モンキー、その後の経過です。

75ccにボアアップし、キャブをPB21相当品に交換し、エアクリーナーをいわゆる「パワーフィルター」というモノに交換して走ってみた結果、低回転域のトルク感がまるでなく、中速回転域以上になると一気に加速するという特性になってました。

出だしが、「まるでダメ男」君です。

パワーフィルターって高回転域ではいいんですが、低速中速回転では使い物にならんってのは当たり前なハナシではあります。

ということを踏まえたうえでの結論としては、
エアクリーナー部分で空気を絞ってトルクを出すことにする。

つまり具体的には、

パワーフィルター  → 純正エアクリーナー

で、何とかしようってのが今回の企画です。

さて、今の段階でこうなってます↓
名称未設定 2のコピー
このパワーフィルターを取って、純正にチェンジするには口径が合いませんので・・・

パワーフィルターから使えるゴムの口の部品を外して純正ボックスの口に被せます。
変換 ~ IMG20210502152552

そして無理やりつなげる(笑)
変換 ~ IMG20210502152700

何とかすれば何とかなるもんだ。タダでもらったパワーフィルターが役に立った瞬間でした。
変換 ~ IMG20210502153259
で、このような無理やり変換した後に、走行テストしてみたら・・・

バッチグーになりました。

低回転域から高速まで伸びるようにトルクが付いて加速していきます。
やはり、入り口を絞って正解だったようです。

パワーフィルターのもおおおおおおお・・・という音も、

純正エアクリーナーのおかげで、「ちゅとととととと・・・・」くらいに吸気音も静かになってよかった。




ただし、ただしなんですが・・・・

1速ですぐに吹け切ってしまう。たぶんその時のスピードは「走ってるヒト」の方が早い・・・
2速発進も可能→1速いらないじゃん!大型トラックじゃないんだから・・・

また、
エンジンがうなるほど回しても最高速が60キロも出ない・・・50キロ前後が限界だ!

なんで?

おお そ、そうだ!! 買っておいたキタコのスプロケットを忘れとった!

そこで、14Tのドライブスプロケットを取り出し、交換しようとした。  が、
変換 ~ IMG20210502153408

今ついてるチェーンが72リンクで短くて入りません。74リンクなら入るんではないかと・・・
変換 ~ IMG20210502153729
もちろん後輪のアクスルシャフトを緩めて左右のチェーンテンショナーも緩め、
タイヤを後ろから蹴っ飛ばして前に出してますよ・・・チェーンを最大に緩めてます。

でも入らない。チェーンが5mmほど足りない・・・



じゃー、チェーン買ってくるか、チェーン。74リンクの。

と、5秒ほど思ってみたけど、6秒後に、ドリブンスプロケットを31Tよりもっと小さいのに交換するって手もあることに気づく。



ならばシミュレーションしてみよう。
以下の表をExcelに数値と計算式入れて出してみた。
speed

今のスプロケ構成(前が12T後ろが31T)だと、8,000回転回しても54キロが限界だとわかった。
7,000回転では47キロしか出ない。

どおりで50キロ前後しか出ないわけだぁ~
と、激しく納得。うんうんうんうんうん


前を14T、後ろを28Tにすると、8,000回転で計算により70キロ出ることがわかる。
7,000回転でも61キロ出るだろう。

総減速比で見ると、1速の29.972が23.207となり、出だしの1速が、2速寄りになることがわかる。
つまり、総減速比で考えると、今までの1速がなくなって、2~5速になるというイメージ。

エンジン出力を無視してギア比だけで計算するとそういうことになることだけはわかった。

さて、後ろを28Tにして大丈夫かぁ

つづく・・・