CT110ハンターカブ マクレガー26M

There is always light behind the clouds.

2019年6月11日:Yahoo!ブログ 「CT110ハンターカブ マクレガー26M」から移転
2019年6月6日:LivedoorBlog 新規開設

時短料理

前回、ホームベーカリーが壊れたら・・・ という記事で、8年使ったホームベーカリーが逝ってしまったと書きました。

仕方ないので、自費で新しいのを購入。
変換 ~ IMG20201108111103
エムケー精工 ホームベーカリー 「ふっくらパン屋さん」(1斤) HBS−100W (ホワイト)7,810円

このニューマシンで粉を練り上げて、手で成形して、早速、焼いてみました。
変換 ~ IMG20201108144114
オーブン上段に入れたバターロールの方が焼けすぎてしまいましたが、
バターの香るパンがしっかりと出来上がりました。

ニューマシンはネットリな焼き芋もできるとのこと。作ってみたらなんと・・・劇ウマでした。
ねっとりと蜜がある石焼き芋さながらの甘さでした。
2本作ったんですが瞬間的にイモが蒸発したので、写真を取り損ねましたよ。(次回掲載予定)





で、ここからが本題です。
これはこれでパン焼き機を買って「よかったね!」で終わってしまうハナシなんですが、
じゃー、壊れたオールドマシンはどーすんの?ってのが今回の記事。

当然捨てるんじゃ・・・

ちょ ちょっと待ってください、誰が捨てるといいましたか。

当然バラすでしょ(笑)

いつものよう~に 幕ーが あ~きー ♬・・・って、
変換 ~ IMG20201110145058
このマシンは下からバラしただけじゃ開きません。
下側4本のうち2本が特殊ネジ→めんどくせー

下のネジ取って、上から釜の中のネジもとる必要があります。
ロングシャフトの+ビットを使ってインパクトで取ります→めんどくせー

主要基礎部分も、台座に取り付けてあるネジを外さないと下側にアクセスできません→めんどくせー
変換 ~ IMG20201110145046

主要基礎部分と台座が分離。やっと状態が確認できましたが、
案の定というか・・・あしたのジョーっていうか・・・
変換 ~ IMG20201110145624
ポリウレタン製であろうと思われるコグドベルト(タイミングベルト)が経年劣化で粉砕落下してました。
左側の大きなプーリーが釜の軸を動かすほうで、右側がACモーターの方。
本来、この2つのプーリー間にベルトがあったはずなんですが・・・

なんでここにポリウレタンなんて使うんだかわからん。
10年は持たないように設計してあるとしか思えん。


ベルトの中に練り込んでいたであろうアラミド繊維糸だけがモーター側に絡みついてます。


変換 ~ IMG20201110150326
モーター軸からアラミド繊維糸を丁寧に外します。


さて、ベルトの調達はどうするか・・・


おお、そうだ、ポリウレタンの丸ベルトが・・・在庫であったはず!
変換 ~ IMG20201110153934
前に衣類乾燥機を修理したときに数種類買った残りものですよ。

4mm1本じゃ心もとないので2重にして組付け・・・

これでいいのか?
変換 ~ IMG20201110154233


元通りに組み上げてスイッチオン!

ぐ おーん ぐ おぉーん


Oh、多少スリップしてるけど、いちおー稼働してる。
変換 ~ IMG20201110160400
これでいいのだ!

一気に動かしたら、ちゃんとパンができたじゃーないですか。
変換 ~ IMG20201110185542
焼き立て熱々の湯気が写真ではわかりませんが、故障の原因は単に「ベルト切れ」だと判断。


なので、ベルトの調達を今後していきたいと思っちょります。
幅8mmピッチ3mmなので、3GT規格のゴムかポリウレタンで探せば何とかなるんとちゃいますやろか・・・
ベルトが調達不可ならチェーン駆動に改造?
バイクのタイミングチェーン使えるし ( ̄ー ̄)ニヤリ




最後は、いつものように時短料理。
世間を騒がしてる「GOTO無限何じゃら」とかでも滅多にレストランには行かない引きこもりの我が家にあっても、Kの誕生日はなぜか訪れた。年に一度の奮発調理なので、腕が鳴るなり法隆寺?

変換 ~ IMG20201109210325
ヒレ・カタ・ミスジのMIXステーキ、秋のキノコ・フォアグラ添え トリュフソース仕立て
フォアグラはPicard(4escalopes de foie gras cru de canard du Sud-Ouest
トリュフソースはカルディ
写真はソースをかける前です。

作ったバターロールとよく合いました。


この2週間近く土日も無く、朝は5時半に起きて、家に帰ってくるのが20時過ぎという、規則正しくありがたい仕事三昧をさせていただきました。
今回は「スポーツジムにタダで通ってギャラがもらえる」とも言えるようなお仕事。
普段ダレにダレた生活を送っていたので、この仕事のおかげで身体がたくましく鍛えられ、
体重は3kg減量、体脂肪率は18.6%→14.3%と、いいことづくめです。

で、また、まったりとダレた日常生活へと復活です。(笑)



早速今回の時短料理は「鯖の味噌煮

主役は、冷凍庫でカチンコチンにされてしまっていた鯖。
変換 ~ 20200710_175212
Kに鯖を買ってきてもらったのはいいのですが、眠くて料理をする気にならず1週間冷凍庫で低温熟成させてました(笑)


ステンレスざるに並べて凍ったまま表裏を湯通しします。
変換 ~ 20200710_175745
湯通ししたら半解凍状態になりました。

圧力鍋に、
日本酒大さじ4
みりん大さじ3
砂糖大さじ2
味噌大さじ2
生姜スライス適量:5枚ほど
水100cc
を入れて溶かしておきます。
変換 ~ 20200710_180332

そこへ先ほど湯通ししたサバを皮を上にして並べます。皮を下にすると剥がれてしまいます。
変換 ~ 20200710_180624

圧力は強で、火加減は強で、圧力が上がったら火加減を弱にして40分。
変換 ~ 20200710_181045
タイマーかけて、ほったらかしておきます。

するってーと、約1時間後、圧力弁が下りてますので蓋を開けるとこうなってます。
変換 ~ 20200710_203900


ここに、味噌大さじ1と醤油大さじ1を追加してコトコトと水分を飛ばしていき、15分経ったら完成。
変換 ~ 20200710_210116
てなわけで、濃いめなお味で骨まで食べられる鯖の味噌煮が完成。
缶詰めの鯖缶よりは骨はやや固いのですが、太い背骨まで違和感なくいただけ、
カルシウム不足を補えられるかも?


さらに、デザートも。
今、なんだかよくわかりませんが白玉粉が流行ってるらしい・・・
うちではいつも丸めて白玉を作ってるだけで白玉粉は常備食材なんですが・・・
変換 ~ 20200710_185102

テキトーな量をボウルにとりわけ、テキトーな量の水を徐々に加えて
耳たぶくらいの柔らかさまで練ります。
それを手のひらで丸く丸めて沸騰したお湯に投下し、3、4分煮ます。
沈んでた白玉が浮かんで来て、さらに2分ほど少し大きくなるまで煮ると良い加減で仕上がります。

冷水に浸して白玉のできあがり。
変換 ~ 20200710_192058

これとは別に、黒糖をお湯で溶かして黒蜜を作っておき、冷蔵庫で冷やしておきます。

今回はこし餡で、冷し白玉ぜんざい。
変換 ~ 20200710_213017


黒糖を加えて混ぜれば、さらに美味しいですぞ。
変換 ~ 20200710_213103


久しぶりの自己満時短料理でした。

新鮮なチダイが買えたので、アクアパッツァ(acqua pazza)を作ってみた。

チダイは鱗と腹わたなど前処理しておき、荒塩をすり込んでフライパンに入れます。
ニンニクをひとカケ、テキトーに切って入れる。
トマト類:今回はミニトマトを丸ごと適量入れる。
アサリ:うちでは常時冷凍保存してある在庫を使用。
ベランダ菜園のハーブなんぞをテキトーに摘んできて入れる。
 今回はローズマリーとコモンタイムを使用。2種類以上のハーブを掛け合わせると複雑な香りとなる。
 イタリアンパセリは使いすぎて新しい葉が出てなかったので省略本当は出来上がった時に細かく振り入れる。

オリーブオイルを50ccほど入れる。
白ワインを50ccほど入れる。 グラスにもワインを注ぎ、こっちは自分で飲む。
変換 ~ 20200526_200359
ガラス蓋をして、中火で10分くらい火を入れて蒸し焼きにする。

テキトーにやってるので料理してる感覚じゃないけど、
30分ほどで出来上がる。
変換 ~ 20200526_224642
最後に塩コショウで味を調える。

食べてみて、味に「これじゃない感」があれば次回はその辺を修正して、またテキトーに作る。

以上、テキトー時短料理でした。


まずは材料


イシモチ 1匹 内臓出してうろことヒレもきれいにしたもの
入れるとなんとなーくおいしそうな野菜と、ミニトマト。
ニンニク ひとカケをスライス
ローズマリーなど、お庭やプランターに生えてるお好きなハーブ
白ワイン、コショウ、岩塩、オリーブオイル
変換 ~ 20190615_220454

このイシモチちゃんは卵持ちでしたので、これも一緒に。
変換 ~ 20190615_221010

グリルフライパンに全部放り込んで・・・フタをして中火で片面5分くらい焼くだけで・・・
変換 ~ 20190615_220844

出来上がり 右上は卵
変換 ~ 20190615_223756



変換 ~ 20190615_224405

変換 ~ 20190615_233017

時間が無くても簡単にできるお魚のアクアパッツァでした。



↑このページのトップヘ