Roadmap22

There is always light behind the clouds.

2021年3月10日:「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から「Roadmap22]へブログ名称変更
2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

時短

今回は例によって・・・フランスパン作りです。

毎度おなじみのホームベーカリー(HB)へ下記の材料を入れて1.5hこねて1時発酵させます。

今回の強力粉はこれを使ってみました。
変換 ~ IMG20210307173442
日清製粉のカメリアスペシャル強力小麦粉、ちょっとお高いです。
特選の実力、見せてもらおうか!

材料:
水180cc
強力粉200g 80円
薄力粉80g 18円
砂糖4g   1円
塩4g    1円
バター5g  12円
レモン汁少々 
ドライイースト3g 24円
   
材料費合計136円程度でしょうか。

HBから取り出してスケッパ―で4等分してから濡れたキッチンペーパーをかけて30分生地を休ませます。

そのあと細長く整形してクッキングシートを敷いたオーブン皿に乗せ、オーブンの発酵モードで30分間2次発酵させます。

ここまではバゲットを作っていたつもりです・・・
変換 ~ IMG20210307155030

ナイフで切り込みを入れて・・・

2次発酵が終わったらこのような形になり・・・下の2個がくっ付いてしまったりとトラブル発生!
変換 ~ IMG_20210307_173929

200℃に予熱したオーブンで30分焼きますと・・・
変換 ~ IMG_20210307_173919
焼きあがりました。

HBへ材料を入れて作り始めから、焼き上がりまでで約3時間くらいかかり、決して時短ではありませんが、機械任せの時間に他のことができますね。

ところで、
バゲットとバタールって、何が違うのか改めて調べてみると・・・


〇バゲット
長さ70~80cmの細長い棒状のフランスパン。
バゲットとは「杖・棒」という意味。

〇バタール
バゲットより太く、短いフランスパン。
バタールとは「中間」という意味。
バタールといってもバターを大量に使ってるわけではない。

なーんだ、材料は同じで、形が違うってことだけみたいですよ。

だそーなので、出来上がったこれは、バタールですかねーえぇ。
変換 ~ IMG20210307172213
アツアツの柔らかいまま包丁で上からザクっと切ったのでペチャンコになっちゃいましたが、
外はカリカリ中身はふわっふわの、まさにフランスパン。

クリームチーズなんかをつけた日には・・・むふっ(。・ω・。)ノ♡
変換 ~ IMG20210307172457
これでワインなんか飲んだ日には・・・むほっ♡

お味の方も、ほんのり塩味が効いたフランスパンで、とってもおいしい。
手前味噌ではありますが・・・今回は粉が特選ですからねーぇ

とりあえず、Kと二人でこれはおいしいぞって、ペロッと1本食べてしまいました。

残りは明日の朝食用で・・・
変換 ~ IMG_20210307_173858
カフェオレに浸して食べると、1日がハッピーになりそうです。



それではみなさん、もふもふ!(なんのこっちゃ?)





 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ケララチキンカレーを作った日、なんとなくナンも焼いてみようと思った。

強力粉300g・薄力粉120g・ヨーグルト60g・イースト5g・砂糖20g・塩3g・水200ccをHB(ホームベーカリー)に投入し、50分後にコネあがったらスケッパ―で4つに切り分けて30分ほど休ませます。
変換 ~ IMG20210218210931


変換 ~ IMG20210218220504

ガス抜いて整形します。
変換 ~ IMG20210218205758

一応ナンなので、ナンっぽい形にしてみます。
変換 ~ IMG20210218222045

1枚はとりあえずフライパンで焼いてみます。そのほかはオーブン250℃で6分焼きました。
変換 ~ IMG20210218205752

で、オーブンで焼いたナンは・・・何だこりゃー?
変換 ~ IMG20210218223628
まるでパンのようになってしまった~。ふかふかしてるのでフォカッチャのようでもある。

そうだ、家族にはこれはナンではなくフォカッチャだということにしよう(笑)

材料は、ほーぼ 同じだーからねーーぇぇ。 (リゼロのロズワール風に言う)

フライパンで焼いた方がナンらしくてよかったというのがここでの結論。
変換 ~ IMG20210218224413
右側の1枚がフライパンで焼いたナン、
左の2枚がオーブン焼きのナンの形をしたフォカッチャ(ということで)

ナンを作るときはタンドリーで焼くようにオーブンで焼いた方がいいと思ったんだけどねぇ・・・

まったくもって・・・なんだよなぁ・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

食担の日・・・今日も寒い。

そうだ、参鶏湯にしよう。

材料
もち米半カップ
人参
ネギ
ショウガ スライス
ニンニク スライス
あさり
そして、主役は大き目な鶏もも肉
変換 ~ IMG20210207191324

全部圧力鍋に入れて30分、圧をかければ出来上がり。
変換 ~ IMG20210207191628

粒の黒コショウを忘れずに。
変換 ~ IMG20210207192131


変換 ~ IMG20210207192315

待っている間に、鴨南うどんを作ります。
変換 ~ IMG20210207200545
みりんを垂らして甘く煮たカモがたまりません~

鴨 щ(゚Д゚щ)カモーン

サムゲタンも完成しました。
変換 ~ IMG20210207201718


取り分けて・・・
変換 ~ IMG20210207202317
頂きましたが、ショウガで体が温まりますね。

いつもながらの1時間でできる時短料理でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回のお題は、時短クロワッサンができるか? です。

クロワッサンって、結構手間暇がかかってハードルが高い・・・ってのはジョーシキね。

なので、
今回の製作は、安易なレシピで簡単に、かつ、手抜きで完結することを狙います。
って、ほとんどもうこの時点でアウトな企画であります(笑)
しかしながら時短のキモはそこにあるんですよね。


まず最初にHBへ材料を突っ込んでメニュー13のパン生地づくりの「こね」で回しておきます。
変換 ~ IMG20201201123122
強力粉180g+薄力粉100g
砂糖16g・塩4g・バター20g・水150cc・イースト6g、脱脂粉乳6g・卵25gをこねます。


そんでもって、こねてる間に、バターを仕込みます。
常温に近づけて柔らかくなったバター100gに薄力粉20gを入れて混ぜます。
変換 ~ IMG20201201114753
5g単位でカットできると書いてあるバターカッターでカットしたけど、18枚で100gでした。
5g×18枚=100gって、ん? 計算合わないけど・・・

20g薄力粉を入れて・・・
変換 ~ IMG20201201114923

混ぜます。
変換 ~ IMG20201201115201

混ざったら冷蔵庫に一時保管。
変換 ~ IMG20201201115701


50分後、HBで「こね」が終了。
変換 ~ IMG20201201123127

さぁ ここからすぐに始められるかというとそうではなく・・・
変換 ~ IMG20201201123923
ボウルから出して冷蔵庫で30分寝かせる・・・ って、時短なんかハナから無理じゃん!

で、30分後・・・
変換 ~ IMG20201201132100
二次発酵がだいぶ進んでました。

左右25cm×上下35cmに伸ばします。
変換 ~ IMG20201201132823

先ほど仕込んでおいた「粉+バター」を軽く常温まで戻して適当に並べる。
変換 ~ IMG20201201133333
あえて言えば、ここだけが時短対象か?
時短コースではなく正常コースなら、ラップで上下挟んで、バターもシート状にするんですけどね。

上1/3を折りたたみ・・・下1/3も折りたたんでから・・・
変換 ~ IMG20201201133354

短くなった辺を左右にしてまた同じ大きさ(25cm×35cm)まで伸ばす。
変換 ~ IMG20201201133806
さらに、
また1/3で3重に折りたたむと、生地が3×3で9層になりますよね。
変換 ~ IMG20201201133818

ここでバターが解けかけてきたので冷蔵庫で30分休ませます。(おーい、時短じゃなかったっけ?)
変換 ~ IMG20201201133945
画像はありませんが、冷蔵庫から出してきたら4つ折りにする。
9層×4で、生地が36層になります。



生地を冷やしながら最終的に22cm×52cmに伸ばして・・・
変換 ~ IMG20201201143650

スケッパ―で12等分し、巻いていきます。
変換 ~ IMG20201201144148




変換 ~ IMG20201201144150


変換 ~ IMG20201201144151


クッキングシートを敷いたオーブン皿に並べて25℃で1時間半、整形発酵させます。
変換 ~ IMG20201201144201_01
もうこの時点で時短なんて関係なくなってますねー。
すでに作り始めてから2時間ちょい経過してます。
生地を冷やして休ませるって工程が確実にあるので、時短って無理ですわー 実際問題!
流れ作業的に何バッチも続けてやるなら効率もいいんですけどねぇ。



並べ終わったら軽くラップして室内放置プレイ。

ビフォー
変換 ~ IMG20201201144904


アフター
倍の大きさになったので、とき卵とかガムシロを表面に塗り・・・
変換 ~ IMG20201201163539
オーブン余熱後、210℃で14分、入れる前に水スプレーかまします。

で、14分後、こうなります。
変換 ~ IMG20201201170146

2回に分けて焼いたけど、焦げアルアルですねぇ
変換 ~ IMG20201201173205

てなわけで4時間後、やっと14個のクロワッサンが完成。

材料費は全部で400円ほどでしょうか・・・1個30円。
ってか、買ってきた方が良いかも?

時短は無理でしたが、2週連続休みなしだったので、まぁまぁ束の間・・・楽しめました。


ところで、
最近はこういうクロワッサンカッターなるものがあるらしい。
tc1658_5

これは  晴ら ぃー ですねぇーーー 
(ティモンディ高岸のように・・・)


これは便利だー・・・  買うか?

無駄な買い物シリーズに乗るかもです(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回も時短で作る、生鮭のハーブ焼きです。


時間が無い時に食担日・・・冷蔵庫に生鮭を発見したので速攻で・・・

ベランダに飛んで行き、タイムとローズマリーとインゲンとミニトマトを収穫してきます。

フライパンに、

塩コショウした鮭
バター
インゲン
ミニトマト
玉ねぎスライス
タイム
ローズマリー

を並べるとこうなります。
変換 ~ 20200801_105553


フタをして中火で焼きます。
焼き時間は10分ほどですが、途中で鮭だけ上下ひっくり返します。

ハーブの香りが漂う鮭が出来上がりました。
お好みで岩塩と粗挽きコショウ、レモン汁、アマニオイルを振りかけていただきます。
変換 ~ 20200801_111503

15分でできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ