Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

みっちゃんぽん

今回はCT110のカムチェーン調整なんですが、アジャストボルトAの調整ではできなくなってきましたのでアジャストボルトBの調整をします。

以前行ったカムチェーン調整の記事はこちら

アジャストボルトAとかアジャストボルトBとかっていったい何ざんしょ?
ってーことで、まずは下図参照してくだされ。
b9eb7069-s

こちらがアジャストボルトA。こっちで整しきれなくなったら・・・
e162683e-s
これは2016年の時の写真です


エンジン下にあるシーリングボルトっていうフタを14mmのメガネで外し、中にあるスプリングの調整をするって―ことなんです手短に言うと。
変換 ~ IMG20210727143401

フタを外すと、わずかながら中に溜まっていたオイルが垂れるので、受けを用意してから外す。
変換 ~ IMG20210727143538




この写真の右側が、フタを外して下から覗き込んだところです。
左側のボルトはエンジンオイルを抜くドレンボルトになります。
17mmメガネで間違ってドレンボルトを外すと予期せずエンジンオイルどぱぁってなりますんで、そこんとこお間違えなきよう。
変換 ~ IMG20210727143600

マイナスドライバーで回せるので時計回りに回すと中のスプリングが縮んでいくシステム。
変換 ~ IMG20210727143804
基本的にエンジン回したまま調整するのですが、今回はエンジン冷間時、エンジン止まったままアジャストボルトBを2回転締めこみました。エンジンを止めたままですので、ここら辺は締めこむときの力加減で「勘」。

調整前、アジャストボルトAが時計の長針でいうところの1時の位置にあったのが2時くらいになり、エンジンをかけてみるとシャカシャカうるさく鳴っていたカムチェーンの音が消えたのでとりあえずOKとします。
変換 ~ IMG20210728114604
↑今回の調整後の写真です

次回、エンジンをかけて走行暖機後、アジャストボルトAを再度調整すれば終了。
アジャストボルトAは12mmレンチで周りのナットを緩め、真ん中にマイナスドライバーを差し込み、左右に回転させてシャラシャラ音がしないところでナットを締めればいいだけ、チョー簡単にできます。

最初からエンジンをかけたまま調整すればいいんですが、近所迷惑なのと暑いので、今回だけテキトーに冷間時調整してます。


最近のカブ系エンジンは油圧で自動調整になってますが、古いCT110などは手動調整なんですよね。
手動調整の方が好みで調整が効く?ので、手間がかかっても私は手動の方が好きですけどねぇーぇ。
「自動調整はかなり固く調整されてしまう=エンジン出力がビミョーに落ちる」と勝手に解釈してますが(間違えかもしれませんが)ここらへんは好みの問題かも?



上記とは関係ありませんが、
現在の総走行距離は5万4千5百キロを超えてエンジンオイル交換後1,200km走行となり、オイルレベルゲージのLowまで下がっていたのでUpperまで150ccほどエンジンオイルを補充。
夏なので15w-40です。
変換 ~ IMG20210727144441





さらに関係ありませんが、
チビが尼損でこんなものを買ってます。
変換 ~ IMG20210726234357
ゼリーこんなに買ってどーすんだ? 

私には謎(笑)






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、車検を受けようと事前点検に出したらパワステオイル漏れや、なんだーかんだと73万円の見積が出たステップワゴンスパーダ君ですが、自分でテキトーに処置したらなんとかなったというのが前回までのお話です。






第 3 章 延 命


オイル漏れが収まったので、ディーラーへ寄って再度点検してもらうと・・・
変換 ~ IMG20210727155237
このような金額に落ち着いたので、そのまま乗ることにします(爆)

とはいえ、これから修理がかさむであろうということは容易に想像できるので、次の車検までに次の候補車を見つけようと思ってます。



さて、そうとわかれば通常整備をしておきます。

今回はエアクリーンフィルターの交換です。
約1年交換してません。在庫で新品部品がまだありますので使っちゃいます。
(まだ在庫持っとるんかーい!)



用意するのは電ドラのプラスと8mmメガネです。
変換 ~ IMG20210727151630

電ドラでグローブボックス下のタッピングスクリュー3本を外し・・・
変換 ~ IMG20210727151639

同じく、グローブボックスの中の上部にあるタッピングスクリュー3本とクリップ5個も外し、
変換 ~ IMG20210727151700
正式にはタッピングスクリュー以外にクリップが5個あるらしいのですが私の場合、すでに外したままですので今回は外さなくて済みます。
変換 ~ IMG20210727161537


このあと、写真にはありませんがセンターコンソールの物入の右奥にあるタッピングスクリュー1本と下にあるクリップ1本を外す。
変換 ~ IMG20210727161522
上図のように外すのが正式のようですが、ここまで外さなくてもできますけどねーぇ。


センターのカバーを手前に引っ張ってから、グローブボックスの下部を手前にえいやっと引っ張ると、グローブボックスが丸ごとガバチョと外れます。

外したグローブボックスは邪魔なので運転席にでも置いておきます。

ここまでに外したタッピングスクリュー7本は共通なので場所ごとに仕分ける必要はありません。


次に、
3角に打ち抜かれてる鉄板(グローブボックスフレーム)の左右にある4本のボルトを8mmメガネで外し、ケーブルが付いたままの鉄板をゆっくり下にずらし・・・
変換 ~ IMG20210727150903

黒いカバーを下から外すとエアクリーンフィルターが引き抜けます。
変換 ~ IMG20210727151226
新品フィルターをフィルター枠にしっかりとはめ込んだ後、元通り差し込んでから組み立てます。



外したフィルターは1年使ったので結構な汚れ・・・
変換 ~ IMG20210727151845
表面的には見た目はキレイっぽそうですが、

こうやって隙間を覗くと・・・
変換 ~ IMG20210727151901

あんら まぁ!
変換 ~ IMG20210727151912
見ちゃいけないものを見たってことですかねぇ・・・

本来なら半年もしくは1万キロに1回は交換してあげたいところではありますが、今回は1年1.8万キロほど使ってしまってます。

なお、エアクリーンフィルターは、掃除機で大きなゴミを吸ったあと、高圧エアーでブシュ―ってエアブローすれば2回くらいは使えます・・・私の場合。





というわけで、不透明で予測できないカオス的な今後の経済環境や社会情勢、スケジュールやそのほか諸々てんこ盛りの都合ですぐにクルマが手配できない状況下において延命した ・・・いや、無理やり延命されてしまったRF7ステップワゴンスパーダ君ですが、今日もまた走行距離を伸ばしてます。

果たしていつまで乗るのでしょうか? 乗れるのでしょうか?

私にも わっかーりません(笑)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私が撮ったのではないですが・・・
オリンピックに向けてブルーインパルスが練習してたとのこと。


 


新宿上空にて。

いろいろ要因ありすぎて、どーも盛り上がらないオリンピックになりそうな気がする、残念なり。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この夏、暑い。

ひたすら暑い。

なので、アイスコーヒーを飲み放題にするために取った作戦は・・・?

変換 ~ IMG20210720141252
業務用のコーヒー豆が6kgもあれば、飲み放題しても余裕でしょうか?

買いすぎたか❓

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ディーラーで、あまりにも多くの故障を指摘されたRF7ステップワゴンスパーダですが、とりあえず復活に向けて考察してみた。



第 2 章 復 活 ?

パワーステアリングオイルの漏れについて

漏れてるのは間違いないですね。パワステリザーバータンクのパワステオイルが明らかに減ってます。
2週間でUpper・Lowerレベルの間まで半分減ったのを自分の目で確認。

まずは漏れを防ぐためにパワステ用の漏れないオイルをホムセンにて千円弱で購入。
変換 ~ IMG20210722171110
なんというかこう・・・反則行為とも思える暴挙。根本的な解決を図らない安直な手。


人から何と言われようと、とりあえず漏れを抑えることが重要なのだ。
と、安易に納得してる自分がそこにいた。



こいつをPSタンクのUpperまで補充してからおよそ1週間後・・・
変換 ~ IMG20210722171120
結果として漏れが収束、少なくとも以前のようにハデにオイルが減っていくことはなくなったようなので、車体の下にもぐります。




こうやって・・・コンクリのスロープ板を2枚敷いて・・・
変換 ~ IMG20210722132745

乗り上げれば・・・
変換 ~ IMG20210722132902

10cmほど最低地上高が上がるので・・・
変換 ~ IMG20210722132911
ジャッキやウマは持ってますが、それらを出してこなくても安心して下にもぐれます。



もぐってみたら、オイルパンのあたりまでオイルが染みてます。
変換 ~ IMG20210722133304
でも、これって、ホントにオイルパンから漏れてるんかしら?

オイルパンの上の方を見てみると上の方も濡れてるので、滴ってオイルパンまで伝わってきてるのではないかと思われる。
変換 ~ IMG20210722133403


この写真を見るだけだと、オイルフィルターから漏れてるように見えるけど・・・
変換 ~ IMG20210722133900

オイルフィルターの上もオイルで濡れてるので・・・フィルターではないような気がする。
変換 ~ IMG20210722134130




こういうモノを用意。
変換 ~ IMG20210722135733
パーツクリーナーとセーフティクリーン(水性の強力洗剤)

まずはパーツクリーナーをまるまる1本使って、オイルで塗れてるところを洗浄し、そのあとセーフティクリーンを泡スプレー。

待つこと3分、油が溶けたところを見計らって高圧洗浄機で下から一気に水洗する。
変換 ~ IMG20210722144934
今の気温が35℃なので、数分すれば水が乾きだす。
ホースリールの中の水がお湯になってるような・・・夏で良かった。


一番怪しいところ・・・パワステポンプのOUT側のホースがパワステギアに入るところの付け根。
名称未設定 1のコピー
ここのビフォー写真が無いのですが、一番濡れまくっていたところ。
寝そべって下から写真を撮るのは難しい・・・


FFシャフトのゴムブーツやオイルパンのオイル濡れも解消。
変換 ~ IMG20210722150201
この状態より2週間運用してみて、さらにどこから漏れてるか再度確認すれば、診断になるでしょうかねぇ・・・運用1週間で判明するかな?


クルマの下にもぐってたから直射日光にはさらされてなかったけど、後片付けする前に頭が痛くなってきた。

熱中症寸前と思われるので屋内に退避して・・・
変換 ~ IMG20210722165838
抹茶ミルクマメのかき氷で  復活  する。

ん?

「RF7 復活?」っていうブログタイトルは、ステップワゴンの復活じゃー無かったのか?

いーえ まだまだぁ!

オイル漏れが完全になくなったのを確認しないと復活とは言えませんよねぇ・・・

このあと、どーなるんでしょーか? 

暑さゆえ・・・方針がブレまくってるので私にもわっかりません(笑)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ