Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
(移転に伴い、この時点以前の記事内のリンク切れがありますのでご容赦願います。)
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

グリップヒーター

ということで、本日、晴れたんで試走してみました。

今回の実験のクライマックスですぅ!

走り出し、最初の難関の、魔の2キロも克服し、スピードメーター内に設置した電圧計を注視してましたが、明らかに電圧の上昇が認められた。
6a451754-s

前回書いた、
1,LEDヘッドライトが2コ付いてます。1つが30W、もうひとつが35W
 この消費電力はHi・Lo合わせてのものなので、Loポジで2つ点灯させると30W+35W÷2÷12V=約2.7A食ってるはず。
2,グリップヒーター、これはHiの時に1.57A食ってます。(実測値)
3,スマホなどのカーナビを利用して約1A食います。
4,その他のLED灯火類(メーター・ポジション・尾灯)や補器で約0.5A食ってます。

合計で約5.77A(約70W)使います。

上記のうち、3,以外をONにして走行してみたところ、今までは同じ条件で12.5V以上には上がらなかった電圧が、13.9Vまで上がってくるではあーりませんか!

しかも、電圧上昇が以前よりも早くなってます。


ってことは?

レギュレータを2個並列にしたらレギュからのDC出力も上がってるってこと

レギュレターの出力が足りてない、つまるところ役不足ってこと

これが判明しただけでも実験の価値があったというもの。

いろいろ調査した結果、今使ってるレギュは原付用で、同じような形のレギュの出力は約55W(約4.5A)しかないってことがわかってる。

結果として並列で取り付けられた2つのレギュレターから火を噴くこともなく、昇天することもなく、無事に実験は終了しました。



そこで、この結論から導き出せる解決策は、

1,このまましばらくは経過観察で運用してみる。(あるあるパターン)
  安直なことですが・・・忙しさにかまけて。

2,レギュレターを上位のブツに交換(踏み込んだパターン)
  排気量の大きなバイクのレギュレターを調達したいが、それらは3相用になるので選択肢があまりない。3相用を無理やり使う? めんどくせーから自作するかぁ。

3,ステーターコイルを巻きなおして更なるパワーアップ(上位の最善パターン)
  この場合、CT110は基本が単層3極交流発電機なので巻き方をどうするか?
  3極への巻き方、巻き数、表皮効果を考えるとダブル巻き?
  でも、その前にレギュレターを何とかしないといけない。

最低限必要な約70Wの消費に耐えられる発電量とレギュが必要だが、それは走行中でのこと。
アイドリング時は回転数が下がり出力も当然下がるのでその分はどうするか?
ヘッドライトやグリップヒーターのAC系と、バッテリーチャージや電装系のDC系と分けるか?


さぁ・・・どーしよう・・・って、考えてる時間が至福に時間だったりする・・・


しかし、今回の実験で不思議なことがありました。
エンジンの回転が軽くなったような気がします。エンジンの馬力が上がったような感じ。
普通は電気を余分に取り出してるのが負荷になるので馬力が下がると思うんですけどねぇ・・・
はて?なぜだろう?レギュのボトルネックを解消しただけなのに。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CT110にはグリップヒーターがついていて、冬はヌクヌクできるのですが接着が緩んだらしく、グリップを回しててもだんだんと速度が低下していく。接着剤G17でつけてはいたのですが・・・
グリップヒーターを稼働させると熱でさらにずれてきます。

また接着しても同じようになるのかなぁ?と、ネットを徘徊すること数分・・・

両面テープで付ける というコロンブスの卵的手法を発見して早速実践してみた。

グリップを引っ張ると、G17が完全に乾燥剥離しており、スポっと簡単に抜けてしまうくらいにユルユルです。
変換 ~ IMG20211216135812

最初に、スロットルコーンとグリップ内部をパーツクリーナーで入念に脱脂しておきます。

普通の文房具用の薄い両面テープを用意して、スロットルコーン3か所に平行に張り付けて・・・
変換 ~ IMG20211216135947

パーツクリーナーをスロットルコーンとグリップ内側に吹き付けてから、グリップを差し込んで固定。
パーツクリーナーが乾いたらくっ付いてるはず。「はず」なんですが、果たしてどうなんでしょう?

とりあえずインシュロックで3か所固定しておきます。
変換 ~ IMG20211216141017

グリップがずれてもすぐにわかるように、目印で赤いラインを引いておきました。
変換 ~ IMG20211216141111
とはいえ、寒くなったので、この上に冬装備のハンカバをつけてしまうので目印は何の役にも立ちませんが。


ついでに各部清掃をしていたら、怪しい油漏れを発見。
変換 ~ IMG20211216145656
ヘッドサイドカバーが油で濡れてます。

一番上の6mmチタンボルト1本だけが、かなりユルユルになってました。
CT110にレース用のチタンボルトって・・・笑い種ですよねぇ~

しかし・・・
清掃というか、日常点検は大事です。

このヘッドサイドカバー、4本のボルトでついてるので簡単には落ちませんが、もしもボルトが脱落してオイルが吹いたらヘッドにオイルが行かなくなって、ヘッド焼き付きますからね。


話は関係ないですが、屋根裏を整理してたら、昔の登山用の(ICI石井の45,000円値札が付いてる)アルミ背負子(しょいこ)のリュック下段からテントらしきものを発掘。
変換 ~ IMG20211215220543

写真右側の紺色のビニールがグランドシートで、写真下側に入り口のジッパーと排気口らしき筒がついてます。
しかし、どうやって張るんだろうか?ポールも何もない。鉄ペグだけが付属してます。
ひとり用のインナーテントのようですが・・・はて?張り方がわからんぞー

およそ30年くらい前の新品テントのご紹介でした(笑)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1月3日にCT110で会社に行く際、手が非常に寒い。
夜になると気温が5℃近くまで下がって、指先が痛いほど。

グリップヒーターをON・OFFしても電圧計のボルト表示が変化しないので、
グリップヒーターが逝ってしまったようだ。

帰ってから故障診断したら・・・
変換 ~ IMG20210105141954
グリップの付け根のケーブルのところをグリグリと動かすと、動いたり動かなくなったりしたので、この部分の線が切れてると断定。

この部分をカッターで切り込んでいくと、片側の配線が引きちぎれてボロボロになってた。
変換 ~ IMG20210105144447
アクセル側なのでケーブルの付け根に負荷がかかってる模様。

ここまでゴムを削って、ようやく配線が出てくる。
変換 ~ IMG20210105145006
「傷は深いがもう大丈夫だ!お前さん、運がいいねぇ」と心の中で言ってみた。

ケーブル側も引きちぎれてパラパラになってる銅線部分を切り落として・・・
変換 ~ IMG20210105142735

ガス式コードレスのこてでハンダ付けして回線復旧させる。
変換 ~ IMG20210105145455

ブラックシリコンをケーブルに塗りこんでから熱収縮チューブでさらに保護。
変換 ~ IMG20210105150654

クリスマスの時の残骸を見つけたので・・・
変換 ~ IMG20210105150956

針金を再利用。プスッと刺して・・・
変換 ~ IMG20210105151251

ケーブルの付け根に再びダメージが行かないよう、グリップにケーブルを固定した。
変換 ~ IMG20210105152520

一応導通チェックしたら、3.8Ω
変換 ~ IMG20210105152701
DC12Vで駆動させると、このグリップヒーター1個では、

12V×12V÷3.8Ω= 37.89W 働いてるようだ。

ってことは、
37.89W÷12V= 3.15A 消費してる。

このグリップヒーターは左右で2個を直列接続してるので3.8Ω+3.8Ω=7.6Ω

同じように計算すると、
12V×12V÷7.6Ω=18.94W

18.94W÷12V=1.57A

ってことがわかりました。


導通OKなので、ブラックシリコンで埋める。
変換 ~ IMG20210105154826


変換 ~ IMG20210105155012

塗ったばかりでまだ乾いてないからかなりテカっているけど、乾いてホコリが付いたら修理したところが目立たなくなるでしょう(笑)
変換 ~ IMG20210105155103



普通だったらこんなことしてないで
「新しいの買えよ!」
ってことなんですがねー、普通じゃつまらんのでとりあえず直してみた。



ガス式ハンダこてのガスは、卓上用カセットコンロのカセットガスにアダプターを付けてガス補充すると、ガスの熱量は低いが時間を気にすることなく長時間稼働できます。
変換 ~ IMG20210105155558

2本のこてを交互に利用すると、ガス補充の手間が半減して快適。
変換 ~ IMG20210105155646

ってなわけで、新年早々の修理でした。

夜になると星が見えてきれいです。
寒い風が強い日にはオリオン座もはっきりとわかりますね。
変換 ~ IMG20210104224815
スマホで撮ると、あんまりよくわからないけど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ