常にわかりやすい。

今まで1個収穫できてたので、今年は合計4個の収穫です。
変換 ~ IMG20201009112553
このまま追熟でほったらかしにしておいて、表面が茶色く枯れたら食べごろです。


〇パパイヤ
パパイヤのは今年もなりませんでしたが、台風が来てるし、夜は15度付近まで冷え込んできたので室内に退避させます。
変換 ~ IMG20201010164136
樹高1.8mあるので家の中に取り込むのがちょー大変。
見た目より重さは軽いんですけど、葉っぱが大きくて普通の窓から入らない・・・
葉っぱが折れないように注意してそーっと移動します。

どーすんの?こんなに成長して・・・来年は家の中に入れられないかも?

6月ごろベランダに蟷螂、つまりカマキリがいたのですが・・・
こういう15mmくらいのちっちゃいこども↓
d160fc33


で、ふと先日、ベランダに出たら、またいたんですカマキリ。
変換 ~ IMG20200916112214
同じ個体なのかしらん?
ずいぶんと成長したものです。

ベランダ菜園をする良い季節になりました。

なので、今年は水耕栽培なるものをしてみんとてするなり。



4尺の結構大きな睡蓮鉢があるので・・・コレで水耕栽培って、果たしてできるのか?
変換 ~ 20200510_151858
睡蓮鉢だから睡蓮入れてメダカでも飼って愛でるってのが本来の利用法ではありますが・・・




では、製作していきます。

明太子が入っていた発泡スチロールに穴を開けておきます。
変換 ~ 20200510_151854
ちなみにきれいに洗ってあるので明太子臭くはありません。

胡瓜4本とトマト1本の苗を用意しておいて・・・各々300円程度。
変換 ~ 20200510_151952


土をじゃぶじゃぶと洗い流してしまいます。
変換 ~ 20200510_152454


変換 ~ 20200510_153048

先ほど用意しておいた発泡スチロールに突っ込んで睡蓮鉢に置くだけ。
変換 ~ 20200510_153607
そう、たったそれだけ。

水の量は5Lほどでしょうか。

とりあえず水だけでは育ちそうにないので液体肥料を良く振ってからキャップ2杯10cc投入、これで約500倍希釈になるはず。
変換 ~ 20200510_154122
本当はAB2液のハイポネックスでやった方がいいらしいが、今は無いので安いこれでごまかす。

濃度はECメーターにて計測。
変換 ~ 20200516_164003

初期値は684μS/cmでした。
変換 ~ 20200516_164052
これを2000μS/cmまで徐々に引き上げていきます。
最初から2000μS/cmまで上げてしまうといきなり水耕栽培された根が受け付けないようです。
液肥を何cc入れたらどのくらい濃度が上がるのかは今後やってみたらわかってくると思う。

根に、水(養分)と酸素をいきわたらせるため、960円のソーラー噴水も用意。
変換 ~ 20200510_154328

今日はあいにくの曇りなので噴水は小さめ~
変換 ~ 20200510_154332


で、今後どうなるのか?

収穫はできるのでありましょうか?

1週間たっても枯れてないから大丈夫か?


お楽しみ


お楽しみ


むふ・・・




↑このページのトップヘ